2019年1回京都7日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス1秒0だった。遡って7日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で開幕週よりも2・3週目の方が時計が掛かっていた。土曜日は馬場が乾いた事もあって、5日目よりは少し速い時計が出る状態になったが、それでも時計の掛かる力のいる状態。午前中に雨が降った日曜は、さらに時計が掛かるようになったが、芝のレースが始まってからも降り続けていた訳ではないので、日曜の馬場差は変動ではない。2週目は内側の含水率が高かったようで、外からの差しがよく決まっていたが、先週は内・外に違いがなくなったようで、内を通っても不利ではなかった。今週からの2回開催は、Bコースで行われるが、内側だけが傷んでいる訳ではないので、一気に高速化することは考えにくい。ただし、仮に全く馬場状態が同じでも、コーナーが緩くなる分、少し速い時計が出るようになると思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒4からプラス0秒1への変動だった。遡って7日間の馬場差を確認しておくと、開幕週は推奨レベルだったが、3日目以降はプラスの数値だった。
 火曜日に少し雨が降りましたが、土曜日は乾燥した馬場。2週目とほぼ同じ馬場差だった。日曜は午前中に雨が降って、2レース以降は稍重。そのため馬場差は変動だが、日曜の中で最も速い時計が出るようになった7R以降でも、馬場差はプラスのままだった。土曜日は前残りが多く、日曜は差し馬の好走が増えた。土日で時計の出方が少し違うとは言え、極端に馬場状態が変わった訳ではない。日曜日に中山と中京で重賞が行われて、京都は総じて低調なメンバー構成になっていたことが影響したのだと思われる。土曜の京都のダートは7鞍中4鞍がCランクだが、日曜のタイムランプはDとEばかりで、時計が掛かった事で差しが届いたというケースが多かった。


  タイム分析
 2019/01/20 (日)  芝=+1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 シトラスノート    牝3 未勝利・牝 1:36.6 +1.1 --- +0.3 +0.8 C C 6.38
6R T1600 アンドラステ    牝3 新馬 1:36.9 +1.1 -0.3 ±0 +0.8 C C 7.81
8R T1800 ノーブルカリナン    牝4 500万下 1:49.0 +1.6 --- +0.7 +0.9 D C 5.29
9R T2400 コスモピクシス    牝6 睦月賞H1000 2:29.7 +3.6 -0.6 +1.8 +1.2 SL D 5.17
11R T1400 タイムトリップ    牡5 石清水S1600 1:22.2 +1.4 --- +0.7 +0.7 D C 6.08
 2019/01/20 (日)  ダ=+0.4 → +0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 アスカノダイチ    牡3 未勝利 1:13.9 +0.9 --- +0.6 +0.3 D D 7.07
2R D1800 メイショウオオタカ    牡3 未勝利 1:55.0 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 5.75
3R D1400 タイガーアチーヴ    牡3 未勝利 1:26.6 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D 8.42
4R D1400 オーパキャマラード    牝3 500万下・牝 1:26.2 +1.1 --- +0.9 +0.2 E C 4.57
7R D1800 スピンドクター    セ4 500万下 1:54.2 +1.6 --- +1.5 +0.1 E D 7.46
10R D1800 タイキフェルヴール    牡4 舞鶴S1600 1:52.4 +1.4 -0.7 +0.6 +0.1 D C 7.22
12R D1400 バーンフライ    牡4 1000万下 1:24.9 +1.1 -0.1 +0.9 +0.1 E D 7.45

京都4R 3歳500万下・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
京都9R 睦月賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。ラスト600mだけが速いラップなのでSLだが、まずレベルは高くないと思う。上がりの速さに限界のある馬場状態とは言え、上がり35秒9と36秒0で差して来た馬が1着・2着というのは、展開が楽だった前の馬が脚を使えていないという事。ほぼEランクという扱いで良いと思うが、ペースが速くなった方が持ち味が活きるタイプが多かったのも確か。なので、ここの出走馬が次走全て軽視して良いと、そういう意味ではない。
京都10R 舞鶴S 注目
 勝った番組注目馬だったタイキフェルヴールについて。
1着 タイキフェルヴール 勝ち馬注目
 先ほど日曜は時計が掛かった事で、差しが届いたというケースが多かったと言ったが、この馬は違う。Dランクに止まったのは1000m通過64秒1というスローペースの影響。これ、仮にタイキフェルヴールの差しが不発だったら、2着シロニイの完全タイム差がプラス0秒9ですから、EにはならなくてSLになっていた。そのため、レース上がりが35秒8で完全な前残りの展開だったが、外を回って楽々と差し切った。これはこの馬の能力の高さを示してもいるが、直線が平坦なコースだと伸びが違う。前走中山で5着だった主な原因は、結果的に早めに動いた馬が苦しくなる展開だったことと、あと若干の太め残りだと思うが、そもそも中山のような直線に坂のあるコースは得意ではない模様。一昨年の12月に中山で勝っているが、その時は直線半ばまではぶっ千切りそうな手応えだったのに、結果的に坂で伸びを欠いてハナ差の辛勝になっていた。今回のタイムランクは高くなくても、オープンでも通用する能力はある。ただし、中山のようなコースでは狙いを下げた方が良いと思う。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
東京ダート1600mは内枠不利
 「東京ダート1600mは内枠不利」というのは以前にも取り上げた気がするが、大事な事なのでまたやる。
東京ダート1600mは内枠不利
 まず過去5年間の枠順別の成績だが、一目瞭然で内枠ほど連対率が低い。その理由は芝の2コーナーポケットから左にカーブしながらダートに入るので、内枠だとダートの内ラチが目の前に迫って来る圧迫感があるし、実際に窮屈になりやすいから。ここまでは割とよく知られているが、重要なのは重賞でも傾向が変わらないということ。中山ダート1200mは同じように内枠不利で知られるが、重賞ともなると、結構1枠の馬が勝っている。しかし、東京ダート1600mは重賞でも1枠の馬がほとんど勝っていない。オープン馬ともなると、窮屈になったり砂をかぶったりしても、まぁ跳ね返すだけの精神力を備えている場合が多いので、一般的に内枠が不利とされるコースでも、重賞では枠順は必要以上に気にすると裏目に出ることが多い。しかし東京ダート1600mは別格で、重賞・G1でも内枠は明らかに成績が悪い。
東京ダート1600mは内枠不利
 フェブラリーステークスに複数回出走して、内枠に入った事がある馬の成績が興味深い。ベストウォーリアは4歳時は1枠で13着。5歳時は5枠で3着。6歳時は3枠で4着、7歳時は5枠で2着だった。他にもバトルラインが4歳時に4枠で3着だったが、5歳時は1枠で2番人気で9着。ノボトゥルーは5歳時に8枠で勝ったが、6歳時は1枠に入って2番人気で3着だった。同じ馬でも内枠、特に1枠に入ると着順を下げてしまう。東京ダート1600mはそういうコースで、フェブラリーステークスはそういうレースだということを知っておくと、馬券を買う時の良い指針になると思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26