2019年3回阪神7日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。遡って開催8日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス0秒4で、高速馬場とは言えないレベルでスタートした。ただ、雨の影響を受けた日もあるものの、大きく時計を要する事はなかった。
 中間に雨は降らず、土曜はマイナス0秒5。土曜夕方に少し雨が降ったが、日曜日もほとんど変わらなかった。脚質に大きな偏りはなかったが、最終週と言っても、前めにつけた馬が粘っていた。土曜11R・日曜8Rの外回り1800mが、差し馬同士で決着したのは、これはペースが緩まなかったことが要因だろう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を馬場差を確認しておくと、土日ともに良馬場だった1週目と4週目は水準かそれに近いレベル。一方、雨の影響を強く受けたん2週目・3週目は脚抜きの良いコンディションとなった。
 今の説明通り。まぁあと同じ良馬場でも、1週目よりは最終週、先週の方がいくらか時計は出やすくなった。上位馬の脚質だが、偏りは無かった。ペースやメンバー次第という事だった。


  タイム分析
 2019/06/22 (土)  芝=-0.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 スリリングドリーム    牝2 未勝利 1:36.2 ±0 --- +0.4 -0.4 D D 8.00
5R T1200 ラウダシオン    牡2 新馬 1:10.7 +0.1 --- +0.4 -0.3 D C 6.20
6R T1800 ダイアナブライト    牝3 未勝利 1:47.5 -0.5 --- ±0 -0.5 C C 8.00
9R T1400 ゼセル    牡5 鶴橋特別(1勝) 1:20.9 -1.1 --- -0.7 -0.4 B C 7.25
10R T2000 シフルマン    牡3 京橋特別(2勝) 2:00.7 +0.5 -0.2 +0.8 -0.5 D C 6.00
11R T1800 アイスストーム    牡4 垂水SH(3勝) 1:45.1 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 6.78
 2019/06/22 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 スマートランウェイ    牝3 未勝利・牝 1:54.3 ±0 --- +0.3 -0.3 C D 6.89
3R D1400 ウインアライバル    牡3 未勝利 1:26.2 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 9.56
4R D2000 シャンパンクーペ    牡3 未勝利 2:08.3 +0.4 --- +0.7 -0.3 D D 7.85
7R D1400 シティーポップ    牝4 1勝クラス 1:24.3 -0.6 --- -0.4 -0.2 B C 7.30
8R D1800 アオイテソーロ    牝5 1勝クラス・牝 1:53.0 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D 6.75
12R D1200 ゴッドバンブルビー    牝3 1勝クラス・牝 1:12.4 +0.1 --- +0.3 -0.2 D D 7.50

阪神5R 2歳新馬 注目
1着 ラウダシオン 
 勝ったラウダシオンは好調な滑り出しを見せている新種牡馬のリアルインパクト産駒で、母系に現3勝クラスのアンブロジオがいる。見た目は快勝だったが、枠杁不良だった事、コーナーで外に逃げた事など課題も残した。デビュー戦は素質だけで突破したという感じ。
2着 リインフォース 
 2着のリインフォースの母アサヒライジングは2007年のクイーンS優勝馬。母譲りのスピードはあるが、こちらもコーナーで外へ逃げていた。とは言え、相手次第で次走も有力だろう。
阪神7R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 シティーポップ 
 シティーポップはダート1400mでは安定している。シティーポップは中団で脚を溜めてコースロスなく内を周回。まぁ前バテに乗じたモノとは言え、終いの伸びは目を引いた。1馬身差は快勝。昇級しても大崩れはなさそう。
2着 ドウドウキリシマ 
 2着のドウドウキリシマはJRA再転入後、これで4着・2着・2着。安定して末脚を繰り出せる。特に今回を含めての2着2回は相手が強かったですから、すぐにチャンスがありそう。
3着 マラードザレコード 
 3着のマラードザレコードはブリンカーを初めて着用してハナへ行った。1200m通過が1分10秒8と速く、追い掛けた組が苦しくなって、全て着外に失速している。ですから、ゴール前の2枚腰は非常に印象が強く、次走が1200mなら逃げ切れるのではないだろうか。
8着 ノンライセンス 
 1番人気のノンライセンスは8着だった。入れ込み対策を講じたが、2番手で力んで走っていたので、この失速はやむを得ない。落ち着いて走れれば、このクラスは勝てる馬ですから1200mに距離を縮める手もあるかと思う。
阪神9R 鶴橋特別 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 ゼセル 
 ゼセルが2年ぶりに芝のレースに出走して逃げ切った。ゼセルは芝では未勝利クラスとは言え、2着3回・3着2回と走っていた。また、今回は昨年3月以来、久しぶりにブリンカーを着用してハナへ行った。最後まで主注力が途切れなかった。半姉に芝3勝、アヴェンチュラの勝った秋華賞で5着のリヴァーレがいるが、改めて芝適性の高さを見せた。
2着 タニノミッション 
 2着タニノミッションは、好スタートから少し脚を溜める形で、レースの内容は良かったが、もうひと伸び欲しかった気もする。ただ、初の1400m器用で、新味が出たとも言えない事もない。
3着 シトラスノート 
 3着のシトラスノートは前走1800mからの距離短縮で、およそ1年ぶりの1400m器用だったが、父がロードカナロア、母が小倉2歳SとセントウルSを勝ったエピセアロームですから、血統的には芝の1400mは合っている模様。
4着 ミッキースピリット 
 その後1番人気ミッキースピリットは4着だった。ミッキースピリットは出遅れましたし、まぁ序盤で少し行きたがっていたので、ちょっとポジションを上げて行けなかった。でも2着と同タイムの4着で、この馬でもタイムランクはB相当になる。ただ、スパッと切れるという感じでは無かったようにも思う。

  馬券Summary
エピファネイアと4×3
 昔から血統の世界では、奇跡の血量という言葉がある。父系統と母系の3代前と4代前、またはその逆の、4代前と3代前に同じ馬がいると、その馬の血量を18.75%持つことになって、この近親交配は血が濃すぎず薄すぎず、理想的な血量と言われて来た。一般的に4×3・3×4のクロスと言って、名馬が出現する事が多くて、その根拠はともかく、私自身オーソドックスな配合のセオリーと考えている。例えば、古い話だが天馬と言われたトウショウボーイ、これはハイペリオンの3×4だった。では表をご覧下さい。
エピファネイアと4×3
これは2000年以降のダービー馬で4×3または3×4のクロスを持つ馬。この中で、ヘイローのクロスは直後のサンデーサイレンスへ、これから世代的前進を見て行く事になる。さて、今年の2歳世代からデビューしたエピファネイア産駒には、このサンデーサイレンスの4×3のクロスが多く見受けられる。エピファネイアはシンボリクリスエス産駒だが、母シーザリオの父がスペシャルウィークで、その父サンデーサイレンスに遡り、血統表では父系の4代前、ここにサンデーサイレンスが姿を表す。そのサンデーサイレンスは1時代を席巻した種牡馬ですから、サンデーサイレンス系の母は非常に多い訳で、母系の3代前に今度サンデーサイレンスが出てくるパターンもまた多くて、エピファネイア産駒の場合、必然的にサンデーサイレンス4×3のクロスができやすくなる。4×3というのは、配合のセオリーで名馬が出やすいのであれば、語弊はあるが、下手な鉄砲数撃てば当たるで、エピファネイア産駒から大物が出る可能性も高くなると考えられる。今年の新種牡馬の中で、エピファネイアは最も注目する必要があると思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26