2019年4回京都4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス0秒7からプラス0秒3への変動、月曜がプラス0秒4だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだったが、2週目は雨の影響で1週目とは一転して時計が掛かった。
 京都開催は予定通り土曜から月曜の3日間開催で行われたが、それでも台風19号による雨の影響を受けて、特に雨が降る中行われた土曜は終日不良馬場だった。強風の影響も受けてかなり時計の掛かるコンディションになった。まぁタイムでレースのレベルを評価するべきではない状況という事で設定不能とした。日曜プラスの数値とは言え、土曜と比べれば馬場は乾いて、さらに1日の中でも後になるほど馬場は乾いて、馬場差は水準の方向に近づいた。ただ、月曜朝、再び雨が降って日曜終盤と大きな違いは無いものの、若干時計は掛かるレベルになった。連対馬の脚質を見ると、3日間を通じて中団・後方勢が土曜より日曜・月曜で多くなって、逃げ・先行勢は土曜・日曜より月曜の方が少なくなった。馬場の消耗度と関連があったと思われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒8からマイナス0秒9への変動、月曜がマイナス0秒9への変動だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、水準に近い開幕週と比べ2週目は雨の影響で時計が出やすくなった。
 土曜は朝の時点で既に水が浮いた状態の不良馬場。終日雨が降り続いて、そのコンディションは変わらず。馬場差は一定で、マイナス1秒4。日曜は土曜のような水が浮く馬場ではなく、脚抜きの良いコンデションで午前は土曜よりも時計の出やすい高速馬場。後半は乾いて行ったが、それでも12R時でマイナス0秒9と時計の出やすいレベルだった。そして月曜は再び朝に雨が降った事で、馬場馬は乾かず。日曜終盤と同じレベルだった。上位馬の脚質を見ると、終日水が浮くコンディションだった土曜の勝ち馬は、ほとんど逃げ・先行勢だった。日曜は大きな偏りがなく、月曜は差し・追い込みがやや優勢となっている。これはまぁ馬場コンディションの変化とともに変わって来たと思われる。


  タイム分析
 2019/10/13 (日)  芝=+0.7 → +0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 モズアーントモー 牝2 未勝利 1:23.3 +0.7 --- +0.2 +0.5 C C 7.83
5R T2000 キムケンドリーム 牝2 新馬 2:03.1 +0.6 -0.6 -0.6 +0.6 B C 4.55
7R T2200 ティグラーシャ 牝3 1勝クラス 2:13.8 ±0 --- -0.6 +0.6 B C 4.56
9R T2000 ロールオブサンダー 牡2 紫菊賞(1勝) 2:03.4 +2.1 -0.9 +0.8 +0.4 D C 3.33
10R T1600 ヴァンドギャルド 牡3 三年坂特(2勝) 1:33.7 -0.2 --- -0.4 +0.2 B C 7.46
11R T2000 クロノジェネシス 牝3 秋華賞G1 1:59.9 +1.0 --- +0.7 +0.3 D C 5.13
 2019/10/13 (日)  ダ=-1.8 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 サウンドサンビーム 牡2 未勝利 1:12.1 -0.9 --- +0.3 -1.2 D D 9.75
2R D1800 レッドブロンクス 牡2 未勝利 1:52.6 -1.9 --- -0.1 -1.8 C D 5.88
4R D1200 ノンライセンス 牝3 1勝クラス・牝 1:10.9 -1.0 --- +0.1 -1.1 C D 8.27
6R D1800 キングスクロス 牡4 1勝クラス 1:51.6 -1.0 --- +0.5 -1.5 D D 5.17
8R D1400 トウカイオラージュ 牡3 1勝クラス 1:24.3 -0.2 --- +0.8 -1.0 E D 6.20
12R D1800 コマビショウ 牡4 平城京S(3勝) 1:50.9 -0.1 --- +0.8 -0.9 D C 4.50

京都2R 2歳未勝利 注目
1着 レッドブロンクス 
 1着のレッドブロンクス、タイムランクはCになるが、完全タイム差はマイナス。好位から上がり600m推定最速と優秀な末脚をマークしている。初めてのダート出走で適性の高さを見せたが、父はエピファネイアで、実はエピファネイア産駒にとって、これがJRAのダート初勝利になる。
2着 モンサンイルベント 
 2着のモンサンイルベントは勝ち馬から2馬身半差つけられているが、それでもタイムランクはCで、3着以下は離していますから、勝ち馬が強かったということ。
3着 ルベルアージ 
 3着のルベルアージは2着から8馬身差。自身のタイムランクはEになりますから、この着順は鵜呑みにしてはダメ。
京都5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 キムケンドリーム 
 TOPIXでも取り上げたルメール騎手鞍上のキムケンドリームが勝った。キムケンドリームの父はオルフェーヴル。半兄に重賞を勝ったメイショウナルトとエピカリスがいる。ペース補正が入ってのBランク入りだが、ラスト200mが加速ラップになっていますので、勝ち方・瞬発力全てにおいて言う事は無い。
2着 ベーリーオクルス 
 2着のベーリーオクルスにとっては、中だるみの緩やかなペースなのに、好位組が脚を使えず、単騎逃げのマイペースに持ち込めた事が大きかった。
3着 ディープボンド 
 3着のディープボンドは緩やかなペースを見越して早めにポジションを上げて来た。レースの形は悪くなかったが、勝ち馬の瞬発力が上回っていた。
4着 ソフトフルート 
 4着のソフトフルートはスタートは遅かったが、ラストの伸びは目を引いた。2012年フローラSを勝った、半姉のミッドサマーフェアに似たタイプと思う。次走の注目馬候補。
5着 レッドラトゥール 
 5着のレッドラトゥールはソツの無いレースをしていて、2着とは0秒2差で自身の完全タイム差もマイナス。ですから、及第点を与えて良いと思う。
京都7R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 ティグラーシャ 勝ち馬注目
 牝馬限定戦で2走続けて2着だったティグラーシャが牡馬相手に勝ち上がった。ティグラーシャは、このレース平均ペースで進んで上がり600mも速く、それで良い記録が生まれた。使った上がりから推測して、上位3頭はハイレベルと見て良いと思う。ティグラーシャ、これは順当勝ち。着差以上に強い内容ですから、昇級しても通用する。
2着 ショウリュウイクゾ 
 2着のショウリュウイクゾはコースロスのない立ち回りで、一瞬の脚を上手く引き出した。再び着用したブリンカーの効果もあったと考える。
3着 パトリック 
 3着のパトリックは勝ち馬をマークして良いレースはできたように思う。ラスト伸びきれなかったのは、序盤で少し力んだ分だと見たい。1勝クラス卒業は時間の問題。
4着 ココナッツスルー 
 4着のココナッツスルーは3着から3馬身離されたが、牝馬限定戦ならチャンスがある。前走も牝馬限定戦で2着に入っていた。
京都8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
京都10R 三年坂特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ヴァンドギャルド 勝ち馬注目
 ヴァンドギャルドは休養から復帰して連勝。平均ペースでラスト200mが加速ラップになるレースの形態の中で、ヴァンドギャルドは上がり600m推定タイム最速をマークして、2着に2馬身差をつけた。これは文句なしの内容。そもそも毎日杯で1番人気に支持されて3着だった馬ですから、2勝クラスはまだ通過点だが、それにしてもを抜け出す脚が速かった。昇級しても通用する。
2着 シベリアンタイガー 
 そして13番人気のシベリアンタイガーが2着だった。平地戦の連対は4年前の6月以来。その時は函館の重馬場だった。今回も雨の影響が残っていて、馬場コンディションと先行策が好走の要因と見ている。
3着 ミッキーバディーラ 
 好位に位置した2頭で決着したレースでしたから、控えて3着だったミッキーバディーラにとっては、これは位置取りの差が出たと思う。それでも展開・位置取り不問で、相手なりに走れるタイプ。
4着 ロケット 
 4着ロケット・5着フォークテイルは3着馬と同タイムだが、この日の馬場で先行策が功を奏したように思う。
5着 フォークテイル 
 4着ロケット・5着フォークテイルは3着馬と同タイムだが、この日の馬場で先行策が功を奏したように思う。
6着 シュバルツボンバー 
 このレースは3着から8着までのタイム差が0秒1ですから、6着シュバルツボンバー、7着レティキュール、8着イルヴェントデーアまではひとくくりにして良いと思う。
7着 レティキュール 
 このレースは3着から8着までのタイム差が0秒1ですから、6着シュバルツボンバー、7着レティキュール、8着イルヴェントデーアまではひとくくりにして良いと思う。
8着 イルヴェントデーア 解説推奨
 このレースは3着から8着までのタイム差が0秒1ですから、6着シュバルツボンバー、7着レティキュール、8着イルヴェントデーアまではひとくくりにして良いと思う。
  後方追走から4コーナー大外で、このレースはイメージ通りだった。1200mで連勝して、昇級戦で一気に距離を伸ばした今回は、この形でどれぐらい伸びて来るか、それがわかれば良いと思っていた。3着に0秒1差なら上首尾。半姉はクロコスミアで、言わばこちらはクロコスミアのスピードを短距離の差しで、瞬発力に転化したタイプ。1600mでこの走りができれば、今後につながると思う。それが次かどうかはわからないが、損失補填は効くはずですから、追い掛ける手はあると思う。
京都11R 秋華賞 GI
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。まず、ビーチサンバが先手を取ってそれにコントラチェックが続いた。コントラチェックの機先を制して、ビーチサンバは逃げた事になったが、前半の1000m58秒3のハイペースで消耗戦になった反面。ある程度の位置にいないと勝ち負けに加われなかった。勝ったクロノジェネシス、そして2着のカレンブーケドール共に内枠で、コースロス無くレースの流れに乗り切ったが、こうして見ると改めてタイムランクBの今年のホークスのレベルの高さを証明する一戦となったと思う。
1着 クロノジェネシス 
 オークス以来の実戦となったクロノジェネシスが勝ってG1初制覇。まずレース運びだが、パーフェクトに近かった。2着カレンブーケドールに2馬身差ですから、これは完勝と言って良い。春は少しずつ使い減りしてオークスは432キロだった。今回は20キロ増で、成長とリフレッシュ効果が大きく、牝馬三冠の中で最も良いレースができたと思う。
北村友一騎手 あの本当に嬉しいです。もうその一言です。そうですね、本当にここまでずっと乗せてきていただいていて、ずっと悔しい結果に終わっていたので、絶対ここで勝つんだという強い気持ちでレースに臨みました。ポジション的には理想的なポジションで運べたと思いますし、4コーナー向く時の手応えが抜群に良かったので、自信を持って追い出すことができました。いつも競馬は一生懸命最後まで走ってくれる馬なので、馬を信じて一生懸命追っただけです。そんなことはないですけど、まぁただただ、馬を信じて最後まで一生懸命追っていました。そうですね、僕にとっても大きいですし、クロノジェネシスにとっても、斉藤先生にとってもすごく大きな1勝になったと思いますし、本当にこれを弾みに、もっともっと勝ちたいですし、頑張っていきたいと思う。

なお、今年の秋華賞を制したクロノジェネシスはオークス以来の実戦だった。この臨戦過程は昨年のアーモンドアイと同じで、2年連続での勝利という事になった。また、今回のクロノジェネシスは前走から体重が20キロ増えており、秋華賞史上最も体重が増えた優勝馬ということ。
2着 カレンブーケドール 
 そしてカレンブーケドールはオークスに続いてG1 2着となった。思っていたより後ろの位置取りだったが、紫苑Sの時のような気負いがなくて、落ち着いて走っていましたから、4コーナーから直線の裁きが上手く行けば、伸びて来るだろうと見ていた。追い比べで突き放されてしまいましたから、相手を褒めるしかない。
2着 カレンブーケドール 解説危険
 オークス2着・秋華賞2着だが、オークスは前半1000m59秒1の平均ペース、秋華賞は58秒3のハイペースだった。この2戦でわかる事は消耗戦に強いタイプであるということ。次走がエリザベス女王杯でも、他のレースでも、スローペースになると推測すれば、この特性は活かされない。もちろんこの馬、スローペースに対応したこともありますし、常に相手なりに走るということは百も承知だが、得意分野と苦手分野というので分けて見ると、瞬発力勝負の方は苦手分野だと思う。
3着 シゲルピンクダイヤ 
 その後3着が10番人気のシゲルピンクダイヤ、4着は13番人気シャドウディーヴァと評価を落としていた馬が続いている。3着のシゲルピンクダイヤ、外枠でしたし、先行したローズSの乗り方を修正して来た。上がり600m推定タイムは最速で、やはりこの馬には、この乗り方が合う。チューリップ賞・桜花賞で見せた瞬発力を京都の内回りで活かしきったと思う。
4着 シャドウディーヴァ 
 その後3着が10番人気のシゲルピンクダイヤ、4着は13番人気シャドウディーヴァと評価を落としていた馬が続いている。4着のシャドウディーヴァもローズSでは先行していたが、今回は本来の待機策を取って、追い上げに見せ場を作った。ワンパンチ足りない点を時計の掛かる馬場と乗り方で相殺したと見ている。
5着 ビーチサンバ 
 そして5着のビーチサンバ、今季はスタートが良くて楽に先行できる。フサイチエアデールの仔は、ちょっとワンペースでジリ脚っぽい仔が多いが、それだけにペースを落とさずに逃げた作戦は正解だったと思う。イメージ的にはコーナー4つの小回り向きかなと思う。
6着 ローズテソーロ 
 6着のローズテソーロ、14番人気が示すようにここでは力不足だったが、それを補う乗り方に徹した。内枠で脚を溜めて、コースロスのないレースをしたということ。
8着 ダノンファンタジー 
 ダノンファンタジーは1番人気で8着だった。本命馬らしいレースで、私は安心して見ることができていたが、ハイペースの2000mではちょっと厳しかったのかなと。オークスの負け方もそうだったが、距離適正の差が出たと見たい。もちろん、馬場も敗因の1つだと思う。
川田将雅騎手 2コーナーから進めなかったです。乾いてきたとはいえ、跳びが綺麗なディープインパクト産駒。顕著に走れなくなってしまいました。

  馬券Summary
新潟直線1000mのセオリー
 おさらいみたいな事になるが、新潟直線芝1000mで最も大きな特徴は、枠順がウェイトを占めるという事であり、外枠有利・内枠不利というのは、施工されるようになった当初に、すぐに明らかになった。その後、当番組の解説者が指摘して来たように、負担重量の差も重要なファクターであるという事で、つまり負担重量の軽い馬が有利で、重い馬が不利であるという点は大きくクローズアップされて来た。1キロを秒差に換算すると、0秒2と言われているので、5キロ差は1秒差。ですから、短距離戦における1秒差というのは、大きな差ですから、直線競馬で5キロ軽くなると、これは大きなアドバンテージになる訳です。
新潟直線1000mのセオリー
 これは2010年以降、今年2回開催までの直線1000mで古馬の高額条件、具体的には3勝クラスから上の負担重量別成績。やはり58キロ以上は苦戦している。ただ、同時に興味深い点は高額条件では、51キロ以下の勝率が低いこと。特にハンデ戦では馬の能力差と騎手の技量差が反映された結果と考えるんですけれども、軽量が必ずしも有利にはなっていない。下級条件では、負担重量の軽い減量騎手が乗る馬、それから牝馬が有利だが、高額条件では必ずしもそうではなくて、まぁ勝率の高さという点ではピンポイントは53キロの模様。
一方57キロから57.5キロで勝ったのべ6頭についてだが、4歳時に2勝したネロを除く4頭は、6歳セン馬・5歳牡馬・7歳牡馬・6歳牡馬だが、勝ちタイムはそれぞれ56秒5、54秒9、56秒4、56秒1。ですから、基本的にはタイムが遅いという事が条件になっている模様。まぁ高齢になればなるほど、直線競馬で持ちタイムを短縮する事というのは、難しくなる。直線競馬というのは、負担重量の軽い馬を狙うというのは定石だが、高額条件では別のアプローチの仕方も必要だと、そういう風に思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-