2019年5回阪神7日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒1への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催後半の方が時計は掛かっているものの、全てマイナス1秒を超える数値。
 火曜日から水曜日にかけて雨が降り、土曜はその水分が少し残っていたが、Bコースに移った効果で3週目と比べ、馬場差はマイナス方向に動いた。日曜は土曜日よりも少し乾いたが、1日使用して傷んだ分と相殺された感じで、雨が降る前の9Rまでは土曜と同じ馬場差。その後は雨の影響があり、10R・11Rと少しだが、徐々に時計が掛かるようになった。で、相変わらず前残りの傾向が続いているが、スローペースが多かった影響も大きい。普通のペースになれば差せない馬場ではないと思う。28日の開催もこのままBコースの使用される。良馬場ならまだマイナス1秒を超える馬場差のままだと思われるが、必要以上に前残り傾向だということ意識するのは得策ではないような気がする。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒2への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、水準かそれに近いレベルで推移している。
 火曜から水曜にかけて降った雨の影響が残っていて、先週は土曜が稍重。良馬場発表のレースでも稍重に近い含水率で、脚抜きが良いレベルではないが、時計の掛かる馬場にはならなかった。日曜12Rは雨が降って、見た目も黒くなっていて走りやすそうだったが、それまでも含水率が高かったので一気に高速化したという程の変動ではなかった。先週は差し馬の好走が多かったが、これはもう理由としてはハイペースのレースが多かった。特に日曜は若いジョッキーが多かったためなのか、ハイペースで早めに動きのあるレースが多く、かなり後ろからの差しが届いていたが、先週の馬場が特に差し馬向きだったという事では無いような気がする。


  タイム分析
 2019/12/21 (土)  芝=-1.4  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 スワーヴドン 牡2 未勝利 1:34.7 -1.0 -0.6 -0.5 -1.1 B C 9.09
5R T1800 プライムフェイズ 牡2 新馬 1:49.2 +0.5 -1.0 +0.8 -1.3 D C 5.25
7R T2600 ゴースト セ3 1勝クラス 2:38.9 -0.7 -0.7 +0.4 -1.8 C C 4.75
9R T2400 バラックパリンカ 牡3 江坂特別(2勝) 2:25.5 -0.9 --- +0.8 -1.7 D C 6.57
11R T1400 グランアレグリア 牝3 阪神カッG2 1:19.4 -1.1 --- -0.1 -1.0 C C 8.67
 2019/12/21 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 エイシンワルツ 牝2 未勝利・牝 1:56.1 +1.2 --- +1.3 -0.1 E D 6.00
2R D1200 サンライト 牡2 未勝利 1:12.7 -0.6 --- -0.5 -0.1 B C 7.50
3R D1800 サイモンルモンド セ2 未勝利 1:54.6 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 5.57
6R D1800 サンライズラポール 牡2 新馬 1:55.5 +0.3 --- +0.4 -0.1 D C 6.55
8R D1400 ハッピーゴラッキー 牝3 1勝クラス 1:25.4 +0.5 --- +0.6 -0.1 D C 7.30
10R D1800 ヒストリーメイカー 牡5 摩耶SH(3勝) 1:51.6 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C 9.22
12R D1400 オーシャンズルーラ 牝3 2勝クラス 1:25.0 +0.8 --- +0.9 -0.1 E D 6.11

阪神1R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ワルツフォーデビー・シーハーハーが併せて直線に入って行くが、その外からサンライトが並びかけて行く。そしてサンライトが抜け出すと、リードを広げて行き、6馬身差で圧勝。その後ソウルユニバンス・ヌオーヴォが内のシーハーハーを交わして行き、大外のヌオーヴォが2着争いを制している。
1着 サンライト 
 ダート1200mに転じて2走目、サンライトが2着馬に6馬身差をつけて勝利。サンライトは好スタートを決めたが、最初は内の馬に前に出られ、しかしそこから押し通して3番手につけた。スタート直後に結構脚を使っていそうだったが、持ったままで直線入り口では先頭。仕掛けると、回転の早いフットワークで一気に突き放して圧勝した。回転の早いピッチ走法で、ダート短距離向きなのは納得。で、初めてのダートだった前走は休み明けで7馬身差の2着だったが、使って状態も上がった今回はかなり前進した。ただ、ダートの2戦とも外枠で砂を被らないレースができている。内枠などで、砂を被ってどうなのかが今後の課題かと思う。
2着 ヌオーヴォ 
 2着以下は6馬身以上離された。この2着以下は当然好タイムでは無いが、2着のヌオーヴォは行き脚がつかず後方になり、しかも追い通しだったが、直線で伸びて来た。行き脚がつかないのは、まだ競争意欲が乏しいという事だと思うが、諦めて追っていれば伸びる事がわかりましたし、ダートは合っている。かなり前進と言うか、成長する余地があるように思う。
4着 シーハーハー 
 1番人気で4着のシーハーハーは直線で手前を変えなかった。何故変えなかったのかはわからないが、それ以前にここまでタイムが速いと厳しい模様。
阪神3R 2歳未勝利 注目
 勝ったサイモンルモンドについて。
1着 サイモンルモンド 
 ダッシュが一息で後方からになったが、見事に差し切った。ラストの400mが13秒2-13秒4というレースなので、前が止まった事で届いたように見えるが、自身は残り800m付近からもうスパートして、外をずっと回っていて、かなり長く脚を使っている。今のところちょっと気難しさが残っているという事なので、前半は馬任せでリズム良く運ぶ必要があるようで、そのためデビューから2回続けて後ろからになっているが、どちらも長く脚を使っており、能力そのものは高い。昇級してまた後ろからになると厳しいはずで、従って昇級初戦でいきなり通用するとは思えないが、気難しさが抜けて、前半からある程度行けるようになれば通用すると思う。
阪神4R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ミツルザビクトリーが先手を取ったが、直線に入って失速。変わってその内からスワーヴドンが抜け出す。そして外からはプティシュシュが上がって来るが、スワーヴドンがリードを広げ、4馬身差で1着。一方、2着・3着争いは接戦になり、プティシュシュが後続の追撃を凌いで先着。間を割って伸びて来たラインハイトが3着だった。
1着 スワーヴドン 勝ち馬注目
 これまでの2走も阪神芝外回り1600mに出走して2着だったスワーヴドンが、今回は4馬身差で勝った。スワーヴドンはスッと好位につけると抜群の手応えで追走していた。4コーナーでは内にいて、直線で行き場を失ったとしても文句は言えない感じだったが、直線入り口で前の馬が外へ膨れてぽっかりと前が空いて、そこが閉まらない内に一気に先頭に立った。先頭に立ってからは追い出しを待っているぐらい余裕があり、残り200m付近から少し追ったが、最後は流し気味。直線入り口で前が空いたのはラッキーだったが、全くの楽勝でまだまだタイムは詰まるでしょうし、1勝クラスならすぐに通用しそう。
2着 プティシュシュ 
 2着のプティシュシュは1200mからの距離延長で楽に流れに乗れたが、直線で追われてからのフットワークが小さくて、追って味が無いという感じ。まぁ次走は人気になりそうだが、少なくとも単勝という事に関して言うと、信頼度はあまり高くないように思う。
3着 ラインハイト 
 3着のラインハイトはスローペースを後方待機。3コーナーで行きたがって頭を上げてもそれでも抑えて直線勝負だった。それで馬群を縫うようにして伸びて来たが、次もまた意図的に後ろからという競馬になると展開負けする可能性もあるが、勝ち上がるだけの能力はある模様。
阪神5R 2歳新馬 注目
 2着のウィスパリンホープについて。
2着 ウィスパリンホープ 番組注目馬
 好位を手応え良く進んで、直線に入ったところでやや強引に外へ出そうとしたが、内に押し戻され、そこでちょっとバランスを崩した。そこから内に進路を変えて追い直したが、なかなかエンジンが掛からず、ジリジリとした伸び。しかし、残り150m辺りからグンと伸びてアタマ差まで迫ったが、前半がスローで上がりの速いレースでロスがあり、追い直しになったのは痛かった。この馬は短距離血統ではないが、それでも坂路で速い時計が出ており、能力は高いはず。実際、それを示す最後の伸びだった。スムーズなレース運びができれば、勝てると思う。
阪神11R 阪神カップ 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。スタートです数頭が遅れ、フィアーノロマーノも遅めだった。一方、先手を取ったのはグランドボヌールで、その内からメイショウショウブが接近して来る。600m通過33秒9は遅くはないが、1400mの重賞とすれば速くもない。前半行きたがってジョッキーの足が突っ張ってしまっている馬も何頭かいた。中団の内で進めたグランアレグリアは、直線に入ると前との差を詰め、アクセルを踏まないまま左右の操縦だけで馬群を捌いて先頭。そこから軽く気合をつけただけで、一気に突き離した。早め先頭のメイショウショウブ、馬群の中から伸びてきたフィアーノロマーノ、内から伸びたレッツゴードンキによる2着争いはフィアーノロマーノが制し、3着はメイショウショウブだった。
1着 グランアレグリア 
 7カ月半ぶりの実戦だったグランアレグリアが勝った。阪神カップを3歳牝馬が制したのは初めて。ご覧の通りと言うか、グランアレグリアは文句なしに強かったが、では次走はどうなのかとなると、ちょっと無条件で飛びつく訳にはいかない気がする。というのも、過去の成績なんですが、中17週のサウジアラビアロイヤルカップを楽勝したが、その後中9週の朝日杯フューチュリティステークスは3着。その後年明け初戦、ぶっつけで臨んだ桜花賞を勝ったが、次は中3週のNHKマイルカップで5着。そして今回は7ヶ月以上の休み明けで圧勝。これまでも間隔を開けた時には強いが、間隔が詰まると人気以下の結果になっているので、間隔を詰めて使って来た時全面的に信頼するのはまだ危ないかなという気がする。
2着 フィアーノロマーノ 
 その後、5馬身離れた2着争いは接戦で、大外のフィアーノロマーノが先着した。2着フィアーノロマーノと3着メイショウショウブは、今回のレース内容は全然違うが、2頭のタイプが似ていて、中山1600mは得意だが、他のコースの1600mではイマイチ。しかし、1400mは得意という馬。次走が京都や東京の1600mだとちょっと買いにくい感じがする。
3着 メイショウショウブ 
 その後、5馬身離れた2着争いは接戦で、大外のフィアーノロマーノが先着した。2着フィアーノロマーノと3着メイショウショウブは、今回のレース内容は全然違うが、2頭のタイプが似ていて、中山1600mは得意だが、他のコースの1600mではイマイチ。しかし、1400mは得意という馬。次走が京都や東京の1600mだとちょっと買いにくい感じがする。
4着 レッツゴードンキ 
 4着のレッツゴードンキはこれで引退となる。パドックでは体重プラス13キロという以上に太めに映って、ああもうお母さんの体型だなという感じだった。さらにレースでも4コーナーでは手応えが悪く、ああやっぱりと思わせられたが、直線の伸びは流石だった。
13着 マイスタイル 
 そして2番人気のマイスタイルは直線で全く反応せず13着だった。その直接の原因はよくわからないが、マイルチャンピオンシップで上位に来た馬は、阪神カップで凡走する事が多く、ちなみにだが、マイルチャンピオンシップの5着以内の馬は、今回のマイスタイルを含めて14頭中11頭が1番人気から3番人気になって、2勝・2着1回。まぁそのパターンにハマってしまったなぁと思う。
阪神12R 3歳以上2勝クラス タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
2着 タガノプレトリア 
 1番人気2着だった。出負けした後、ポジションを取るため道中小出しに脚を使う形になった。その分少し甘くなって2着に負けた感じ。それでも能力は示した。次走も引き続き勝ち負けだろう。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒は「初」に強い
 コレ、2回目か3回目だと思うが。今年を振り返る。今年3歳限定のG1の7鞍中、ディープインパクト産駒が4勝した。その4勝の内、3勝はG1初出走馬によるモノだった。その一方、既にG1を勝っている馬の成績は非常に良くなかった。
ディープインパクト産駒は「初」に強い
 まず桜花賞、これはまずG1未勝利・G1出走2回目のグランアレグリアが勝ったが、3歳になってからステップレースを使わず、3歳になって最初のレースだった。そしてG1勝利後の3歳2戦目、次のNHKマイルCは1番人気になったが5着と沈んでしまった。その桜花賞で1番人気だったのは、阪神JFとチューリップ賞を勝っていたダノンファンタジーだが、初のG1でも3歳初戦ででもなかったから、かどうかはわからないが4着に終わった。で、オークスを勝ったのはG1初出走どころか、重賞初出走のラヴズオンリーユー。そしてこの馬は、次走はぶっつけとなった秋のエリザベス女王杯だったが、それでも1番人気に推された。しかし、結果は3着。オークスは2着もG1初出走だったカレンブーケドールで、カレンブーケドールはそれまで重賞では最高で4着だった。オークスの次走は秋の紫苑Sだったが、そこで1番人気になって3着だった。
 そしてダービーでは重賞1勝、皐月賞3着のダノンキングリーが2着と好走したが、これを押さえて勝ったのは重賞未勝利で、G1初出走のロジャーバローズ。これもディープインパクト産駒。で、ロジャーバローズは結経コレが最後のレースになってしまった。そして、秋に移って菊花賞を勝ったワールドプレミアも重賞未勝利でG1初出走のディープインパクト産駒。次の有馬記念で先週3着と好走した。そして菊花賞2着のサトノルークスはG1出走3回目ではあったが、こちらも重賞未勝利馬だった。
 で、ディープインパクト産駒は初めて重賞に出走する時とか、初めてG1に出走する時の期待値が実は最も高くて、G1で好走した後のG1では結構あまり期待できない所がある。従って、G1に関して言うと穴血統というところがあって、人気で消えるおよび人気薄で走る、ダブルで穴を開ける事が多い。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-