2019年4回中山4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 3日間開催だった先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜・日曜がマイナス2秒2、月曜はマイナス0秒9でスタートし、マイナス0秒7へ、そしてマイナス1秒0への変動だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナス2秒台だった。5日目もマイナスの数値だったが、4日目までと比較すれば時計が掛かった。
 台風15号の影響から先週月曜日にまとまった雨が降って、火曜・水曜も合計およそ26ミリの雨量を計測したが、木曜・金曜と雨が降らなかったので、馬場は乾きが進んだ。3日間開催の土曜と日曜は良馬場発表。ともに早朝にパラッと雨は降ったが、馬場差に影響はない。土曜と日曜は、1週目同様の高速決着だったが、若干の水分を含んだ事と使用頻度の関係から、1週目よりもコンマ3秒は掛かっていた。脚質も前有利の中、1週目よりは後ろの馬が届いていた。日曜の深夜から降り出した雨は昼過ぎまで降り続いて、月曜は終日重馬場。朝の段階の馬場差は2000m換算でマイナス0秒9。新馬戦が行われた5R時が最も時計を要していて、マイナス0秒7。雨が上がった後半は徐々に乾燥が進んで、後半の11R・12Rはマイナス1秒0だった。乾いた後半は内の馬の健闘が目に付いた。今週からの後半2週はCコースが使用される。雨の影響を受けなければ、少なくとも今週の土曜日はマイナス2秒前後の高速馬場になりそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒5、月曜がマイナス2秒1。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からマイナス1秒0への変動、日曜がマイナス0秒9、月曜がマイナス1秒5からマイナス1秒8への変動だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、終日不良馬場で行われた5日目は高速化した。
 中間の雨の影響から、土曜は稍重でスタート。6Rから良に回復した。馬場差は中・長距離、1200mともに変動。終日良馬場の1週目よりも速くはなっていた。日曜は乾燥が進んで、1800m・1200mともに開催初日の数値に戻っている。そして雨の影響を受けた月曜日は、中・長距離も1200mも一気に高速化した。1200mの馬場差が変動なのは、朝の1R時は水が浮いていて、水が引いた中盤以降と比べると時計が掛かる状況だったから。中・長距離は水分が引いた後なので、しかも6R・7Rと続けて行われたためにコンディションに変化は無く、1800m換算の馬場差は同じになっている。脚質的には最も乾いていた日曜が、差し馬の台頭が多かった。土曜・月曜は特別な偏りはなかった。


  タイム分析
 2019/09/15 (日)  芝=-2.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 ジェラペッシュ 牝2 未勝利 1:49.5 -0.5 -0.7 +0.8 -2.0 D D 5.79
4R T1200 アポロニケ 牝2 新馬 1:09.5 -0.8 --- +0.5 -1.3 D C 9.67
5R T1600 ショウナンハレルヤ 牝2 新馬・牝 1:38.6 +2.2 -1.1 +2.9 -1.8 SL C 7.93
9R T2000 ウィナーポイント 牝4 汐留特別(1勝) 1:59.1 -2.4 --- -0.2 -2.2 C C 6.88
10R T1200 マリアズハート 牝3 初風特別(2勝) 1:07.8 -1.0 --- +0.3 -1.3 D C 9.07
 2019/09/15 (日)  ダ=-0.5 / 1200m=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 コバルトウィング 牡2 未勝利 1:55.9 -0.3 --- +0.2 -0.5 C D 8.83
2R D1200 アイオライト 牡2 未勝利 1:11.9 -1.2 --- -0.3 -0.9 B D 7.56
6R D1200 ブルーハワイアン 牝4 1勝クラス 1:11.0 -0.9 --- ±0 -0.9 C D 7.27
7R D1800 フィードバック 牡3 1勝クラス 1:54.6 +0.6 --- +1.1 -0.5 E C 4.22
8R D1200 マローネメタリコ 牝4 1勝クラス・牝 1:11.4 -0.5 --- +0.4 -0.9 D D 6.75
11R D1800 ローズプリンスダム 牡5 ラジオ日 1:53.0 +1.2 -0.4 +1.3 -0.5 E D 9.70
12R D1200 ヴィルトファン 牝3 2勝クラス・牝 1:10.5 -0.8 --- +0.1 -0.9 C C 7.43

中山2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。10.シゲルナガレボシが先手を取ったが、2番手につけた13.アイオライトが上がって行き、直線で先頭に立つと独走となり、後続との差を大きく広げて10馬身差で1着。離れた2着争いは、外に出された12.ゴラッソゴールがシゲルナガレボシを交わし、6.グレートコートの追撃を振り切った。
1着 アイオライト 
 初めてのダートだったアイオライトが強い勝ちっぷりだった。その1着アイオライト、函館の芝で4着・3着。先行して粘っていた。その後少し間隔を明けて、今回の体重が10キロ増。馬が成長したのも見逃せないが、それ以上に血統的にダート替わりが大きかったと見る。半兄のテイエムデジタルはダートで2勝。母の兄弟にダート5勝馬のペルフェット、ハッピーカオルのいる血統。ただ、完全タイム差マイナス0秒3、ギリギリのBランク。1勝クラスに昇級しての扱いはメンバー次第という事になる。
2着 ゴラッソゴール 
 2着以下は10馬身以上離された。2着のゴラッソゴール、前走札幌のダート1700mで13着だった。距離短縮して着順を上げた格好だが、10馬身差のこの馬でも完全タイム差はプラス1秒3のEランク。2着以下は水準級の鞍では狙えないと思う。
中山5R 2歳新馬・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山11R ラジオ日本賞 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山12R 3歳以上2勝クラス・牝 注目
1着 ヴィルトファン 
 1着ヴィルトファン、前走新潟の1200mに続いてダート短距離を差し切り勝ち。連勝。2戦とも2着が奇しくもヒイナヅキだった。前走はハイペースで展開がハマった感が強かったが、今回は勝ち時計を考えれば平均ペース。その証明に、前に行った2頭が2着と3着に粘っている。内枠から馬群の中を割った鞍上の好騎乗もあるが、これでダート1200mは3戦3勝ですから、距離適性の高さも見逃せない。今回のランクはCになるが、昇級しても1200mを使ってくれば一応の注意が必要ではないだろうか。
2着 ヒイナヅキ 
 そして2番手を進んだヒイナヅキが2着、逃げたシスルが3着だった。2着ヒイナヅキは2走前に新潟でヴィルトファンの2着だった後、前走Bランクで勝っている。この勢いで昇級初戦から目処を立ててきた。本来は脚抜きが良い馬場が得意、この日曜が先週の3日間でも最も乾燥していたので、土曜や月曜の馬場だったら押し切っていたかもしれない。
3着 シスル 
 そして2番手を進んだヒイナヅキが2着、逃げたシスルが3着だった。3着のシスル、中山は得意。休み明けでも力を出せるタイプ。今回は先手を奪った事が大きいが、逆に詰めて使うとポカもあるタイプ。間隔を明けて使って来た方が信用できる。
6着 ハルサカエ 
 6着のハルサカエ、スタートして周囲の動きに左右されて下がってしまった。外外を回らされましたし、流れに乗れていなかった。最後は結構伸びてはいるが、中間の調教でザダルと併せて軽快でしたから、状態は悪くない。巻き返して良いと思う。
11着 サニーストーム 
 あとサニーストームは1番人気で11着だった。中山ダート1200mの持ち時計が1分11秒8、今回は決着時計が速く、だから先行争いに加われなかった可能性はある。外に出した時は余力が残っていなかった。昇級の壁というのも一応考えておいた方が良いと思う。

  馬券Summary
エピファネイア産駒も好調
 前回に続いて新種牡馬を取り上げたい思う。と言うのも、エピファネイアの産駒が秋競馬に入って、3勝上積みして現在11勝。キズナの15勝を追っているから。これら2頭は現役時代もライバル関係にあったが、どうやら今年の新種牡馬ランキングも2強となる可能性が高くて、一緒に取り上げておくべきと判断した。
エピファネイア産駒も好調
 エピファネイア産駒のここまでの11勝は全て芝。1200mがおよそ半数の5勝、残り6勝は1600mと2000mで3勝ずつ。エピファネイア自身、菊花賞とジャパンCの勝ち馬ですから、短距離に適性のある産駒が多いのはある意味驚きだった。決め手勝負のキズナと比べると、自身は平均したラップで決着するレースに強かった。この少しワンペースな点が遺伝している模様。また、期待を裏切ったケースでは、しばしば折り合いの難しさを露呈していた。これも短距離馬を排出させる理由ではないだろうか。2000mの3勝の内、2勝が逃げきりと3コーナー先頭だった。これは自身の競走パターンに似ている。今後は中距離前後を先行する産駒が増えて来そう。早熟でも晩成でもない。Mr.Prospectorの血が入っていない。繁殖相手としては、そのMr.Prospectorの血を受け継いでいる牝馬をつけやすいという利点がある。ここまで11頭の勝ち馬の内、6頭が該当する。また、サンデーサイレンス直仔の種牡馬が母の父の場合、サンデーサイレンスの4×3になる。母の父がディープインパクトという馬も2頭いて、この配合からはスピードと瞬発力の強化が期待できる。生産者にとっては、使い勝手の良さが魅力でもある。ダートの勝ち鞍はないが、エピファネイアの父シンボリクリスエスはダートG1馬のルヴァンスレーヴ・サクセスブロッケンを出していて、このダートからも大物の出現も可能に思えてくる。
解説者:長谷川仁志(馬サブロー専属評論家)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-