2019年1回小倉7日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜が設定不能だった。さかのぼって8日間の芝の馬場差を確認しておくと、週によって時計の出方が異なり、マイナスの数値になったのは3週目だけ。1週目そして8日目は時計の掛かるコンディションだった。
 土曜は良馬場だったが、水曜・木曜に降った雨の影響で3週目より時計が掛かるようになった。さらに土曜の夜から雨が降り続け、日曜は重。同じ重馬場でも後半の方が時計が掛かるようになっているが、馬場差やタイムランクを出してもあまり意味が無い程完全な道悪になった。よって馬場差は設定不能で、道悪をこなせるかどうかもポイントになっていたが、ここまで悪化すると大半の馬はこなせない馬なので、逆に実力通りに決まる事が多く、日曜の芝では上位人気馬の好走が多かった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5、そしてマイナス1秒3への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、3週目まではプラスの数値だったが、先週はマイナスの数値で特に8日目はマイナス1秒台になった。
 水曜・木曜に降った雨の影響で、土曜は稍重発表だったが、重に近くて稍重発表だった3週目より高速化した。そして、土曜の夜から雨が降り続けて、日曜は不良。日曜の馬場差は変動で6Rが最も速い時計が出るコンディションだった。9Rになると水が浮いてる箇所もあって、6Rよりは時計が掛かるようになった。


  タイム分析
 2019/03/02 (土)  芝=±0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 トロハ    牝3 未勝利・牝 2:01.5 +0.2 --- +0.2 ±0 C D 8.38
4R T1200 グラウシュトラール    牡3 未勝利 1:09.2 -0.1 --- -0.1 ±0 C C 9.93
5R T1800 ジェンメオ    牝3 未勝利 1:49.4 +1.1 --- +1.1 ±0 E D 8.80
8R T1200 リーガルリリー    牝4 500万下・牝 1:08.6 +0.1 --- +0.1 ±0 C D 9.31
9R T1800 インターセクション    牡4 500万下 1:49.8 +2.7 -0.7 +2.0 ±0 SL D 5.67
10R T2600 トロピカルストーム    セ6 呼子特別500 2:41.5 +1.7 -0.6 +1.1 ±0 E D 7.17
12R T1200 メイショウツバキ    牝4 八代特別500 1:08.6 +0.1 --- +0.1 ±0 C C 7.00
 2019/03/02 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 モズベイビー    牡3 未勝利 0:58.8 -0.4 --- -0.2 -0.2 C C 8.18
2R D1700 スナイプ    牡3 未勝利 1:47.9 +1.1 --- +1.4 -0.3 E C 6.91
6R D1700 リュミエールドール    牝5 500万下・牝 1:46.3 +1.1 --- +1.4 -0.3 E D 6.00
7R D1000 ポートナイトサイト    牝4 500万下 0:58.2 -0.2 --- ±0 -0.2 C D 8.25
11R D1700 メイショウワザシ    牡4 早鞆特H1000 1:44.3 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D 6.00

小倉2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
小倉5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
小倉6R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
小倉9R 4歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
小倉10R 呼子特別 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒は実績不問
 昨年の12月に2歳の12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒は3歳春に不信に陥りやすいというデータを紹介したが、ダノンファンタジーに関してはどうやら杞憂に終わりそう。その時に2歳の12月に芝1800m以上の500万下を勝ったディープインパクト産駒は、3歳時に重賞で好走しているというデータも紹介して、早いうちから重賞に出走していた全兄ムーヴザワールドの使い方より、2歳12月に500万下を勝った弟、サトノルークスの使い方の方が正解となる可能性があると言った。が、サトノルークスは重賞を勝っていないが、すみれステークスで、ホープフルステークスの2着馬を下して勝った。他でも、きさらぎ賞では2歳12月に500万下を勝ったダノンチェイサーが重賞初出走で勝ち、共同通信杯も2歳12月に500万下を勝ったダノンキングリーが、朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬を相手に勝った。逆に2歳重賞で好走していたディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に危なっかしいことが多くて、現3歳世代では東京スポーツ杯2歳ステークスで3着だったヴァンドギャルドが対象例となる。重賞初出走だった東スポ杯は3着と好走したが、その実績によって1番人気になったきさらぎ賞は4着だった。で、先週弥生賞をカントルかサトノラディウスが勝っていれば、話としては完璧だったが、勝ったのは重賞2戦目のディープインパクト産駒、メイショウテンゲンだった。ただ、メイショウテンゲンも2歳時重賞には出走しておらず、さらに1勝目まで4戦かかっていながら、重賞2戦目で勝ってしまったように、実績不問でクラスの壁を破った。3歳春の重賞というのは2歳重賞の好走馬が人気になるが、そういう実績馬に逆らいたい私のような人は、2歳時に重賞で走っていないディープインパクト産駒を狙うことをお勧めする。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26