2019年1回東京8日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒9だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催6日目以外は全てマイナス0秒9。その6日目にしても、マイナス0秒8ですから数値にほとんど動きはなかった。
 最終週になっても時計がかかることはなく、まぁ高速馬場と言うほどではないものの、速い時計の出るコンデションだった。連対馬の脚質については偏りはなかった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒7だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、土日ともに稍重だった2週目だけは速めの時計が出るレベルで、他の開催日は時計が掛かっていた。
 最終週の先週も時計の掛かる馬場でした。乾燥が進んで、日曜はこの開催で最も時計が掛かっていたが、雨の影響を受けた2週目以外はほとんど変わらない数値だった。もう一つ、開催6日目、つまり雪で中止になった翌日は重馬場でスタートして稍重に変更されたが、脚抜きの良いコンディションではなかった。雨と雪では様相が違ったということだろうか。


  タイム分析
 2019/02/17 (日)  芝=-0.9  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 ネリッサ    牝3 未勝利 1:35.7 -0.2 -0.4 +0.1 -0.7 C D 7.06
5R T1800 アイリスフィール    牝3 新馬 1:51.3 +2.1 -1.2 +1.7 -0.8 SL C 9.20
7R T2400 カヴァル    牡4 500万下 2:25.9 -1.0 -0.7 -0.6 -1.1 B C 4.38
8R T2000 ファストアプローチ    セ4 1000万下 2:00.9 +0.8 -0.8 +0.9 -0.9 SL D 7.43
10R T2000 ロシュフォール    牡4 アメジH1600 1:58.3 -1.1 -0.6 -0.8 -0.9 B C 6.11
 2019/02/17 (日)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D2100 ニューツーリズム    牡3 未勝利 2:15.9 +1.8 --- +0.9 +0.9 D D 7.46
2R D1400 グルーヴィット    牡3 500万下 1:26.5 +1.1 --- +0.5 +0.6 D D 8.31
3R D1600 エンドーツダ    牝3 未勝利・牝 1:39.6 +0.1 --- -0.6 +0.7 B C 5.71
6R D1300 アイアムジュピター    牡5 500万下 1:19.3 +0.8 --- +0.2 +0.6 C C 6.27
9R D1600 オーヴァルエース    牡3 ヒヤシン 1:38.6 +0.9 --- +0.2 +0.7 C C 5.71
11R D1600 インティ    牡5 フェブラG1 1:35.6 +0.3 -0.2 -0.6 +0.7 B C 5.00
12R D1400 ドリュウ    牡4 大島特別1000 1:25.8 +1.6 -0.3 +0.7 +0.6 D C 6.00

東京2R 3歳500万下 
2着 シュガーサンダー 解説危険
 新馬戦1着の後。今回が2着ですから、まぁ次走も人気になるんじゃないかと思うが、このレースランクDで3歳500万下ではたまたまレベルがあまり高くない、低いレースだった。このクラスのダートはもう強者がゴロゴロしていますので、2着したからと言って、次走そう簡単には狙えないんじゃないかなと思う。
東京3R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。エンドーツダがダートに転じて2走目で勝ち上がった。
1着 エンドーツダ 
 エンドーツダ、着差以上に楽勝だった。中団からの追走となったが、コーナーワークスムーズで、楽に外から先行集団に並びかけると、もう1頭だけ全く違う脚色で抜け出した。これがダート2戦目。抜け出してからは走るのをやめようとしてしまい、着差をつけることはなかったが、それでタイムランクBなんですから今後楽しみ。上のクラスでも狙ってみたいと思う。
3着 トゥーフラッシー 
 2着以下はタイムランクC相当だが、次走狙いたいのは3着トゥーフラッシー。これがダート3戦目だが、堅実によく走った。今回は勝ち馬がちょっと強すぎて、並びかけられてから一気に離されてしまい、2着馬にも先着を許してしまった。しかし、余裕十分に追い出しており、もう少し楽な展開なら違っただろう。次走注目。
3着 トゥーフラッシー 解説推奨
 今回ダート3戦目だったが、堅実によく走る。今回、勝ち馬が強すぎて並び掛けられてからは、ちょっとこの後だが、一気に離されてしまって、2着馬にも先着を許してしまった。まぁしかし、余裕十分に追い出して、もう少し楽な展開なら違ったのではないだろうか。
東京5R 3歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m通過が1分4秒4という超スローだった。
1着 アイリスフィール 
 勝ち馬アイリスフィールは2番手から余力十分に後続をを封じ込めたので、上のクラスでも面白いと思う。
東京7R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。カヴァルは距離延長、初めての2400mで勝った。ペース補正が0秒7入ったが、遅かったのは残り1000mまで。最後の1000mが速い。スタミナ比べのレースとなった。
1着 カヴァル 
 勝ったカヴァルは固まった馬群の中、内目でじっとしていて、直線に入ってから馬群を切り裂くように抜け出した。強い競馬で、今後も中・長距離で真価を発揮しそう。少なくとも1000万下ならすぐに勝負になるんじゃないだろうか。
2着 ワセダインブルー 
 2着ワセダインブルーは道中カヴァルの直後にいたが、直線に入ると前が壁となって、外へ出す際に距離をロスした。しかし、外へ出ると鋭い伸びだった。このレースができるなら、次走あっさり勝てるのではないだろうか。
7着 タンタフエルサ 
 一方1番人気のアルビオリクス、2番人気のタンタフエルサはともに着外だった。2番人気タンタフエルサは7着。余裕十分に先行集団の外めにいたんが、直線追い出されると伸びを欠いた。この距離ちょっと長いかもしれない。
12着 アルビオリクス 
 一方1番人気のアルビオリクス、2番人気のタンタフエルサはともに着外だった。まず1番人気アルビオリクスは12着。後方からなかなか走る気を見せず、4コーナー手前ではムチが入っていた。直線では内に刺さるのか、鞍上が追いづらそうにするシーンも見られ、結局全く伸びなかった。敗因ハッキリしないが、はじめての大敗だけにちょっと気になるとこる。
東京8R 4歳上1000万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ファストアプローチ 
 勝ったファストアプローチは初めて逃げたが、強い競馬を見せた。いずれ上のクラスでも通用するんじゃないだろうか。
東京9R ヒヤシンスS 注目
 タイムランクはCとなったが、600m通過からの400mが26秒2と緩んでおり、これが影響した面もあるのではないだろうか。
1着 オーヴァルエース 
 最後の400mは23秒7と伸びていて、その速い上がりでも差し切ったオーヴァルエースには大きい魅力を感じる。出遅れてしまったのが痛かったとは言え、全日本2歳優駿2着のデルマルーヴルを問題にしなかったのは買い材料。今後3歳ダート戦線を引っ張る存在として注目したいと思う。
2着 ヴァイトブリック 
 2着ヴァイトブリックはよく走っているが、おあつらえ向きの展開で差されたのはややマイナスだろうか。
3着 デルマルーヴル 
 3着デルマルーヴルは今後もスタートが鍵となりそう。レースぶりを見ると1400mがベストかもしれない。
東京10R アメジストS タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。ロシュフォールが勝って、東京の芝中距離で連勝。このレースもペース補正が入ってBランク。
1着 ロシュフォール 
 ロシュフォールは上がり600m33秒2で、2位ブレステイキングが33秒8ですから、2位以下に0秒6差をつける瞬発力。これが約3ヶ月ぶりの実戦で、しかも昇級戦だったが、問題なく完勝した。これで6戦4勝2着1回。当然オープンでもかなり期待できるんじゃないだろうか。この馬の兄弟には現役テオドールを含めて、2頭のオープン馬がいるが、まだオープン勝ちはない。まぁしかしこれだけの能力があれば、初めてのオープン勝ち、そしてやがては重賞勝ちさえもかなり身近にあるのではないかと思われる。期待したい。
2着 ダノンキングダム 
 2着ダノンキングダムは逃げるようになって、成績が安定している。左回り巧者で、今のところ右回りはもう一つだが、相手次第では右回りでもやれるのではないだろうか。
3着 ブレステイキング 
 1番人気ブレステイキングは3着。しかし、今回およそ4ヶ月ぶりで、体重10キロ増だった。やや重かったんだろうか。これを使って次走は期待できると思う。
東京11R フェブラリーS タイムB
 まずスタートだが、このスタートでノンコノユメが大きく遅れた。ゴールドドリームも遅めのスタート。前ではサンライズソアが上がって行くが、それを制するようにインティが先頭に立っていく。サクセスエナジーが行く気を見せず、サンライズソアも控えたためインティのマイペースだった。前半600m35秒8は過去10年で一番遅いタイム。特に200m通過からの200m11秒5が遅かった。前半ゆったり流れたので、中盤も緩まず、上がり600m35秒4。これはもう2014年のコパノリッキーと並んでG1になってから最速の上がりタイム。ペース補正マイナス0秒2がついて、完全タイム差マイナス0秒6でBランクという、良いタイムの決着だった。
 なお、今年のフェブラリーステークスは1番人気・2番人気の順で決着し、馬連が430円だった。このレースの最低払戻金ということになった。この人気順で決着したというのは2006年以来で、当時の勝ち馬がカネヒキリということで、騎乗していたのは同じく武豊騎手だった。
 基準より0秒6速い勝ちタイムで、メンバーランクはCだった。
1着 インティ 
 インティがG1初挑戦で初制覇。そして今回で7連勝。ペースや展開は上手く行ったが、強いレースだった。上がり35秒4を出されてしまうと、後続は届かない。してやったりのレースではないだろうか。ただまぁ今後厳しいレースになった時どうかという課題は残った。騎乗した武豊騎手はフェブラリーステークス通算5勝目。自身の最多勝記録を更新している。
武豊騎手そうですね。自信を持って乗ったが、本当に強かったです。楽しみにしてたレースなんですけど、馬の状態も最高に良かったので、自分がしっかり乗れば結果を出せるとは思ってたんですけど、そうですね、最後少し詰め寄られたんですけど、本当によく頑張ってくれました。まだやはりその辺がこの馬の課題と言うか、少しエキサイトしてしまって、まぁそうですねテンション高かったんですけど、レースではうまく落ち着いてくれて、良いペースで走れましたので、そうですねレース前は少し心配しました。馬の方がね落ち着きを取り戻してくれましたし、良いリズムで走ってくれました。
2着 ゴールドドリーム 
 そして2着がゴールドドリーム、一昨年このレースを勝って昨年は2着でしたから、3年連続の連対となった。上がり34秒8という、まぁダートでは極限に近い上がりを出した。まぁ負けて強しだったんじゃないだろうか。まぁまだまだねトップレベルに君臨して行くぞというような感じが見えた。
3着 ユラノト 
 その後少し離れた3着が8番人気のユラノトだった。いつもと同じく全く怯まずにインに突っ込んで3着もぎ取った。頭が下がる。ユラノトついては馬券summaryでもお届けする。
5着 コパノキッキング 
 4番人気で5着のコパノキッキング。一番後ろから直線だけだが、展開とペースが向かなかったが、メンバー中2番目の上がりをマークして、まぁ力は見せた。
10着 オメガパフューム 
 それから3番人気10着のオメガパフュームだが、基本的にちょっと府中のマイルは短いんですかね。左回りもまた結果が出ていない。

  馬券Summary
驚異的なユラノトのイン強襲策
 今年最初のG1フェブラリーステークスで3着だったユラノトだが、ともかく直線でインを強襲する。3歳12月の1000万下以降、9戦中8戦直線でインにいた。昨年のアンタレスステークスだけ4コーナーで、外から直線に並びかけた、先頭に並びかけたが、5着だった。そして、このアンタレスステークスと昨秋の武蔵野S4着だったが、これ以外7戦で全て3着に来ている。前走の根岸ステークスは、明らかにインを突いた馬たちが恵まれたと感じたので、フェブラリーステークスでは無印にしてしまったが、そしたら3着に来られてしまった。今回も少し前が詰まりそうになるシーンあったが、全く怯まずにインを突っ込んで、抜け出して来た。ごちゃついても何しても怖がらずに、常にインから抜けてくる。こういう馬を馬券の味方につけておくのが、これから必要なんじゃないかなと痛感した次第。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-