2019年1回東京7日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒9だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催6日目以外は全てマイナス0秒9。その6日目にしても、マイナス0秒8ですから数値にほとんど動きはなかった。
 最終週になっても時計がかかることはなく、まぁ高速馬場と言うほどではないものの、速い時計の出るコンデションだった。連対馬の脚質については偏りはなかった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒7だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、土日ともに稍重だった2週目だけは速めの時計が出るレベルで、他の開催日は時計が掛かっていた。
 最終週の先週も時計の掛かる馬場でした。乾燥が進んで、日曜はこの開催で最も時計が掛かっていたが、雨の影響を受けた2週目以外はほとんど変わらない数値だった。もう一つ、開催6日目、つまり雪で中止になった翌日は重馬場でスタートして稍重に変更されたが、脚抜きの良いコンディションではなかった。雨と雪では様相が違ったということだろうか。


  タイム分析
 2019/02/16 (土)  芝=-0.9  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 マイネルミュトス    牡3 未勝利 1:46.5 -2.4 --- -1.6 -0.8 A C 3.33
6R T1600 ヴィッテルスバッハ    牡3 500万下 1:35.6 +0.4 -0.7 +0.4 -0.7 D D 8.67
9R T2000 アトミックフォース    牡3 フリージ500 1:59.9 -1.4 -0.9 -1.4 -0.9 A C 3.14
11R T3400 ユーキャンスマイル    牡4 ダイヤモHG3 3:31.5 +1.4 -1.0 +1.9 -1.5 SL D 6.60
12R T1400 オルレアンローズ    牝6 1000万下 1:21.2 -0.5 --- +0.1 -0.6 C D 9.17
 2019/02/16 (土)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1300 ペイシャネガノ    牝3 未勝利・牝 1:20.5 +1.0 --- +0.5 +0.5 D C 7.15
2R D1400 ベルジュネス    牡3 未勝利 1:28.1 +1.9 --- +1.4 +0.5 E C 8.50
3R D1600 ゴールドフレーム    牡3 未勝利 1:39.6 +0.1 --- -0.5 +0.6 B D 6.17
4R D1400 チバタリアン    牝3 新馬 1:27.7 +1.3 --- +0.8 +0.5 E D 9.00
7R D1400 ホノカ    牝5 500万下・牝 1:26.7 +1.8 --- +1.3 +0.5 E D 9.33
8R D1600 オールウェイズゼア    牡5 500万下 1:39.2 +1.2 --- +0.6 +0.6 D D 6.21
10R D2100 サトノティターン    牡6 金蹄S1600 2:10.7 +0.3 -0.2 -0.7 +0.8 B D 5.50

東京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ゴールドフレーム 
 ゴールドフレームがダートに変わって初勝利を挙げた。ゴールドフレーム、初めてのダートで一変して抜け出した。父スクリーンヒーローと言うと、芝向き種牡馬という印象があるが、実はダートもよく走っている。流石にオープンであまり結果が出ていないが、全産駒の勝率・連対率は芝よりダートの方が良いくらい。この馬の場合は母ピュアマインドが中央ダート2勝馬。すぐに勝ち負けは難しいかもしれないが、いずれ上のクラスでも走ってきそう。
2着 クリスタロス 
 2着以下はタイムランクC相当となるが、2着したクリスタロスは初めてのダートでも馬群に突っ込んで行く根性が魅力。直線前が壁となるシーンがありながらも、外に出してから伸びている。芝でもダートでも次走注目ではないだろうか。
東京4R 3歳新馬 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより2秒4速く、1800m対象の馬場差がマイナス0秒8になることを踏まえても、-2.4-(-0.8)=-1.6 で基準より1秒6速い勝ちタイムだった。このスタートで8枠の1番人気サトノエルドールが出遅れて行った。一方先手を取ったのは2番人気のグレイテストで、直線に入っても粘っていた。しかし、残り200m辺りでミスマリアが並んで先頭に立って行く。そしてその外からマイネルミュトスが迫って行って、ゴール前では交わして1着。2着がミスマリア。その後はサトノエルドールが追い込んで3着入線となっている。
1着 マイネルミュトス 
 マイネルミュトスが距離短縮、初めての1800mで勝ち上がった。平均よりやや速い流れ。勝ったマイネルミュトスはこれまで後方からの追い込みを主な戦法としていたが、好スタートを切ると5番手で競馬をする選択をした。直線はミスマリアが抜け出してから、やや気を抜くようなところ見せたところ、外から差し切っている。これまでは出遅れて後方になってしまうところがあったが、今回のようなスタートが切れれば、このくらいは当然やれるということだろう。もちろん減量騎手で2キロ減も大きかったのではないだろうか。
2着 ミスマリア 番組注目馬
 このレースは勝ち馬から3着まで同タイムの接戦だった。惜しかったのは2着のミスマリア。新馬戦は前が壁で、直線思うように追えずに敗れていた。ここ注目していたが、先頭に立ってからソラを使ったのか、それ以上進んで行こうとしないように見えた。次走はその辺りの対策もやってくると思いますし、能力は未勝利戦では上。勝ち負けだろう。
3着 サトノエルドール 
 番組注目馬となっていたサトノエルドールは3着。これで6戦して全て3着以内だが、まあどうも詰めが甘いが、どんな馬場でも力が出せるタイプ。ただ直線に入って、右手前になるとモタモタとしていて、最後に左手前に戻すと伸びた。昨年11月に東京で2着だった時も、直線で2回手前を替えており、どうやら右手前苦手ですかね。現状では右回りの方が信頼度が高そうだが、中山だと直線の短さがネックとなりそう。それが難しいところ。
東京7R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
東京9R フリージア賞 タイムA
 基準より1秒4速いタイムだった。マイネルエキサイトが逃げて直線に入って行ったが、残り400m辺りで一杯となる。変わって2番手にいたシフルマンが先頭に立って行くが、内を突いてアトミックフォースが迫って行き、交わして1着。一方外からはシャドウディーヴァが上がって来るが、シフルマンに並ぶ事ができずに3着だった。
 1400m通過が1分25秒9のスロー。上がり600mの競馬となった。補正が0秒9入って、完全タイム差はマイナス1秒4のタイムランクA。上がりの競馬になって、4コーナー5番手までの5頭の内、逃げ馬を除いた4頭の争いとなってしまった。2番人気ホウオウサーベル・3番人気エデリーは早々と圏外へ消え去ってしまった。
1着 アトミックフォース 
 アトミックフォースが前走9着から良化を示した。勝ったアトミックフォースだが、これまで一度も34秒5を切る上がり600mのタイムは記録した事がない。それが突然33秒2という上がり最速タイムをマークして勝ってしまった。まぁこのクラスでは2戦して良いところがなくブービーの7番人気。初めての東京がよほど合っていたのか、まあ初勝利を挙げたのも左回りの新潟で、左回り巧者と考えるとつじつまが合う。タイムランクAなので、オープンでも左回り、しかもスローなら通用するかもしれない。しかし右回りでは苦戦する可能性がある。
2着 シフルマン 
 そして2着が6番人気のシフルマン。番組注目馬シャドウディーヴァ3着だった。2着シフルマンは6番人気だったが、未勝利勝ち後、いきなりこのクラスで2着。こちらは過去に34秒0という上がりタイムをマークしたことがあって、2番手で流れに乗って後続を封じ込めた。スロー歓迎だったという事だろう。
3着 シャドウディーヴァ 
 そして2着が6番人気のシフルマン。番組注目馬シャドウディーヴァ3着だった。3着シャドウディーヴァは1番人気に推されて、4コーナーでは前の馬群にいたが、追われると意外に伸びを欠いてしまった。期待はずれの結果と言えますかね。新馬戦で上がり33秒0。前走の初勝利時に33秒4をマークしていて、今回33秒6はちょっと物足りない。
東京10R 金蹄S タイムB
 基準より基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 サトノティターン 勝ち馬注目
 サトノティターンが前走11着から一変した。サトノティターンはもう休み明け、そして東京2100mダート、ホント得意ですね。これでこのコースは3勝目となった。今回およそ3ヶ月ぶりとなったが、平均ペースで逃げたアドマイヤビクターを3番手で追って、全く楽な手応え。アッサリ抜けて4馬身差つけた。6歳だが、これがまだ8戦目で底を見せていない。右回りはどうやら不得意なのではないかと思われるので、左回り、できれば府中2100mを使いたい。となると、次は5/5リステッドのブリリアントステークス。これに使ってくれば大きく狙いたい。
2着 デザートスネーク 
 2着以下は大きく離されてしまいタイムランクC相当になる。しかし、これで9戦連続馬券圏内となった2着デザートスネークの堅実さは侮れない。
3着 アドマイヤビクター 
 またこれが昇級初戦で6戦目だった、3着の4歳馬アドマイヤビクターはまだ伸びしろが見込める。次走も狙いが立ちそう。
東京11R ダイヤモンドS タイムSL
 タイムランクはスローのSL・メンバーランクがDだった。スタートの良くなかったサンデームーティエだが、ハナを奪って2周目も直線で先頭。前半も遅かったが、中盤さらに緩んで2400m通過2分33秒0ですから、ペース補正マイナス1秒0を加えても、補正しきれずタイムランクSLとなった。このペースのおかげで上がり1000m58秒5、600m34秒4という上がり勝負。3400mのレースで勝つ馬の上がりタイム33秒4ですから瞬発力がない馬では厳しかった。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ユーキャンスマイル 
 長距離で安定した成績を続けてきたユーキャンスマイルが重賞初制覇となった。後方にいた馬では、この馬だけが上位に来ている。岩田騎手らしい最内強襲で距離ロスなく瞬発力を披露した。今後の長距離戦線を支える存在になっていくと考えて良いんじゃないだろうか。
2着 サンデームーティエ 
 そして2着がサンデームーティエ。3着はカフェブリッツだった。サンデームーティエは、さすが江田騎手というレースだった。1000万下条件馬を超スローで折り合わせて、後続を完封する好騎乗だった。馬ももちろんよく堪えた。
3着 カフェブリッツ 
 そして2着がサンデームーティエ。3着はカフェブリッツだった。それからカフェブリッツは前行ってよく粘ったが、最後は勝ち馬以外、同じような脚になってしまった。
4着 ソールインパクト 
 4着ソールインパクトは昨年の3着に続いて今年も健闘した。長距離のハンデ戦、走る。
6着 グローブシアター 
 それから2番人気6着グローブシアターだが、ちょっと2番人気というのは驚いた。このメンバーで55キロはちょっと厳しかっただろうか。

  馬券Summary
驚異的なユラノトのイン強襲策
 今年最初のG1フェブラリーステークスで3着だったユラノトだが、ともかく直線でインを強襲する。3歳12月の1000万下以降、9戦中8戦直線でインにいた。昨年のアンタレスステークスだけ4コーナーで、外から直線に並びかけた、先頭に並びかけたが、5着だった。そして、このアンタレスステークスと昨秋の武蔵野S4着だったが、これ以外7戦で全て3着に来ている。前走の根岸ステークスは、明らかにインを突いた馬たちが恵まれたと感じたので、フェブラリーステークスでは無印にしてしまったが、そしたら3着に来られてしまった。今回も少し前が詰まりそうになるシーンあったが、全く怯まずにインを突っ込んで、抜け出して来た。ごちゃついても何しても怖がらずに、常にインから抜けてくる。こういう馬を馬券の味方につけておくのが、これから必要なんじゃないかなと痛感した次第。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-