2019年1回中山2日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 1週目の馬場差2000m対象の数値は初日の土曜日がマイナス0秒7、日曜日がマイナス0秒8だった。中山は実質的に、昨年暮れからの連続開催ですので、まずは昨年5回開催3日目からの馬場差を確認しておく。全てマイナスの数値だが、5回開催後半から年明けにかけては、高速馬場という程ではなかった。ただ、昨年最終日と比べると先週は時計が出やすくなっていた。暮れのAコースからCコースに移ったことで、馬場差はマイナス方向に動いたが、先行馬が有利とか内を通る馬は有利と、そういう馬場にはならなかった。なお、先週土曜の方が日曜より時計が掛かっていたのは、土曜は朝に霜が降りて日曜より含水率が高かったため。この開催は7日間全てCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、前の開催については風の影響で時計が掛かった5日目の1800m以外は全てマイナスの数値だった。年が明けて1200mはマイナスゾーンだったが、1800mは土日ともに水準レベルで。マイナスの数値ではなかった。
 昨年の12/24以降、雨が降っていないので、パサパサに乾いたコンディション。で、1800m・1200mともに昨年暮れより時計が掛かるようになった。とは言っても、例年の冬の中山に比べれば、速い時計が出ているが、特に1800mでは500キロ以上の大型馬の好走が多い。この辺りは冬の中山らしく、パワー勝負の馬場であることは間違いない。


  タイム分析
 2019/01/06 (日)  芝=-0.8  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 グロオルロージュ    牡3 未勝利 2:02.3 -0.8 --- ±0 -0.8 C B 6.00
7R T2000 イェッツト    牡4 500万下 2:01.3 -0.3 -0.3 +0.2 -0.8 C C 6.71
9R T2200 ウラヌスチャーム    牝4 迎春S1600 2:14.1 +1.1 -0.6 +1.4 -0.9 SL C 6.25
10R T1600 ヴァッシュモン    牡3 ジュニア 1:33.8 -0.9 --- -0.3 -0.6 C C 5.20
12R T2000 ゴールドギア    牡4 1000万下 2:01.0 +0.1 -0.2 +0.7 -0.8 D D 7.33
 2019/01/06 (日)  ダ=+0.1 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ヴィルトファン    牝3 未勝利 1:12.4 -0.6 --- ±0 -0.6 C D 8.93
2R D1800 セイヴァリアント    牡3 未勝利 1:57.4 +1.5 --- +1.4 +0.1 E C 4.77
3R D1800 アンダープロミス    牡3 新馬 1:58.4 +2.1 --- +2.0 +0.1 E C 8.14
6R D1200 アメイズミー    牡5 500万下 1:11.6 -0.3 --- +0.3 -0.6 D D 7.75
8R D1800 サイドチェンジ    牡5 1000万下 1:53.9 +0.7 --- +0.6 +0.1 D D 7.07
11R D1800 テーオーエナジー    牡4 ポルック 1:53.3 +1.5 -0.4 +1.0 +0.1 SL D 8.60

中山2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳新馬 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
中山7R 4歳上500万下 注目
 5着だったソイルトゥザソウルについて。
5着 ソイルトゥザソウル 
 このレースは前半1000mが1分2秒2、後半1000mが59秒1という緩やかなペース。4コーナーで前にいた5頭中4頭が1着から4着までを占めた。そういうレースで出遅れて後方から。しかも、4コーナーでかなり外を回っていたが、直線でしっかりと伸びて来た。2000mは今回が2回目だが、初めて2000mに出走した昨年11月の福島でも遅い流れを追い込んで来て3着だった。1200mや1600mでも好走しているが、恐らくベストとは2000m。2000mで流れに乗れるようなら前進を期待できる。
中山9R 迎春S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。このレースの前半1200m通過は1分15秒0。中山芝2200mは外回りでもあり、前半が遅くても残り1000mから11秒台に突入することが多いが、このレースはラスト600mまで、それほどペースアップしなかった。従って、全体のタイムが遅くなるのも仕方が無い。
1着 ウラヌスチャーム 勝ち馬注目
 勝ったウラヌスチャームはエンジン全開になるまで時間が掛かるので、不発のパターンはローズSのようなスローペースで、位置取りが後ろになってしまうというモノ。今回はそれほど前から離されていなかったが、馬群の中にいた事もあって、4コーナーでまだ仕掛けていない。そして直線で少しもたついたように見えたが、ゴールの時点でようやくエンジンが掛かったというレース内容ですから、高く評価できると思う。
中山11R ポルックスS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。まず800m通過が51秒6、そこから12秒1-12秒6-12秒3-12秒0-12秒7というラップだった。芝なら、残り1000mからペースアップすれば挽回して、全体のタイムも速くなったりするが、ダートだとトップスピードに限界があるので、挽回しきれない。
1着 テーオーエナジー 
 800mから1000mにかけて、12秒1と一気にペースアップしたのは、勝ったテーオーエナジーがそこで先頭に立ってペースを上げたからであり、テーオーエナジーに関しては、スローペースで恵まれたとは言えない。
2着 ホーリーブレイズ 
 2着ホーリーブレイズ・3着シャイニービームはスローペースを差し込んで来たのは確かだが、このタイムで4馬身差だと過信禁物だと思う。
3着 シャイニービーム 
 2着ホーリーブレイズ・3着シャイニービームはスローペースを差し込んで来たのは確かだが、このタイムで4馬身差だと過信禁物だと思う。

  馬券Summary
今さら?ヘニーヒューズ
 ヘニーヒューズ産駒の特徴や傾向、それも芝向きなのかダート向きなのかという点に触れるのも、まぁ今更感満載だが、まずは各種成績をご覧ください。
今さら?ヘニーヒューズ
 全体の成績を見れば一目瞭然でダート向き。そもそも出走回数が圧倒的にダートの方が多いので、これだけでは馬券の役に立たないが、次の新馬戦。芝でデビューする馬が多いことに注目。ヘニーヒューズ産駒のJRAでの初勝利は、外国産馬ヘニーハウンドで芝だった。JRA重賞の初勝利も、これま外国馬ヘニーハウンドで芝のファルコンステークス。そしてJRAのG1初勝利がこれまた外国産馬アジアエクスプレスの朝日杯フューチュリティステークスだった。このヘニーヒューズ自身が輸入される前の外国産馬や持ち込み馬が芝で走っていたというイメージが残っているのか、とりあえず芝でというデビューも少なくない。しかし、新馬戦に限ってもダートの方が成績は良い。ただし、芝の全体の成績と比べれば、芝の新馬戦の勝率は良い。一般論として、こういうダート向き種牡馬の産駒というのは、2歳時や3歳初期には芝でも好走することが多い。しかし、3歳の夏以降になると適正の違いが強く出るようになって、もう3歳7月以降の芝では全く買えないというレベルの成績になってしまう。じゃあ芝からダートに変わった時が狙い目かと言うと、これまた簡単ではなくて、芝からダートに変わった時に狙えると言えるのは、未勝利戦だけ。で、芝でデビューして勝てなかった馬がダートに変わったところで狙うというのが、今のところピンポイント狙いになる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26