2019年5回阪神5日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒2だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒を超えているが、マイナス2秒1でスタートして、週ごとに水準方向に動いている。
 金曜まで雨が降らず、完全な良馬場だったが、もう土が見えている部分もあって、大分芝が傷んで来た。そのため2週目よりも時計が掛かるようになったが、まだ高速馬場の部類で1週目・2週目ほどではないが、前残り傾向だった。なお土曜の11Rの頃に小雨が降ったが、時計の出方に影響するほどではなかった。今週からBコースに移るので、雨の影響がなければ馬場差はマイナス方向に動きそうで、であれば恐らく前残りの傾向が続く。ということで、今週からの3日間はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、水準かそれに近いレベルで推移しており、大きな動きはない。先週日曜はこの開催で初めてプラスの数値になっている。
 先週はパサパサに乾いているという程ではなかったが、2週目より含水率が下がり、ちょっとだけ時計が掛かるようになった。逃げ切りが1回しかなかったというのは目立つが、差しが決まりやすいという程でもなく、メンバー構成や展開による。要するに不公平感がない馬場だと言える。なお、土曜の終盤に小雨が降ったが時計の出方に影響する程ではなかった。


  タイム分析
 2019/12/14 (土)  芝=-1.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2000 ディープハーモニー 牡2 未勝利 2:01.4 -1.0 --- +0.3 -1.3 C C 10.44
5R T1600 コンバットマーチ 牝2 新馬 1:36.8 +0.8 -1.0 +0.8 -1.0 D C 5.30
7R T1800 メイケイハリアー 牡3 1勝クラス 1:47.1 ±0 -0.9 +0.3 -1.2 C C 6.80
9R T1200 ヴァラークラウン 牝2 さざんか(1勝) 1:09.2 -0.3 --- +0.5 -0.8 D D 10.14
10R T2000 ローズテソーロ 牝3 蛍池特別(2勝) 2:00.7 +0.5 -0.4 +1.4 -1.3 E C 8.00
11R T1200 ジョイフル 牡5 タンザナH 1:08.6 +0.4 --- +1.2 -0.8 E D 9.83
 2019/12/14 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 メイショウマサヒメ 牝2 未勝利・牝 1:26.7 +0.5 --- +0.5 ±0 D D 8.33
2R D1800 スマートウィザード 牡2 未勝利 1:56.2 +1.3 --- +1.3 ±0 E D 10.14
3R D1400 サウンドプリズム 牡2 未勝利 1:26.2 ±0 --- ±0 ±0 C D 6.00
6R D1200 ウォーターウキウキ 牝2 新馬 1:14.1 +0.6 --- +0.6 ±0 D C 8.00
8R D1800 アニエーゼ 牝4 2勝クラス 1:53.3 +1.0 --- +1.0 ±0 E C 6.25
12R D1200 メイプルグレイト 牡4 1勝クラス 1:12.0 -0.3 --- -0.3 ±0 B D 5.60

阪神1R 2歳未勝利・牝 注目
 3着だったセイウンミレイアについて。
3着 セイウンミレイア 
 今回が初ダートでなおかつ最内枠だった。スタート直後の芝の部分ではスムーズに走っていたが、ダートに入って外から馬が寄って来て、砂をかぶるようになると手応えが悪くなり、促していながら前と離れてしまったが、直線でバラけると伸びて来た。ダート自体は合っていると思われるので、外枠で砂を被らないレースができる、あるいは砂を被ることに慣れてくればもっと走れそう。ちなみに父はトゥザワールドだが、トゥザワールド産駒はダートでまだ2着以内がないが、3着だった時は今回のセイウンミレイアを含めて全て人気がない時だった。トゥザワールドの全兄のトゥザグローリーの産駒は、芝よりダートの勝ち鞍が多いので、トゥザワールド産駒も今後ダートでの勝ち鞍が増えてくると思う。
阪神2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 2歳新馬 注目
 3着のソフィアバローズ・4着エアファンディタ、そして8着のワールドスケールについて。まずこのレース、スローで前が有利だったが、この3頭は中団より後ろでチグハグなレースになり、それでも上がりが速かったという3頭。
3着 ソフィアバローズ 
 まず3着のソフィアバローズは出遅れた。道中は前の方に行きたがりながら、前が詰まっているような追走。直線では内が空かないので、少し外に移動して、ラスト100mほどは鋭い伸びだったが、脚を余している。
4着 エアファンディタ 
 4着のエアファンディタは直線でソフィアバローズが外に行って、開いた内に突っ込んで最後の方はスムーズだったが、ずっと内にいて直線に入ってからもしばらく進路を探して右往左往していた。これも脚を余している。
8着 ワールドスケール 
 ワールドスケールは2番人気で8着だった。ワールドスケールはゲート内で立ち上がっている時にゲートが開いた訳ではないが、何度も立ち上がりそうな素振りをしていて、出遅れた。そのまま後ろにいて折り合い重視で進め、直線では内を狙っていたが進路が無く、外へ移動したが、そこにも馬がいて完全に進路を確保するまで手間取った。さらに追い出してからも前の馬が外に寄ったので、進路変更を余儀なくされ、まともに追えたのはまぁ200mを切ってからだったが、そこからは伸びていた。ゲート内での挙動などの課題はあるが、能力はあると思う。
阪神7R 3歳以上1勝クラス 
3着 サトノソロモン 解説危険
 この馬の特徴は追われた時の反応が非常に鈍くて、ブリンカーをつけて来た今回もソレは変わらなかった。追われた時の反応が鈍くても、エンジンが掛かれば鋭く伸びると言うなら良いが、そういう事もない。何よりあえて危険馬として挙げたい理由はデビュー当時と言うより、デビュー前から明らかに人気先行型だと言う事。で、このクラスで1番人気になって4着以下というのが、キャリア6戦で3回もある。3着だった京都新聞杯がそうだったように、京都外回りの坂の下りで加速をつけると好走する可能性が上がる。なので、1/13の京都2200mに出てくると私は大変肝を冷やしそうだが、新馬戦を勝った時からあまり強くないと感じているので、それを信じる。
阪神8R 3歳以上2勝クラス タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神10R 蛍池特別 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神11R タンザナイトS タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神12R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。メイプルグレイトがJRA初勝利。
1着 メイプルグレイト 
 メイプルグレイトは好スタートを切るとすぐに1馬身ぐらい前に出ていて、4コーナーを回りながら左手前に変えてしまったが、大きく外に膨れる事もなく逃げ切った。今年の前半はこのクラスで全く通用していなかったが、門別で7連勝している頃に大分地力が強化されたようで、今回は危なげない勝利だった。ギリギリのBランクではあるが、余力はあったので、昇級しても通用しそう。何よりもスタートの速さは武器になる。
2着 ファイアーボーラー 
 まず2着のファイアーボーラーは今回も外枠でスムーズに運べたが、勝ち馬が強すぎた。で、前走時も言ったがこの馬はスムーズに運べるかどうかが鍵なので、今回のように外枠なら積極的に買うべきだが、内枠だと半信半疑となる。
3着 ヘリオス 
 3着のヘリオスは芝2600mからダート1200mへと大幅に条件を変えて来て好走した。ダート短距離は合っているのだと思うが、こういう風に大幅な条件変更で好走したオルフェーヴル産駒が、次にその好走した条件と同じ条件に出てきて凡走したという事は結構多い。次走に関してはまだ半信半疑と言える。
4着 アストロノーティカ 
 4着のアストロノーティカはいつもの後方待機からいつも通りにそこそこ伸びているが、勝ち切れるイメージが沸かないレース内容。常に連下級という感じ。
5着 ルクスムンディー 
 そして5着のルクスムンディーは太め残りでもあったが、砂を被る位置に入ると、フワフワしていた。外枠から先行するなど、砂を被らないレースができれば前進しそう。

  馬券Summary
冬の連闘は買いなのか?
 買いなのか?と言われても困りますよね。12月だが、かつては餅つき競馬と言われた時代もあって、厩舎表彰の絡みで出走回数を稼ぐための連闘というのも多かった時期がある。また、冬の連闘は太めが絞れて効果がありそうな感じもする。しかし近年は、12月の連闘がそもそも数が少なくて、月別の連闘の出走回数は下から2番目。
冬の連闘は買いなのか?
その成績も連闘馬の平均的な成績を下回っている。連闘馬の出走回数が減ってる理由は未勝利クラスと1勝クラスだと、前走6着以下2勝クラスだと前走4着以下の馬は連闘では真っ先に除外対象になってしまうから。まぁそれは12月に限った事ではないが、12月は大体出走希望馬が多いので、除外されやすいということ。
12月と対照的に成績が良いのは夏で、暑い時期の連闘は実は成績が良い。とは言え、実はここにはトリックがあって、函館や札幌に滞在してる馬が連闘で好走して全体の成績を上げている。そして、9月の1週目というのが大体夏競馬の最終週になるが、昨年までは通常の3歳未勝利戦が最後だったため、普通なら連闘しないような好成績馬が大量に連闘して、しかも好走確率が高かった。具体的には2014年から2018年の夏競馬最終週は連闘馬の勝率が7.2%、連対率が16.6%だった。スーパー未勝利というやつがなくなって、夏競馬の最終週が完全に最後の3歳未勝利戦になった今年は、その夏競馬最終週の連闘馬が勝率10.7%・連対率18.5%とさらに上がった。
以上をまとめると、連闘馬は冬だから・夏だからという理由で取捨を決めるべきではなくて、その時の番組の都合とか、連闘する理由が重要だという事。先に述べたように12月の連闘、全てがソウとは言わないが、出走回数稼ぎが目的になりやすいので、決して成績が良くなくて、9月の1週目はラストチャンスに賭ける勝負がけの連闘が多いので、成績が良い。ただし、9月の1週目つまり夏競馬の最終週は特に札幌だが、滞在している以上は勿体ないから連闘でも使うというケースが3歳未勝利戦以外では多い。その点には注意してください。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-