2019年1回福島4日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週と比較して先週はやや水準に近づいたが、大きな動きではない。
 福島は火曜から木曜にかけて合計32ミリの雨量を記録。季節外れの雪も降った。ただ、その後の乾きは早くて、土曜日の芝は良馬場発表だった。先々週よりもコンマ1秒掛かった程度。土曜芝の頻度が大きくて、日曜はさらに0秒1時計を要したが、それでも水準よりは速いコンディションだった。脚質的には、差しとか追い込みがよく届いてはいた。最終週の今週はBコースに移行するが、馬場差はこれ以上速くはならず、プラスの方向へ向かう可能性が高いと思う。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だが、開幕週と比較すると先週、特に土曜は水準に近づいた。
 開幕週はプラス1秒に近い時計の掛かる馬場だった。中間の雨や雪の影響から土曜は水分を含んで、走りやすくなって標準の馬場差に近づいた。日曜は乾きが進んで、再び掛かってはいるが、まだ下の方に水分が残っていて、先々週よりは時計の出方は速かった。脚質的には前と後ろ、五分の印象があった。


  タイム分析
 2019/04/14 (日)  芝=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1800 ショウサンシルエラ    牝3 未勝利 1:49.7 +0.8 -0.4 +0.7 -0.3 D D 7.42
7R T1200 マイティーワークス    牝4 500万下・牝 1:09.6 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 9.29
10R T1200 グッドジュエリー    牝4 医王寺特500 1:09.5 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 7.40
11R T2000 レッドローゼス    牡5 福島民H(L) 1:58.6 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D 7.00
12R T2600 サトノオンリーワン    牡4 奥の細道1000 2:40.9 +0.9 --- +1.3 -0.4 E C 5.36
 2019/04/14 (日)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1150 タカノオージャ    牡3 未勝利 1:10.8 +1.5 --- +1.2 +0.3 E D 8.42
3R D1700 エリーキャナル    牝3 未勝利・牝 1:48.8 +1.5 --- +1.1 +0.4 E D 8.29
6R D1700 カウンターエア    牡3 未勝利 1:48.3 +1.0 --- +0.6 +0.4 D D 7.10
8R D1700 インペリオアスール    セ5 500万下・若 1:47.0 +1.0 --- +0.6 +0.4 D D 6.29
9R D1150 コウエイアンカ    セ4 500万下 1:08.6 +0.1 --- -0.2 +0.3 C D 5.00

福島1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
福島3R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
福島9R 4歳上500万下 注目
 1着のコウエイアンカについて。
1着 コウエイアンカ 
 先週の1150mのレースで、完全タイム差が一番速かったのが、この馬のマイナス0秒2だった。前走阪神1200m2着でもCランクで走ってはいたが、外から豪快に突き抜けた今回の勝ち方は、今までにない強さと切れ味を発揮していた。坂の緩いコースも良かったのかもしれない。ローカルの1枚落ちの1000万下ぐらいなら、今後出番も出てくるのではないかなと思っている。
福島11R 福島民報杯 
1着 レッドローゼス 解説危険
 このレースは2000m戦だったが、2ハロン・3ハロン目が10秒4と10秒6。1000m通過57秒4の超ハイペースだった。前半は後方に位置して、先に仕掛けた2着のクレッシェンドラヴを目標にした蛯名騎手の仕掛けがドンピシャリという感じだった。詰めが甘くて、突き詰めれば2000mは200m長いタイプが、2000mのオープン特別を勝ったというのは評価の対象にはなる。ただ、今回は展開と54キロの軽めのハンデ。初めての福島が合っていたという事。とにかく恵まれた部分が多かったと思う。
福島12R 奥の細道特別 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
海外遠征馬の帰国初戦成績
 日本馬が出走する海外競馬の馬券が購入できるようになり、海外への遠征馬も増えている。今回は海外競馬に出走した、日本馬の帰国初戦の成績を簡単に調べてみた。一般に、海外遠征帰りは割引が必要と言われているが、果たしてどうなのか?という事。2010/4/1から2019/3/31までの10年間を対象として、帰国初戦で重賞レースに出走した馬は延べ139頭いた。これらの総合成績は次の通り。
海外遠征馬の帰国初戦成績
勝率は1割強。連に絡むのは4頭に1頭という感じ。全体的に見れば、やっぱり少し割り引いて考えるべきなのかもしれない。そして、遠征馬の多いドバイと香港に絞って見ると、ともに帰国初戦の成績は全体の率は上回っている。さらに輸送時間の短い香港の方が、輸送時間の長いドバイよりも、帰国初戦の成績が下回っているのは、これは面白い現象と言えるのではないだろうか。
 出走レース別ではドバイシーマクラシックを使った馬が3勝でトップ。以下凱旋門賞・香港ヴァーズ・ドバイターフ・香港マイル・香港スプリントを使った馬が2勝ずつで並んでいる。ちなみに、凱旋門賞を使った馬は帰国初戦の対象となったのべ13頭中、9頭が馬券の対象となっている。悪くない成績と言える。2013年に2着に入ったオルフェーヴルが、有馬記念を圧勝した。また、4着だったキズナもG2時代の大阪杯を勝っている。オルフェーヴルは前年の凱旋門賞2着後も、ジャパンカップで2着している。また、2014年凱旋門賞8着だったジャスタウェイが、ジャパンカップで2着と巻き返してもいた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26