2019年1回新潟4日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒3。直線1000mは土日ともにマイナス0秒2だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週はプラスゾーンだったが、先週はマイナスの数値だった。
 開幕週、特に開催初日は雨の影響で時計の掛かるコンディションだったが、先週は高速馬場ではないものの、時計は出やすくなった。あと連対馬については、中団・後方からの差し馬が多くて、逃げ・先行は少なかった。この点は開幕週と同じ。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週、特に開催初日は1800mはマイナス2秒台。1200mはマイナス1秒台で高速馬場だったが、先週はどちらの距離も水準方向に動いた。
 先週のダート1800mについてはプラスの数値になっていて、1週目特に開催初日と比べれば、一変した。1200mは全てマイナスの数値で、1800mほどではないが、先週の方が時計は掛かっていた。あと連対馬の脚質については、大きな偏りはないが、穴を開けるタイプとして印象に残ったのは、1800mで前へ行って粘った馬。特にこれまで先行していなかった馬が、今回積極策で粘り込むパターンがあった。例えば日曜1R2着のジュリアヴィーナス、日曜3R1着のトレイントレイン、2着ハーベストゴールドあたりがそう。


  タイム分析
 2019/05/05 (日)  芝=-0.3 / 直線=-0.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 ロイヤルヴィザージ    牝3 未勝利 1:22.5 ±0 --- +0.2 -0.2 C D 7.86
6R T2000 タマノジュメイラ    牝3 未勝利 2:01.7 ±0 -0.3 ±0 -0.3 C C 6.67
9R T1000 ノヴァルーナ    牝5 500万下 0:55.1 -0.2 --- ±0 -0.2 C D 8.83
10R T1800 サンライズローリエ    牡4 二王子特500 1:47.3 +0.8 -0.5 +0.6 -0.3 D C 6.46
11R T1600 ハーレムライン    牝4 谷川岳S(L) 1:32.3 ±0 -0.3 -0.1 -0.2 C D 8.00
 2019/05/05 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 モンオール    牝3 未勝利・牝 1:54.8 +0.8 -0.3 +0.2 +0.3 C D 7.60
2R D1200 ノボオリエンス    牝3 未勝利 1:12.8 +0.1 --- +0.3 -0.2 D D 10.58
3R D1800 トレイントレイン    牡3 未勝利 1:54.7 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 7.00
7R D1800 カラリエーヴァ    牝4 500万下・牝 1:53.6 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D 8.50
8R D1200 ホイールバーニング    牡6 500万下・若 1:11.5 -0.4 --- -0.2 -0.2 C D 7.75
12R D1200 ゲキリン    牡5 八海山特1000 1:11.3 ±0 --- +0.2 -0.2 C C 9.36

新潟6R 3歳未勝利 
6着 モンブランテソーロ 通信簿
 1番人気6着だった。スタートでアオって出て、スタンド前では引っかかった。伸びなかったのは、この点が影響したと思う。能力上位なのは確かなので、次走見直しが必要。
新潟8R 4歳上500万下 注目
 タイムランクCだが、先週の新潟ダートでは最も優秀な完全タイム差で、あと0秒1速ければBランクだった。プタハが先手を取って直線に入ったが、ホーカスポーカスが一旦先頭に立った。しかし、その外からホイールバーニングが迫って来て、交わして1着という結果になった。
1着 ホイールバーニング 
 ホイールバーニングは位置取りやスパートのタイミングが良かった事が大きくて、昇級即通用とは言えないが、近走を見ても大きく崩れたのは5走前だけ。メンバー次第では注意が必要。
2着 ホーカスポーカス 
 2着ホーカスポーカスは春2走目で、レースぶりが良化した。藤田菜七子騎手が騎乗して負担重量が軽くなりましたし、先週も新潟での藤田騎手の手綱捌きは目に付いた。引き続き1200mなら上位候補。
3着 プタハ 
 そして3着プタハは距離短縮してデビュー戦以来のダート1200mだった。積極策に打って出て、この距離でスピードを活かした。マークされる展開の中、よく粘っていると思う。

  馬券Summary
日本の競馬に合う?合わない?
 これはねオーストラリアから来たダミアン・レーン騎手の話。短期免許を取った最初の週となった先々週が5勝の固め勝ちで、新潟大賞典を制した。そして先週は勝ち星こそ1つだったが、2着3回3着3回と馬券に絡むケースが目立った。ここからはあくまで、個人的な見解でしかも極論ではあると思うが、ちょっとね日本に来る外国人騎手、よほどのビッグネームではない限り、活躍できるかいくつかのポイントがあると思うんですよね。
まず1つ目、これは若いこと。極論でしょう結構。ベテランで、同じ国で長く乗っていると、やっぱりそこでの乗り方が染みついてしまって、スッと日本の競馬に合わせられないケースが多い。結果、苦戦することも多々あって、誰とは言わないが、そういうケースもあった。ですから、やはり柔軟性は大事で、その点は若い騎手の方が柔軟に対応できる可能性は高いということになる。
そして2つ目、これが意外と重要で軽い負担重量のレースにも乗ることができること。例えば、56キロからじゃないとダメとか言うと、日本では騎乗依頼が極端に減る。できれば54キロから乗れる方にしたほうが良いと思う。それはトレセンで取材とか、色々厩舎関係者の話を聞いてると、肌で感じること。
 そして3つ目、これも大事なんですよね。ダートの競馬に即座に対応できるかどうかという事。現在、日本で活躍しているM.デムーロ騎手とかC.ルメール騎手は、早い段階からダートでも好成績を残していた。ちなみにこの2人は若い時に来日して、軽めの負担重量でもOKだった。その点を踏まえると、D.レーン騎手、年齢が若くて、軽い負担重量でも大丈夫で、そしてダートの競馬でも早々に勝っている。これは大きな可能性を感じる騎手ですし、まぁモレイラ騎手みたいになってしまうと、もう乗れば馬券的には人気してしまうので妙味はなくなるが、まだギリギリD.レーン騎手はまだ来て2週ですから、馬券的にもちょっと美味しい時期かなと思う。先物買いで、ちょっと馬券的に狙ってみるのも面白いかなと考えています。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-