2019年4回東京4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 4回東京は開催3日目と4日目が台風のため中止となり。4日目つまり13日・日曜日分については21日・月曜日に投票をやり直し、代替競馬として行われたため、先週は土曜・日曜・月曜の3日間開催という事になった。芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒9への変動、日曜がマイナス1秒1からマイナス1秒3への変動、月曜がマイナス1秒5だった。遡って7日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、開幕週と比較すれば2週目・3週目は雨の影響で時計が掛かり、変動の馬場差が目に付く。
 土曜朝は不良馬場です。台風の影響を受けた開催2週目よりも、時計の掛かるレベルでスタートした。しかし、時間の経過とともに乾いて行って、日曜・月曜とさらに時計は出やすくなった。雨の影響を受けた土曜日は、前半は先行馬とインコースを通った馬に有利だったが、時間が経過するにつれて外差しの傾向を呈して来た。一方、日曜は基本的には先行馬とインコースを通った馬に分があったが、瞬発力があれば外からでも差して来る馬はいた。そして月曜日だが、外差しの決まったレースもあって、外も伸びていたが、全般的に見ると、前へ行った馬、そして内を立ち回った馬が有利だった。この5回開催2週目までの3週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス2秒1、日曜がマイナス1秒7からマイナス1秒3への変動、月曜がマイナス0秒9だった。遡って7日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けており、全てマイナスの数値で基本的に速い時計の出るコンディション。特に先週土曜はマイナス2秒1で、かなり脚抜きの良いコンディションだった。
 今の説明にあったように、土曜は雨の影響が残ってかなり速い時計の出る馬場だった。その後は乾いて行って、水準方向に近づいたが、それでも時計の出やすいレベルだった。特に内・外の有利不利はなく、逃げ切りもあり、追い込み勝ちもありと連対馬の脚質は多彩で、いかにも東京コースらしかった。


  タイム分析
 2019/10/21 (月)  芝=-1.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 セイウンヴィーナス 牝2 未勝利 1:35.6 -0.4 --- +0.8 -1.2 D C 3.91
3R T2000 ナリノモンターニュ 牡2 未勝利 2:04.4 +2.0 -1.3 +2.2 -1.5 SL C 9.29
5R T1400 シゲルチキュウ 牡2 新馬 1:23.5 ±0 -0.8 +0.3 -1.1 D D 8.00
7R T1600 ソーラーフレア 牡4 1勝クラス 1:32.8 -2.0 --- -0.8 -1.2 B C 7.31
8R T1800 ルイジアナママ 牝3 1勝クラス・牝 1:46.6 -1.1 -0.3 ±0 -1.4 C C 7.00
11R T2000 ダイワキャグニー 牡5 オクトー(L) 1:59.2 +0.3 -0.9 +0.9 -1.5 SL C 6.38
 2019/10/21 (月)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 ラブリーエンジェル 牝2 未勝利・牝 1:38.9 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D 11.00
4R D1400 コードジェニック 牡2 新馬 1:27.9 +1.4 --- +2.2 -0.8 E D 7.64
6R D1600 カフジストーム 牡3 1勝クラス 1:37.9 -0.1 --- +0.8 -0.9 D D 7.44
9R D1300 レッドルゼル 牡3 三峰山特(2勝) 1:17.2 -0.7 --- ±0 -0.7 C D 7.07
10R D1400 ドリュウ 牡4 テレビH(3勝) 1:24.1 +0.6 --- +1.4 -0.8 E C 7.14
12R D1400 キラービューティ 牝5 2勝クラス・牝 1:24.6 +0.4 --- +1.2 -0.8 E D 7.64

東京2R 2歳未勝利 
8着 ブンロート 通信簿
 1番人気8着だった。好位の内に収まって理想な運びができていたが、直線少し窮屈になったのと、外の馬場が伸びる分もあったと思うが、それにしても反応が鈍かった。
東京3R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京4R 2歳新馬 タイムE
 基準より2秒2遅い勝ちタイムだった。
東京7R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 ソーラーフレア 
 およそ1年3ヶ月ぶりの実戦だったソーラーフレアが勝った。ソーラーフレアは長期休養明けだったが、仕上がりは良くて、まぁ正攻法で逃げ馬をねじ伏せた。これは能力がなければできない芸当で、反動がなければ昇級しても通用だろう。
2着 グレイテスト 
 2着のグレイテストは平均ペースの良い逃げを打った。まぁ普通なら逃げ切っているケース。ですから、2番手追走の勝ち馬が強かったということ。テンションの高さはあるが、次走の有力候補。
3着 ダイイチターミナル 
 それから好位組が伸び悩んだというところで、3着のダイイチターミナルは減量騎手起用の末脚温存策がハマった感じがする。この馬、コンスタントに力を発揮できないのがネック。
4着 アオイシンゴ 
 4着のアオイシンゴは長期休養明けだったが、休養前は2勝クラスで4走続けて馬券圏内に入っていた馬で、まぁ地力の高さを示した。この後順調なら、1勝クラスではすぐに勝てる。
5着 ヘイワノツカイ 
 そして1番人気のヘイワノツカイは5着だった。4コーナーまでは良い形だったが、ジリジリとしか伸びなかった。馬は叩いて良くなっていたが、見た目とは裏腹に脚が溜まっていなかったのかもしれない。
東京9R 三峰山特別 注目
 4月の3歳オープン、端午Sで2番人気・4番人気に支持されていた3歳馬2頭で決着した。春の時点の3歳2勝馬は、秋の3勝クラスの予備軍ですから、まぁ2勝クラスではこうしたケースは多々ある。
1着 レッドルゼル 
 勝ったレッドルゼルはその端午S7着以来で、3馬身差の完勝だった。追い出しを待つ余裕があったくらいですから、ダート1200mなら昇級しても通用するだろう。
2着 オリオンパッチ 
 2着のオリオンパッチは完敗だったが、3着馬の追撃はクビ差凌いだ。自在性があって、どんなレースでもできるのが強み。次走も有力。
3着 グッドヒューマー 
 3着グッドヒューマーは追い比べで僅かに劣った。春にこのクラスは勝てる寸前まで行った馬ですから、今後は3歳・4歳馬との力関係が鍵になるが、相手次第で勝てるレベル。
4着 クーリュ 
 4着のクーリュは上がり600m推定は最速で、短距離の差し馬としての魅力がある。
東京10R テレビ静岡賞 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
東京11R オクトーバーS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京12R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
藤田菜七子騎手効果
 今年の藤田菜七子騎手の目覚ましい活躍は枚挙にいとまがなく、特にこの後の快進撃は驚異的ですらある訳だが、実は先日その事について、彼女に聞いてみたが、フィジカル面においては、2年前から専属のトレーナーをつけて、その積み重ねがここへ来て実ったのかもしれないと言っていた。また、メンタル面においては4年目で、少しずつ回りが見えて来て、落ち着いて乗れるようになったと言っていた。実は彼女の活躍が及ぼす効果は大きい。
藤田菜七子騎手効果
 まず同じ根本厩舎所属の兄弟子の2人、丸山元気騎手と野中悠太郎騎手の自学と奮起を促してるっという事。丸山騎手は今年既に4つの重賞を勝っていて、昨年以上の成績を収めることは確実と思われる。野中騎手は昨年2勝だったが、今年はすでに22勝を挙げている。野中騎手は若手の有望株で、これは私のイチオシ。それだけではなく、藤田菜七子騎手効果というのは、同期つまり競馬学校騎手課程32期生にも波及している。坂井瑠星騎手は今年フィリーズレビューで重賞初制覇をなして、3週前の京都大賞典も勝っている。また菊沢一樹騎手は七夕賞で重賞初制覇、藤田騎手の地方交流重賞、東京盃を入れると同期3人が今年重賞初制覇を果たしたことになる。全盛期の武豊騎手に、同期の蛯名正義騎手がライバル意識を燃やして、関東の競馬界を牽引していた、そういう時代を思い起こす感じがあるが、同期のライバル意識というのは、モチベーションを高めますから、それを馬券を買う側にとっては、極めて重要なファクターになると考える。藤田菜々子騎手の同期には、荻野極騎手、それから木幡巧也騎手、それから森裕太朗騎手もいますから、目が離せない。彼女の活躍が競馬界を盛り上げるだけでなく、兄弟子と同期の騎手達の成長を促す素晴らしい効果があって、それを予想と馬券に活かさない手は無いんじゃないかなと、そういう風に思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-