2019年2回中山6日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒5だった。まずは遡って6日間の馬場差を確認しておくと、3日目まではマイナス1秒台だったが、4日目は雨の影響で時計が掛かった。先週はマイナスゾーンに戻ったが、3日目までのような高速馬場ではなかった。
 木曜日までに降った雨の影響が残っていて、土曜の午前中は稍重発表だったが、芝のレースは全て午後だったので、良馬場で行われた。日曜は土曜より乾いていたので、土曜よりは速い時計が出るコンディションになっていたが、1週目の超高速馬場と比べると、だいぶ時計が掛かるようになった。4日目に完全な道悪競馬が行われたので、芝が傷み、内側がかなり掘れているので、Aコースが使用される次の開催の1週目までは高速化することはないだろう。その後はBコースに移って、さらに芝も伸びる時期なので、どんどん高速化する可能性がある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒2への変動、日曜がプラスマイナスゼロからプラス0秒3への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒2からマイナス0秒9への変動、日曜がマイナス0秒5からマイナス0秒1への変動だった。遡って6日間の馬場差を確認しく。まず1800mは1週目はプラスの数値だったが、その後は開催日によって時計の出方が異なり、4日目以降は全て変動となっている。1200mは全てマイナスの数値だが、こちらも時計の出方は安定せず、特に3日目以降は開催日によって時計の出方が異なる。
 木曜までに降った雨の影響で、土曜は重馬場でスタート。7R以降は稍重で、馬場差も変動となった。日曜は稍重から良馬場に変わり、こちらも馬場差は変動。言うまでもなく、土日とも後半の方が時計が掛かっていた。この表だけ見ると、土曜の後半になって急に差しが決まるようになったように見えるが、先行馬が総崩れ止まった12Rは超ハイペースだった。


  タイム分析
 2019/03/10 (日)  芝=-0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 スマイル    牡3 未勝利 2:15.7 -0.1 -0.6 -0.1 -0.6 C D 7.38
6R T2000 ザダル    牡3 500万下 2:01.2 -0.8 --- -0.3 -0.5 C D 6.63
9R T2000 イェッツト    牡4 館山特別1000 2:00.6 -0.3 --- +0.2 -0.5 C C 5.30
10R T1600 ジョーストリクトリ    牡5 東風S 1:34.2 +0.9 --- +1.3 -0.4 E D 10.42
11R T1600 ルガールカルム    牝3 アネモネ 1:34.4 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D 7.56
 2019/03/10 (日)  ダ=±0 → +0.3 / 1200m=-0.5 → -0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ボンドロール    牝3 未勝利・牝 1:56.8 +1.1 --- +1.1 ±0 E D 9.92
2R D1200 トモジャドット    牡3 未勝利 1:12.0 -0.9 --- -0.4 -0.5 B D 8.07
3R D1800 クリスタロス    牡3 未勝利 1:56.7 +1.0 --- +0.9 +0.1 E D 6.64
7R D1200 アストロローグ    セ4 500万下 1:11.9 ±0 --- +0.3 -0.3 D D 8.60
8R D1800 ハルカノテソーロ    牡5 500万下 1:54.7 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 8.08
12R D1200 ブラックランナー    牡5 1000万下 1:11.7 +0.4 --- +0.5 -0.1 D C 8.86

中山1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。トモジャドットが最内枠から逃げ切った。
1着 トモジャドット 
 トモジャドットは最内枠から好スタートを切って、特に仕掛ける事もなく、スーッとハナ。直線に入るまで絡まれる事もなく、中山1200mにしてはペースも速くなかったので、逃げ切った。まぁ離して勝っているので、一概に低評価にはできないが、かなり上手く行ったのは確かで、それほど余力も無かったので、昇級してすぐに通用すると言いにくい。
2着 セイクリッドサン 
 2着のセイクリッドサンは初出走。大外枠だったこともあって、前半はスムーズだったが、3コーナーで馬の後ろに入ると砂を被って手応えが悪くなった。ただ、直線で前に馬がいなくなって砂を被らなくなると、一気に伸びて来た。砂を被って手応えが悪くなったのは、初出走だからで、慣れた次走は大丈夫と言うなら、次走は有力だが、そうではなくて根本的に砂をかぶるのが苦手な馬だとすると、特に内枠に入った場合は厳しそう。どちらの可能性もあるので、今の所、印としては▲という感じで、ただし外枠なら一気に本命候補となる。
3着 アールランペイジ 
 3着のアールランペイジは、馬場差の違いを考慮しても、前走よりタイムは詰めていて、上位2頭は強かったということ。次走も上位候補だが、この2着・3着・という着順だけで押し出されたような人気になると、信頼度は高くないと思う。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中山5R 3歳未勝利 注目
 勝ったスマイルと2着のラヴィアンレーヴについて。どちらも直線の伸びが素晴らしかった。
1着 スマイル 
 まず、スマイルだが今回が初出走だった。デビューが遅くなった大型馬らしく、全体に緩さが残って、モッサリとしたスタートで後ろから。直線で差を詰めてきたという程度でも、次走は注意したいぐらいの状況だったが、直線入り口でロスなく外へ出せたとは言え、余裕すら感じさせる勝ち方だった。将来性は豊かだと思う。
2着 ラヴィアンレーヴ 
 続いて2着のラヴィアンレーヴだが、デビュー戦だった前走は心房細動で大差負けだったが、2戦目できっちり変わって来た。4コーナーでスマイルより先に動いて、外へ出したスマイルと接触したが、モノともせず、しっかり伸びていた。4コーナーで外を回っていた事を考慮すると、勝ち馬と同等の評価が可能だと思う。次走はかなり有望。
中山10R 東風S タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山11R アネモネS 注目
 日曜11R牝馬限定の3歳オープン、リステッド競走のアネモネステークスは桜花賞トライアルなので、触れておく。
 さてこのレースはオープンだが、ダートの交流重賞で2着で賞金を加算していたデンバーテソーロを除いて、全て500万条件の馬だった。つまり勝ったルガールカルムとデンバーテソーロ以外はまだ500万下に出走できる。こういう実質500万みたいなメンバー構成のオープン特別で好走した馬が、次に500万下で自己条件なら力は上とされて、人気になると危ないケースが結構多いが、このレースの勝ちタイムは仮に500万下にあてはめると、完全タイム差がマイナス0秒4でBランクとなる。平均よりレベルの高い500万下というタイムなので、ここの上位馬は500万下なら有力として良い。
1着 ルガールカルム 
 まず勝ったルガールカルムだが、直線で左手前となる右回りだと、やはり伸びが違う。楽勝だった。仕掛けて好位を取りに行って、それでもしっかり伸びたという事も良い。ピッチ走法なので、阪神外回りでどうなのかというのは、甚だ疑問だが右回りならかなり走る馬ではある。
2着 レッドアステル 
 2着のレッドアステルは跳びが大きくて、阪神外回りに向くという点では、ルガールカルムよりも上だと思う。

  馬券Summary
冬の京都芝のその後
 今年1月・2月の京都芝は京都の芝としては異例なほど重くて、時計が掛かっていたという事は、その開催中に何度も触れた。では、その重い京都の芝で走った馬のその後はどうなっているかだが、
冬の京都芝のその後
まず今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走も京都芝の同じクラスに出走した場合。まぁコレ当たり前の話だが、2着馬の成績が抜けて良くて、次は3着馬。4着馬・5着馬はあまり良くない。続いて今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走で他の競馬場の芝の同クラスに出走した場合。これ特に3着以内率を比べると、前走2着・3着でも、前走4着・5着でも大して変わらない。これ人気を考慮すれば前走2・3着よりも、前走4・5着を買うべきというレベルで、実際に前走4着馬・5着馬の複勝回収率はどちらも100%を超えている。先週のレースから象徴的な例を挙げると、土曜阪神4R。前走2月の京都芝で5着だったヒーリングマインドが勝って、前走2月の京都芝で2着だったサンライズアキレスは5着。また、このレースの2着カズマークセンは、2月の京都の芝でサンライズアキレスに0秒3離されていた、ディープインパクト産駒だった。今年冬の京都芝で、ディープインパクト産駒が苦戦。特に体重の軽い牝馬が苦戦していると話を1月にしたが、最終的にはもう2回歳で12勝した。しかし、馬場が合わないのに、能力だけで上位に来ていたというケースも多くて、今年1月・2月の京都芝で3着以内だったディープインパクト産駒が、次走で他のコースの芝の同クラスに出走した場合は、2勝2着3回3着5回。12回走って4着以下が2回しかなく、極めて好走確率が高い。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-