2019年3回中山7日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒2だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、前半2週は雨の影響で時計の出方が安定しなかったが、後半2週はマイナス1秒台だった。
 中間に合計39ミリの雨が降ったが、土曜朝の含水率はゴール前が11.9%・4コーナー12.2%と標準的な良馬場の数値に乾いていた。先々週の高速馬場に近い状態から始まって、日曜はさらに乾きが進んで先々週と同じマイナス1秒2に戻っている。脚質的な偏りとか内・外の差もほとんどなかった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mは雨の影響で時計の出方が、週によって異なったが、先週は雨や風の影響で、特に土曜は時計が出やすくなった。1200mは全てマイナスの数値で、基本的にはやや速めの時計が出るレベルで推移していた。
 中間の雨の影響で、土曜は稍重発表だった。10Rから良馬場に回復した。馬場差は1日を通した数値で、1800mは中山開催8週目にして、最も速いコンディションだった。風が強くて、直線の追い風の部分を2回走る事も影響している。1200mは向正面が向かい風で、前半のペースが上がりにくい反面、直線が追い風で、上がりが速くて相殺される。速い事は速いが、1800mほどではない。日曜は乾燥が進んで、朝の含水率はゴール前・4コーナーともに6%台だった。風は相変わらず強かったが、馬場差はそれぞれプラス方向へと向かっていた。時計の出方が先々週より速まった事から、前に行った組が強かったが、1800mの3歳未勝利戦など、能力の開きが大きかった鞍が多かった事も影響している。


  タイム分析
 2019/04/13 (土)  芝=-1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 チェサピークベイ    牡3 未勝利 2:01.8 -1.1 --- ±0 -1.1 C C 6.75
6R T1200 マリアズハート    牝3 500万下 1:08.8 -0.6 --- +0.1 -0.7 C D 10.50
8R T1600 コーラルプリンセス    牝5 500万下 1:34.1 -0.8 --- +0.1 -0.9 C D 7.54
9R T1800 ギルマ    牡3 山藤賞500 1:49.2 +0.3 -0.6 +0.7 -1.0 D C 7.67
 2019/04/13 (土)  ダ=-1.0 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 クリスタルアワード    牝3 未勝利・牝 1:12.2 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D 7.75
2R D1800 サクラルーフェン    牡3 未勝利 1:55.5 -0.2 --- +0.8 -1.0 D C 6.63
3R D1200 ベアクアウフ    牡3 未勝利 1:12.7 -0.2 --- +0.4 -0.6 D D 8.55
4R D1800 リワードアンヴァル    牡3 未勝利 1:53.3 -2.4 --- -1.4 -1.0 A D 6.33
7R D1800 ミラビリア    牝4 500万下・牝 1:55.1 +1.1 -0.3 +1.8 -1.0 E D 7.56
10R D1800 マイネルユキツバキ    牡4 下総S1600 1:51.8 -0.6 -0.3 +0.1 -1.0 C D 8.60
12R D1800 レピアーウィット    牡4 利根川特1000 1:51.5 -1.7 --- -0.7 -1.0 B D 7.23

中山2R 3歳未勝利 
1着 サクラルーフェン 通信簿
 1番人気1着だった。メンバーを見た瞬間にしまったと思った。勝ちタイムは4Rより2秒2も遅く、非常に見苦しい言い訳だが、相手に恵まれたとしか言いようがない。
中山4R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒4速い勝ちタイムだった。
1着 リワードアンヴァル 
 単勝1.1倍のリワードアンヴァルが期待に応えて逃げ切った。前走は休養明け。標準レベルの時計でアタマ差2着と、今のダート中距離での未勝利戦では、上位の力は示していた。今回は叩いた上昇度とスピードが活きる馬場状態を味方して、一気にレベルアップ。父スマートファルコン譲りの逃げから、これも父が得意としていた時計勝負に持ち込んでの圧勝だった。昇級しても地力先行の形なら崩れないと思う。
1着 カセノウィナー 番組注目馬
 2着のカセノウィナー、この馬も前走が休養明けで4着。この時が2戦目だった。勝ち馬について行って、3コーナーから2頭で後続を離して5馬身差をつけられたが、3着馬には逆に2秒3の大差をつけていた。この馬もBランク。こちらはエスポワールシチーの産駒。すぐに勝てると思う。
中山5R 3歳未勝利 注目
1着 チェサピークベイ 
 1着のチェサピークベイ、2歳時は5戦して2着1回3着1回。強い相手に善戦していたが、軽い骨折で今回4ヶ月ぶりだった。調教の動きは、以前よりも良くて、中団待機からレースの上がりを0秒9上回る決め手で、直線差し切った。父がハービンジャー、前兄のポトマックリバーは、中山芝2500mの1600万グレイトフルステークス勝ちなど、4勝を挙げている。長い脚が身上の血統で、中・長距離タイプとしてこれからが楽しみな存在。
2着 エンシュラウド 
 2着のエンシュラウド、新馬戦2着の後前走の東京2400mがBランク相当の2着。3回目の2着でも、今回はCランクと、2000mに距離を短縮してレベルダウンした格好だが、パドックでうるさかった上に、競馬でもハミを噛んでの逃げとなってしまった。テンションの高さに課題は出たが、もう次は勝たなければならない。そんな存在でもある。
中山9R 山藤賞 
3着 グレルグリーン 解説推奨
 まぁスローペースで流れたのに、先行馬が足りないために後方組が上位を占めた競馬だった。1番人気で7着同着のサトノウィザードは、内で詰まって直線追えなかった。この馬にも次走注意はしたいが、例え開いていたとして、どこまで伸びていたかはわからない。それなら実際に外から伸びて、上がり600m推定33秒7をマークしたグレルグリーンを挙げる。図抜けた脚だった。勝ち馬からハナ+アタマ差。東京の500万下ならどこに出走しても差しきれるのではないだろうか。
7着 サトノウィザード 
 まぁスローペースで流れたのに、先行馬が足りないために後方組が上位を占めた競馬だった。1番人気で7着同着のサトノウィザードは、内で詰まって直線追えなかった。この馬にも次走注意はしたいが、例え開いていたとして、どこまで伸びていたかはわからない。
中山12R 利根川特別 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 レピアーウィット 
 レピアーウィット距離延長、初めての1800mで大きく変わり身を見せた。芝で朝日杯FS、ダートでレパードSを勝ったアジアエクスプレスの全弟。この血統ですから、期待は大きくて、芝で敗退後ダートで連勝して、昇級の1000万下で1番人気になった事もあった。ただ、これ以降は砂を被って嫌気を出す競馬が続いて、人気を下げていた。中距離に延長して、揉まれない外枠。激変の要素は考えられましたし、もちろんフロックではない。10Rの1600万下の勝ち時計を0秒3上回っていて、昇級しても能力は上位。要は馬の気持ち1つ。そんなタイプ。
2着 ヘヴントゥナイト 
 時計的には低レベルだが、2着のヘヴントゥナイトは元々1000万下では堅実に走っていた。2走前に落馬。また、その前後も気難しさが出て、少し精彩を欠いていたが、今回は初めてのブリンカーが効いた形。道中追っつけていても、ラストまで止まらなかった。一応は復調したと見て良いのではないだろうか。
3着 シベリウス 
 あと3着のシベリウスここ2戦が連続4着。障害を経験した効果もあって、一頃よりも走りが力強くなっている。時計が掛かる事が条件でも、堅実みが出たのは確か。東京ダート2100m戦辺りで目が離せないと思う。

  馬券Summary
海外遠征馬の帰国初戦成績
 日本馬が出走する海外競馬の馬券が購入できるようになり、海外への遠征馬も増えている。今回は海外競馬に出走した、日本馬の帰国初戦の成績を簡単に調べてみた。一般に、海外遠征帰りは割引が必要と言われているが、果たしてどうなのか?という事。2010/4/1から2019/3/31までの10年間を対象として、帰国初戦で重賞レースに出走した馬は延べ139頭いた。これらの総合成績は次の通り。
海外遠征馬の帰国初戦成績
勝率は1割強。連に絡むのは4頭に1頭という感じ。全体的に見れば、やっぱり少し割り引いて考えるべきなのかもしれない。そして、遠征馬の多いドバイと香港に絞って見ると、ともに帰国初戦の成績は全体の率は上回っている。さらに輸送時間の短い香港の方が、輸送時間の長いドバイよりも、帰国初戦の成績が下回っているのは、これは面白い現象と言えるのではないだろうか。
 出走レース別ではドバイシーマクラシックを使った馬が3勝でトップ。以下凱旋門賞・香港ヴァーズ・ドバイターフ・香港マイル・香港スプリントを使った馬が2勝ずつで並んでいる。ちなみに、凱旋門賞を使った馬は帰国初戦の対象となったのべ13頭中、9頭が馬券の対象となっている。悪くない成績と言える。2013年に2着に入ったオルフェーヴルが、有馬記念を圧勝した。また、4着だったキズナもG2時代の大阪杯を勝っている。オルフェーヴルは前年の凱旋門賞2着後も、ジャパンカップで2着している。また、2014年凱旋門賞8着だったジャスタウェイが、ジャパンカップで2着と巻き返してもいた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26