2019年1回中山6日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。まずは遡って7日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒8からマイナス0秒6の間で推移しており、ほとんど動きはない。中間に雨は降らず、土曜は5日目と同じ馬場差だった。芝の傷みが進んだ日曜は、少しだけ時計が掛かるようになったという自然な馬場差の推移だった。この開催を通じて、前が残りやすいとか、差しが決まりやすいといった偏りのある馬場にはならず、各馬の能力とレース展開によって逃げ切りもあれば、追い込み勝ちもあった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒8。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。遡って7日間の馬場差を確認しておく。1800mについては開幕週は水準レベルだったが、2・3週目は時計が掛かった。1200mについては、開幕週は速めの時計が出るレベルだったが、2・3週目は水準レベルだった。雨が降りませんでしたし、極限に近い乾燥状態なので、先週の馬場差は5日目と同じだった。パワー勝負の馬場で1800mで馬体重480キロ以下の馬が連対したのは、3歳未勝利戦だけだった。


  タイム分析
 2019/01/19 (土)  芝=-0.7  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 アトラクティヴ    牝3 未勝利 1:35.4 -0.6 --- ±0 -0.6 C C 7.67
7R T2200 サトノシャーク    牡5 500万下 2:14.1 -0.3 --- +0.5 -0.8 D C 7.20
9R T1800 ヒシイグアス    牡3 若竹賞500 1:50.4 +1.3 -0.8 +1.1 -0.6 SL C 5.63
11R T1800 レッドローゼス    牡5 初富士S1600 1:48.6 +1.4 -0.8 +1.2 -0.6 SL C 5.36
12R T1600 ボーダーオブライフ    牡5 1000万下 1:34.6 +0.3 --- +0.9 -0.6 E D 7.67
 2019/01/19 (土)  ダ=+0.8 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 メールデゾレ    牝3 未勝利 1:12.9 -0.1 --- ±0 -0.1 C D 7.69
2R D1800 フラテルニテ    牝3 未勝利 1:58.0 +2.1 --- +1.3 +0.8 E E 7.00
3R D1800 ウイニングメイビー    牡3 未勝利 1:58.2 +2.3 --- +1.5 +0.8 E D 8.75
4R D1200 アヴォンリー    牝3 新馬・牝 1:12.8 -0.4 --- -0.3 -0.1 B D 9.81
6R D1200 ロンドンテソーロ    牡3 500万下 1:11.3 -1.0 --- -0.9 -0.1 A C 8.30
8R D1200 シゲルベンガルトラ    牡5 500万下 1:12.2 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 7.79
10R D1800 ゴライアス    牡4 初茜賞H1000 1:53.7 +0.5 --- -0.3 +0.8 C D 8.30

中山2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
中山4R 3歳新馬・牝 タイムB
 基準よりで0秒3速い勝ちタイムだった。前へ行った2頭で決着した。
1着 アヴォンリー 
 勝ったアヴォンリーは最初はダッシュが鈍かったが、鞍上が仕掛けると行って、そのまま逃げ切った。4コーナーでの2着馬との手応えの差を考えると、よく逃げ切ったと思うが、3キロ減のジョッキーで51キロだった事も効いているんだと思う。最初のダッシュの鈍さからすると、もし内枠だったら行けなかったでしょうし、それでいてギリギリのBランク。昇級してすぐに通用するとはちょっと思えない。
2着 スマートマルシェ 
 2着のスマートマルシェはいつでも前を交わせるという手応えで回って来ながら、直線で競り負けたのでちょっと印象は良くないが、力の要るダートでの斤量3キロ差というのは大きい。完全タイム差はマイナスなので、次走も上位候補となる。
3着 ペイシャネガノ 
 2着と5馬身差の3着以下はEランク相当のタイムになってしまうが、3着のペイシャネガノはスタートが遅く、流れに乗れなかったが直線で伸びていた。2戦目に上積みがありそうなレース内容だったと言える。
中山6R 3歳500万下 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。大外枠の14.ロンドンテソーロが反応良くゲートを出た。一方、1番人気の7.オリオンパッチはあまりゲートの出が良くなかったが、押し上げてハナを奪って行き、先頭で4コーナーを回る。ただ、直線に入るとロンドンテソーロが並びかけ、交わして抜け出した。そしてロンドンテソーロが3馬身半差をつけて1着。2着オリオンパッチから2馬身差で11.ナスノダケが3着。4着が12.イチゴミルフィーユと人気馬が続いた。
1着 ロンドンテソーロ 
 ロンドンテソーロが昇級2走目で勝ち上がった。ロンドンテソーロは外枠から好スタート。そして楽に前につけ、行きたい馬を行かせて3番手。ここで掛かり気味になっていたが、一旦落ち着かせてから4コーナーで前交わしに行き、直線で並びかけたところで追い出すと、突き放した。2番手そして3番手と下がって行く時に掛かり気味になっていたとは言え、折り合い難があるということではなくて、スピードが有り余ってるということ。3歳2勝馬が出走できるダート1200m以下というのがしばらくありませんし、1400mだと若干の不安を感じので、番組注目馬とか、次走上位候補にしないが、1200mで完全タイム差マイナス0秒9というのは、同じだけ走れはオープンで通用するレベル。オープンで距離をこなせず、2勝のまま夏を迎えたら自己条件のダート1200m以下ではかなり有力となる。
2着 オリオンパッチ 
 そして番組注目馬オリオンパッチが2着だった。オリオンパッチは少しだけスタートが遅く、なおかつ直後に外から寄られて下がった後に、外から一気に先頭まで行った。ここで脚を使って前半33秒6。それで2着ですから内容は十分。500万3戦の完全タイム差はマイナス0秒3・マイナス0秒1・マイナス0秒3と実に安定しており、今回は前半のロスを考慮するとかなり高く評価できる。ということで、番組注目馬レベルだが3回連続2着の馬を3回連続で番組注目馬にするのもちょっと気になるで、自重する。とは言え、次走もかなり有力な軸馬候補となる。
3着 ナスノダケ 
 3着のナスノダケは好タイムではないが、前半34秒7で逃げ切った直後のレースで、前半33秒6というレースでハナを切れず、なおかつ自身も前半33秒台で行って直線では2着馬との差は詰めていますから、昇級初戦としては好内容。次走も上位候補となる。
中山7R 4歳上500万下 注目
 7着だったヒシヴィクトリーについて。
7着 ヒシヴィクトリー 
 このレースは2頭が後続を離して先行していたが、3コーナーでこのヒシヴィクトリーを含む好位集団が差を詰めて行った。外の馬たちはそのまま前に並んで行けたが、内枠で内にいたこちらは急に前との差が詰まった事もあって、一旦ブレーキ。そこで全体のペースが上がって、いきなり追い通しになってしまって、そうこうしているうちにさらに前に馬が入って来てしまった。で、直線でも一旦内ラチ沿いに寄って行った馬が、また外に戻って来て、手綱を引く羽目になって、その後は伸びてはいるが、エンジンがかかり切らないままだった。3コーナーから直線まで、これだけロスのあるレースをしてしまっては、全くの参考外で、次走でも巻き返しを期待できる。
中山9R 若竹賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。ラスト600mだけが速い流れでSLだが、後半のラップを見ても、タイムという観点からのレベルはあまり高くない。
1着 ヒシイグアス 勝ち馬注目
 ただし勝った番組注目馬のヒシイグアスだが、まだ気を抜いてる感じで、目一杯の走りではなくオープンでも相手なりに走れそう。
2着 フォークテイル 
 そして2着のフォークテイルの最後の伸びは目立った。
中山10R 初茜賞 
2着 パレスハングリー 
 2番人気2着だった。前走は抽選で騎乗が決まったジョッキーがこの馬の持ち味を活かす積極的な競馬をしてくれたが、引き続き同じジョッキーで期待通りの乗り方をしてくれた。それで2着ですから、勝った馬が強かったが、内から追い上げて行っても頭を挙げたりしなかったのは、馬の成長でもあり、次走も中山なら本命候補。
中山11R 初富士S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。ラップのバランスとしては、9Rと似たようなモノ。従って、タイムという観点からはレベルは高くないとせざるを得ない。
1着 レッドローゼス 勝ち馬注目
 勝ったレッドローゼスは上がりが速い展開でも追い出しを待つ余裕があって、かなり余力を残して勝っている。オープンでもやれそう。
中山12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
東京ダート1600mは内枠不利
 「東京ダート1600mは内枠不利」というのは以前にも取り上げた気がするが、大事な事なのでまたやる。
東京ダート1600mは内枠不利
 まず過去5年間の枠順別の成績だが、一目瞭然で内枠ほど連対率が低い。その理由は芝の2コーナーポケットから左にカーブしながらダートに入るので、内枠だとダートの内ラチが目の前に迫って来る圧迫感があるし、実際に窮屈になりやすいから。ここまでは割とよく知られているが、重要なのは重賞でも傾向が変わらないということ。中山ダート1200mは同じように内枠不利で知られるが、重賞ともなると、結構1枠の馬が勝っている。しかし、東京ダート1600mは重賞でも1枠の馬がほとんど勝っていない。オープン馬ともなると、窮屈になったり砂をかぶったりしても、まぁ跳ね返すだけの精神力を備えている場合が多いので、一般的に内枠が不利とされるコースでも、重賞では枠順は必要以上に気にすると裏目に出ることが多い。しかし東京ダート1600mは別格で、重賞・G1でも内枠は明らかに成績が悪い。
東京ダート1600mは内枠不利
 フェブラリーステークスに複数回出走して、内枠に入った事がある馬の成績が興味深い。ベストウォーリアは4歳時は1枠で13着。5歳時は5枠で3着。6歳時は3枠で4着、7歳時は5枠で2着だった。他にもバトルラインが4歳時に4枠で3着だったが、5歳時は1枠で2番人気で9着。ノボトゥルーは5歳時に8枠で勝ったが、6歳時は1枠に入って2番人気で3着だった。同じ馬でも内枠、特に1枠に入ると着順を下げてしまう。東京ダート1600mはそういうコースで、フェブラリーステークスはそういうレースだということを知っておくと、馬券を買う時の良い指針になると思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26