2019年3回中京4日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、良馬場発表だった日はなく3日目までは変動となっている。ただ、2日目以外はマイナスの数値ですので、時計が掛かっている訳ではない。
 週半ばの雨の影響が残って、土曜朝は重馬場でスタートだった。後半はやや乾いて稍重に変更され、時計の出方もマイナス方向に動いた。日曜は朝に雨が降って、時計の出方は土曜前半に戻った。ただ、土日を通じて大きな動きはなく、やや速めの時計が出るレベルではあった。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行は3頭だけ。差し馬の上位進出が目についた。今週からの後半に2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒5、日曜がマイナス2秒7からマイナス2秒3への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス2秒台。ダートも良馬場だった日はなく、かなり脚抜きの良いコンディションが続いている。
 土曜は最終日重馬場で、馬場差はマイナス2秒5と高速馬場だった。日曜午前は再び雨の影響で、土曜よりさらに時計が出やすくなったが、後半乾いてやや水準方向に近づいた。それでも1日を通じて、高速馬場であったことに変わりはない。連対馬の脚質には目立った偏りはなかった。


  タイム分析
 2019/07/07 (日)  芝=-0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 セツメンノトビウオ    牡2 未勝利 1:36.5 +0.2 --- +0.6 -0.4 D D 5.67
5R T2000 マイラプソディ    牡2 新馬 2:06.0 +2.8 -1.3 +2.0 -0.5 SL C 3.00
6R T1400 ジューンシルフィア    牝3 未勝利 1:21.8 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 7.00
7R T2000 ダノンクライム    牡5 1勝クラス 2:02.5 +1.5 -1.2 +0.8 -0.5 D C 5.50
10R T1600 ムーンチャイム    牝4 有松特H(2勝) 1:34.0 -0.2 --- +0.2 -0.4 C C 7.13
12R T1400 メリーメーキング    牡3 1勝クラス 1:21.1 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 6.33
 2019/07/07 (日)  ダ=-2.7 → -2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 ププッピドゥ    牝3 未勝利・牝 1:52.6 -2.2 --- +0.5 -2.7 D D 7.70
4R D1400 ナムラシェパード    牡3 未勝利 1:23.4 -2.7 --- -0.6 -2.1 B D 7.67
8R D1800 コンカラー    牡3 1勝クラス 1:51.8 -1.8 --- +0.7 -2.5 D D 6.14
9R D1200 モンペルデュ    牝3 大府特別(2勝) 1:09.7 -2.2 --- -0.6 -1.6 B C 7.67
11R D1400 アルクトス    牡4 プロキオG3 1:21.2 -1.8 --- ±0 -1.8 C C 5.33

中京4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 ナムラシェパード 勝ち馬注目
 昨年6月にデビューしたナムラシェパードが12戦目で初勝利。ナムラシェパードは4戦連続の2着。流石に負けられなかった。単勝1.8倍に支持されて、2番手から抜け出して、ついに初勝利を掴んだ。2番手追走から追い出しをギリギリまで我慢して、直線中ほどから追われると、抜け出してから遊ぶような面も見せずに勝ち切った。完全タイム差マイナス0秒6は優秀。上のクラスでも即通用しそうな馬で、次走も注目したい。
2着 ハクサンカイザー 
 2着ハクサンカイザーはこれで2度目の2着。ダートはコンスタントに走る。いよいよ初勝利に近づいて来ただろうか。JRAには数少ないシルポート産駒だが、JRAで産駒が勝ったのは1度だけ。現役4歳馬のハクサンフエロ。この馬は2頭目の勝ち馬となれるか注目される。
3着 マイネルメーア 
 3着マイネルメーアは8番人気だったが、初めて逃げの手に出て、よく粘っている。この馬の兄弟には2勝以上した馬が3頭いる。もうそろそろ初勝利だろうか。
中京5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。特に日曜5Rは前半1000m通過タイムが1分5秒7という超スローペース。
1着 マイラプソディ 
 まぁそれでも1番人気マイラプソディは慌てずに直線で外へ出されて差し切った。瞬発力の光るレースだったと言えるだろう。
中京6R 3歳未勝利 注目
 前へ行った2頭が競る展開となり、ハイペースで馬群が縦長となった。直線では早めに抜け出したラッキーバローズに後方からジューンシルフィア・ウェーブクリスタルが迫り、3頭で4着以下を引き離した。
1着 ジューンシルフィア 
 勝ったジューンシルフィアはこれが6戦目。短距離を得意としているが、前には行けないため、どうしても展開待ちになる。今回はキレイにハマったケースと言えるだろう。上のクラスでも、展開次第で好走も大敗もありそう。
2着 ラッキーバローズ 
 2着ラッキーバローズは前走に続いての2着。前走は2番手追走からに逃げ馬に離されてしまったが、今回は先行集団の後方に位置し、直線で一旦は先頭に立っている。最後は勝ち馬の末脚に屈したが、ペースを考えると強い。次走注目。
3着 ウェーブクリスタル 
 そして1番人気ウェーブクリスタルは3着。これで6戦目だが、全て4着以内と安定している。いかにも詰めが甘いが、展開とメンバー次第ではすぐにでも勝てるのではないだろうか。
中京9R 大府特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。3歳牝馬モンペルデュがレコードを更新しての逃げ切り勝ち。
1着 モンペルデュ 
 モンペルデュは前半600m33秒5のハイペースを自ら作って逃げ切り。レコードになったのは、まぁ当然高速馬場だったからだが、完全タイム差でもマイナス0秒6ですから、馬場コンディションを踏まえても価値はあると言えるだろう。モンペルデュは外国産馬で父Cairo Prince。元々ダート1200mで新馬戦・500万下を連勝。その後オープンの1400mで2走して8着・3着だったが、今回1200mに戻っての2勝クラスで、やはり負けられなかった。3勝クラスでも1200m以下の距離なら、いきなり好勝負だろう。
2着 デザートストーム 
 後続は2番手の外からずっとヒップホップスワンが突いて来たが、最後は引き剥がされるように脚が鈍って、そこへ後方から3番人気デザートストームが突っ込んで来て、2着に入った。デザートストームはデビューからずっと芝1200mを使っていたが、今年の2月に初めてダートを使って快勝。その後はダートでこのクラス2着・3着・2着と堅実。後方から直線勝負の脚質だけにポカもあるが、能力的には次走すぐにでも勝っておかしくない。
3着 ヒップホップスワン 
 3着ヒップホップスワンはおよそ4ヶ月ぶりの実戦。まぁ元々、ただ休み明けは走る馬で、二走ボケもよくある。今回の好走で次走人気になるようなら、ちょっと嫌う手もあるかもしれない。
中京10R 有松特別 
13着 エイシンルカーノ 通信簿
 1番人気13着だった。全くイメージと違うレースだったので、危険馬としたこちらの方が拍子抜けしてしまった。敗因は馬場もあったと思うが、結果オーライだった。
中京11R プロキオンS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。マテラスカイが今年も先手を取って直線。昨年の馬場差がマイナス3秒2、今年はマイナス2秒.3。今年の方が遅い馬場なのに、マテラスカイの1000m通過は昨年が56秒3で、今年は56秒0と今年の方が速かった。武豊騎手も3コーナーで掛かる感じになったとコメントしていますが、ちょっと速すぎたか。これに加えて、後続が早めに負かしに来たのが、この結果となったのかもれない。アルクトスは内から良いレースをした。
1着 アルクトス 
 勝ったのはアルクトス。これで3連勝で重賞初制覇。アルクトス、これでリステッド・オープン・重賞と3連勝。前に行ってしぶといレースぶりが開花した。他馬が仕掛けても無理をせずに、インでじっと待機して最後に差すという、田辺騎手のレースぶりも素晴らしかったと思う。1800mだとちょっと末脚が鈍ることもあるが、1400mから1600mなら本当に強い馬ではないかと思う。
2着 ミッキーワイルド 
 その後2着がミッキーワイルド、3着がヴェンジェンスだった。2着ミッキーワイルドは準オープンで圧勝した強さ、本物だった。前の馬にマテラスカイを捕まえに行ってもらった後で、満を持して差して来るタイミングも絶妙ではなかったかと思う。
3着 ヴェンジェンス 
 その後2着がミッキーワイルド、3着がヴェンジェンスだった。それから3着ヴェンジェンスだが、この馬はこの春からちょっと馬が変わって来た印象。今回は自らマテラスカイを潰しに行くという強気な競馬をした。上位に来た馬の中で、展開はこの馬が1番厳しかったが、それでも3着ですから、これは見事な結果だと言えると思う。
4着 サンライズノヴァ 
 4着サンライズノヴァだが、今回はいつもより早くゲートを出たが、まぁそれでも後方からだった。直線はメンバー中最速の脚を見せたが、そこまでと。いつも直線凄い脚見せてくれるが、ちょっと届かないというレースが続いている。
5着 マテラスカイ 
 それからマテラスカイだが、1番人気5着だった。少し掛かり気味で、速めのペースになったこと。人気を背負って他馬に早めに来られたことが全てだろう。まぁそれでも大きくは負けていませんので、海外遠征明けを考えれば、能力は見せてくれたと言えるだろう。

  馬券Summary
ダート短距離、両雄並び立たず
 ちょっと格好良いタイトルにしてしまったが、夏競馬に入って函館・福島・中京の全レースにおいて、1・2着が1番人気と2番人気で決まったレース、どのくらいあるかということだが、6月中の函館6日間と福島・中京各2日間、計120レースの内、なんと24レースある。ちょうど1/5の確率。1番人気・2番人気で決まったレース。これは僕はこんなにあるとは思わなかったが、しかしこれを1200m以下のダート短距離戦、実は15レースあったが、これに限って見ると、どうか。なんと6/22ヤマメの勝った函館6Rダート1000mの新馬戦だけ。僅か1レース。確率が急に1/15に下がってしまう。全体だと1/5なので、ダート短距離だと1/15になる。どうしてそうなるか、これは色々考えたが、先ほどタイム分析でも取り上げた、アカネサスが勝った先週の土曜函館9Rの1000m戦、ここにこの理由が凝縮してるように思えた。
どう見ても能力はノボシュンシュンとアカネサスが抜けていた。この2頭に馬連もかなり被っていたが、まぁ当然これら2頭の力は拮抗していて、しかもいずれも前に行く馬だった。そうなるとどうしてもお互いがお互いを意識するので、そしてどちらも相手を負かしに行きたい訳で、結果はアカネサスが勝って、ノボシュンシュンが大敗と。こういうケースがやっぱり、結構多いんじゃないかなと。自分の馬券とかも考えても思った。 やっぱりそろそろね我々は、そろそろと言うか、もう既にそうされている方も多いかもしれないが、そろそろ我々はダート短距離の馬券を考え直さないきゃいけないんじゃないかと思う。ダート短距離は強い馬2頭では決まらない。これを頭の片隅に入れると入れないではだいぶ違うのかなと。そういう風に思った。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26