2019年3回中京7日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、TOPIXでもご紹介したように、良馬場の開催日はなく雨の影響度によって、時計の出方が異なり。特に2日目後半は時計が掛かった。
 土曜が重、日曜が稍重だったが、土曜の方が時計は出やすかった。日曜は最終日で、馬場が傷んできた事もあって、馬場発表としてはワンランク回復したものの、馬場差は水準方向に動いた。連対馬の位置取りとしては、土曜は前週に近い傾向で、前目に位置した馬が優勢だったが、日曜は差し馬も届いていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒9からマイナス2秒3への変動、日曜がマイナス2秒0からマイナス1秒7への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、ダートも乾いたコンディションの日はなかった。しかも、マイナス2秒を超える馬場差になる事がほとんどで、かなり脚抜きの良いコンディションだった。
 土曜は不良馬場でスタートし、3週目までと同様に脚抜きの良いコンディションだった。後半乾いて行ったが、それでもマイナス2秒台だった。日曜も時間の経過と共に、水準方向に動いたが、まぁそれでもダート最後のレースである10Rで1800m換算の数値でマイナス1秒7。高速馬場だった。連対馬の脚質については大きな偏りはなく、例えばマイナス3秒9という特殊とも言えるコンディションの6日目とは違い、差しも届いていた。ペースが速くなると、差し馬が末脚を活かしていた。


  タイム分析
 2019/07/20 (土)  芝=-0.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 ヒシタイザン    牡2 未勝利 1:35.6 -0.7 --- -0.2 -0.5 C C 3.33
4R T1200 ノーブルワークス    牝3 未勝利 1:08.9 -0.8 --- -0.4 -0.4 B D 7.56
5R T1600 マイネルグリット    牡2 新馬 1:36.6 ±0 --- +0.5 -0.5 D C 8.67
6R T1400 ペールエール    牡2 新馬 1:23.2 +0.2 -0.2 +0.4 -0.4 D C 5.00
8R T2200 モズベッロ    牡3 1勝クラス 2:13.3 -0.4 --- +0.3 -0.7 C D 5.67
9R T1600 ラインベック    牡2 中京2歳 1:36.5 +1.1 --- +1.6 -0.5 E E 6.60
12R T1600 アンドラステ    牝3 1勝クラス 1:33.4 -1.4 -0.2 -1.1 -0.5 A D 5.20
 2019/07/20 (土)  ダ=-2.9 → -2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 セブンティサン    牝3 未勝利・牝 1:52.3 -2.5 --- +0.4 -2.9 D C 8.86
3R D1400 メイショウハナモリ    牡3 未勝利 1:23.5 -2.6 --- -0.4 -2.2 B C 9.00
7R D1200 メラナイト    セ4 1勝クラス 1:10.7 -1.8 --- -0.1 -1.7 C C 4.50
10R D1800 サンライズセナ    牡4 日進特別(2勝) 1:50.9 -1.9 --- +0.5 -2.4 D D 8.67
11R D1400 マルカソレイユ    牝5 桶狭間S(3勝) 1:22.2 -1.5 --- +0.3 -1.8 D D 13.00

中京3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。メイショウハナモリが距離短縮、初めての1400mで逃げ切った。早めに先頭に立って粘ったメイショウハナモリだが、後続も脚を使わされて、後半はバテ合いのような展開。1・2番人気のハクサンカイザー・プラネットアースが併せ馬で差して来たが、最後まで抜かせずにメイショウハナモリが逃げ切った。
1着 メイショウハナモリ 
 勝ったメイショウハナモリはダート1800mで逃げては捕まるというレースを繰り返して来た。そこで今回は連闘で距離短縮して、ダート1400mに使う作戦。距離を意識してか、最初は3枠2頭を行かせて控えたが、行きたがったために3コーナーでハナに立った。結果的には、この作戦がハマった印象。今後はやはり短距離を中心に活躍するのではないだろうか。
2着 プラネットアース 
 そして2番人気プラネットアース2着。1番人気ハクサンカイザー3着だった。2着プラネットアースは勝ち馬を先に追いかけたハクサンカイザーを目標に、外から併せて行って、2着を奪い取った。今回初めてのダートで、これまでのように前には行けなかったが、前が速くなったおかげもあって。ギリギリ2着に上がっている。ただ、今回こそ脚抜きの良いダートで差し脚が活きたが、基本的にダートより芝向きの印象。芝では7ヶ月ぶりの実戦だった、3走目だけは10着に敗れているが、それ以外は全て3着以内。芝で勝ち上がって欲しい。
3着 ハクサンカイザー 番組注目馬
 そして2番人気プラネットアース2着。1番人気ハクサンカイザー3着だった。3着ハクサンカイザーは5番手追走から早めに抜け出して勝ち馬を追ったが、最後に厳しくなってプラネットアースに差されてしまった。しかし、4コーナー手前では前が壁になって追い出せないようなシーンもありましたし、強いレースを見せてくれた。次走狙うならこの馬だろうか。
7着 クリー 
 あと番組注目馬のクリーだが、7着だった。ずっと1200mで結果を残してきたのに、今回200m延長。前半アッフェルマーレに絡まれてしまいましたし、3コーナーからはメイショウハナモリに行かれて苦しくなり、残り200mで末脚を無くしてしまった。この馬はちょっと1200mでこそだろう。
中京4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ノーブルワークスが芝で初勝利を挙げた。3番枠を引いた2番人気オウケンラブルナが4頭併走の形から、インを利して3コーナーから逃げの手に出た。直後にいた3番人気ノーブルワークスが、直線これに馬体を併せて快勝。3着に1番人気ラッキーバローズ、4着以下は離されてしまった。
1着 ノーブルワークス 
 ノーブルワークスは過去3走連続の出遅れ。ここ2走3着に来ている様に、地力はあるが、スタートが課題だった。しかし、今回は出遅れず好位につける事ができた。このスタートが勝因である事は間違いないだろう。土曜は先週の日曜と同様、インが良く、逃げ・先行馬が有利だったのも見逃せない。
2着 オウケンラブルナ 
 2着オウケンラブルナは、およそ2ヶ月ぶりの一戦だったが、早め先頭の形になって一変し、2着となった。ただし、この馬もイン有利の恩恵があったのは否めない。
3着 ラッキーバローズ 
 その後1番人気ラッキーバローズが3着だった。惜しかったのはこのラッキーバローズ。中団のインコースを確保したが、各馬インに殺到したため、残り400mまでインで我慢するしかなかった。ようやく外に出した時には前の2頭が抜け出しており、届かなかった格好。次走は頭から狙いたい。
中京7R 3歳以上1勝クラス 注目
1着 メラナイト 
 勝ったメラナイトは、短距離の走り馬。ずっと1400mを使っていたが、2走前1200mに短縮したところ2着。前走1400mで4着だった後、再び1200mを使って勝った。初めてのダートで未勝利戦を勝った後去勢し、セン馬になってからは1走おきに馬券圏内に入っている。上のクラスではすぐにという訳には行かないが、ペースになれてくれば、いずれ勝てるのではないだろうか。
2着 シャドウハンター 
 1番人気の3歳馬シャドウハンターは2着。未勝利クラスを勝った1200mに戻したのが良かったのだろう。ほぼ勝利を手中にしていたが、最後に差し切られてしまった。まぁ、次走も1200mなら勝てるだろう。なお、母ユーワパンドラはサウスヴィグラスと相性が良いようで、サウスヴィグラス産駒のみ中央で勝利している。
3着 コラード 
 一方、3着には最低人気コラードだった。3着コラード、過去3走連続して2桁着順であり、まぁ人気がなかったのは当然だろう。しかし、実は2走前の14着は、直線で挟まれて止まりそうになる不利があった。前走は距離延長して1800mですから、まぁ基準外だろう。元々このクラスで逃げて4着した経験があって、ここで走ってもおかしくなかったと言えるかもしれない。次走再び人気が無いようなら、大きく狙いたい。
15着 メイショウヤシャ 
 あと自分が危険馬にしていたメイショウヤシャだが、7番人気で15着。そもそも人気にならなかった。申し訳ありません。中1週で2回使った疲れなのか、最下位とちょっと大きく敗れてしまった。
中京9R 中京2歳S タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
中京11R 桶狭間S 注目
 TOPIXで挙がっていたように、前半恐ろしいほどのハイペースで、追い込みの競馬になったこのレースを取り上げる。前半600m、驚異の32秒6。これは中京ダート1400mで、オープン・重賞を含めた過去323鞍で最速。もちろん、高速馬場だったという事もあるのだろうが、これまでの最速が今開催4日目のG3プロキオンSの33秒3。当時と馬場差が全く同じだったのに、0秒7も更新してしまったのだから凄い。
5着 マイウェイアムール 
 上位勢は展開に恵まれただけというレースで、リュウノユキナと共に次走狙いたいのは、4コーナー3番手からあわや3着というレースをした5着のマイウェイアムールだろう。
11着 リュウノユキナ 
 逃げたリュウノユキナは離し気味の大逃げ。2番手を進んだエテルニテが直線一杯になって、最下位に沈んでしまった程のハイラップだった。しかし、このペースでもリュウノユキナは残り200mで先頭。最後は流石にバテて11着だったが、見事なレースだったと言える。次走1200mを選んできたら、頭から狙ってみたい。
11着 リュウノユキナ 解説推奨
 まぁ何しろ中京の1400mの前半600mで、初めて33秒の壁を破った32秒6ですから、それでしかも1200m時点で先頭ですから、これはもう、バレちゃった感じもあるが、次1200mだったらもうこれは圧勝の可能性はあると思う。なので、次は是非狙いたいなと。この2番手の馬は最下位ですから、11着とは言え、これは大負けではないと考えて良いと思う。
中京12R 3歳以上1勝クラス タイムA
 このレースの勝ちタイムは古馬1勝クラスの基準タイムより1秒4速いものだった。1600m対象の馬場差がマイナス0秒5だった事を踏まえると、 -1.4-(-0.5)=-0.9 さらにペース補正が0秒2入っており、 -0.9-0.2=-1.1 で基準より1秒1速い勝ちタイムとなる。アンドラステが逃げ切って2戦2勝となった。
1着 アンドラステ 勝ち馬注目
 アンドラステ、楽な感じで逃げることができた。4コーナーで外へ膨れるシーンがあって、大きく差を詰められて、直線はソシアルクラブとの競り合いになったが、それでも最後はきっちり競り落として完勝。アンドラステは新馬戦4馬身差で圧勝しているが、今回およそ半年ぶりの実戦も問題にしなかった。まだまだ、奥がありそう。今後が非常に楽しみ。次走もクラスの壁はないだろう。
2着 ソシアルクラブ 
 2着ソシアルクラブは勝ち馬に2馬身離されたが、3着馬には7馬身差をつけた。2着ソシアルクラブは母がジャパンカップ・天皇賞秋などG1を6勝したブエナビスタという良血馬。一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズに出走して8着。その後およそ10ヶ月の休養もあって、1勝クラスをまだ勝てずにいたが、能力はこのクラスでは1枚上。今回のパフォーマンスができるなら、次走は勝てるだろう。

  馬券Summary
肝心なときに4着になる馬
 これ馬券検討に役立つ知識かどうか…だが、穴馬を狙う時の話。私の場合、能力はあるが、展開・ペースなどがハマらないと来ない馬とか、近走で不利があって実力より不当に人気が無い馬、あとは気性難で常に走るわけでは無い馬などを、ちょっと穴馬は選ぶことが多いが、こういう馬はココというピンポイントで狙わないと、バレてしまうとちょっと人気になってしまう。そのピンポイントで狙う時に、1番困るのが4着である状態。せっかくなのに、狙ったのに4着では馬券になりませんし、次走は人気になってしまう。4着になるぐらいなら、バレないように、大敗してくれないかといつも思うが…。例えば、日曜福島9R白河特別で4着だったイノバティブ。これ、過去何度も狙っているが、たまに穴をあけてくれる。今回、12番人気だが、去勢明け2戦目で外差しの効く福島の今の馬場は得意なはずだと。今ならまだ人気が無い。ワイドも3連複も含めて狙い撃った。そしたら4着だった。実はこの馬、グリーンチャンネルの特番を収録している時に、房総特別、2年ぐらい前ですかね、大きく狙ったら4着だったという事を思い出した。そして次走勝った。まだ市丸めげません。イノバティブさん、狙わしていただきます。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26