2019年2回中山5日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒5だった。まずは遡って6日間の馬場差を確認しておくと、3日目まではマイナス1秒台だったが、4日目は雨の影響で時計が掛かった。先週はマイナスゾーンに戻ったが、3日目までのような高速馬場ではなかった。
 木曜日までに降った雨の影響が残っていて、土曜の午前中は稍重発表だったが、芝のレースは全て午後だったので、良馬場で行われた。日曜は土曜より乾いていたので、土曜よりは速い時計が出るコンディションになっていたが、1週目の超高速馬場と比べると、だいぶ時計が掛かるようになった。4日目に完全な道悪競馬が行われたので、芝が傷み、内側がかなり掘れているので、Aコースが使用される次の開催の1週目までは高速化することはないだろう。その後はBコースに移って、さらに芝も伸びる時期なので、どんどん高速化する可能性がある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒2への変動、日曜がプラスマイナスゼロからプラス0秒3への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒2からマイナス0秒9への変動、日曜がマイナス0秒5からマイナス0秒1への変動だった。遡って6日間の馬場差を確認しく。まず1800mは1週目はプラスの数値だったが、その後は開催日によって時計の出方が異なり、4日目以降は全て変動となっている。1200mは全てマイナスの数値だが、こちらも時計の出方は安定せず、特に3日目以降は開催日によって時計の出方が異なる。
 木曜までに降った雨の影響で、土曜は重馬場でスタート。7R以降は稍重で、馬場差も変動となった。日曜は稍重から良馬場に変わり、こちらも馬場差は変動。言うまでもなく、土日とも後半の方が時計が掛かっていた。この表だけ見ると、土曜の後半になって急に差しが決まるようになったように見えるが、先行馬が総崩れ止まった12Rは超ハイペースだった。


  タイム分析
 2019/03/09 (土)  芝=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 ランペドゥーザ    牝3 未勝利 1:49.7 ±0 -0.5 -0.2 -0.3 C C 8.71
6R T1200 ホープフルサイン    牡3 500万下 1:09.7 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 7.69
9R T1200 シャドウノエル    牝4 房総特別1000 1:09.1 +0.3 --- +0.5 -0.2 D C 5.57
10R T2500 パリンジェネシス    牡5 サンシH1600 2:35.7 +2.0 -1.1 +1.3 -0.4 SL C 5.00
11R T1800 フロンテアクイーン    牝6 中山牝馬HG3 1:47.7 +1.2 --- +1.5 -0.3 E C 5.20
 2019/03/09 (土)  ダ=-0.8 → -0.2 / 1200m=-1.2 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 アロハブリーズ    牝3 未勝利・牝 1:12.2 -0.7 --- +0.5 -1.2 D D 8.07
2R D1800 イッツリット    牡3 未勝利 1:55.5 -0.2 -0.3 +0.3 -0.8 C D 6.38
3R D1200 クイーンズテイスト    牝3 未勝利 1:12.6 -0.3 --- +0.8 -1.1 E D 9.31
4R D1800 アルカイクスマイル    牝3 新馬 1:55.4 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 9.23
7R D1800 ダイシンインディー    牡3 500万下 1:53.8 -0.9 --- -0.4 -0.5 B C 7.25
8R D1200 プロミネンス    牝4 500万下・牝 1:12.0 +0.1 --- +1.0 -0.9 E D 6.00
12R D1800 ジュンスターホース    牡5 1000万下 1:53.7 +0.5 --- +0.7 -0.2 D C 8.31

中山1R 3歳未勝利 
4着 ナイスプリンセス 解説推奨
 今回初出走だったが、まぁ3コーナーでは後ろから2番目だった。そこから外を回って追い上げて、直線で伸びて来て断然の上がり最速。これだけでも注目に値するが、直線で内にもたれて、目一杯には追えていなかった。で、内に行かないように右打ちを入れながらで、その時前へ向けての推進力があまり出ていないような追い方になってしまっていたが、それでも伸びていた。まぁ追い不足でもあって、仕上がり途上でこの内容なので、使っての上積みは大きいと思う。それから多分、あまり次走人気にならないと思う。
中山2R 3歳未勝利 
3着 ドンヒューズ 通信簿
 1000m通過65秒0から後半600mが加速ラップというレースで、当然のように前に行った3頭が1着から3着を占めているが、このレースで逃げて3着というのはちょっとよろしくないが、単純に1800mが長いのだと思う。血統からも短距離向きの母系ですし、中山なら1800mよりは1200mの方が合うと思う。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中山7R 3歳500万下 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳500万下の基準タイムより、0秒9速いものだった。このレース時の1800mの対象の馬場差がマイナス0秒5だった事を踏まえても、 -0.9-(-0.5)=-0.4 で基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ダイシンインディー 
 ダイシンインディーの2勝はどちらも中山ダート1800mでの逃げ切りとなった。ダイシンインディーはここ2戦抑える競馬を試みてイマイチだったが、スタートが早くなくても仕掛けて先手を取って逃げ切った。プラタナス賞では逃げていながら、折り合いを欠いていたので、ハナを切ってしまえば折り合いがつくとはまだ言えないが、2回抑えた後に行かせたことで気分よく走れたのだと思う。楽なペースではなかったが、完全タイム差マイナス1秒8で未勝利戦を勝ったのは、伊達ではないというところを見せた。今回行かせたことで、また折り合い難が出てくる恐れもあるが、能力は上でも通用するだけのものがある。と言ってもも3歳オープンでいきなり通用という感じではないが、2勝のまま夏を迎えたら自己条件では通用しそう。
2着 キャメロン 
 その後2着以下に上位人気馬が続いた。2着はキャメロン前半もたもたしていたが、途中で前につけて、最後までしっかりしていた。緩さが残っているが、体がしっかりしてくればもっと走れそう。
3着 ポートロイヤル 
 3着のポートロイヤルはよく伸びてはいるが、前が止まってくれないとこれ以上は難しそう。
4着 カイザースクルーン 
 そして4着カイザースクルーンは初ダートで3番人気に推されたが、ダート適性はあまり高くないような走りだった。母のアイスフォーリスが芝馬で、1度試したダートは4番人気で14着。こういう母系のルーラーシップ産駒というのは、ダートであまり期待できない。次走もダートなら連下級までの評価。芝なら見直したい。
中山8R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山9R 房総特別 
9着 ショウナンマッシブ 通信簿
 2番人気9着だった。前走のように、インからコーナーワークを活かすのがこの馬の好走パターンで、今回のように外から追い上げる形では、持ち味が生きない。枠順を含めて、いろんな条件が揃って上手く行った。
中山10R サンシャインS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。この土曜の中山10RサンシャインSは典型的な上がりだけの競馬で、タイムの評価は不能。上がりだけの競馬らしく、行った行ったという決着だが、この展開で前に行っていて6着に終わったロサグラウカの評価がポイントとなる。
6着 ロサグラウカ 
 上がりだけの競馬とは言え、中山だと4コーナーでみんな動いている訳で、そこで内にいたロサグラウカは身動きが取れなかった。同じスローの3番手でも、前走は4コーナーで自身の外に馬がおらず、自分で直線に入る前に仕掛けて行けたので、直線で伸びたが、今回は直線に入るまで動けなかったので、伸びなかったという事。これ、どういう事かと言うと、この馬は急にペースを上げるのは得意ではないという事。中山牝馬S2着のウラヌスチャームもそういうタイプだが、ルーラーシップ産駒にはこういうタイプが多い。っと言っても今回の敗因が明白なので、次は狙えますよという意味ではないので、そこは勘違いしないでください。この馬には、こういう弱点があるという事は知っておいた方が良いという事。
中山11R 中山牝馬S タイムE
 タイムランクがE・メンバーランクはCだった。カワキタエンカが先手を取って4コーナー。内枠から好スタートを切ったカワキタエンカが逃げて、1000m通過59秒8。それほど遅くなかったが、2番人気ミッキーチャームはその後ろでかなり行きたがっていた。1000m通過後にペースが緩んで馬群がかたまり、1番人気ノームコアなど内の馬はここで動けなかった。外から複数の馬がどどっと並んで伸びて来て、ハンデ戦らしいゴール前になったが、わずかに競り勝ったのはフロンテアクイーン。ハナ差の2着がウラヌスチャームだった。
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
1着 フロンテアクイーン 
 フロンテアクイーンが競り勝って、待望の重賞初制覇。フロンテアクイーンはこれまで重賞の2着が5回あったが、待望の重賞勝ち。折り合いを欠いたり、包まれたり、詰まったりする馬が多い中、終始スムーズに運べたということが最大の勝因。まぁ無事に競走生活を続けていれば、いつかは良いことがあるということ。まぁこれをきっかけに連戦連勝とはいかないだろうが、今後も牝馬のG2・G3では上位争いできそう。なお、このレースタイムランクEだが、古馬牝馬のG3は大体Eランクなので、このレースがことさらレベルが低いということではない。
2着 ウラヌスチャーム 
 ハナ差2着がウラヌスチャーム、3着アッフィラートまで勝ち馬と同タイムだった。2着ウラヌスチャームはこれまでにローズステークスと愛知杯で、まぁほとんど同じ負け方をしている。どちらも直線が長いコースで、直線に入って持ったまま差を詰めてくるが、いざ追い出してもすぐには反応せず、脚を余してしまうというモノだった。中山だと強制的に4コーナーから仕掛けることになるので、その結果中山での成績が良いが、4コーナーから仕掛けて行ったものの、前が詰まって一旦ブレーキをかけたのが痛かった。ハナ差ですから、直線入り口がスムーズだったらという痛恨の2着だと思う。
3着 アッフィラート 
 ハナ差2着がウラヌスチャーム、3着アッフィラートまで勝ち馬と同タイムだった。3着のアッフィラートは格上挑戦、なおかつ初めての重賞出走だった。ディープインパクト産駒はこういう時の期待値が高いと散々言っておきながら、私は無印だった。素晴らしい伸びだった。ただし、これで引退・繁殖入りとなる。
7着 ノームコア 
 1番人気のノームコアが7着、2番人気のミッキーチャームは14着だった。ノームコアは4コーナーで内にいて動けず、直線でもなかなか進路ができず、まともに追えたのは残り200mだけだった。直線で強引に馬の間を割れば、もっと早く追い出せたと思うが、まぁ結果的には完全に脚を余している。
13着 ランドネ 
 6番人気で13着のランドネも内にいて、直線で最内を狙ったが、詰まってしまってその後は追っていなかった。参考外。
14着 ミッキーチャーム 
 1番人気のノームコアが7着、2番人気のミッキーチャームは14着だった。そしてミッキーチャームはシンガリの14着だった。パドックで激しく入れ込んで、レースでは最初の1コーナーで口を割って、頭を振っていた。もうまともにレースができる精神状態ではなかったようだが、これ初めての長距離輸送が影響したと思われる。輸送競馬で連敗した後に、北海道で3連勝して、輸送が短い京都で秋華賞2着という戦歴から、まぁ輸送が得意ではないということは大体読めたと思う。
中山12R 4歳上1000万下 注目
 4着だった番組注目馬のレッドフレイについて。
4着 レッドフレイ 
 1000m通過1分0秒8という超ハイペースでは先行馬が総崩れになったのは仕方なくて、その先行勢の中では、最先着なので力は見せていると言える。そもそも、スタートしてしばらく、「今回は先行争いに加わる気はないですよ」という動きをしていたが、1コーナーで他の馬と接触してスイッチが入ってしまったのか、その後はちょっと抑えるのに苦労している感じだった。超ハイペースの2番手で抑えるのに苦労していてはエネルギーの消耗が激しくて、これでも4着によく残ったという印象すらある。次走は改めて狙い目になると考える。

  馬券Summary
冬の京都芝のその後
 今年1月・2月の京都芝は京都の芝としては異例なほど重くて、時計が掛かっていたという事は、その開催中に何度も触れた。では、その重い京都の芝で走った馬のその後はどうなっているかだが、
冬の京都芝のその後
まず今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走も京都芝の同じクラスに出走した場合。まぁコレ当たり前の話だが、2着馬の成績が抜けて良くて、次は3着馬。4着馬・5着馬はあまり良くない。続いて今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走で他の競馬場の芝の同クラスに出走した場合。これ特に3着以内率を比べると、前走2着・3着でも、前走4着・5着でも大して変わらない。これ人気を考慮すれば前走2・3着よりも、前走4・5着を買うべきというレベルで、実際に前走4着馬・5着馬の複勝回収率はどちらも100%を超えている。先週のレースから象徴的な例を挙げると、土曜阪神4R。前走2月の京都芝で5着だったヒーリングマインドが勝って、前走2月の京都芝で2着だったサンライズアキレスは5着。また、このレースの2着カズマークセンは、2月の京都の芝でサンライズアキレスに0秒3離されていた、ディープインパクト産駒だった。今年冬の京都芝で、ディープインパクト産駒が苦戦。特に体重の軽い牝馬が苦戦していると話を1月にしたが、最終的にはもう2回歳で12勝した。しかし、馬場が合わないのに、能力だけで上位に来ていたというケースも多くて、今年1月・2月の京都芝で3着以内だったディープインパクト産駒が、次走で他のコースの芝の同クラスに出走した場合は、2勝2着3回3着5回。12回走って4着以下が2回しかなく、極めて好走確率が高い。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26