2019年2回中京1日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜はマイナス0秒7からプラス0秒3への変動だった。
 1月のBコースからAコースに移り、さらに洋芝の種をまいてシート養生もしていたので、もっと速い時計の出る状態になってもおかしくなかったが、土曜は木曜までに降った雨の影響が残っていて、超高速馬場にはならなかった。さらに日曜は、11時頃からずっと雨が降っていたので、後半ほど時計が掛かるようになり、11R以降は馬場差がプラスになった。同じように良から稍重へ変化した阪神の芝より変動幅は大きいが、中京芝は雨の影響が時計の出方に及ぼす影響が大きいというのは、以前からの傾向。今週までAコースが使用され、高松宮記念が行われる最終週の3週目だけBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス0秒4への変動、日曜はマイナス0秒3からマイナス1秒1への変動だった。
 土曜は稍重から良へ変化し、後半ほど時計が掛かるようになる変動。日曜は良から稍重に変化し、後半ほど速い時計が出る変動。まぁそういう馬場だったので、1月開催との比較は難しいが、恐らく同じ良馬場でも今開催の方が速い時計が出やすいコンディションのはず。


  タイム分析
 2019/03/09 (土)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 トウカイオラージュ    牡3 未勝利 1:21.5 -0.9 --- -0.3 -0.6 B D 7.77
7R T2000 ストロングレヴィル    牡5 500万下 2:01.2 +0.2 -0.4 +0.7 -0.9 D D 7.20
8R T1600 ビーカーリー    牝5 500万下・牝 1:35.1 +0.3 -0.3 +0.7 -0.7 D C 8.42
10R T1600 ピースワンパラディ    牡3 フローラ500 1:34.8 -0.3 -0.8 -0.4 -0.7 B C 4.56
11R T1400 グランドボヌール    牡5 トリトH1600 1:20.4 -0.1 -0.2 +0.3 -0.6 D D 6.09
 2019/03/09 (土)  ダ=-0.7 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ヒイナヅキ    牝3 未勝利・牝 1:25.3 -1.0 --- -0.5 -0.5 B D 6.08
2R D1200 メイショウフクイク    牝3 未勝利・若 1:13.9 +0.5 --- +1.0 -0.5 E D 8.33
3R D1800 スターオブオナー    牡3 未勝利 1:55.6 +0.6 --- +1.3 -0.7 E D 7.22
4R D1400 キングキャラット    牡3 未勝利 1:26.3 ±0 --- +0.5 -0.5 D D 8.71
6R D1800 クインアマランサス    牝5 500万下・牝 1:54.1 +0.5 --- +1.1 -0.6 E D 8.44
9R D1400 ディサーニング    牡4 500万下 1:25.0 -0.1 --- +0.3 -0.4 D C 6.23
12R D1800 アイファーイチオー    牡5 瀬戸特別1000 1:52.8 ±0 --- +0.4 -0.4 D C 6.57

中京1R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ヒイナヅキ 
 ヒイナヅキが1秒差をつけて逃げ切った。ヒイナヅキの前走は2着とは言え、完全タイム差プラス1秒1だったので、Bランクで圧勝するとはちょっと驚いたが、スタートからダートだった前走は行ききるまでにかなり脚を使っていた。今回も何が何でも逃げるという構えだったが、芝からのスタートで前走以上に鋭いダッシュでしたし、3キロ減の効果が大きかったのだろう。前走よりかなり楽にハナを切った事で、最後まで力が残っていた。以上の推測が合っているとすると、オールダートのコースで54キロを背負うと、500万では厳しそうだが、単に力をつけてきたという可能性もあるので、その場合はオールダートのコースや54キロでも通用しそう。これがどちらなのかを判断するのは現時点では難しい。
2着 テイエムメロディー 
 2着のテイエムメロディーのタイムランクはDランク相当で、3回連続で2着だが、タイムという観点からはずっと低レベルなので、次走も人気にはなるだろうが、人気ほどの信頼度はないと思う。
中京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中京5R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 トウカイオラージュ 
 トウカイオラージュが前走の10着から一変。トウカイオラージュは内でじっとしていて、直線では内からスルスルと上がって来て、進路がクリアになった残り200mから追い出すと、一気に伸びた。内から上がって来て、詰まったりせずそれでギリギリのBランクですから、昇級してすぐに通用するとはちょっと思えない。
2着 ハーフバック 番組注目馬
 2着のハーフバックは無理することもなく、前に行けて、直線でも楽に抜け出したが、ロスなく上がって来て、脚も溜まっていた勝ち馬に一気に差された。っと言っても次走で崩れることは考えにくいレース内容なので、次も上位候補となる。
3着 アセンダント 
 3着まずアセンダントだが、2頭に交わされてからもしぶとく粘っていたが、走りが一本調子。1200mの方が良いかもしれないが、それでも勝ちきるだけの決め手を感じない。
3着 サラミス 
 もう1頭の3着サラミスは、少し出遅れた程度だったが、一旦下げて3コーナー手前で前に上がって行った。直線では脚が残っていそうなのに、内にもたれたりして、ジリジリとしか伸びなかった。どんどんレース内容が悪化しているように感じる。
3着 サラミス 解説危険
 これ3回連続で3着以内だが、どんどんレース内容が悪化しているように感じる。これまでは直線で内・外にフラフラしていたり、前半で派手に折り合いを欠いたりしても、0秒2差の2着に来ていたが、今回は2着だったと2戦よりも伸びそうな格好をしていながら、伸びず、離れた3着だった。そうは言っても、完全タイム差という観点からは安定しているが、どんどん競争意欲がなくなってるような気がしてならない。気がしてならないだけで、要するに根拠は俺のカンというレベルだが、自分のカンを信じる。
中京6R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京10R フローラルウォーク賞 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ピースワンパラディ 
 ピースワンパラディが勝って、これで中京芝1600mで2戦2勝。前半800mが48秒9、後半800mが45秒9で、ペース補正マイナス0秒8。先行した馬に関しては、完全タイム差通りの評価をしにくいレースだが、勝ったピースワンパラディはほぼ最後方から追い込んで、上がり33秒0。評価は下がらないどころか、高く評価できる。中京1600mの超スローペースしか経験していないので、他のコースでどうなのか、ペースが速くなってどうなのかはわからないが、能力は高い。
2着 ブルスクーロ 
 2着のブルスクーロは押し出されたような逃げてはあったが、ブリンカーの効果はあったと考えるべきだろう。しかし、超スローペースで逃げた結果の2着なので、それほど評価はできない。
3着 ミッキースピリット 
 2番手追走から3着だったミッキースピリットも同様だが、これまでは流れが速くなった方が良いと、良い結果を残してきた馬。超スローペースの2番手から3着という今回の結果だけで、評価を下げる訳にはいかない。
5着 マイネルウィルトス 
 そして1番人気のマイネルウィルトスは5着だった。ずっと2着を続けて来たが、レースの上がりが33秒台まで突入してしまうと届かない。

  馬券Summary
冬の京都芝のその後
 今年1月・2月の京都芝は京都の芝としては異例なほど重くて、時計が掛かっていたという事は、その開催中に何度も触れた。では、その重い京都の芝で走った馬のその後はどうなっているかだが、
冬の京都芝のその後
まず今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走も京都芝の同じクラスに出走した場合。まぁコレ当たり前の話だが、2着馬の成績が抜けて良くて、次は3着馬。4着馬・5着馬はあまり良くない。続いて今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走で他の競馬場の芝の同クラスに出走した場合。これ特に3着以内率を比べると、前走2着・3着でも、前走4着・5着でも大して変わらない。これ人気を考慮すれば前走2・3着よりも、前走4・5着を買うべきというレベルで、実際に前走4着馬・5着馬の複勝回収率はどちらも100%を超えている。先週のレースから象徴的な例を挙げると、土曜阪神4R。前走2月の京都芝で5着だったヒーリングマインドが勝って、前走2月の京都芝で2着だったサンライズアキレスは5着。また、このレースの2着カズマークセンは、2月の京都の芝でサンライズアキレスに0秒3離されていた、ディープインパクト産駒だった。今年冬の京都芝で、ディープインパクト産駒が苦戦。特に体重の軽い牝馬が苦戦していると話を1月にしたが、最終的にはもう2回歳で12勝した。しかし、馬場が合わないのに、能力だけで上位に来ていたというケースも多くて、今年1月・2月の京都芝で3着以内だったディープインパクト産駒が、次走で他のコースの芝の同クラスに出走した場合は、2勝2着3回3着5回。12回走って4着以下が2回しかなく、極めて好走確率が高い。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26