2019年3回阪神2日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒4だった。
 馬場差はマイナスゾーンではあるが、近年の開幕週のような高速馬場ではなかった。ただ、芝の草丈はコンディション次第では、マイナス方向に動く可能性もあると見ている。上位馬の脚質を見ると、土日合わせて11鞍の内、中団の馬が連対しなかったのは2鞍だけ。中団同士で決着したレースが4鞍あり、逆に勝ち馬に逃げ・先行タイプはいなかった。今週もう1週はAコース、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2からプラスマイナスゼロへの変動だった。
 先週は火曜日に雨が降ったが、土曜時点ではほとんど影響はなくて、時計の出やすい馬場ではなかった。ただ、日曜は終盤に雨が降って、12Rについては9R以前と比べればいくらか時計は出やすくなった。ということで、日曜は変動。初日のレースが終了した時点では、前めにつけた馬が優勢で、日曜日にしても勝ち馬は逃げ・先行が多かったが、差し馬も届くようになって来た。


  タイム分析
 2019/06/02 (日)  芝=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 タイセイビジョン    牡2 新馬 1:23.0 -0.5 --- -0.2 -0.3 C C 5.44
7R T1800 シルヴァーソニック    牡3 未勝利 1:48.2 +0.2 --- +0.6 -0.4 D D 9.71
8R T1600 スラッシュメタル    牡4 1勝クラス 1:35.3 +0.7 --- +1.0 -0.3 E C 5.54
9R T2000 ジョウショームード    牡3 城崎特別(1勝) 2:02.0 +1.1 --- +1.5 -0.4 E D 5.78
11R T2400 タイセイトレイル    牡4 グリーン(3勝) 2:27.0 +1.3 -0.3 +1.5 -0.5 E C (2.50)
 2019/06/02 (日)  ダ=+0.2 → ±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 パラーティウム    牝3 未勝利・牝 1:26.2 +0.3 --- +0.1 +0.2 C D 5.93
2R D1200 テイエムイブシギン    牡3 未勝利 1:13.1 ±0 --- -0.1 +0.1 C D 7.00
3R D1800 サンライズヴュー    牡3 未勝利 1:54.9 +0.6 --- +0.4 +0.2 D D 8.00
6R D2000 トゥプエデス    牡3 未勝利 2:09.0 +1.1 --- +0.9 +0.2 E D 8.08
10R D1800 クイックファイア    牡4 加古川特(2勝) 1:53.2 +0.9 -0.6 +0.1 +0.2 C C 7.11
12R D1200 サンライズカラマ    牡5 1勝クラス 1:12.1 -0.2 --- -0.2 ±0 C D 5.80

阪神1R 3歳未勝利・牝 注目
 2着以下に4馬身以上の差をつけたパラーティウムについて触れておく。
1着 パラーティウム 
 パラーティウム、父はマンハッタンカフェ。前走もそうだが、ハナを切っても力んで走ってしまうところがあって、良い意味で真面目すぎる反面、今回のようにラスト200m13秒7と大きく失速したのは問題がある。ただ、3歳牝馬は1勝クラスで減量騎手を起用すると最も軽くて49キロで出走できますから、タイムランクに上乗せして考える必要がある。
阪神5R 2歳新馬 注目
 ハイペースの新馬戦は、能力差が着差に歴然と現れやすいが、その一方で上がりが掛かってしまう分、良い記録が出ない事も多い。このレースは前・後半800mの差が、1秒6のハイペースで、完全タイム差はマイナス。あと0秒1速ければBランクだった。これは勝った馬の強さの証左になると思う。
1着 タイセイビジョン 
 その勝ったタイセイビジョンだが、父はタートルボウル。1番人気だった。押して行くとガーッと行ってしまいそうだったと石橋脩騎手はコメントしているが、まぁそういう性格だからこそ、ハイペースは好都合だったと思う。とは言え、少しずつポジションを上げて、一気に先頭へ躍り出て、ノーステッキで突き放した勝ち方は強かった。ペースが落ち着いた時に、このスピードをコントロールできるかどうか、これが次走以降の課題だろう。
2着 レッドブロンクス 
 2着のレッドブロンクスは自身のタイムランクはC相当になる。3着には5馬身差ですから、次走は相手次第で有力。
阪神6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 3歳未勝利 注目
 勝ったシルヴァーソニックについて触れておく。
1着 シルヴァーソニック 勝ち馬注目
 シルヴァーソニックは父がオルフェーヴル。エアトゥーレの仔。2着3回の惜敗続きに終止符を打った。前走のアタマ差2着は、抜け出してソラを使った分で、今回はその点に注意して追い出しを待ったが、2馬身半差の完勝だった。最後はまた気を抜いていますし、この手のタイプは昇級しても、相手なりに走れますし、今回の勝ち方がきっかけになりそうな気がする。半姉のアルティマトゥーレ、それから半兄のキャプテントゥーレとクランモンタナは重賞を勝っている。将来性豊かな良血と言えるだろう。
阪神8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 城崎特別 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
阪神11R グリーンS タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
中2週と日本ダービー
 去年もやったが、今年も私なりに今年の日本ダービーを簡単に検証してみたいと思っている。テーマはレース間隔。特に中2週の有効性について考えてみたいと思う。今年のダービー馬、ロジャーバローズの前走は京都新聞杯だった。京都新聞杯組は、過去にアグネスフライト・キズナがダービーで優勝している。さらに中2週という間隔でひとくくりにすると、NHKマイルCとプリンシパルステークスも含まれますので、前走NHKマイルCに出走していた馬の中では、過去の日本ダービー馬タニノギムレット・キングカメハメハ・ディープスカイがいる。ここで表をご覧ください。
中2週と日本ダービー
これは2010年から今年までの10回分の日本ダービーにおける前走からの間隔。なお、中4週については2011年、つまり東日本大震災の年で、皐月賞が1週伸びた例外的ケース。中5週は皐月賞組で、この組が圧倒的に強いのは当然だが、京都新聞杯組の健闘が目を引く。中3週で3着以内の5頭。これは前走青葉賞組だが、勝率・連対率では京都新聞杯組が、この中3週組を上回っている。私は京都新聞杯組の健闘は、レース間隔にあると見ている。中1週・中5週辺りと比べて、中2週と言うのは非常に調整しやすい利点がある。中1週と言うのは、今のダービーではあり得ないが、中1週というのは軽めで臨むか、あるいは攻め強化して臨むかというのは、厩舎のスタイルによって違ってきますし、案外調整の難しさがある。また、中5週。これは皐月賞組になるが、今ではやはり1回放牧挟んで、外厩が非常に充実していますから、そういう戦略で1回放牧を挟むというパターンもある。この戦略が非常に今では軌道に乗っているが、何て言うか、暑い時期になって来ると中2週というのは、意外と馬のコンディションを整えやすいと思う。特に今、日本の気候が変化してきて、ダービーは夏競馬に近い趣がある。ですから、一見キツいローテーションのように思うが、実はレースを使う事で体調が整えやすい。そういう風に思う。昨年は中2週、プリンシパルS組の16番人気のコズミックフォースが3着に入りましたし、今年のオークスでは12番人気のカレンブーケドールが2着に入ったが、この馬は中2週のスイートピーS組だった。プリンシパルS組は、レースレベル的に好走の確率というのは低いが、中2週組が穴メーカーになる可能性は高いのではないかと推測する。近年はNHKマイルC組の出走が減ってしまいましたから、京都新聞杯組は特に注意が必要ではないだろうか。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26