2019年2回小倉9日目

開催一覧
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜はマイナス0秒4からマイナス0秒2への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、ここ2週は雨の影響もあって水準レベルに近づいている。
 火曜日に大量の雨が降り、その後も連日雨が降っていたが、土曜は良馬場。ただし、土曜の朝にようやく良馬場に回復したというモノだった。そこからなかなか乾かなかったので、馬場差は一定。Bコースに移った事で8日目よりはマイナス方向に動いたが、馬場は結構緩かった。日曜は6Rまでは土曜と同じ馬場差だったが、昼過ぎの小雨の影響と緩い馬場でレースが行われて芝が傷んだことで、9R以降は少し時計が掛かるようになった。Bコースに移ったことで、8日目つまり先々週の日曜のように、外が伸びる傾向が緩和されるかと思ったが、内を通るとダメという事はないが、外が伸びた。外が伸びるので、直線で馬群がバラけて、この開催でこれまで結構見られた内で詰まってると、そういう馬は先週はいなかった。最終となる今週もBコース。先週より乾いている可能性はあるが、劇的に高速化することは考えられませんし、今週日曜の後半はかなり外差しが決まる馬場になりそう。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒2への変動、日曜がプラスマイナスゼロだった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、良馬場では水準から少し時計の掛かるレベルだったが、7日目から3日続いて、良馬場では無く馬場差は変動。マイナスの数値となり、特に7日目は時計が出やすくなった。
 火曜日に大量の雨が降り、そのまま連日雨が降っていたため、土曜は稍重だった。まぁ後半ほど乾いてはいて、馬場差は水準方向に変動したが、変動幅は大きくなかった。まぁ日曜は乾いて良馬場だったが、時計も出方は土曜の後半と大きくは違わなかった。なお、日曜の昼過ぎの小雨はダートに関しては時計の出方に影響はなかった。


  タイム分析
 2019/08/24 (土)  芝=-0.4  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ミーアシャム    牝2 未勝利・牝 1:09.3 -0.2 --- ±0 -0.2 C C 4.50
2R T1800 クリスティ    牝2 未勝利 1:49.5 +0.8 -0.6 +0.6 -0.4 D C (1.00)
4R T2000 ゴースト    セ3 未勝利 2:00.7 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D 13.50
5R T1200 マイネルヘルト    牡2 新馬 1:10.2 +0.5 -0.2 +0.5 -0.2 D D 5.43
7R T1800 ビックピクチャー    牝3 1勝クラス 1:47.0 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D 8.17
9R T1200 イロゴトシ    牡2 ひまわり 1:09.9 +1.3 --- +1.5 -0.2 E E (12.00)
10R T2000 ブライトムーン    牝5 西海賞(2勝) 1:59.6 +0.4 --- +0.8 -0.4 D D 7.33
12R T1200 マッスルマサムネ    セ4 1勝クラス 1:08.3 -0.2 --- ±0 -0.2 C D 7.00
 2019/08/24 (土)  ダ=-0.5 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1000 ストームガスト    牡3 未勝利 0:58.5 -0.5 --- -0.2 -0.3 C C 7.25
6R D1700 レッドシルヴァーナ    牝3 未勝利・牝 1:46.4 +0.1 --- +0.5 -0.4 D C 8.25
8R D1700 タイサイ    牡3 1勝クラス 1:45.7 +0.5 --- +0.8 -0.3 D D 3.67
11R D1700 クルークハイト    牝5 釜山SH(3勝) 1:44.2 +0.6 --- +0.8 -0.2 D D (6.50)

小倉2R 2歳未勝利 注目
 2着だったスズカデレヤについて。
2着 スズカデレヤ 
 このレースは1000m通過1分2秒2とスローペースで、結果的に力上位の馬が差して上位に来てはいるが、4コーナーでほぼ最後方では厳しかった。そのような位置取りになった原因はスタートでアオった事で、いつもそういうレースをしているのならともかく、前走は逃げて3着だった馬。スローのレースで差しに回っても脚を使えるという事がわかったのは収穫のはずで、勝ち上がるチャンスが近づいてると思う。
小倉8R 3歳以上1勝クラス 注目
 9着だったボンディマンシュについて。
9着 ボンディマンシュ 
 直線で左ムチに過剰反応して内ラチに突っ込みそうになって、もうその後は馬なりのままゴールとなってしまう。直線に入った時点での手応えからすると、仮に真っ直ぐ走っていても3着以内に入っていないと思うが、レース間隔が空いてなおかつ初めての1700mで苦しくなっているところで、左から叩かれて反対側に逃げたんだと思う。つまり1700mは長いんだと思う。1400mで勝った前走にしても、タイムランクEだったので1400mならこのクラスでもすぐに通用するという根拠はないが、今回に関しては距離を含めて全くの参考外。まだキャリア3戦なので、適した距離ならいずれはこのクラスで通用するんじゃないかと思う。
小倉9R ひまわり賞 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
1勝クラスの昇級初戦馬は危険
 降級制度がなくなって3歳馬が有利になる事が予想されたが、実際にどうなっているのか。前回の2勝クラス編に続いて、今回は1勝クラスを取り上げる。データの集計期間は前回と同じで、今年に関しては6/1から8/11まで、昨年に関しては6/2から8/12とする。
1勝クラスの昇級初戦馬は危険
 昨年同時期の500万下と今年夏の1勝クラスにおける3歳馬の比較だが、勝率も連対率も昨年より上がってはいるが、2勝クラス程劇的なアップ率ではない。ただし、在籍頭数が関係していて、降級制度の廃止によって昨年までとの比較では、夏の時点で4歳はオープン馬が増えて、1勝クラスが減っている。また、1勝クラスのレース数は昨年が215で、今年は193。レース数が22も減っているのに、3歳馬の勝利数は30も増えているので、予想通り3歳馬が圧倒的に優位になった。ただし、3歳馬は出走自体が増えたので、勝率や連対率は劇的には上がっていない。従って、3歳馬の出走数が少ないのに勝ちまくる2勝クラスとは違って、1勝クラスではどのような3歳馬を狙うべきかというのが重要になって来る。
1勝クラスの昇級初戦馬は危険
 2勝クラスでは前走で1勝クラスを勝ったばかりの3歳馬が好成績だったが、1勝クラスでは昇級初戦の3歳馬があまり良くない。特にタイムランクAやBで未勝利戦を勝ってきた馬、こちらが期待はずれの成績になっている。まず1頭だけの前走Aランク勝ちの馬だが、こちらは1勝目を挙げるまでにダート400mしか走っておらず、昇級初戦が1700mだった。こういうケースの好走確率が高くないのは、夏の1勝クラスに限った話ではない。そしてBランクで勝った馬の詳細を見ると、6月は12頭が走って4勝しているのに対して、7月以降は8頭が走って全て3着以下。1勝目が何になった馬というのは、残り少ない期間で勝ち上がるためにちょっと無理をしてることが多くて、昇級初戦では好走しにくいということ。春のうちに勝ち上がった馬の次走が7月以降になると、レース間隔が開いているので、こちらも体制が万全ではない場合があるということ。そのような事情があるんだと思う。ということで、夏の1勝クラスにおける昇級初戦の3歳馬は、勝ち上がるまでの過程やレース間隔を吟味して取捨を決めたい。で、次回だが、「1勝クラスにおける昇級初戦ではない3歳馬」についてというのをやる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26