2019年5回京都1日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。京都も連続開催ですので、遡って9日間の馬場差を確認しておくと、前の開催は雨の影響で時計が掛かった。特に3日目は設定不能だった。ただ、先週は土日ともに良馬場だった。
 土日とも良馬場だったのは秋の京都の開幕週以来。Bコースに変わって最初の週ということもあって、速めの時計が出る馬鹿になった。あと、脚質を見ると芝は土日で13鞍あって、好位・中団からの差し馬がそれぞれ9連対だった。前に行き過ぎると厳しくて、かと言って後ろで構えすぎると届かない状況が続いていた。これは現場で見ていても、馬場が極端に荒れてきた印象がない。良馬場ならこの傾向が今週も続くと推察される。なお、今週もう1週Bコースが使用されて、後半2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒6だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は前の開催3日目以降と比較すれば水準に近い数値になった。
 ダートで土日ともに良馬場だったのは、秋の京都で先週が初めて。マイナスの数値なので、時計が掛かっている訳ではないが、前開催後半のような脚抜きの良いコンディションではなかった。脚質的には目立った傾向はなくて、ペースが遅ければ前が残って、速ければ差しが届いていた。


  タイム分析
 2019/11/02 (土)  芝=-1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 シゲルキンセイ 牡2 未勝利 1:10.1 +0.1 --- +0.7 -0.6 D D 8.33
4R T1800 キングサーガ 牡2 未勝利 1:48.3 -0.5 -0.6 -0.2 -0.9 C C 6.58
5R T1600 クラヴェル 牝2 新馬・牝 1:35.2 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C 6.64
7R T2000 アンサンブル 牝2 新馬 2:03.5 +1.0 -0.9 +1.1 -1.0 SL C 5.50
9R T1800 グロオルロージュ 牡3 近江特H(2勝) 1:46.6 -0.1 --- +0.8 -0.9 D C 5.20
11R T1400 レシステンシア 牝2 ファンタG3 1:20.7 -1.2 --- -0.5 -0.7 B C 5.36
12R T1800 ボッケリーニ 牡3 1勝クラス 1:47.2 -0.2 -0.5 +0.2 -0.9 C C 4.75
 2019/11/02 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ラブミーレディー 牝2 未勝利 1:12.6 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 8.69
2R D1800 マリオマッハー 牡2 未勝利 1:56.0 +1.5 --- +2.1 -0.6 E E 11.33
6R D1400 マティアス 牡2 新馬 1:26.1 ±0 --- +0.5 -0.5 D D 9.60
8R D1800 ショウナンパンサー セ3 1勝クラス 1:52.5 -0.1 --- +0.5 -0.6 D C 7.92
10R D1400 タマモカトレア 牝4 貴船SH(3勝) 1:23.2 +0.1 --- +0.6 -0.5 D D 8.31

京都2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。
京都4R 2歳未勝利 
5着 アールウィザード 解説推奨
 レースではスッと2番手につけて、最後の直線に向くと一瞬だけだが、先頭に立つ場面があった。結局ラストは後続の馬に差されて5着に敗れたが、休養前よりもレース内容は随分と良くなっていた。そして今回は馬体重が18キロ増でかなり太めが残っていましたから、その点を踏まえると次走に向けての上積みは大きいと思う。それにこれ今回9番人気で5着なので、次もそんなに人気にならないと思うので、この条件は結構強い馬が出てくる条件ではあるが、馬券的には妙味ありと判断して、狙い馬に選んだ。
京都6R 2歳新馬 
3着 ハリーバローズ 解説危険
 序盤から加速がついてスッと先行したが、3頭雁行の真ん中に入ってしまった影響か、途中から頭を上げて折り合いを欠くシーンが続いた。それでも何とか立て直して最後の直線に向くと勝ったマティアスに突き放され、後ろから差を詰めてきたサダムスキャットにも交わされた。やはり道中折り合いを欠いた事が影響した感じだった。この馬、調教でもそうだが、レースでも若さを覗かせましたから、今回は単勝1.3倍の1番人気に支持されていただけに、次走も極端に人気が下がるとは考えづらい。これ、一方で砂をかぶった際の不安もどうかというのもありますし、次走もちょっと危ないと見て危険馬に選んだ。
京都7R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都10R 貴船S 注目
 先行争いが激しくなった影響で、前に行った馬が軒並み失速して差し馬が上位を独占したレース。展開的な紛れで漁夫の利を得た馬と、一方全く力を発揮できなかった馬がいたので、ここで紹介しておきたいと思う。
1着 タマモカトレア 
 勝ったタマモカトレアはスタートが遅かった事に加えて、序盤から反応が悪かったが、内々を上手く立ち回り、一気に抜け出して来た。確かに着差的には強い勝ちっぷりだったが、展開が大きく味方したのは確かなので、昇級して即通用となるとどうかと思う。
2着 クライシス 
 そして2着クライシスは直線で外に持ち出すのに少し手間取ったが、こちらも展開がハマった印象が強い。同様の事は3着マイネルラックもそうで、タマモカトレアの後ろを通って、全くロスのない競馬ができて、何もかも上手く行った感じはある。4着サザンヴィグラスも同様のことが言える。
3着 マイネルラック 
 そして2着クライシスは直線で外に持ち出すのに少し手間取ったが、こちらも展開がハマった印象が強い。同様の事は3着マイネルラックもそうで、タマモカトレアの後ろを通って、全くロスのない競馬ができて、何もかも上手く行った感じはある。4着サザンヴィグラスも同様のことが言える。
4着 サザンヴィグラス 
 そして2着クライシスは直線で外に持ち出すのに少し手間取ったが、こちらも展開がハマった印象が強い。同様の事は3着マイネルラックもそうで、タマモカトレアの後ろを通って、全くロスのない競馬ができて、何もかも上手く行った感じはある。4着サザンヴィグラスも同様のことが言える。
5着 メイショウヤクシマ 
 逆に勿体なかったのが5着メイショウヤクシマ。最後の直線に向いてからとゴール前と2度前が詰まった。まともなら2着はあったかなという内容だったので、次走も警戒が必要。
14着 デターミネーション 
 そして1番人気のデターミネーションは14着に大敗した。こちらは今まで経験のない控える競馬が裏目に出た感じなので、もともとデビュー以来3着以内を外したのは今回が初めてですから、まだまだ見限る馬ではないと思う。
京都11R ファンタジーS タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。メンバーランクはCだった。
1着 レシステンシア 
 6番人気レシステンシアが勝って2戦2勝となった。レシステンシアはスタートを決めて道中もピタリと折り合って、スムーズなレース運びだった。早めに抜け出してそのまま押し切った。ほんとレースセンスが良いと思いますし、仮に阪神ジュベナイルフィリーズに出走してきたとしたら、距離延長と最後の坂が鍵になってくると思う。若干この脚が上がり加減だったのは少し気がかりだなという程度。
2着 マジックキャッスル 
 そして2着以下、上位人気馬が続いた。2着マジックキャッスルは1番人気だった。揉まれても怯む事無く加速した状態でゴールインした。この内容なら距離が延びても大丈夫だと思いますし、ですから距離延長にこの中で1番対応できそうなのはマジックキャッスルかなという印象を持った。
3着 クリアサウンド 
 そして3着がクリアサウンド。こちらもたれる面を見せなかったのは収穫だったが、一瞬交わせそうな勢いで伸びて来て、最後少し脚色が鈍った。こちらはあと200m距離が伸びてどうかなという印象は、今回のレースから受けた。
4着 ヤマカツマーメイド 
 そして3番人気ヤマカツマーメイドは4着だった。ロス無く走って来たが、時計の速い決着に何かこう対応できなかった感じがある。どちらかと言うと同じ1400mでも時計が掛かった方が良いタイプだと思う。距離も今以上伸びるとどうかなという気はした。
8着 シャレード 
 8着のシャレード、スタートが一息で、その後中団まで巻き返してその後また折り合いを欠いていた。結局最後まで伸びる事なくゴールインだったので、まだ他馬を気にする感じがしますし、幼さの残る現状なので、今後の成長待ちと言ったところだろう。

  馬券Summary
馬場傾向を読む
 これは我々の仕事でもあるんですよね。実はそうではなくて、先週の東京は24鞍あって、逃げ馬が7勝2着3回と幅を利かせていた。特にダートは前残りの傾向が堅調だった。その傾向をいち早く把握して、レースに活かしたのが目下リーディングジョッキー部門でトップに立つ、あのC.ルメール騎手。先週は土日とも東京で騎乗して、9勝を挙げたが、土曜の5勝は前めにつけて抜け出すレースが多かったのに対して、日曜は4勝中3勝が逃げの作戦。強い馬に乗って躊躇なくハナを奪ってそのまま押し切るパターンが目立った。馬場傾向をいち早く理解して、それをレースで即座に表現できるのは一流騎手には必要な要素だと思う。
ですから、人気馬を何のためらいもなくハナに行かせられるのは、やはり常に人気馬に乗ってるからだと思う。それから来る余裕がレースにも現れていましたし、そして他にも横山典弘騎手が9鞍の騎乗だったが、何と3勝をマークしているという所で、逃げて勝ったミッキーバードだけではなくて、先ほど紹介したアルゼンチン共和国杯、ムイトオブリガードを前めにつけて、勝たせたという状況なので、それはもう流石と言える内容だった。今週もこういった頭脳派のジョッキーの騎乗ぶりを注目したいと思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-