2019年1回新潟6日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1。直線1000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認すると、1週目は雨の影響を受けてプラスの馬場差、2週目はマイナスゾーンに入ったが、先週は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1という数値だった。直線1000mは2日目以降がマイナス0秒2かマイナス0秒1で、ほぼ同じ。
 先週は土日とも良馬場だったが、同じコース使用での3週目で、時計が掛かるコンディションになって来ている。直線1000mについては、周回コースほどの影響は出ていない感じがする。あと連対馬については、外から伸びて来る差し馬が目に付いた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。遡って6日間の馬場差を確認しておく。1800mは開幕週、特に初日は速い時計の出るコンディションだったが、3日目以降はプラスゾーン。1200mは全てマイナスの数値だが、3日目は水準に近いレベル。
 ダートは3日目以降全て良馬場で行われて、2週目と3週目で時計の出方はほぼ同じだった。1800mはプラス。1200mはマイナスだが、水準に近いレベルだった。あと連対馬については、後方の馬がゼロであることは特に強調する程ではない。1200mは前めにつけた馬がほとんどだった。一方、1800mは中団からの差し馬も届いていた。


  タイム分析
 2019/05/12 (日)  芝=+0.1 / 直線=-0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1000 ウインアイルビータ    牝3 未勝利 0:55.7 -0.2 --- -0.1 -0.1 C C 11.10
7R T1400 リュニヴェール    牝4 500万下・牝 1:22.4 +0.7 --- +0.6 +0.1 D C 9.64
10R T2200 サンシロウ    牡5 胎内川特500 2:15.0 +1.6 -0.7 +0.8 +0.1 D C 4.57
11R T1800 スリーマキシマム    牡8 赤倉特別1000 1:47.8 +2.0 -1.1 +0.8 +0.1 D D 5.89
12R T1600 ウインハイラント    牡5 三条特別500 1:36.7 +2.8 -1.5 +1.2 +0.1 SL D 8.00
 2019/05/12 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 バスクベレー    牡3 未勝利 1:12.0 -0.7 --- -0.6 -0.1 B C 6.50
3R D1800 ルプレジール    牝3 未勝利・牝 1:55.0 +1.0 --- +0.7 +0.3 D D 10.60
6R D1800 トラストシンゲン    牡3 未勝利・若 1:54.8 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D 6.90
8R D1800 キタサンヴィクター    牡4 500万下 1:53.2 +0.4 --- +0.1 +0.3 C C 6.27
9R D1200 マリノディアナ    牝4 500万下・牝 1:12.3 +0.4 --- +0.5 -0.1 D D 8.70

新潟1R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。前へ行った2頭の争いになり、バスクベレーが競り勝った。先行2頭がそこそこのペースで進めて、直線でも追い比べを演じるという、最も時計の出やすいパターンのレースになった。
1着 バスクベレー 
 ただ、バスクベレーは前走でダートに転じて、今回は距離短縮で初勝利だった。ダート1200mでスピードを活かした点は確かですし、昇級して即通用というレベルではないが、相手次第では勝負になって良い。
2着 ラディアント 
 あと2着ラディアントはこれでダート短距離で3走続けて2着。前走はBランクの勝ちタイムに0秒9差だったが、今回は勝ち馬と差がなくて、3着以下には7馬身もの差をつけている。自身もBランクレベルで走っている。内容面では良化していますし、もういつ勝ってもおかしくないと思うが、1回新潟は今週が最終週なので、コース・距離次第で首位候補という扱いにしておく。
新潟12R 三条特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。SLと言ってもEランクに近いレースもあるが、先週の新潟芝でSLとなった3鞍は、正にスローペースのSLだった。今回のタイムでは評価できない。

  馬券Summary
確かなこと
 小田和正さんの曲のようなタイトルをつけたが、これは実は曲ではなくて、脚質傾向の話。今開催の京都は比較的天候に恵まれて、馬場差の変化が小さい。ただし、芝はやっぱりCからDコースに替わったりとか、さらに馬場の傷みという要素も加わってくるので、脚質傾向が読みづらい部分はあるが、一方ダートは傾向が結構安定している。結論から言えば、時計の出方に関係なく、パサパサなら前に行った馬が残って、少し湿ると差しが届きやすくなっている。タイム分析でもお話した通り、先週のダートはパサパサの良馬場だった。
確かなこと
結果11鞍あって、逃げ馬が8連対した。今開催の中では最も先行馬の活躍が目立った。という訳で、今開催の京都は6週間の開催で、実はあと2週開催が続く。中間の雨の降り方を見つつ、馬券作戦に活かして行きたいと思う。口うるさいですが、もう一度言っておくと、馬場差に関係なく、乾けば先行有利で、少し渋れば差しも届くという状況。そもそも競馬というのは、不確定要素が多いが、この傾向はある程度信用して良いんじゃないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26