2019年3回京都5日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝2000mの数値は土日ともにマイナス1秒6だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台で速い時計の出るコンディション。
 京都の芝についてはこの開催、ここまですべて良馬場でマイナス1秒8からマイナス1秒5の間で推移していて、大きな動きはなく安定している。あと、脚質的には土曜は逃げ・先行タイプも頑張っていたが、日曜は全ての連対馬が好位・中団からの差し馬だった。開幕週から差し馬の連対が目立っていたが、その傾向が強まりつつある。なお、今週からの後半3週はDコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒2だった。遡っての6日間の馬場差を確認しておくと、水準レベルかいくらか速めのレベルで、大きな動きはない。
 先週は水準レベルだった。この開催は同一週の中では、土曜よりも日曜の方がいくらか時計が掛かるという推移が続いている。また、2週目と3週目は土曜が稍重から良、日曜が良で馬場発表は似ているが、3週目の先週の方が掛かっていた点は要注意。あと脚質的には逃げ馬・先行馬ともに2連対ずつで、好位・中団からの差し馬が活躍した。少しでも馬場が渋ると、差しが届きやすくなる印象。


  タイム分析
 2019/05/04 (土)  芝=-1.6  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 トップオブメジャー    牡3 未勝利 1:21.4 -1.1 -0.1 -0.1 -1.1 C C 6.57
4R T2000 エイシンロード    牝3 未勝利 2:01.0 -0.8 --- +0.8 -1.6 D C 5.36
6R T1600 ミトノマルーン    牡3 500万下 1:34.3 -0.2 --- +1.1 -1.3 E C 12.60
9R T2000 バレーノロッソ    牡4 鴨川特H1000 2:00.3 +0.5 -0.6 +1.5 -1.6 SL C 6.36
10R T1800 スカーレットカラー    牝4 パールS1600 1:45.3 -0.7 -0.5 +0.2 -1.4 C C 6.09
11R T2200 レッドジェニアル    牡3 京都新聞G2 2:11.9 -1.2 -0.3 +0.3 -1.8 C C 5.70
 2019/05/04 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ゴッドバンブルビー    牝3 未勝利・牝 1:12.9 +0.2 --- +0.2 ±0 C C 5.50
2R D1800 テイエムファイター    牡3 未勝利 1:54.6 +0.7 --- +0.7 ±0 D D 8.50
5R D1800 アッシェンプッテル    牝3 500万下・牝 1:53.1 +0.1 --- +0.1 ±0 C C 3.83
7R D1900 ウインネプチューン    牡4 500万下 2:00.1 +0.7 --- +0.7 ±0 D C 8.78
8R D1400 ロイヤルバローズ    牡4 500万下 1:24.3 -0.2 --- -0.2 ±0 C D 8.08
12R D1800 パキュートハート    牡4 1000万下 1:52.2 +0.4 --- +0.4 ±0 D C 7.33

京都3R 3歳未勝利 
3着 グランツシチー 解説推奨
 ゲートの出がまず一息だった。ちょっとあまり良くなかった。ただ、すぐに巻き返して中団を追走して、その後外に持ち出すと、もうラストまでホント長く良い脚を使って3着に食い込んだ。ここ3戦はダートのレースに使われて、見せ場のない内容だったが、今回芝に使われて、しかもチークピーシズからブリンカーに変更した。それが効いてるのか、レースぶりが格段に良くなった。今回は9番人気での好走で、次走も極端に人気になることはないと思いますから、馬券的にも妙味があると見て、今回狙い馬として選んだ。
京都6R 3歳500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都8R 4歳上500万下 注目
 タイムランクはBに近いCだった。
1着 ロイヤルバローズ 勝ち馬注目
 勝ち馬ロイヤルバローズだが、とにかく強さが際立っていた。そのロイヤルバローズは2・3番手のインで脚を溜めて、4コーナーを回るとちょっと内に閉じ込められそうになった。ただ、最内に1頭分スペースを見つけると、そこを突いてあっさりと抜け出して来た。以前は中距離で甘さを見せていた馬だが、前走から1400mに使われるようになって、レースぶりが格段に良くなった。加えて、今回揉まれる形でも結果を出せた点は収穫だった。明らかに力をつけていますし、クラスが上がっても上位争いになる。
2着 メイショウテツワン 
 あと2着メイショウテツワンは逃げる形でよく粘った。ただ、この馬の場合初勝利も逃げる形でしたから、逆に行けないと脆いタイプでもある。次走信頼まではどうかなと思う。
3着 エイシンネメシス 
 3着のエイシンネメシスについては後ほどのコーナーで詳しく触れたいと思う。
3着 エイシンネメシス 解説危険
 これは良い位置にホントつけて、道中も手応え良く運んでいたただ、この辺りから若干手綱が動いて、追ってからが案外伸びない感じになった。これロイヤルバローズが勝った、先ほど紹介して強かったが、それに突き放されて、逃げたメイショウテツワンすら最後まで結局交わせなかった。実はこの馬、前走が休み明け初戦だった分、追って伸びなかったで片付けられたが、これ叩き2走目になった今回も同じような競馬だった。それでも着順は4着・3着と少し上がって来ていますから、次走もそれなりに人気を集めそうだが、ここで見せた詰めの甘さはちょっと気がかり。恐らく大敗はしないタイプだと思うが、馬券圏内からこぼれる可能性は十分にあると見て、今回危険馬として選んだ。
京都9R 鴨川特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都11R 京都新聞杯 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。2番人気ロジャーバローズが先手を取って、4コーナーに差し掛かった。1000m通過が60秒0というタイムだったが、ちょっと競られる形になって、前に行った馬には比較的苦しめの展開になったと思う。そんな中、ちょっと先行タイプの馬が失速する中、レッドジェニアルが馬場の真ん中から一気に抜け出して来る。そして内でロジャーバローズが粘って、サトノソロモンとナイママが結構激しい併せ馬になったが、3着はわずかにサトノソロモンが先着した。
1着 レッドジェニアル 
 1勝馬レッドジェニアルが差し切って重賞初制覇。ちょっとレース前からテンションが高かったが、レースに行けばスムーズに折り合って、末脚を活かした。長く良い脚を使うタイプで、東京は合っていると思う。ただ、テンションが高いので、パドックでの気配には注意が必要だと思う。
2着 ロジャーバローズ 
 2着はロジャーバローズ、3着争いはサトノソロモンがナイママにハナ差先着した。ロジャーバローズは結構競られる形になったが、それでも突き放して一瞬勝ち切るかの勢いで伸びて、突き離した。内容的には1番強い競馬をしてると思う。この馬もちょっと東京コースは合いそうなので、楽しみな1頭。
3着 サトノソロモン 
 2着はロジャーバローズ、3着争いはサトノソロモンがナイママにハナ差先着した。3着サトノソロモンは、まだこれからの馬だろう。身体つきを見ていても。若干幼さ残ってますし、どんどん力をつけてくればもっと上のクラスでもやれるタイプだと思う。
5着 タガノディアマンテ 
 1番人気のタガノディアマンテは5着だった。いつも差して来る形だが、今回先行したことによって、末脚を無くしたので広いコースは合っているが、もう少し溜める形の方が合っていると思う。
8着 オールイズウェル 
 あと3番人気8着オールイズウェル。これは折り合ってスムーズに運んでいたが、この馬もいつもより前目の位置に付けた。こちらもタガノディアマンテ同様、末脚勝負が合っているタイプだと思う。

  馬券Summary
日本の競馬に合う?合わない?
 これはねオーストラリアから来たダミアン・レーン騎手の話。短期免許を取った最初の週となった先々週が5勝の固め勝ちで、新潟大賞典を制した。そして先週は勝ち星こそ1つだったが、2着3回3着3回と馬券に絡むケースが目立った。ここからはあくまで、個人的な見解でしかも極論ではあると思うが、ちょっとね日本に来る外国人騎手、よほどのビッグネームではない限り、活躍できるかいくつかのポイントがあると思うんですよね。
まず1つ目、これは若いこと。極論でしょう結構。ベテランで、同じ国で長く乗っていると、やっぱりそこでの乗り方が染みついてしまって、スッと日本の競馬に合わせられないケースが多い。結果、苦戦することも多々あって、誰とは言わないが、そういうケースもあった。ですから、やはり柔軟性は大事で、その点は若い騎手の方が柔軟に対応できる可能性は高いということになる。
そして2つ目、これが意外と重要で軽い負担重量のレースにも乗ることができること。例えば、56キロからじゃないとダメとか言うと、日本では騎乗依頼が極端に減る。できれば54キロから乗れる方にしたほうが良いと思う。それはトレセンで取材とか、色々厩舎関係者の話を聞いてると、肌で感じること。
 そして3つ目、これも大事なんですよね。ダートの競馬に即座に対応できるかどうかという事。現在、日本で活躍しているM.デムーロ騎手とかC.ルメール騎手は、早い段階からダートでも好成績を残していた。ちなみにこの2人は若い時に来日して、軽めの負担重量でもOKだった。その点を踏まえると、D.レーン騎手、年齢が若くて、軽い負担重量でも大丈夫で、そしてダートの競馬でも早々に勝っている。これは大きな可能性を感じる騎手ですし、まぁモレイラ騎手みたいになってしまうと、もう乗れば馬券的には人気してしまうので妙味はなくなるが、まだギリギリD.レーン騎手はまだ来て2週ですから、馬券的にもちょっと美味しい時期かなと思う。先物買いで、ちょっと馬券的に狙ってみるのも面白いかなと考えています。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26