2019年2回福島5日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒5への変動、日曜がプラス0秒9だった。まずは遡って、6日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けて時計の出方は安定せず、総じて時計が掛かっている。
 土曜は雨の影響が残るコンディションで、稍重でスタートだった。途中良馬場に変更された。馬場差も午前の1R・3Rは2000m換算の数値でマイナス0秒3。後半はいくらかマイナス方向に動いてマイナス0秒5になった。時計の掛かるレベルではないものの、高速馬場ではなかった。そして土曜夜から再び雨が降り、日曜は終日重馬場。馬場差がプラス0秒9で時計が掛かっていた。なお日曜は断続的に雨が降ったが、馬場差は終日一定。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行馬は苦戦。日曜はその傾向がさらに顕著になって、逃げ・先行の連対はゼロ。中団・後方の馬が明らかに優先だった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス0秒6への変動、日曜がマイナス1秒6だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で特に2日目と先週日曜の6日目はマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだった。
 土曜はは雨の影響が残って午前中は重馬場で、後半は乾い稍重に変更された。馬場差もマイナス1秒0でスタートして、11R時には1700m換算の数値でマイナス0秒6と水準方向へ動いた。ただ、再び雨が降って日曜は終日マイナス1秒6と脚抜きの良いコンディションだった。連対馬を見ると、土曜は前めに位置した馬が優勢だったが、高速馬場になった日曜の方が差し馬が進出して来ている。


  タイム分析
 2019/07/13 (土)  芝=-0.3 → -0.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 テリオスヒメ    牝2 未勝利 1:10.1 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D --
3R T2600 ピエタフィリアーレ    牡3 未勝利 2:40.5 -1.5 --- -1.1 -0.4 A D --
5R T1800 ディアセオリー    牡2 新馬 1:50.6 +0.8 -0.6 +0.7 -0.5 D C --
6R T1200 マジックキャッスル    牝2 新馬・牝 1:10.3 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D --
7R T1800 ドリームインパクト    牡3 未勝利 1:48.0 -0.7 --- -0.2 -0.5 C C --
9R T1800 グロオルロージュ    牡3 雄国沼特(1勝) 1:48.4 +0.5 -0.5 +0.5 -0.5 D C --
10R T2600 オセアグレイト    牡3 信夫山H(2勝) 2:40.2 +0.2 --- +0.9 -0.7 D D --
12R T1200 レストンベ    牝3 1勝クラス 1:09.1 -0.1 --- +0.2 -0.3 C C --
 2019/07/13 (土)  ダ=-1.0 → -0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1150 マイネルナイペス    牡3 未勝利 1:08.9 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D --
4R D1700 メンディ    牡3 未勝利 1:47.1 ±0 --- +0.9 -0.9 E D --
8R D1700 ロジシルキー    牝3 1勝クラス・牝 1:46.3 +0.3 --- +1.0 -0.7 E D --
11R D1150 ヒザクリゲ    牝4 やまびこ(3勝) 1:07.2 -0.1 --- +0.3 -0.4 D D --

福島3R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは、当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒5速く、2600m対象の馬場差がマイナス0秒4だったことを踏まえても、 -1.5-(-0.4)=-1.1 で基準より1秒1速い勝ちタイムだった。前半は離れた3番手にいたピエタフィリアーレが気合いをつけながら、早めに上がって行く。先行馬は失速し、4コーナー手前でピエタフィリアーレが先頭。それを追ってシュブリームが上がって来るが、ピエタフィリアーレが3馬身半差をつけて1着。2着争いはアスティが追い込んで来たが、シュブリームが粘って半馬身差先着。
 3馬身半以上の差を付けられた2着以下はちょっと狙いが立たない。
1着 ピエタフィリアーレ 
 ピエタフィリアーレは前走からさらに距離延長、初めての2600mで初勝利。前へ行った2頭が競って、レース前半600mは、この日の馬場で3歳未勝利2600mとしては36秒3と速かった。これら2頭から5・6馬身離れた3番手を進んだのが、1番人気のピエタフィリアーレだった。中盤12秒台のラップで、厳しいペースとなって前の2頭は早々と失速し、満を持して3コーナーから仕掛けたピエタフィリアーレが強いレースを見せた。ピエタフィリアーレ、距離が伸びて頭角を現して来た。瞬発力に秀でたタイプでは無く、今回も稍重馬場で早めにスパートして粘り込むレースだった。東京や新潟外回りの長距離戦よりも、直線の短いコースでこそではないだろうか。上のクラスでも、そうしたコースならいきなり好勝負もあるだろうが、直線の長いコースではちょっと様子見かもしれない。父ロジユニヴァースは様々なタイプの産駒を出しているが、ダートで9勝、芝はこれが5勝目。どちらかと言うとダートで活躍する馬が多いが、この馬のように芝の長距離で好成績を残す馬も出している。
福島4R 3歳未勝利戦 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
福島7R 3歳未勝利 注目
 タイムランクCから完全タイム差がマイナスだった2つのレースを取り上げる。前半600mが35秒4と速くて、その後も緩まない平均ペースだった。前へ行っていた馬たちは全て末脚を無くして、4コーナーから後退してしまった。ラスト200m、ここ2走2着の1番人気馬ヤップヤップヤップが満を持して外から先頭に立ったが、そこへ馬群を縫うよう初出走の6番人気ドリームインパクトが伸びて来て、ゴール前で差し切った。
1着 ドリームインパクト 勝ち馬注目
 経験馬相手に出遅れながらこの勝ち方ができるなら、上のクラスでも期待が持てる。ドリームインパクトの父はディープインパクト。母タミーンは英国産の輸入馬で、英・仏で17戦3勝。まだ兄弟から活躍馬出ていないが、この馬が3頭目の産駒で、1頭目は不出走だった。母は11歳と若いですし、これから。
2着 ヤップヤップヤップ 
 2着ヤップヤップヤップはこれで3走連続の2着。今回早すぎないように、慎重を期して先頭に立ったが、勝ち馬の切れ味に屈した。順調に使えるなら、次走は勝つ番だろう。
7着 アイコニック 
 あと7着アイコニックは4戦目で初めて前を行く競馬をしたが、このペースでは厳しかった。次走の巻き返しもあるのではないだろうか。
福島8R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
福島11R やまびこS 注目
 TOPIXでも挙がっていたように、福島に1150mダートのコースが出来て以来、初めてとなる3勝クラスのレースだった。逃げたサニーダンサーと2番手を進んだレレマーマは一杯となったが、3番手を進んだヒザクリゲが抜け出して完勝し、直後にいたアスタースウィングが2着に入った。
1着 ヒザクリゲ 
 勝ったヒザクリゲだが、前走このコースを快勝。格上げ初戦も問題にせず、3連勝でオープン入りを果たした。2・3番手で追いかけて直線抜け出す、言わばダートの優等生的な競馬ができるまで、オープンでも短距離なら大崩はないだろう。
4着 バーニングペスカ 
 注目したいのは1番人気で4着のバーニングペスカ。体重が14キロ減っていたのは誤算だったのではないだろうか。いつもの行きっぷりは無く、3コーナーから終始鞍上の手が動いていた。それでも4着まで来たのは地力の証明だろう。次走体重が戻れば、積極的に買いたい。

  馬券Summary
7月14日は特殊な芝。中京は内、福島は外
 同じ芝の道悪でもこれだけ違うという典型的な1日だった。福島と中京が同じように開催3週目で、AコースからBコースに替わったのも同じ。しかし福島の先週の日曜は、まず福島はインが悪くなって、もう本当の外伸び。差し馬がジャンジャンやって来た。これはスパークオブライフの勝ったレースだが、3コーナーマクりを打って、内で1番人気のグロリアーナ、あれが普通は勝つような競馬だと思うが、これが4着に負けてしまった。対して、中京の方だが、こちらはもうインが良く、前残りから内からの差しとなった。基本的には内枠の先行馬が良かった。これはエスポワールが先行して、強い競馬を見せたが、もう外の馬、届きそうで全く届かない。結局、内にいた馬が2着・3着と。これも、逃げ(赤)・先行(オレンジ)みたいなのが、うわーっとありまして、基本的には中京は内、福島は外だったというのを、是非覚えていただきたいと思う。こういう特殊な日は標語か何かにして覚えておくと良いと思うが、例えば、この日に福島芝で逃げて失速した馬、中京芝で差して届かなかった馬は次走買う。それだけで穴馬券が取れるのではないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26