2019年3回京都9日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒8からマイナス1秒5の間で推移しており、大きな動きはない。
 東京の様にマイナス2秒台になる程の高速馬場ではないが、速い時計の出る馬場だった。先週、しかも特に日曜は強風の影響を受けたが、一定の方向とか強さではなかったので、時計の出方に目立った特徴はなくて、速い時計の出るレベルが続いた。あと上位馬の脚質傾向を見ても、先行・差し問わず偏った傾向はなかった。ただ、後方からの差し馬3連対とやや少なくて、しかもその内の2鞍は8頭立てで脚質による有利・不利が少ないレースだった点は要注意。基本差して来るにしても、中団にはいないと厳しい状況だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、水準かそれに近いレベルで推移しており、大きな動きはない。
 確かに大きく数値が動いてる訳ではないが、先週はこの開催では最も時計が掛かっていた。乾いたコンディションの上に、ダートについては風の影響もあったと考えられる。脚質的には12鞍あって、逃げ馬が半数の6連対だった。前回お話しした通り、先行有利の傾向は変わらなかったが、逃げ馬を追い掛けた先行馬が失速して、好位組が差して来るケースが多かったというのは事実としてある。


  タイム分析
 2019/05/18 (土)  芝=-1.8  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1200 エクレアスピード    牡3 未勝利 1:09.2 -0.6 --- +0.5 -1.1 D C 8.33
5R T1800 ダノンレグナム    牡3 未勝利 1:47.5 -0.9 --- +0.7 -1.6 D D 8.33
6R T1600 オースミカテドラル    牡3 500万下 1:33.4 -1.1 -0.7 -0.4 -1.4 B D 9.00
8R T2000 メイケイゴールド    牡4 500万下 2:00.9 +0.3 -0.8 +1.3 -1.8 SL C 7.67
9R T2400 プランドラー    牡3 メルボル500 2:25.7 -1.5 --- +0.7 -2.2 D C 6.17
12R T1800 フォックスクリーク    牡4 オースト1000 1:49.2 +2.5 -1.3 +2.8 -1.6 SL C 4.83
 2019/05/18 (土)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ファビュラスギフト    牝3 未勝利・牝 1:13.2 +0.5 --- +0.3 +0.2 D D 8.64
2R D1900 イグナーツ    牡3 未勝利 2:03.5 +2.7 --- +2.4 +0.3 E D 6.60
3R D1800 ハニーエンパイア    牝3 未勝利・牝 1:55.1 +1.2 --- +0.9 +0.3 E C 6.92
7R D1200 ヘルディン    牝5 500万下 1:11.9 ±0 --- -0.2 +0.2 C D 6.00
10R D1200 スマートレイチェル    牝5 シドニー1600 1:11.4 +0.7 --- +0.5 +0.2 D C 8.08
11R D1900 チュウワウィザード    牡4 平安SG3 1:58.1 +1.1 --- +0.8 +0.3 D C 4.75

京都2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒4遅い勝ちタイムだった。
京都3R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
2着 スマートフルーレ 通信簿
 1番人気2着だった。これは完全に抜け出した。ただ、物見をして内にギュンと刺さっている間に減速して差された。これはレースを見れる人は見て欲しい。本当に勝っている内容だった。番組注目馬として取り上げたのは正解だったと思う。
京都6R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。オースミカテドラルが昇級3走目で勝ち上がった。このレース前半のラップは遅めだったが、後半の速さでタイム全体を押し上げた点は評価できる。
1着 オースミカテドラル 
 勝ったオースミカテドラルはパドックからかなりうるさかったが、レースでは課題のゲートを決めて、先手を取ってそのまま後続を寄せ付けなかった。内容的には完勝だった。ただ、この馬の場合常にテンションが高くて、レースで出遅れることが多い。今回はたまたま5分に出た分スムーズな競馬になったが、次走はまたどうなるか分からない部分もある。ですから、実力は認めても押さえまでの評価。
2着 ダノンテイオー 
 2着以下は3馬身半以上離された。2着ダノンテイオーは勝ち馬には突き放されたが、しぶとく粘った。決め手は一息だが、走りは堅実ですし距離もマイルぐらいが合っている。次走も圏内。
3着 ロイヤルヴィザージ 
 あと3着ロイヤルヴィザージは昇級初戦で距離延長にも対応した。今後に目処の立つ内容で、この馬も次走圏内。
5着 タニノミッション 
 あと1番人気のタニノミッションは5着だった。プラス10キロで少し体に余裕があった。レースでは上がりの速い決着に対応できずに伸び負けした格好。現場、切れ味は一息で差す競馬だと厳しい感じはあるので、次走前々で運べるようなら巻き返してくるかもしれない。
京都8R 4歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都11R 平安S 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。サンライズソアが先手を取ったが、後続も押し上げて行く。序盤、結構ペースが速くて、中盤ガクッと落ちてという変な流れになった。結果まぁここから差し馬が数を台頭してくるような形になって、オメガパフュームがこの馬場の真ん中辺りで、一気に脚を使って先頭を伺って、一旦先頭に立つが、その内からアナザートゥルースも差を詰めて、ただ、外からチュウワウィザードととしてくるような形になって米カリウムがねこのばばの真ん中辺りで一気に足を使って1000と伺って一旦先頭に立つんですがそのうちからアナザートゥルースも差を詰めて、ただ最後外からチュウワウィザードとモズアトラクションが良い併せ馬の形で2頭一気に伸びて来て、1着・2着という結果になった。
1着 チュウワウィザード 勝ち馬注目
 1番人気のチュウワウィザードがJRA重賞初制覇を果たした。この馬、いつもの位置よりちょっと後ろ目のポジションだった。厳しい競馬になったなと思って、双眼鏡を通して見ていたが、外からきっちり伸びて最後は抜け出した。前走から3キロ増の58キロを背負って、いつもと違う形で勝ち切った点は、むしろハナ差だがちょっと評価できる内容だった。この手の競馬ができるなら、今後大きく崩れる事もなさそう。まだまだ伸びしろが期待できる1頭。
2着 モズアトラクション 
 惜しかったのが2着12番人気のモズアトラクション。惜しかった。これは道中脚を溜めて、勝負所からちょうどチュウワウィザードに着いて行った。追い比べでわずかに競り負けたが、力は発揮した。この馬、成績を振り返ると、実は京都の1900mで過去2勝している。今回、確かに展開向いた側面はあるが、この内容なら今後も展開がハマれば、十分チャンスあると思う。期待して良いと思う。
3着 オメガパフューム 
 その後3番人気オメガパフュームが3着。4番人気アナザートゥルースが4着。そして2番人気のサンライズソアが5着だった。オメガパフュームに関しては、59キロを背負って外を回って早めの競馬をして、他馬の目標になって、最後差された。内容的には1番強い競馬をしていると思う。一言で言えば、もう負けて強しという内容だった。これはまぁ実績的にもナンバーワンですし、今後さらなる上積み期待を考えれば、次走も十分勝ち負けになると思う。
4着 アナザートゥルース 
 その後3番人気オメガパフュームが3着。4番人気アナザートゥルースが4着。そして2番人気のサンライズソアが5着だった。あと、アナザートゥルース。これは前回よりスタートが決まった。その分好位での競馬になって、一旦ズブさを見せてポジションを下げたが、もう一度盛り返した。実は前走から右側だけブリンカーをつけて、レース内容が良くなってますから、この内容なら安定して走ってくれると思う。
5着 サンライズソア 
 その後3番人気オメガパフュームが3着。4番人気アナザートゥルースが4着。そして2番人気のサンライズソアが5着だった。サンライズソアは序盤のラップが速くて、その後一旦ペース落ちた時にピタリとマークされて息の入らない展開になった。ペースを考えれば、この馬も強い競馬をしていると思う。5着とは言え、中身のある5着だったと思う。
京都12R オーストラリアT タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
初めての経験
 意味深な感じだが、もうね私も競馬記者になって24年ほど。多分、24年ぐらいになると思うが、先週の京都は過去を振り返っても、記憶にないぐらいの強風に見舞われた。まず、阪神を引き合いに出して話をすると、阪神の場合は六甲山から吹き下ろす風が強くて、そもそも強風になるケースは多い。ただ、その吹き下ろしの風はいつも同じ方向で、1コーナーから4コーナーに向けて吹く。すなわち、最後の直線は、馬にとっては向かい風になる状況。しかも断続的に吹き続けるので、傾向的にはわかりやすい風だと言えると思う。
当然、風の強さによっては馬場差にも影響を及ぼしことは、阪神は十分にある。
それと比べると、先週の京都はかなり特殊だった。ここからは風に吹かれてる映像ばっかりだが、結構スターターのジャケットがヒラヒラする感じで、基本、向正面からスタンドに向かって吹いているが、旗の揺れ方も凄い。数秒間風が止んだかと思ったら、もう1回吹いたりとかして、所謂上空に風が舞っているような感じの吹き方だった。
結果、芝の馬場差は先週とほぼ同じで、脚質傾向も大きく変わらなかったという事になる。芝に関しては。
一方、ダートはプラスゾーンの馬場差になって、先々週と比べると少し時計が掛かって、若干差しも届いていた。ダートは少し変化があった点は注目ポイント。幸い、京都開催は今週、もう1週行われる。先週との違いを意識しつつ、慎重に馬場差を出して行きたい。特にオチはなく、単に強風だったという話。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26