2019年5回京都2日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。京都も連続開催ですので、遡って9日間の馬場差を確認しておくと、前の開催は雨の影響で時計が掛かった。特に3日目は設定不能だった。ただ、先週は土日ともに良馬場だった。
 土日とも良馬場だったのは秋の京都の開幕週以来。Bコースに変わって最初の週ということもあって、速めの時計が出る馬鹿になった。あと、脚質を見ると芝は土日で13鞍あって、好位・中団からの差し馬がそれぞれ9連対だった。前に行き過ぎると厳しくて、かと言って後ろで構えすぎると届かない状況が続いていた。これは現場で見ていても、馬場が極端に荒れてきた印象がない。良馬場ならこの傾向が今週も続くと推察される。なお、今週もう1週Bコースが使用されて、後半2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒6だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は前の開催3日目以降と比較すれば水準に近い数値になった。
 ダートで土日ともに良馬場だったのは、秋の京都で先週が初めて。マイナスの数値なので、時計が掛かっている訳ではないが、前開催後半のような脚抜きの良いコンディションではなかった。脚質的には目立った傾向はなくて、ペースが遅ければ前が残って、速ければ差しが届いていた。


  タイム分析
 2019/11/03 (日)  芝=-0.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 ウインマイティー 牝2 未勝利・牝 1:35.8 +0.3 -0.2 +0.8 -0.7 D C 7.60
4R T2000 ディープボンド 牡2 未勝利 2:01.1 -1.1 --- -0.2 -0.9 C C 5.00
5R T1800 トゥルーヴィル 牡2 新馬 1:53.3 +4.2 -1.6 +3.4 -0.8 SL D 9.67
6R T1400 ワンダーカタリナ 牡2 新馬 1:23.3 +0.5 --- +1.1 -0.6 E D 8.67
9R T1400 ドナウデルタ 牝3 醍醐特別(2勝) 1:21.6 +0.3 -0.6 +0.3 -0.6 D C 4.40
10R T1600 カリビアンゴールド 牝5 清水S(3勝) 1:33.7 +0.4 -0.3 +0.8 -0.7 D C 7.33
 2019/11/03 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 スズカパンサー 牡2 未勝利 1:25.5 -0.4 --- +0.1 -0.5 C D 6.43
3R D1800 レガーメペスカ 牡2 未勝利 1:52.7 -1.8 --- -1.2 -0.6 A D 7.29
7R D1200 クリノサンレオ 牡6 1勝クラス 1:11.9 ±0 --- +0.4 -0.4 D D 8.07
8R D1800 マグナレガーロ 牡4 2勝クラス 1:51.1 -0.7 --- -0.1 -0.6 C C 4.00
11R D1800 ヴェンジェンス 牡6 みやこSG3 1:49.1 -1.1 --- -0.5 -0.6 B C 8.33
12R D1200 アサケパワー 牡5 2勝クラス 1:11.3 ±0 --- +0.4 -0.4 D D 7.31

京都3R 2歳未勝利 タイムA
 基準より1秒2速い勝ちタイムだった。
1着 レガーメペスカ 番組注目馬
 レガーメペスカの圧勝だった。これはホントびっくりした。レガーメペスカは躓く感じでゲートを出たが、大きな影響はなくて馬なりのままでハナに立って、その後他馬に絡まれて厳しい展開になっても、全く動じることなく、自分のリズムを守り通して楽勝した。芝に使われた2戦は共に大敗だったが、ダートで走りが一変どころか、もう正に激変した。元々栗東の坂路では力強い走りで好時計をマークしていた馬なので、ダートに適性があったという事だろう。時計・内容ともに優秀ですし、昇級しても勝ち負けになる。
2着 レアリザトゥール 
 2着レアリザトゥールは馬群の中で我慢してラストまでしっかりと伸びた。初戦は芝で一息の内容だったが、こちらもダートに変わって一変した。走破時計も悪くないですし、次走も圏内。
3着 クリノヴィンセント 
 3着クリノヴィンセントは強い勝ち馬に真っ向勝負を挑んで敗れたが、見せ場は作りましたし、ダートの走りは悪くなくて次走も期待できる。
4着 メイショウカズサ 
 そして4着メイショウカズサは距離を伸ばしても相変わらず道中の反応が鈍い。もう少しレース慣れが必要かなという気はする。
京都5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。道中のラップが極端に遅かった分、タイムランク的にはSLとしたが、これレースの上がり600mは12秒1-11秒1-11秒0の加速ラップ。上位馬には見どころのある馬もいたので、ココで取り上げておきたいと思う。
1着 トゥルーヴィル 勝ち馬注目
 勝ったトゥルーヴィルは内めで折り合って運んで、勝負所の手応えも良かったが、4コーナー回ってからここですね、馬と馬との間に入ってちょっと進路を切り替える場面があった。その後もエンジンをかけ直してラストまでしっかり伸びて差し切ったが、内容的にはかなり優秀。ディープインパクト産駒らしく俊敏さがあって、末脚はかなり切れますし、この馬は昇級しても上位争いになる。
2着 シュルシャガナ 
 そして2着シュルシャガナはしっかりと伸びて、一瞬は抜け出す勢いだったが、直線半ばで勝ち馬に少し寄られた場面があった。そこから立て直してよく伸びて、勝ち馬に詰め寄った。内容的には良かったですし、次走も勝ち負けになる。
3着 メイショウヘシキリ 
 そして3着メイショウヘシキリ・4着ウインベイランダーは先行して粘る競馬になったが、悪い内容ではなかったが、決め手という面ではやや物足りなさは残った。
4着 ウインベイランダー 
 そして3着メイショウヘシキリ・4着ウインベイランダーは先行して粘る競馬になったが、悪い内容ではなかったが、決め手という面ではやや物足りなさは残った。
5着 ランニングスター 
 それならこの5着ランニングスター、こちらの方が次走面白そう。まだ余裕のある体つきだったが、一瞬見せ場は作りましたし、体が絞れて来ればもっとやれると思うので、次走穴っぽいと思う。
京都6R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都9R 醍醐特別 注目
 特に勝ち馬の強さが際立っていたので、ここで取り上げておく。
1着 ドナウデルタ 勝ち馬注目
 1着ドナウデルタは3番手で我慢を効かせて勝負所でジョッキーが促すとスッと反応して、ゴール寸前で逃げるロケットを捕らえた。着差はわずかに3/4馬身だが、それ以上に余裕のある勝ちっぷりだった。お母さんが重賞2勝のドナウブルーという良血馬が、ようやく素質開花してきた印象。次走も1400m戦出走出走なら勝ち負けになる。
2着 ロケット 
 そして2着ロケットは体重が14キロ減って体が大分絞れていた。レースでは前半の600mが36秒1というスローペースの逃げになって、展開に助けられた感もあるが、ラストまでしぶとくて抵抗した内容は評価できる。元々逃げなくても競馬できるタイプですから、次走も引き続き有力。
3着 トウカイオラージュ 
 一方、3着トウカイオラージュは好位につけて、やや展開に恵まれた印象。次走もとなると、微妙。
4着 ピエナミント 
 そして4着ピエナミントはよく差して来ているが、それよりもレース前の入れ込みがホントきつかった。もう少し落ち着きが欲しいと思う。
5着 オースミカテドラル 
 あと5着オースミカテドラルは内々で折り合っているように見えたが、多少力んでいたのかもしれない。その分ラストの伸びを欠いた感じですし、次走も折り合い次第だと思う。
6着 ガゼボ 
 6着ガゼボもピエナミントと同様、レース前の入れ込みが相当きつかった。次走も落ち着いているかどうかが鍵になってくる。
京都10R 清水S 
5着 トライン 通信簿
 1番人気5着だった。元々乗りづらい面がある馬だが、今回はきっちりと折り合って脚を溜める事ができなかった。次走に期待する。
京都11R みやこS タイムB
 メンバーランクはCだった。前半スマハマ・リアンヴェリテ・インティが競り合うように進んで行った。そして直線では、早めに先頭に立ったヴェンジェンスがキングズガードの追撃を抑えて重賞初制覇。
1着 ヴェンジェンス 
 勝ったヴェンジェンスは後方で脚を溜めて一気にマクって行く競馬だった。もちろん流れが向いたのは確かだが、揉まれ弱い馬を上手く誘導したジョッキーの好騎乗は光った。しかも勝負所でも躊躇なく、一気にマクリきりましたから、その分最後はお釣りができて粘り切ったという内容なので、馬の気配も良かったが、ジョッキーがホント上手く乗ったなと思う。
2着 キングズガード 
 そしてキングズガードがウェスタールンドを交わして2着に上がった。2着キングズガードは内を通った差し馬がごちゃつく中、外を回ってよく差し込んだ。前走、そして今回と中距離にも対応しましたから、もう8歳だが、距離に関係なくハマればまだまだやれる馬。
3着 ウェスタールンド 
 3着ウェスタールンドはヴェンジェンスにマクり切られる前に、早めに動いてただ勝っていたか、もう少し際どい競馬になっていたと思う。そこがちょっと残念な部分であるが、それでも馬自身は長く脚を使っていますし、内容的には良かったと思う。
4着 アングライフェン 
 上位3頭からは離れて4着アングライフェン、5着がワイドファラオだった。アングライフェンは4コーナーから直線にかけて、内に入ってしまってスムーズに捌けなかった。その間に他馬に抜け出される形になったので、ちょっと勿体ない競馬になった。これ5着ワイドファラオにも同じことが言えて、こちらも4コーナー手前で馬群の中でスムーズに捌けなかった。その分の差が上位とはあると思う。こちらも同様にやや勿体ない競馬になった。
5着 ワイドファラオ 
 上位3頭からは離れて4着アングライフェン、5着がワイドファラオだった。アングライフェンは4コーナーから直線にかけて、内に入ってしまってスムーズに捌けなかった。その間に他馬に抜け出される形になったので、ちょっと勿体ない競馬になった。これ5着ワイドファラオにも同じことが言えて、こちらも4コーナー手前で馬群の中でスムーズに捌けなかった。その分の差が上位とはあると思う。こちらも同様にやや勿体ない競馬になった。
6着 アナザートゥルース 
 6着、私が本命だったアナザートゥルース。この馬も良い位置で我慢して良いポジションかなと思ったが、それでもやはり前めすぎた感じで、結局内でじっとしている間に他馬にマクられてしまったので、何となく展開がハマらなかったなという感じがする。
9着 スマハマ 
 9着スマハマ、とにかく人気馬が惨敗しましたから。本来ラップが落ちるところで逆に加速がついてしまって、ラップが上がった。完全にオーバーペースになってしまいましたし、次も折り合いが課題になってくると思う。
15着 インティ 
 インティも15着に惨敗だった。こちらも完全に引っかかってしまってしまいましたから、もう制御が効かないような状態になったので、これでインティとかスマハマが惨敗したことによって、仮にチャンピオンズC出てきたらすごく難しい予想になってきたなというのが正直な感想。

  馬券Summary
馬場傾向を読む
 これは我々の仕事でもあるんですよね。実はそうではなくて、先週の東京は24鞍あって、逃げ馬が7勝2着3回と幅を利かせていた。特にダートは前残りの傾向が堅調だった。その傾向をいち早く把握して、レースに活かしたのが目下リーディングジョッキー部門でトップに立つ、あのC.ルメール騎手。先週は土日とも東京で騎乗して、9勝を挙げたが、土曜の5勝は前めにつけて抜け出すレースが多かったのに対して、日曜は4勝中3勝が逃げの作戦。強い馬に乗って躊躇なくハナを奪ってそのまま押し切るパターンが目立った。馬場傾向をいち早く理解して、それをレースで即座に表現できるのは一流騎手には必要な要素だと思う。
ですから、人気馬を何のためらいもなくハナに行かせられるのは、やはり常に人気馬に乗ってるからだと思う。それから来る余裕がレースにも現れていましたし、そして他にも横山典弘騎手が9鞍の騎乗だったが、何と3勝をマークしているという所で、逃げて勝ったミッキーバードだけではなくて、先ほど紹介したアルゼンチン共和国杯、ムイトオブリガードを前めにつけて、勝たせたという状況なので、それはもう流石と言える内容だった。今週もこういった頭脳派のジョッキーの騎乗ぶりを注目したいと思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-