2019年2回阪神8日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒3からプラス0秒4への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けた日が多いながらもマイナスの数値が続いていたが、最終日の先週日曜は後半、プラスの数値になった。
 月曜と水曜に合計21.5ミリの雨が降った。阪神の芝は良馬場発表の場合、高速までには至らないが、速い時の出るコンディションというのがベース。これには変わりないものの、使われてきたことで先々週よりは時計を要していた。日曜は午前10時半頃から小雨が降り出して、後半の10R以降は本格的な雨となった。馬場差は変動。2000m換算の数値で、4Rのマイナス0秒3から始まって、後半の8Rからプラスゾーンに入って、続く9R・10Rとさらに掛かって行った。脚質的な偏りはなく、日曜は内が雨と使った影響で黒ずんで見えても、内の馬もロスなく馬券には絡んで来た。
 先週の馬場差1800mで対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒6への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどはマイナスの数値だが、水準寄りだった。ただ、最終日の先週日曜はこの開催で最も時計のかかるレベルでスタートしたが、終盤は雨の影響で時計が出やすくなった。
 中間の雨の影響から土曜は若干の水分が残っていたが、馬場差は終日良馬場だった、先々週の日曜と同じ数値だった。水準より少し速い程度。日曜は乾いてプラスマイナスゼロからスタートしたが、その後の雨の影響で3R以降はマイナスの馬場差となった。12R時は1800m換算の数値でマイナス0秒6だった。距離を問わず、日曜の方が土曜よりも後ろの組が届いてはいたが、あくまで展開とかメンバーによる結果だと思う。


  タイム分析
 2019/04/14 (日)  芝=-0.3 → +0.4  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 ミッキーバディーラ    牝3 未勝利 1:35.9 +0.3 --- +0.5 -0.2 D C 6.89
6R T2000 サヴォワールエメ    牝3 500万下 2:02.6 +1.3 -0.7 +0.7 -0.1 D C 4.38
8R T2200 ミスマンマミーア    牝4 500万下 2:13.9 -0.1 --- -0.2 +0.1 C D 4.60
9R T1200 マイネルパラディ    セ5 千種川H1000 1:09.3 +0.4 -0.2 +0.1 +0.1 C D 7.00
10R T1800 テリトーリアル    牡5 難波S1600 1:47.2 +1.5 -0.6 +0.5 +0.4 D D 6.55
 2019/04/14 (日)  ダ=±0 → -0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ウィッチクラフト    牡3 未勝利 1:55.2 +0.6 --- +0.6 ±0 D D 7.46
2R D1200 キコクイーン    牝3 未勝利 1:13.9 +0.6 --- +0.6 ±0 D D 8.31
3R D2000 イシュタルゲート    牡3 未勝利 2:08.1 -0.2 --- -0.1 -0.1 C D 7.57
5R D1800 ハヤブサナンデクン    牡3 500万下 1:53.7 ±0 --- +0.2 -0.2 C C 4.80
7R D1200 ウラガーノ    牝5 500万下・牝 1:12.6 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 5.18
11R D1800 アナザートゥルース    セ5 アンタレG3 1:50.8 +0.1 --- +0.6 -0.5 D C 10.27
12R D1400 ベルエスメラルダ    牝5 1000万下・牝 1:24.7 +0.5 --- +1.0 -0.5 E D 10.86

阪神8R 4歳上500万下 注目
1着 ミスマンマミーア 勝ち馬注目
 1着のミスマンマミーア、前走の中京戦が中央への転入初戦だった。馬外減少していたが、後方から追い上げて6着。上がり推定は最速だった。今回は環境にも慣れて、馬体が戻って、距離を2200mに伸ばしての差し切り勝ちだった。前を交わす際の脚が速くて、ラストは抑えるぐらいの余裕もあった。また、流れが速かったとは言っても、完全タイム差はマイナス0秒2ですから、悪くはない。元々、地方在籍時から芝を求めて中央に参戦。2歳時のコスモス賞では、ステルヴィオのクビ差2着とか、葉牡丹賞でジェネラーレウーノの0秒4差5着がある。今回の決め手と、かつての実績、1000万下でもお釣りの来るぐらいの能力を秘めている。高速の馬場にならない限り、次走も狙い目だと考える。
2着 プルンクザール 番組注目馬
 2着プルンクザール、先に仕掛け0秒1差。3着には3馬身差をつけて、この馬もCランク相当のタイムでは走っている。安定していますし、新潟1800mの松浜特別でレッドラフェスタの半馬身差2着がある。次走が新潟ならチャンスが大きくなる。
阪神10R 難波S 注目
 特に1番人気で8着だったジークカイザーに触れておきたいと思う。
1着 ジークカイザー 
 ジークカイザーは昨年夏の新潟、弥彦特別で8着に敗れた時が重馬場だった。4番手の外めを折り合って進みながらも、追ってから全く反応しなかったのは、かなり悪化が進んだ馬場が影響した可能性が高いと思う。内と外から伸びて来た、1着テリトーリアル・2着メイショウオーパスは、いかにも道悪が甘そうな印象があって、馬場の巧拙の差が出たレース。ジークカイザーの場合、前走の東京戦2着では、上がり600m推定32秒9の鬼脚。切れるタイプだけに、余計に厳しかったと思う。次走良馬場なら巻き返せるはず。
阪神11R アンタレスS 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクがCだった。逃げていたドライヴナイトが失速。変わって、テーオーエナジーが先頭で4コーナー。逃げ・先行馬が揃っていたが、ドライヴナイトがハナを主張。1000m通過1分丁度は馬場を考慮しても、速かった。ただ、かと言って後方組にもキツい馬場状態だった。上位3頭は道中先行集団の直後に位置していた。
1着 アナザートゥルース 
 JRA重賞初挑戦だったアナザートゥルースが見事制覇した。G1 3勝のサウンドトゥルー、佐賀記念のルールソヴァールの半弟。父がフレンチデピュティからアイルハヴアナザーに変わって、出世が少し遅れると思っていたが、なかなかどうして、血は争えないモノがある。中山1800mが十八番の馬。前走名古屋大賞典3着だった小回りよりも、コーナー4回のこの距離が向いている。4コーナーで外め好位もこの馬のパターン。この血統を熟知している大野騎手は流石の騎乗だった。このコンビなら、以降も息の長い活躍が期待できると思う。
2着 グリム 
 そして2着がグリム、3着はロンドンタウンだった。2着グリムは一歩に前に出て、前の先行勢を掃除する形で競り合いに持ち込んだ。4歳馬が57キロを背負っていた事を合わせても、強い競馬だった。レパードステークス勝ち後は、交流重賞2勝。この間に馬体に凄みが加わっている。4コーナー早めとは言っても、差す位置からの競馬ができたのも収穫。今ならG1でも崩れないかもしれない。
3着 ロンドンタウン 
 そして2着がグリム、3着はロンドンタウンだった。3着ロンドンタウン、前走のマーチステークス2着は韓国遠征帰りの休養明け。ハンデ57.5キロ、休み明け2走目の良化分と、今回56キロの重量で連続して頑張れた。着順が1つ落ちたのは、メンバーが少し上がった分、そう考える。
4着 ウェスタールンド 
 4着ウェスタールンド、流れは向いたが内を突いて2着したチャンピオンズカップのような鬼脚は使えなかった。休養明けと見るのも、3コーナー過ぎから動いたのが早かったと見るのも可能だが、同じ阪神2着のシリウスステークスは2000m。外を回ると1800mは短かったのかもしれない。
4着 ウェスタールンド 通信簿
 1番人気4着だった。ダートで最後方からの追い込みが続けて届くことは滅多にないので、当然の結果。むしろ力は示した。
8着 ヒラボクラターシュ 
 ヒラボクラターシュは8着。自分の競馬はできていたのに、直線止まった。2走前の名古屋大賞典2着後は、中9日で中山のマーチステークス、中2週で今回とローテーションがキツかった。そう思う。
阪神12R 4歳上1000万下・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
海外遠征馬の帰国初戦成績
 日本馬が出走する海外競馬の馬券が購入できるようになり、海外への遠征馬も増えている。今回は海外競馬に出走した、日本馬の帰国初戦の成績を簡単に調べてみた。一般に、海外遠征帰りは割引が必要と言われているが、果たしてどうなのか?という事。2010/4/1から2019/3/31までの10年間を対象として、帰国初戦で重賞レースに出走した馬は延べ139頭いた。これらの総合成績は次の通り。
海外遠征馬の帰国初戦成績
勝率は1割強。連に絡むのは4頭に1頭という感じ。全体的に見れば、やっぱり少し割り引いて考えるべきなのかもしれない。そして、遠征馬の多いドバイと香港に絞って見ると、ともに帰国初戦の成績は全体の率は上回っている。さらに輸送時間の短い香港の方が、輸送時間の長いドバイよりも、帰国初戦の成績が下回っているのは、これは面白い現象と言えるのではないだろうか。
 出走レース別ではドバイシーマクラシックを使った馬が3勝でトップ。以下凱旋門賞・香港ヴァーズ・ドバイターフ・香港マイル・香港スプリントを使った馬が2勝ずつで並んでいる。ちなみに、凱旋門賞を使った馬は帰国初戦の対象となったのべ13頭中、9頭が馬券の対象となっている。悪くない成績と言える。2013年に2着に入ったオルフェーヴルが、有馬記念を圧勝した。また、4着だったキズナもG2時代の大阪杯を勝っている。オルフェーヴルは前年の凱旋門賞2着後も、ジャパンカップで2着している。また、2014年凱旋門賞8着だったジャスタウェイが、ジャパンカップで2着と巻き返してもいた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26