2019年5回阪神1日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス2秒1だった。
 1週間以上雨は降らず、土日とも完全な良馬場。9月の開催ともあまり変わらない超高速馬場だった。土曜の7Rはこれ2歳レコードだが、レコードでもCランクに過ぎず完全タイム差はプラスだった。土曜は4コーナー先頭の馬が1勝・2着4回。日曜は3勝・2着1回だった。超高速馬場なのにスローペースが多かったという影響もあるが、とにかく前残りが目立った。5回阪神も9日間の開催で、こちらは6日目までがAコース、7日目以降はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒1だった。
 1週間以上雨が降らず、ゴール地点の朝の含水率は土曜が1.5%、日曜が2.0%とかなり乾いた状態だった。それでも馬場差はプラスにはならないのが、近年の阪神ダートだが、その近年の阪神ダートの中ではかなり時計が掛かる状態だった。


  タイム分析
 2019/11/30 (土)  芝=-2.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 メイショウチタン 牡2 未勝利 1:20.5 -2.5 --- -1.0 -1.5 A C 8.07
5R T1600 ストーンリッジ 牡2 新馬 1:36.8 +0.8 -1.3 +1.2 -1.7 SL C 7.50
7R T2000 ハギノエスペラント 牡2 未勝利 2:00.4 -2.0 --- +0.1 -2.1 C C 6.42
9R T1800 ブラヴァス 牡3 再度山特(2勝) 1:47.9 +1.5 -1.2 +2.2 -1.9 SL C 7.88
11R T2000 ロードマイウェイ 牡3 チャレンG3 1:59.1 +0.3 -0.6 +1.8 -2.1 E C 8.00
 2019/11/30 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 サウンドワイズ 牝2 未勝利・牝 1:13.8 +0.5 --- +0.6 -0.1 D C 6.09
2R D1400 シゲルカセイ 牡2 未勝利 1:27.3 +1.1 --- +1.2 -0.1 E D 8.58
3R D1800 ロンドンデリーエア 牡2 未勝利 1:55.3 +0.4 --- +0.5 -0.1 D C 3.67
6R D1800 フェルカド 牡2 新馬 1:58.6 +3.4 --- +3.5 -0.1 E C 11.75
8R D1800 スマートフルーレ 牝3 2勝クラス・牝 1:53.3 +1.0 --- +1.1 -0.1 E D 7.25
10R D1400 クリノケンリュウ 牡5 御影S(3勝) 1:23.8 +0.3 --- +0.4 -0.1 D C 6.40
12R D1200 テルモードーサ 牝3 1勝クラス 1:11.6 -0.7 --- -0.6 -0.1 B D 8.38

阪神2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神4R 2歳未勝利 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。
1着 メイショウチタン 
 秋2走目距離短縮のメイショウチタンが初勝利を挙げた。メイショウチタンは好スタートを切って、スピード任せの先行。4コーナーで先頭に立って押し切った。函館や札幌の洋芝、あるいは1600mでは失速していたが、高速馬場の1400mでスピードを活かし切れた。ただ、これ実は直線だけで3回も手前を変えているが、まぁいろいろそういう面を含めて、幼い面が残っている。今回上のクラスで通用するタイムで走っているが、現状ではその常に能力をフルに発揮できるタイプには見えない。
2着 ロジーナ 
 そして2着以下は3馬身半以上離された。まず2着のロジーナは3コーナー過ぎから内で追い通しになっていたが、直線入り口で上手く進路を確保してからはしぶとく伸びた。距離短縮と3キロ減で大きく前進したが、今回はロスが少なかったのも確かで、次走で本命にして良いかどうかは相手次第だと思う。
3着 エスシーミホーク 
 3着のエスシーミホークはダッシュがつかず後方から。直線では2着馬が抜けて行った後のスペースを上手く使えたとは言え、長く脚を使った。前半にもう少し前に行けるようになれば、更に良くなりそう。
4着 ファイヤーテーラー 
 そして番組注目馬のファイヤーテーラーが1番人気で4着だった。勝ち馬の直後にいたが、最後は完全に止まってしまった。馬場状態を考慮すれば、それほどキツいペースではなかったが、1400mで先行するよりは1600mでじっくりと追走した方が良いタイプかもしれない。
阪神5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神6R 2歳新馬 タイムE
 基準より3秒5遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 2歳未勝利 注目
 4着だったヴァルコスについて。
4着 ヴァルコス 
 スタート直後に隣の馬と接触したが、その影響はそれほど無かったと思う。そしてかなり仕掛けて行って、ようやく中団につけた。3コーナーでペースが上がると、追い通しになる所か、ステッキまで入っていたが、それでも置かれ気味になって、さらに直線に入ってもなかなか手前を変えず、モタモタしていたが、手前を替えてからは一気に伸びて来た。このズブさというのが、本質的なモノだとすると、これからも色々苦労しそうだが、今回体重が22キロも増えていたように、成長途上だと思われる。だとすれば、今後の成長余地は大きいはずで、ズブさが抜ければかなり走りそう。
阪神8R 3歳以上2勝クラス・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 再度山特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R チャレンジC タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。タイムランクはE・メンバーランクはCだった。長期休養明けのトリオンフが先手を取って4コーナーに差し掛かる。トリオンフが特に仕掛ける事もなくハナを切って1000m通過は1分1秒2。超高速馬場ですから、これはかなり遅いペースで、残り800mからペースアップはしているが、体列に動きはなく、4コーナーで多くの馬が外をマクって、そのため内で動けなくなっている馬が何頭かいた。トリオンフは直線に入ってもリードを保っていて、ごちゃつく後続を尻目に逃げ込みそうな体勢になったが、ゴール寸前でロードマイウェイが差して1着。馬群を捌いて最後は内から伸びたブレステイキングが3着に入った。
1着 ロードマイウェイ 
 ロードマイウェイが差し切って5連勝。重賞は初制覇。ロードマイウェイは4コーナーで外にいて、距離損はしていたが、そこでスムーズだった事が他の差し馬との比較で優位だった。とは言え、スローペースを外を回って差したという事は事実で、ソレはソレで評価したい。1600mで連勝した後の2000mだったが、実はと言うか、新潟1600mの3勝クラスを勝った時に同じ週の新潟記念に登録があって、陣営はできれば新潟記念に出したかったと、そう言っていたぐらい2000m適性を見込まれていた馬。その通りの結果になった。タイムランクはEだが、この勝ちっぷりの良さと、今後期待できる伸びしろを考慮すると低評価にはならない。
2着 トリオンフ 
 そしてトリオンフが2着に粘り、ブレステイキングが3着だった。2着のトリオンフはマイペースの逃げ。しかも4コーナーで後ろがごちゃごちゃしているという展開の利もあったが、1年以上の休み明けで好走した。コーナーが4回の中距離という舞台なら、やはり安定している。
3着 ブレステイキング 
 そしてトリオンフが2着に粘り、ブレステイキングが3着だった。そして3着のブレステイキングは4コーナーで内にいて行き場がなくなりそうだったが、直線で狭い所を縫うように伸びて来た。流れそのモノも向きませんでしたし、価値のある3着で、いずれ重賞は勝てそう。
4着 ハッピーグリン 
 4着のハッピーグリンはロードマイウェイをやり過ごしてからの追い出しになったが、いざ追い出すと内にもたれていた。まぁ左回りの方が良さそう。
9着 ギベオン 
 そして1番人気のギベオンは9着だが、4コーナーで包まれて完全に踏み遅れた上に、直線では2度にわたって前が壁になっていた。まぁこれは参考外だと思う。
阪神12R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 テルモードーサ 番組注目馬
 テルモードーサがダートに変わって、初めてブリンカー装着で逃げ切った。テルモードーサは初めてのダート1200mで、初めてのブリンカーだったが、これどちらの効果が大きかったのかは分からないが、仕掛けてハナを切ると、ずっと楽な手応えで直線ではアッサリと突き放した。文句なしの勝ちっぷりとタイムですし、次もブリンカーを着用してのダート1200mでしょうから、昇級してすぐに好勝負になると見る。
2着 ファイアーボーラー 
 2着ファイアーボーラーは外めの枠から、揉まれないレースができた。ずっと右手前だった事もあって、最後は失速したが2着は確保。まぁ0秒9差なのでこれは好タイムには入りませんし、揉まれると不安なので、今後も枠順は重要。
3着 メディクス 
 3着のメディクスは出遅れた上に最初は頭を挙げていたが、3コーナーから外を回って追い上げて、直線でもよく伸びた。全く安定感はないですし、好走後に人気になると危ないタイプだと思うが、脚は持っている。
6着 メジャーハリケーン 
 一方、1番人気のメジャーハリケーンは6着だった。メジャーハリケーンは仕掛けて先行して、しかも手応え良かったが、残り200mで失速した。どうも前半から脚を使うと最後自分で辞めてしまうようだが、次は乗り方を変えてくる可能性があって、差しに回って変わり身を見せるかもしれない。

  馬券Summary
2勝クラスのタイムランク
 今年8月までに2勝クラスを勝って、次に3歳限定の重賞に出走した3歳馬は14頭いたが、1頭も3着以内に入れなかった。昨年は8月までに1000万下を勝って、次に3歳限定重賞に出走した3歳馬は7頭しかいなかったが、レイエンダがセントライト記念2着、ミッキーチャームが秋華賞2着、ユーキャンスマイルが菊花賞3着と3頭が3着以内に入った。この去年と今年の結果を受けて、今年から降級制度が廃止されたので、夏の2勝クラスのレベルが昨年までよりも低くなったからとするのは、正しい面もあるが正しくない面もあるという話。
 今年の夏に2勝クラスを勝って次走で重賞に出走した3歳馬14頭について、その2勝クラスを勝った時のタイムランクを見るとBが1、Cが4、Dが6、Eが2、SLが1だった。昨年の7頭について、その2勝クラスのタイムランクがどうだったかと言うと、Aが2、Bが3、Cが1、Eが1だった。そして次走重賞で3着以内に入った3頭中2頭はAランクの1000万下を勝っていて、もう1頭もBランクで勝っていた。つまり、2勝クラスの平均レベルが昨年までより下がった事は確かでも、次に重賞に出走した3歳馬の取捨を決める時には、その平均レベルには意味が無いという事。個別の馬の2勝クラスを勝った時のタイムランクが重要だという事。
 何と来年秋にならないと使えない話だが、秋の重賞に2勝クラスを勝ったばかりの3歳馬が出走して来た時は、今の2勝クラスはレベルが低いという理由で一律に切り捨てるのは危険。AランクやBランクで勝ってきた馬は少なくとも、検討の対象にすべきだという事。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-