2019年2回阪神2日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒7だった。阪神も連続開催でしたので、遡って8日間の馬場差を確認しておくと、土日ともに稍重だった前の開催4週目だけはプラスの数値だった。先週はAコース使用5週目だったが、土日ともに良馬場で、再びマイナスゾーンに入った。
 木曜日・金曜日未明に若干の雨が降った。それでも先々週がプラスの馬場で行われた割に、芝の傷みは少なくて、土曜・日曜共に前開催3週目までのマイナスの数値に戻り、Aコース5週目としては上々のコンディション。内も比較的荒れていない。脚質的には外からの差し・追い込みが届いていた印象もあるが、あくまで純粋な脚力の違いが出た結果。今週からの3週はBコースが使用される。芝も生育するようになるので、良馬場ならマイナス1秒台の馬場差となる可能性が高い。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、マイナス1秒台の日はない。
 雨の影響から土曜は稍重スタートだが、朝の段階でも含水率は4コーナー・ゴール前ともに約7%。乾き気味だった。5Rから良馬場発表になった。馬場差は土曜がマイナス0秒3、乾いた日曜がマイナス0秒1。水準に近かった。短距離は前に行った組が優勢だが、中・長距離は差し・追い込みが決まっていた。


  タイム分析
 2019/03/24 (日)  芝=-0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 ショウナンバルディ    牡3 未勝利 1:47.4 -0.8 --- -0.2 -0.6 C D 7.31
6R T2400 ディバインフォース    牡3 未勝利 2:32.1 +3.4 -1.2 +3.0 -0.8 SL D 8.10
9R T2000 ウインクルサルーテ    牝6 四国新聞1000 2:01.5 +1.3 -0.6 +1.4 -0.7 SL D 5.29
10R T1200 ミラアイトーン    牡5 淀屋橋S1600 1:08.7 +0.2 --- +0.6 -0.4 D C 6.73
11R T1600 ソーグリッタリング    牡5 六甲S(L) 1:33.9 +0.9 -0.2 +1.3 -0.6 E D 9.13
 2019/03/24 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 レッドモアナ    牝3 未勝利・牝 1:13.0 -0.3 --- -0.2 -0.1 C D 9.14
2R D1400 ピエナヒーロー    牡3 未勝利 1:26.6 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 9.79
3R D1800 メイショウテンダン    牡3 未勝利 1:54.2 -0.4 --- -0.3 -0.1 C D 5.71
7R D1400 グランプリワン    牡3 500万下 1:25.7 +0.4 --- +0.5 -0.1 D D 9.50
8R D1800 シップーコウライ    牡7 500万下 1:54.5 +1.4 --- +1.5 -0.1 E D 3.11
12R D1800 フォーカード    牡5 1000万下 1:52.0 -0.3 --- -0.2 -0.1 C D 7.91

阪神3R 3歳未勝利 注目
 完全タイム差がマイナスなのは1鞍もないので、日曜だったマイナスだったタイム差の中から2鞍取り上げたい。タイムランクはCだったが、あと0秒1速ければBランク。しかも、3着以下を大差に離して一騎討ちを演じた上位2頭は、かなり強い競馬をしている。
1着 メイショウテンダン 
 1着メイショウテンダン、2戦して芝8着、ダートで4着。ソエを気にしていて、今回4ヶ月ぶりだったが、調教時計が出て、休養前よりも良くなっていた。外枠からスッと2番手につけると、逃げたタイサイとともに、他馬をぐんぐん離して行って、直線でクビ差だけ競り勝った。8キロ増の馬体はもっと増えて良い印象がある。500万・1000万を連勝して、昇級戦の土曜中京11R1600万日の名古屋城ステークスで2着だったメイショウワザシの全弟にあたる。成長如何では上でも通用してくるだろう。
2着 タイサイ 
 そして2着のタイサイは勝ち馬と同タイムクビ差で、3着ローゼンリッターには1秒9もの差をつけた。2着のタイサイ、稍重の小倉ダート1700mで連続2着していたが、タイムランクはDとEだった。乾いたダートの1800mでパフォーマンスを上げてて来た。馬体が絞れたのも良かったと思うが、交わされてからもゴール前は差し返していて、勝負根性の良さも印象に残った。父スマートファルコン同様の逃げで、活路が出たと。そんな感じがする。すぐ勝てそう。
6着 オンワードセルフ 通信簿
 3番人気6着だった。前の2頭が強すぎて、3番手のこの馬には苦しいレースになった。少し間隔が開きましたし、次走改めて期待する。
阪神5R 3歳未勝利 注目
1着 ショウナンバルディ 
 勝ち馬ショウナンバルディは、経験馬相手の初出走だった。1分47秒4の勝ち時計は、単純な比較で前日の重賞、毎日杯に0秒2差。完全タイム差はマイナス0秒2で、ランクはCだが、先週の芝の未勝利では1番の内容だった。その逃げ切った11.ショウナンバルディ、厩舎コメントに「ゲートが早い」とあった通り、ダッシュを決めてハナを切って1000m通過59秒5と、まずまずのペースで飛ばして行った。直線でも一定の着差を保ち、追いすがる2着のスリーカナロアーの脚色をゴール前では鈍らせてのに逃げ切り勝ち。キングズベスト産駒で、ちょっとバサラバサラした走りに見える。(そういう用語がある)しっかりと、それでも伸びていた。見た目以上に芯がしっかりしている印象がある。瞬発力は疑問だが、500万なら通用の先行力がある。
2着 スリーカナロアー 番組注目馬
 2着のスリーカナロアー、今回は9ヶ月ぶりの実戦。父はロードカナロア。アドマイヤマーズとケイデンスコールが叩き合った新馬戦での4着以来、当時は2番人気だった。勝ち馬を交わしに行って、突き放されたが、ラストが苦しくなってフットワークも乱していた。長期休養明けの不利が大きかったと思う。馬体重の12キロ増は成長分。坂路調教で抜群に動くタイプ。次はだいたい勝てそうに思う。
阪神6R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 四国新聞杯 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R 六甲S タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神12R 4歳上1000万下 注目
1着 フォーカード 
 1着のフォーカード、これまでの全3勝が中京と東京の左回りだった。右回りに良積が無かったが、前走阪神の8着は距離1400mが短かったためで、右回りでも脚は使えていた。元々1000万下は勝った経験があり、今回は距離延長とハイペースで展開がハマった。父のサマーバードはアメリカ3冠でも、距離が最も長いベルモントSの勝ち馬。産駒もサノサマーやワンダーラジャなど、ダートの長い距離が得意な馬が見受けられる。展開待ちだが、東京ダート2100m辺りに出走してくるなら、昇級しても穴に狙える。
2着 カレンカカ 
 2着のカレンカカ、前走の中山戦5着は、外から被せられて脚を余した。今回は新人の斎藤騎手が中に寄せた事で持ち味が活きたが、何よりも3キロ減がプラスに働いた、そんな印象が強い。堅実だが、カレンチャンの全弟とも思えないジリ脚。定量で本命視は危険なタイプのように思う。
4着 ナムラヘラクレス 
 一方1番人気のナムラヘラクレスは4着だった。4着ナムラヘラクレスは逃げて1000m通過が1分0秒4のハイペース。前とは着差は広がったが、2・3番手を追走したダノンロイヤルとタガノアンピールは6着と10着に崩れている。その中で4着に残ったのは、評価できる範囲内の内容。平均ペースで行ける顔ぶれなら、巻き返せると思う。

  馬券Summary
中山内回り、1800mの馬、2000mの馬
 連続開催の中山、先週から後半に入った。前半の開催を見ていて、1つ気がついたことがある。月並みではあるが、同じ中山内回りでも芝でも1800mと2000mでは微妙に質が異なる点。3/9に行われた中山牝馬ステークスで、1番人気のノームコアは7着に敗れた。道中は後方を進んで、直線内を突いたが、馬群が密集して脚を余した。なぜこうなったかと言うと、1800mは1コーナーまでの距離が短くて、前目の位置につけられなかったから。同じ内回りでも2000mの昨秋の紫苑ステークスでは、1コーナーまでの距離が長いために、好位につけることができて楽勝している。中山巧者でも、ベストは2000mであって、1800mでは危険な人気馬だった。まぁ考えてみれば、出遅れた愛知杯で2着したのも、2000mだから届いた。その公算が高かったと思う。
 その翌週のフラワーカップでは、1番人気のエールヴォアが0秒4差の2着。逃げたコントラチェックの影を踏めずにゴール前で3着馬をハナ差交わして2着に上がるのがやっとだった。楽勝した前走のエリカ賞の阪神2000mとでは、4コーナーでの反応が違いすぎた。これもベストは2000mだった可能性が高い。昨年10月に1800mの2歳未勝利戦を圧勝してるが、あれは阪神外回り。中山の内回り1800mは忙しかったんだと思う。
 差し馬だけではない。逃げタイプのオスカールビーは、1800mの富里特別で失速して5着。しかし、次走2000mの平場戦でアタマ差2着に粘っている。ペースや相手関係もあるとは言っても、1800mはコーナーまでの距離が短く、ハナに行ききるまでに脚を使ってしまう。また、他馬の出方も速くなる。それが2000mではコーナーまでの距離があるので、前半のスピードの乗りが良くて、余裕を持って逃げのパターンに持ち込める。そんな気がする。
 あとウインプライトは1800mでも2000mでも勝っているが、どちらかと言うと、1800mがベストだと思う。中でも、中山のこの距離では3つの重賞を制している。ただ、今年の中山記念はG1馬が5頭。格下感が否めないで、5番人気で止まっていた。キーポイントは昨年56キロで2着だった2000mの中山金杯を、今年は58キロのトップハンデで勝ちきったこと。それだけ昨年より力をつけていて、十八番の距離なら・条件なら相手強化でも頭から狙って行けた。
 中山の場合、器用な馬は1800mがベストの馬でも、2000mをこなしてしまうケースが多い。ただ、不器用なタイプの馬には2000mから1800mへの200mの短縮が影響しやすくなっている。パフォーマンス上の派手さに騙されないで、よくその馬の特性を見極める。それが重要だと思っている。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-