2019年2回小倉8日目

開催一覧
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、開催が進むにつれ水準レベルに近づいて来ている。
 台風が接近して水曜に11ミリ、木曜に44ミリの雨が降り、土曜は稍重でスタートしたが、5Rはもう良馬場。稍重から良に変わったが、馬場差は変動ではなかった。雨の影響もあるが、Aコース連続使用4週目で芝が傷んで来て、土曜よりも乾いていた日曜の方が時計が掛かる状態だった。その日曜の後半は、かなり外が伸びるようになっていたが、今週からBコースに移るので、その外が伸びる傾向は緩和されて馬場差もマイナス方向に動くはず。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒4への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、水準前後で推移していたが、先週特に土曜は速い時計の出るコンディションだった。
 台風が接近して水曜・木曜と雨が降り、土曜は1日を通して重馬場だったが、徐々に乾いて馬場差は水準方向への変動。後半ほど時計が掛かるようになっているが、その後半でも今開催の中ではかなり速い時計が出る状態だった。日曜は1日を通して稍重で、やはり後半ほど時計が掛かるようになっているが、その変動幅はあまり大きくなかった。先週は土日とも今回の中では、速い時計が出る状態が続いていたが、1700mのラスト200mは全て13秒台だった。速い時計が出る状態になった分、前半のペースが速くなって、その結果1700mでは差し馬の好走が多かった。まぁ、高速馬場のダートで差し馬が好走するカラクリの典型的なパターンになっていた。


  タイム分析
 2019/08/18 (日)  芝=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 メイショウベンガル    牡2 未勝利 1:09.4 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D 5.00
3R T2600 ヒラボクメルロー    牝3 未勝利 2:43.8 +2.8 --- +3.2 -0.4 E D 10.33
5R T1800 シャンドフルール    牝2 新馬 1:52.1 +3.1 -0.6 +2.8 -0.3 SL C 7.50
6R T1200 メメントモリ    牝2 新馬・牝 1:10.0 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 5.63
7R T1200 サンキューユウガ    牡3 未勝利 1:09.1 ±0 --- +0.2 -0.2 C C 4.40
10R T1800 タガノアスワド    牝5 西部スポ(2勝) 1:47.5 +1.1 -0.8 +0.6 -0.3 D C 7.33
11R T1200 ダイメイプリンセス    牝6 北九州記HG3 1:08.2 +0.9 --- +1.1 -0.2 E C 6.67
12R T1800 シーリア    牝4 1勝クラス・牝 1:48.8 +1.7 --- +2.0 -0.3 E D 6.00
 2019/08/18 (日)  ダ=-0.6 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 ラインガルーダ    牡2 未勝利 0:58.6 -0.9 --- -0.5 -0.4 B C 5.33
4R D1700 マンノグランプリ    牡3 未勝利 1:47.3 +1.0 --- +1.5 -0.5 E C 4.40
8R D1000 ファビュラスギフト    牝3 1勝クラス 0:58.4 ±0 --- +0.2 -0.2 C D 8.17
9R D1700 タガノファジョーロ    牡3 天草特H(2勝) 1:45.2 +0.8 --- +1.2 -0.4 E C 5.90

小倉1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ラインガルーダ 
 ラインガルーダが2走目、ダートに変わって一変。ラインガルーダは芝1200mの新馬戦で勝った馬から1秒3離されていたが、シニスターミニスター産駒らしくダートで大きく前進した。スタートはそれほど速くなかったが、その後のダッシュ、二の脚が速く先頭に立ってからはゴールまでほぼ馬也だった。そのデビュー戦が芝だったとは言え、当時は一本調子のレース内容だったので、そこから想像すると追えばもの凄く伸びるというタイプには見えない。なので、追えば大幅にタイムを短縮するとは言えないが、楽勝で好タイムだったのは事実。しばらくベスト条件のレースはないが、ダート短距離なら1勝クラスでも通用する。ただし、1000m専用という可能性もあると思う。
2着 サウンドサンビーム 
 このレースも2着以下は離された。1秒差の2着サウンドサンビームは好タイムではないが、ヘニーヒューズ産駒らしくダートで一変した。追われて伸びていたので、1000m専用という感じではなくて、ダートなら1200mでも問題なさそう。
3着 ファルーク 
 3着のファルークは入り込みがきつかった事が影響したのか、最後は急に失速してしまった。長距離輸送が影響したのかもしれないので、次走は当日の気配にも注意したい。
5着 フラミンゴフライト 
 その他では5着のフラミンゴフライトをチェックしておきたい。出遅れて後ろからになったが、直線では途中で外にコースを切り替えたりしながらも伸びていた。今回が初ダートだったが、父の父がA.P. Indyという血統通り、ダート適性は高そう。
小倉3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より3秒2遅い勝ちタイムだった。
小倉4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。4着だったニホンピロハビアーについて。
4着 ニホンピロハビアー 番組注目馬
 これ勝ちタイムはEランクだが、この馬はゴール前で内と外から同時に寄られる不利を受けましたし、そもそもその前からスムーズではなかった。具体的には直線に入る頃は、先行する3頭のすぐ後ろで抜群の手応えだったが、外からかぶせるように回って来る馬もいて、外には出せず、瞬間的に空いていた最内を狙ったが、塞がってしまって一旦追い出してからブレーキをかけて、そこから外へ切り替わった。ようやく進路確保して本格的に追い出してスピードに乗ったところで今度は両サイドから挟まれた訳ですから、まぁ踏んだり蹴ったりというレース内容。ゴール前の不利に関しては降着馬が出ていないように、不利がなくても着順は変わらなかった模様だが、それ以前に4コーナーから直線入り口にかけてスムーズに捌けていれば楽に差し切っていたと思う。次が恐らくラストチャンスになるが、決めて欲しいと思う。
小倉5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
小倉7R 3歳未勝利 
1着 サンキューユウガ 通信簿
 1番人気1着だった。相変わらずスタートは早くなくて、追走も楽ではなかったが直線は期待通りの伸びだった。最後は詰め寄られていて、昇級してすぐに通用するレベルではなさそうだが、キャリアが浅くてまだ伸びる余地がある。距離は1600mぐらいあった方が良いと思う。
小倉9R 天草特別 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
小倉11R 北九州記念 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。タイムランクはE・メンバーランクはCだった。バラけたスタートからイエローマリンバが先手を取った。モズスーパーフレアがダッシュ良く飛び出すが、何が何でもハナという構えではなくて、結局はイエローマリンバの逃げ。先行争いがあまり激しくならなかったことで、前半600mは32秒7と北九州記念としては速くなかった。直線に入るとモズスーパーフレアを競り落としてディアンドルが先頭に立つが、その時に既に外で勢いがついていたダイメイプリンセスが一気に差し切る。ディアンドルが2着に粘って、後ろの方から突っ込んで来たアンヴァルが3着に入った。
1着 ダイメイプリンセス 
 今回は9番人気と低評価だったダイメイプリンセスが差し切り、昨年のアイビスSD以来の勝利を挙げた。ダイメイプリンセスは休み明けで状態が万全ではなく、しかも内枠に入ったアイビスSDは6着だったが、1度使った事で状態が上向いて快勝した。2着だった昨年より差しにくい展開になりながら、余裕の差し切りだった。今回タイムはEランクで遅いが、まぁペースが遅かったことも考慮するとあまり気にする必要はないかなと思う。とにかく夏の平坦コースでは強くて、この後は坂コースでどれだけ走れるかがポイントとなる。
2着 ディアンドル 
 そして2着がディアンドル、3着がアンヴァルだった。2着のディアンドルは正攻法だった。北九州記念にしては速くない流れとは言え、早め先頭から堂々と粘り込んだ。で、3歳牝馬でハンデ52キロというのはダイメイプリンセスの55キロと同等の評価だった訳で、これはハンデが正しかったという強さだった。今後が楽しみ。
3着 アンヴァル 
 そして2着がディアンドル、3着がアンヴァルだった。3着のアンヴァルはハイペースに強いスプリンターらしいスプリンターで、今回のような流れはベストではないはずだが、それでも突っ込んで来た辺りに自力強化を感じる。
4着 モズスーパーフレア 
 4着のモズスーパーフレアは、調教がオーバーワークになって15着に終わった高松宮記念を踏まえ、攻めすぎない調教過程だったが、プラス26キロは流石に太かったなぁと思う。それでもスピードは見せているが、やはり行ってこその馬。控えると最後に伸び負けしてしまう。
5着 ミラアイトーン 
 そして5着のミラアイトーンは1番人気になっていたが、特に不利もなく単純に伸び負けした。毎度毎度おなじみのメンバーになりやすい芝の短距離重賞と言うのは、こういう連勝してきた馬が人気になりやすいが、重賞にはそれなりの壁があるという事だと思う。
小倉12R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 今年から降級制度がなくなって3歳馬が有利になる事が予想されたが、実際にどうなっているのか、そして具体的にどういう3歳馬を狙えば良いのかというのが、今回のテーマ。で、順序をどうするか少し考えたが、話の進め方として2勝クラスを先にやった方が良さそうなので、今回は2勝クラス。次回は1勝クラスをやる。なお、今回も次回も集計期間は夏競馬がスタートした6/1から8/11の1回札幌終了時までとする。
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 さて2勝クラスにおける3歳馬の成績、これはもう昨年の同時期と比べて飛躍的に良くなっていて、勝率がほぼ2倍になっている。2勝クラスはとりあえず3歳馬を本命にしておけば、大体合っているが、では、どのような3歳馬が好走しているのか、具体的に言うと、結論から言うと、前走で500万、そして1勝クラスを勝った昇級初戦の3歳。これ全体のトータルの連対率が4割を超えていて、表はないが、前走でオープンクラスを走っていた3歳馬よりも良い。で、どのような昇級初戦の3歳馬が特に狙えるのかを、自分のところの新聞とか、他のところでは勝った前走の着差を基準にしたデータを書いたりしているが、もちろんこの番組ですから、タイムランクを使う。
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 まず、タイムランクAで1勝クラスを勝った馬、3頭全てが昇級初戦の2勝クラスを勝っている。タイムランクBで勝った馬はイマイチに見えるが、実は4着以下の5頭中4頭は前走が1200m。以前タイムランクAやBの上位馬について、次走の信頼度が低いのは1200mだという事を紹介したが、その通りになってしまった。しかし、1400mならタイムランクBで1勝クラスを勝った7頭中6頭が昇級初戦で3着以内に入ったということ。そして注目はタイムランクCで勝った馬。全体で言うと、普通に買える成績になっている。という事で、1勝クラスを好タイムで勝った3歳馬はもちろん、水準のタイムで勝った3歳馬でも2勝クラスですぐに狙えるという傾向になっている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26