2019年2回福島6日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒5への変動、日曜がプラス0秒9だった。まずは遡って、6日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けて時計の出方は安定せず、総じて時計が掛かっている。
 土曜は雨の影響が残るコンディションで、稍重でスタートだった。途中良馬場に変更された。馬場差も午前の1R・3Rは2000m換算の数値でマイナス0秒3。後半はいくらかマイナス方向に動いてマイナス0秒5になった。時計の掛かるレベルではないものの、高速馬場ではなかった。そして土曜夜から再び雨が降り、日曜は終日重馬場。馬場差がプラス0秒9で時計が掛かっていた。なお日曜は断続的に雨が降ったが、馬場差は終日一定。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行馬は苦戦。日曜はその傾向がさらに顕著になって、逃げ・先行の連対はゼロ。中団・後方の馬が明らかに優先だった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス0秒6への変動、日曜がマイナス1秒6だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で特に2日目と先週日曜の6日目はマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだった。
 土曜はは雨の影響が残って午前中は重馬場で、後半は乾い稍重に変更された。馬場差もマイナス1秒0でスタートして、11R時には1700m換算の数値でマイナス0秒6と水準方向へ動いた。ただ、再び雨が降って日曜は終日マイナス1秒6と脚抜きの良いコンディションだった。連対馬を見ると、土曜は前めに位置した馬が優勢だったが、高速馬場になった日曜の方が差し馬が進出して来ている。


  タイム分析
 2019/07/14 (日)  芝=+0.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 ウイングレイテスト    牡2 未勝利 1:52.2 +2.7 --- +1.9 +0.8 E C --
5R T1200 マイネルテナシャス    牡2 新馬 1:12.0 +1.6 --- +1.1 +0.5 E D --
6R T2000 スパークオブライフ    牝3 未勝利・牝 2:02.2 +0.6 --- -0.3 +0.9 C C --
7R T1200 トミケンルーア    セ3 未勝利 1:10.3 +0.5 --- ±0 +0.5 C C --
9R T2600 カイザーヴェッター    牡4 開成山特(1勝) 2:42.8 +2.1 --- +0.9 +1.2 D D --
11R T1200 カラクレナイ    牝5 バーデンH 1:09.3 +1.2 --- +0.7 +0.5 D D --
 2019/07/14 (日)  ダ=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 スースー    牝3 未勝利・牝 1:45.3 -1.8 --- -0.2 -1.6 C C --
4R D1700 タイセイシャトル    牡3 未勝利 1:46.1 -1.0 --- +0.6 -1.6 D C --
8R D1150 アロハブリーズ    牝3 1勝クラス 1:07.3 -1.2 --- -0.1 -1.1 C D --
10R D1150 グランティエラ    牡5 鶴ヶ城特(2勝) 1:07.0 -0.9 --- +0.2 -1.1 C C --
12R D1700 レアバード    牡4 1勝クラス 1:45.2 -0.8 --- +0.8 -1.6 D D --

福島2R 3歳未勝利・牝 注目
1着 スースー 
 6番人気のスースーが好スタートから逃げ切った。前半から速いペースで逃げたスースーだが、3コーナーでは3馬身のリード。直線はもうやや外へヨレながらも、6馬身差の圧勝だった。後続になし崩しに脚を使わせて、何もさせなかったというレース。スースーはここ2戦、東京ダートを使っていたが、脚質的にも小回り向きだったという事だろう。前々走で逃げを経験しているのも、プラスに働いたと言えるだろう。
2着 ワンダーマンボ 
 2着以下は離された。2番人気ワンダーマンボが2着。6馬身と大差がついてしまったが、上がり最速の脚を見せて3コーナーから追い上げている。今回は展開に敗れてしまった格好だが、これで4戦連続の3着以内。毎回きっちり自分の力だけは見せている。ここ5走は東京だったが、違うコースでも大丈夫なのがわかったのは収穫。次走も牝馬限定戦ならそろそろ勝ち上がるだろう。
4着 ピチカートポルカ 
 あと1番人気のピチカートポルカは4着。出遅れて後方からとなり、ワンダーマンボと一緒に上がって行ったが、最後は脚が上がって行ってしまった。スタートさえ普通に出れば、勝つ能力はある。
福島3R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
福島5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
福島6R 3歳未勝利・牝 注目
 タイムランクCから完全タイム差がマイナスだった2つのレースを取り上げる。レースの前半600mは35秒6、800m47秒4と緩みのないペースだった。前に行った馬は厳しくなって、勝ったのは3コーナーマクりを打った藤田菜七子騎手の3番人気スパークオブライフ。直線も末脚を伸ばして2着に3馬身半差をつけて圧勝した。1番人気グロリアーナは4着。ハイペースに加えて、外から来た勝ち馬が強すぎてちょっと失速してしまった。差したスズロザーナ・ココリアッピアが2・3着に入った。
1着 スパークオブライフ 
 勝ったスパークオブライフはここ3走、3着・2着・4着。差して届かずというレースが多かったが、今回は思い切った3コーナーマクりが功を奏した。どちらかと言えば、スローの瞬発力勝負より平均以上のペースでの差し馬と言えるだろう。トゥザワールド・トーセンビクトリーなどの近親で、上のクラスでも血統的にも楽しめそう。2走目以降以降は380から390キロ台の体重なので、もう少し増やせるかが鍵となるだろう。
4着 グロリアーナ 
 次走狙える馬は4着グロリアーナだろう。初めての逃げで気を遣って走っていましたし、向正面から掛かり気味でページ自体も速めになってしまったのが痛かった。普通に走れば、未勝利では上位。
福島8R 3歳以上1勝クラス 注目
 1番人気のオルダージュが逃げたが、内からアイアムハヤスギル、外からシュピールカルテに競られ、150m通過からのラップが10秒3-10秒5とハイペースになって、直線失速してしまった。
1着 アロハブリーズ 
 勝ったアロハブリーズは先行争いを見ながら、中団のやや前。1頭だけ他とは違う脚を繰り出して、外から差し切った。今回はおよそ4ヶ月ぶりの実戦。1勝クラス・2勝クラスは3歳馬が強いが、3月以来の成長分を考えれば、アッサリ勝っても不思議はなかったと言えるだろう。
2着 アイアムハヤスギル 番組注目馬
 2着アイアムハヤスギルは最内枠から揉まれないように序盤で出して行き、一旦離れた3番手まで下げて4コーナーで外へ出す好騎乗だった。完全に決まったかと思われたところへ、外から差されてしまったが、前々で勝負する方が良い馬で、外枠なら今回のような無理はしないでレースができただろう。次走注目したい。
3着 ワイルドフォックス 
 3着ワイルドフォックスは9ヶ月ぶりの実戦だったが、過去にこのクラスでの好走実績があった。これを使ってさらに上昇できるなら、今後も面白そう。
4着 シュピールカルテ 
 4着シュピールカルテは前半競ったのが響いたが、それでも大きくは負けていない。スンナリ行けるメンバーなら面白そう。

  馬券Summary
7月14日は特殊な芝。中京は内、福島は外
 同じ芝の道悪でもこれだけ違うという典型的な1日だった。福島と中京が同じように開催3週目で、AコースからBコースに替わったのも同じ。しかし福島の先週の日曜は、まず福島はインが悪くなって、もう本当の外伸び。差し馬がジャンジャンやって来た。これはスパークオブライフの勝ったレースだが、3コーナーマクりを打って、内で1番人気のグロリアーナ、あれが普通は勝つような競馬だと思うが、これが4着に負けてしまった。対して、中京の方だが、こちらはもうインが良く、前残りから内からの差しとなった。基本的には内枠の先行馬が良かった。これはエスポワールが先行して、強い競馬を見せたが、もう外の馬、届きそうで全く届かない。結局、内にいた馬が2着・3着と。これも、逃げ(赤)・先行(オレンジ)みたいなのが、うわーっとありまして、基本的には中京は内、福島は外だったというのを、是非覚えていただきたいと思う。こういう特殊な日は標語か何かにして覚えておくと良いと思うが、例えば、この日に福島芝で逃げて失速した馬、中京芝で差して届かなかった馬は次走買う。それだけで穴馬券が取れるのではないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26