2019年4回京都9日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒3からプラス1秒1への変動、日曜がプラス0秒9からプラス0秒7への変動だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、開幕週こそマイナス1秒台だったが、2週目以降は雨の影響で時計が掛かり、プラスゾーンで推移した。
 土曜は重馬場でスタート。途中稍重に変更されたが、終日プラス1秒台。ただ、後半はいくらか水準方向に数値は動いた。日曜はプラス0秒9からプラス0秒7に動いたが、それでも時計の掛かるレベルだった。連対馬の脚質に目立った偏りはなかったが、コース取りについては外を回る馬の上位進出が目についた。ただ、今週からの5回京都開催、前半2週はBコース、後半2週はCコースが使用されますから、先週と同じような傾向になるかどうかはわからない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒1からマイナス1秒7への変動、日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒0への変動だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、開幕週は水準に近いレベルだったが、3日目以降は雨の影響で脚抜きが良く、時計が出やすくなった。特に後半2週はマイナス1秒台かマイナス2秒台だった。
 雨の影響で土曜は終日重馬場。マイナス2秒台でスタートした。後半はやや水準方向に動いたが、それでも1日を通して、かなり速い時計の出るコンデションだった。そして日曜日は重馬場から途中稍重に変更された。土曜と同じように後半水準方向に動いたが、それでもマイナス1秒台で、速い時計の出るレベルだった。連対馬の脚質については、土曜は好位組がゼロという珍しい分布。ただ土曜よりは乾いた日曜は前めに位置した馬が優勢だった。土曜は特殊なコンディションだったと捉えて良いかもしれない。


  タイム分析
 2019/10/27 (日)  芝=+0.9 → +0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 グランレイ 牡2 未勝利 1:23.8 +1.2 --- +0.6 +0.6 D C 9.33
3R T2000 ヒュッゲ 牡2 未勝利 2:02.9 +0.7 --- -0.2 +0.9 C C 5.38
5R T2000 ケヴィン 牡2 新馬 2:03.6 +1.1 -0.6 -0.3 +0.8 C C 6.64
6R T1200 コスモリモーネ 牡2 1勝クラス 1:10.7 +1.3 -0.3 +0.5 +0.5 D C 8.57
8R T2400 スヴァルナ 牡4 2勝クラス 2:28.9 +2.8 -1.0 +1.0 +0.8 SL D 5.88
9R T1200 メジェールスー 牝4 壬生特別(2勝) 1:09.7 +1.0 --- +0.6 +0.4 D C 5.44
11R T1800 テリトーリアル 牡5 カシオペ(L) 1:47.5 +2.0 --- +1.4 +0.6 E D 9.94
 2019/10/27 (日)  ダ=-1.4 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 グラナリー 牝2 未勝利 1:11.9 -1.1 --- -0.2 -0.9 C C 6.00
4R D1800 キンノマサカリ 牡2 新馬 1:54.0 -0.8 -0.8 -0.3 -1.3 C C 9.50
7R D1400 ボンディマンシュ セ3 1勝クラス 1:23.8 -0.7 --- +0.2 -0.9 C C 7.31
10R D1900 メイショウエイコウ 牡5 御陵SH(3勝) 1:56.4 -1.4 --- -0.2 -1.2 C D 7.82
12R D1800 オーパスメーカー 牝3 2勝クラス・牝 1:51.6 -0.2 --- +0.8 -1.0 D D 9.70

京都3R 2歳未勝利 
5着 オールザワールド 通信簿
 1番人気5着だった。2着だった新馬戦でも気を抜く面を見せていたが、今回は最悪のケースになった。全くハミを取らず、ちょっと信じがたい光景だった。
京都7R 3歳以上1勝クラス 
2着 ヒラソール 通信簿
 1番人気2着だった。理想の外枠を引いたが、控えてしまったのが敗因だろう。ちょっと大事に乗りすぎちゃったのかなと思う。
京都8R 3歳以上2勝クラス タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都9R 壬生特別 
3着 キャスパリーグ 通信簿
 2番人気3着だった。前後半がほぼ同じ流れ。前へ行った2頭が楽をしていて、残られてしまった。ただ、前走の方が切れた印象もあり、力のいる馬場が堪えたか、チークピーシーズに慣れてしまった可能性も考えられる。
京都10R 御陵S 注目
 単勝1.4倍と断然の1番人気に支持されて10着と大敗を喫したゴルトマイスターの敗因について考えてみたい。タイムランクはC・メンバーランクはDだった。
10着 ゴルトマイスター 
 逃げたゴールドラグーンを見ながら2番手からいつでも動いて行ける体制だったが、意外な失速ぶりで、逃げた2番人気のゴールドラグーンも12着に沈没した。敗因の1つは中盤から後半にかけてのラップが速くなって、4コーナー大外を回った差し・追い込み馬に有利な流れになった事だが、好位の内を上手に立ち回ったとは言え、パキュートハートが2着に入った事を考えると、人気2頭の失速ぶりはいただけない。
 ゴルトマイスターは568キロの巨体で、本質的には使って良化するタイプの一面があったかもしれませんし、また、ゴールドラグーンは小倉のダート1700mに対応するスピードがありますから、このクラスの1900mは距離が長いという見方もできる。いずれにしてもこの2頭の次走の巻き返しには注意が必要。
12着 ゴールドラグーン 
 逃げたゴールドラグーンを見ながら2番手からいつでも動いて行ける体制だったが、意外な失速ぶりで、逃げた2番人気のゴールドラグーンも12着に沈没した。敗因の1つは中盤から後半にかけてのラップが速くなって、4コーナー大外を回った差し・追い込み馬に有利な流れになった事だが、好位の内を上手に立ち回ったとは言え、パキュートハートが2着に入った事を考えると、人気2頭の失速ぶりはいただけない。
 ゴルトマイスターは568キロの巨体で、本質的には使って良化するタイプの一面があったかもしれませんし、また、ゴールドラグーンは小倉のダート1700mに対応するスピードがありますから、このクラスの1900mは距離が長いという見方もできる。いずれにしてもこの2頭の次走の巻き返しには注意が必要。
京都11R カシオペアS タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
3着 ソーグリッタリング 解説危険
 休み明けを考えると、上々の滑り出しと言えないこともないが、まして勝ち馬からアタマ差・アタマ差の同タイムの3着ですし、しかも58キロを背負っていましたから、しかしこの馬ばかりは当てにできないと思う。重賞でも善戦はするが、格下相手でも負ける性質を持ってるからで、その最もたる要因がソラを使う気性で、もう1つは折り合い面で乗り難しさがあること。次走も2着・3着には来るかもしれないが、単勝は嫌いたいタイプですから、あえて危険とする。

  馬券Summary
キズナ vs. エピファネイア
 2013年の日本ダービーはキズナが優勝して、2着はエピファネイアだった。その後キズナはG1昇格前の大阪杯を勝って、エピファネイアは菊花賞とジャパンカップを勝った。そして2頭共に、今年から種牡馬としての次の対決のステージに入った。6月から始まった2歳新馬戦、およそ5ヶ月が経過し、新種牡馬の産駒の傾向も少しずつが浮き彫りにされて来たが、まずはこの2頭の産駒成績を振り返って見て、傾向と対策を講じてみたいと思う。では表をご覧ください。
キズナ vs. エピファネイア
これは10/21までの産駒の芝の距離別成績とダートの成績だが、まずキズナ。芝の距離別で最も勝率が高いのは芝1600m。勝利数では1600mが1位、1800mが2位で、2000mになると勝率が下がる。キズナはディープインパクト産駒で、母の父はストームキャット。これは当時、ディープインパクト産駒のトレンドの配合だった訳だが、産駒は仕上がりの早いマイラータイプが多くなるのではないかと、予測する。また、ダートでの成績が良いのでダートでつぶしが効く点は見逃せない。
キズナ vs. エピファネイア
 一方、エピファネイアだが、1200m・1600m・2000mでそれぞれ6勝しているが、やはり距離が伸びて真価を発揮していて、馬券圏内に最も多く入ってるのは芝2000m。と同時に、意外にも短距離も苦にしない辺りに万能型のイメージも持てる。また、サンプルは少ないが、今のところダートは芳しくない模様。それから6月の馬券summaryでエピファネイア産駒の特徴として、大半の馬、ほぼ半数以上にサンデーサイレンス4×3のクロスがあるということを言って、その中から大物が出る可能性が高いと言ったが、これまで勝利を挙げた18頭中13頭は4×3のクロスがあった。この中から大物に育つ馬がいるのかどうか、それは今後の検証を待ちたいと思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-