2019年5回阪神9日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の数値はマイナス0秒7だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナス2秒1でスタートしたが、開催が進んで水準方向に動いて行った。
 木曜から金曜にかけて雨が降り、良馬場に回復したモノの含水率は高めで1週前より時計が掛かるようになった。6鞍中5鞍にペース補正が入るというスローペースだらけの1日で、その影響で先行馬の好走が多かったが、スローペースでも差し馬が上位に来ているレースが複数あり、先行馬に有利な馬場状態だったとまでは思えない。
 28日の馬場差1800m対象の数値はマイナス0秒1だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒3からプラス0秒1の間で、大きな動きは無く、水準かそれに近いレベルで推移している。
 木曜から金曜にかけて雨が降って、その後気温が低くて乾くのが遅かったため、1日を通して稍重。そして馬場差は変動にならなかった。ただし、良馬場だった2週目よりも時計が掛かっている事には注意したい。風の影響も多少はあったと思われる。差し馬の好走が目立った4週目と比べると、かなり先行馬の好走が多かったが、4週目はハイペースの結果として差し馬の好走が多かった。まぁそれを踏まえて、ジョッキーの人間心理としてハイペースになりにくかったのが先週の阪神ダートで、その結果として先行馬の好走が多かったんだと思う。


  タイム分析
 2019/12/28 (土)  芝=-0.7  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 シルバーエース 牡2 未勝利 1:47.8 -0.6 --- ±0 -0.6 C C 6.11
5R T2000 サトノシャローム 牡2 新馬 2:03.2 +0.5 -0.7 +0.5 -0.7 D C 5.50
6R T1800 クリスティ 牝2 1勝クラス 1:47.8 +0.2 -0.7 +0.1 -0.6 C C 4.43
8R T1600 リュクスポケット 牡4 1勝クラス 1:35.6 +1.0 -0.7 +0.9 -0.6 SL C 8.47
10R T2000 ヒンドゥタイムズ 牡3 フォーH(2勝) 2:01.0 +0.8 -0.7 +0.8 -0.7 D D 7.33
12R T1200 エイティーンガール 牝3 ファイナ(3勝) 1:09.5 +1.0 -0.3 +1.1 -0.4 SL D 8.67
 2019/12/28 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 シュテルクスト 牡2 未勝利 1:56.3 +1.4 -0.4 +1.1 -0.1 SL D 8.92
2R D1400 アブレイズヒーロー 牡2 未勝利 1:26.1 -0.1 --- ±0 -0.1 C D 6.00
4R D1400 パルディエス 牡2 新馬 1:27.1 +0.7 --- +0.8 -0.1 E C 7.88
7R D1800 ハギノアトラス 牡3 1勝クラス 1:54.2 +1.1 --- +1.2 -0.1 E C 6.21
9R D1400 グランソヴァール 牡3 春待月賞(2勝) 1:24.6 +0.4 --- +0.5 -0.1 D C 9.13
11R D1800 ワイルドカード 牡5 ベテルギ(L) 1:51.7 +0.8 -0.3 +0.6 -0.1 D D 11.57

阪神1R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。このスローの1Rだが、2未勝利戦。スタート直後の先行争いの様子だけを見ていると、速そうだったが、実は遅かった。芝ならスローペースでも瞬発力タイプの差し馬が来たりするが、ダート1800mのスローはもう絶対的に前が有利。という事で、行った行ったの決着になったが、そういう展開を踏まえて注目したいのが、1番人気で3着だったリトルクレバー。
3着 リトルクレバー 番組注目馬
 ダート1800mのスローペースなら人気馬は3コーナーから動くべきで、実際に追い上げようとしているが、中団の内にいたことが災いして、4コーナー手前辺りでは前が詰まって手綱を引いていて、そこで追い上げるどころか、外から先に行かれて通過順が下がっている。直線ではスムーズに外に出せて、そこからはよく伸びているが、この展開で4コーナーで動けない位置にいたのではどうしようもない。これ全然ミスでも何でも無いが、結果的にはポジショニングが失敗で、力負けではありません。次走は巻き返し必至だと思う。
阪神2R 2歳未勝利 注目
 6着だったコンウィについて。
6着 コンウィ 
 まずスタートしてからズーッと追い通しになっているが、ずっとずっと追って行ってようやくスピードに乗って鞍上の手が止まった所で躓いたまたはトモを落としたという感じで、バランスを崩してしまう。という事で、そこからしばらくまた気合いをつけての追走になった。さらに3コーナーからまた気合いをつけて進出して行ったが、4コーナーでは押さえて外をマクって行く馬をやり過ごす事になる。その後直線で伸びを欠いたが、向正面で躓いたからやバランスを崩しただけでなくて、アクセルを踏んだりブレーキをかけたりが頻繁すぎてかなり消耗していたと思われる。で、前走は馬場差がマイナス0秒3という馬場で1分26秒0。今回は馬場差がマイナス0秒1で1分27秒4ですから、その比較で言うと全く力を出せていない。今回は参考外と言えるレースですので、次走での巻き返しを期待できると思う。
阪神3R 2歳未勝利 注目
 7着だったタニノヨセミテについて。
7着 タニノヨセミテ 
 内で脚を溜める乗り方をしていたが、それでも4コーナーではもう追い通しになっていた。しかし何故か直線で進路ができるのを待っている時の手応えは良くて、内ラチ添いに入って追い出すと鋭く伸びた。結局は最後前が詰まって、ラスト120mほどは手綱を引いたままになってしまったが、進路があれば2着はあったのではないかというぐらいの勢いだった。内で脚を溜めて一か八かに近いイン突きではあったが、追って鋭く伸びる脚がある所は見せた。これまで2000mで凡走続きだったが、1800mに詰めた事で脚を使えた可能性がありますし、ダノンシャンティ産駒でもあるので、1600mならもっと良さそうな感触もある。次走もほぼ確実に人気がないので、1800m以下なら連の相手には入れておきたい。
阪神4R 2歳新馬 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 3歳以上1勝クラス タイムSL
 前半が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。2着だったナンヨープランタンについて。
2着 ナンヨープランタン 
 前半後ろの方に居たが、持ったままで前との差を詰めて来て、残り200mちょっとの辺りから追い出して、鋭く伸びたが超スローペースで逃げた勝ち馬には逆に離される感じ。最後の方はもう後ろの馬にも差を詰められていて、あまり印象が良くないが、まず前半800mが49秒2・後半が46秒4であまりにも前が楽をしていた。そして強調したいのは、この馬が追い出しを待って追い出すと鋭く伸びたという事。ルーラーシップ産駒の牡馬らしく、これまでは上がりが速いと着順が悪くなる傾向だったが、ここへきて鋭さが出て来た。ルーラーシップ産駒の牡馬は、鋭さが出て来ると信頼度が増すので、今後も安定して走れるでしょうし、このクラスを勝つのは時間の問題だと思う。
阪神9R 春待月賞 注目
 7着だったヨドノビクトリーについて。
7着 ヨドノビクトリー 
 この馬はちょっと有名だが、揉まれる展開が苦手で、特別レースの枠順が全て木曜日にわかっていた今回は、そういう理由もあって内枠で専門紙の印も薄かったが、上手く馬群の切れ目にいて、直線に入るまでは極端に揉まれる事がなかった。まぁそこまでは良かったが、直線に入ると見事に前が壁になっていて、その後内の方にスペースを見つけてそこに突っ込んだが、最内から伸びて来たライトオブピースがそのスペースに先に入ったため、急ブレーキ。そこからは流してのゴールになってしまった。今回のレースで重要な事は2つあって、直接の敗因は直線で進路が無かった事であって、内枠だから負けたという事ではない。しかし4コーナーまでは揉まれないという恵まれた展開だったので、内枠でも直線で進路があれば来れたはず。今回は内枠を克服したとは思わない方が良いと思う。
阪神12R 2019ファイナルS タイムSL
 前半が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。8着だったイサチルホープに触れておく。
5着 スギノヴォルケーノ 解説危険
 先ほどタイム分析で1200mとしては超スローペースと述べたが、その超スローペースを2番手で追走しながら、最後はバテて内にもたれていた。そもそもこの馬が2勝クラスを勝った時は、タイムランクがDランクで、昇級初戦で3番人気というのが過剰人気ではあったが、降級制度が廃止されたので、条件戦はとにかく3歳馬という風潮はどうもあるように思われる。しかし、以前にsummaryで取り上げたように3勝クラスというのは依然として3歳馬にとって1つの壁。そして今年の話だが、2勝クラスを勝った直後の3勝クラスで3着以内に入れなかった3歳馬は次走で1頭も勝っていない。ただ、この馬は来週から4歳馬になるので事情は変わりますがというのはもちろん冗談ですが、2勝クラス勝ちがDランクだった上に今回は展開に恵まれたのに失速した訳ですから、まだ3勝クラスでは荷が重いと思う。
8着 イサチルホープ 
 このレースはTOPIXでも先ほど出たが、1200mで前半600m34秒9・後半600m34秒6という超スローペース。成績だけ見るとスローペースのレースで先行して8着に沈んだようだが、まず直線に入ると前と外に1頭ずつしかいないのに、スローで前が楽していたためか、なかなか止まらず追い出しを待たされた。残り200m付近からようやく追い出せたが、スピードに乗ったところで前のスギノヴォルケーノが内に寄って来て2回もブレーキ。全く力を出せなかった。休養後、体重がマイナス20キロそしてプラス18キロと乱高下していたが、それも落ち着いて休養明け3戦目で体調が上がって来たタイミングでの不利でしたから痛かったが、復調は感じさせた。次走もほぼ確実に人気はないと思われますので、穴で狙いたい。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒の2歳12月
 1年ぶり何回目かという感じだが、まぁ現3歳世代の具体例も振り返りつつ、再確認します。最初に結論を申し上げますと、ディープインパクト産駒は2歳12月に重賞を勝つと3歳の春は不信に陥りやすく、2歳12月に芝1600m以上の1勝クラス・旧500万下を勝つと、3歳春に活躍しやすいという事。なお、ここで言う3歳春というのはダービーまでの期間とする。
ディープインパクト産駒の2歳12月
 まず2歳12月に重賞を勝った馬は、現3歳世代までに10頭いるが、3歳春のG1で2着以内が無く、3歳春に重賞を勝ったのも2頭だけ。その内の1頭が現3歳のダノンファンタジーだが、チューリップ賞は勝ったものの、その後G1では桜花賞4着・オークス5着だった。現2歳のディープインパクト産駒で2歳12月に重賞を勝ったのは、つい最近のホープフルステークスのコントレイルだけ。あの強さからすると3歳春に不信に陥るとはとても想像できませんけども、近年で言うとダノンプレミアムやダノンファンタジーがその後、G1未勝利とはちょっと想像しにくかったと思う。参考までに2歳12月の重賞で負けたディープインパクト産駒だが、これは現3歳世代までに35頭いて、翌年春に計重賞を8勝している。そのうち5勝がG1。ただし、重賞で負けていれば良いという事では無くて、2歳12月に重賞で2着から5着だった馬が、翌年の春に活躍している。今年の2歳馬で言うと、阪神ジュベナイルフィリーズで1番人気6着のリアアメリア、朝日杯フューチュリティステークスで3番人気10着のレッドベルジュールは巻き返しが難しいが、ホープフルステークス4着のラインベックはまだ見限れないという事になる。
 おしまいに2歳12月芝1600m以上の1勝クラス・旧500万下を勝った馬の成績。こちらに該当するのは現3歳世代までに16頭いて、翌年春に重賞9勝、現3歳世代はこれが3頭いて、ダノンチェイサーはきさらぎ賞1着、ダノンキングリーは共同通信杯1着の後、皐月賞3着・ダービー2着。サトノルークスは3歳の春はオープン特別(L)のすみれステークスを勝つに止まったが、秋には菊花賞で2着だった。また、このタイプは1勝クラスを勝った次のレースが特に好成績で、次走が翌年2月だった馬に限ると5勝・2着3回・3着1回で4着以下は1回しかない。前回のこのコーナーのテーマである、ディープインパクト産駒は初に強いとも関連するが、2歳時には重賞に使わずじっくりと1勝クラスを勝った馬の3歳初戦が最も分かりやすい狙い時となる。現2歳でこれに該当するのはスマイルカナだけ。今後に注目したい。
2019年完全タイム差ベスト10
2019年完全タイム差ベスト10
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-