2019年1回阪神1日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。
 洋芝の種をまいて、4週間シートを被せて養生した事でかなりキレイな緑色の馬場になっていた。昨年時点での野芝の傷みは解消されていないので、その見た目のキレイさ程は超高速馬場ではなかったが、例年の1回阪神の開幕週と似たような時計の出方だった。スローペースが多かったので、前残りが多かったが、前が止まりにくい馬場ということではないはず。次の2回阪神の1週目までの5週間Aコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。
 火曜日に降った雨の影響が残っていて、土曜日は稍重でスタート。乾くスピードが遅く、土曜は11Rだけが良馬場に回復しているが、馬場差は変動では無かった。日曜日もそれほ乾燥は進まず、時計の出方は土曜とあまり変わらず。土日とも時計の出方は水準レベルだった。まぁ土曜は何かやたら差しが決まっていたが、日曜はそうでもなく、差しが決まりやすい馬場だったということではないと思う。土曜に差しが多く決まっていたのは、展開やメンバー構成の影響だと思われる。


  タイム分析
 2019/02/23 (土)  芝=-1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 ダノンテイオー    牡3 未勝利 1:48.4 +0.2 -0.3 +0.8 -0.9 D C 7.45
8R T2000 ブラックジルベルト    牡4 500万下 2:01.7 +0.8 -0.4 +1.4 -1.0 E D 7.44
9R T2200 メールドグラース    牡4 尼崎S1600 2:12.4 -0.2 --- +0.9 -1.1 E C 5.63
10R T1200 ディアンドル    牝3 マーガレ 1:09.1 +0.1 --- +0.7 -0.6 D D 7.50
12R T1600 メイショウオーパス    牡4 1000万下 1:34.5 +0.5 -0.9 +0.4 -0.8 D C 3.00
 2019/02/23 (土)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ピアシック    牡3 未勝利 1:13.1 -0.2 --- -0.1 -0.1 C D 8.58
2R D1800 ハイパワードトップ    牡3 未勝利 1:55.1 +0.5 --- +0.7 -0.2 D C 3.00
3R D1200 ケプラー    牡3 新馬 1:13.6 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 8.40
5R D1400 ボストンテソーロ    牝3 500万下 1:24.7 -0.6 --- -0.4 -0.2 B C 7.33
6R D1800 インテグリティー    牡6 500万下 1:53.3 +0.2 --- +0.4 -0.2 D C 6.14
7R D1400 カウントオンイット    牝5 500万下・牝 1:24.9 ±0 --- +0.2 -0.2 C D 9.00
11R D2000 テルペリオン    牡5 仁川SH 2:05.7 +1.7 -0.4 +1.5 -0.2 E C 6.64

阪神2R 3歳未勝利 
2着 アイキャンテーラー 通信簿
 2番人気2着だった。後続を振り切ったところで一気に勝ち馬に差されてしまった。勝ち馬は強かったですし、こちらも力は見せている。次走も好勝負だろう。
阪神3R 3歳新馬戦 注目
 3着だったリトルウィッチについて。
3着 リトルウィッチ 
 これは是非見ていただきたいが、スタート自体は速くないが、脚の回転に恐ろしく速くて、素晴らしいダッシュ力だった。ただ、この走りから想像できるように、やっぱり追っ手から伸びるタイプじゃなくて、阪神みたいに直線に坂のあるコースだと1200mでも長かった。最後ちょっと失速してしまう。で、このタイプは平坦コースの1200m未満なら前半のダッシュ力の鋭さを全面的に活かせるはずですから、連闘で小倉1000mに出てきても面白いですし、その後は福島。1150m辺りだと狙えると思う。
阪神5R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。アナスタシオが先手を取って直線に入って行ったが、2番手にいたボストンテソーロが並んで行き、交わして抜け出して行く。それを追ってアヴァンティストもアナスタシオを交わして2番手に上がったが、ボストンテソーロが4馬身差をつけて1着。2着アヴァンティスト、3着アナスタシオ。
1着 ボストンテソーロ 勝ち馬注目
 ボストンテソーロが昇級2走目で勝ち上がった。ボストンテソーロは好スタートを切って、行く気になら行けるぐらいだったが、内のアナスタシオを行かせて2番手から。残り200m付近から追い出すと、一気に突き放した。外枠から好スタートを切って、スムーズに運べたとは言え、楽勝でタイム短縮は十分に可能。実際2着だった前走の自身の完全タイム差はマイナス0秒6で、今回よりも速かった。ならば、オープンでも差はないだろう。
2着 アヴァンティスト 
 2着のアヴァンティストはダートに入った辺りで外から閉められて、手綱を引き馬群に入った。初めてのダートでなかなか厳しいレースになったが、砂を被っても問題なく、直線でもしっかり伸びていた。まぁダート適性はかなり高くて、今回の完全タイム差はプラスだが、次走は有望だろう。
3着 アナスタシオ 
 3着のアナスタシオは1800mからの距離短縮でも楽に先手を取れたが、勝ち馬があまりかわいがってくれなかった事もあって、最後は止まり気味。とは言えダート1400mで勝っているように、やはりベストはこの条件。次走も上位候補となる。
5着 パイロテクニクス 
 2番人気で5着のパイロテクニクスは好位で手応えは良いように見えたが、伸びなかった。前走でボストンテソーロとの差が開いていて、長距離輸送で体重が減っていたことが原因かもしれない。
阪神8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 尼崎S タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神11R 仁川S タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
3着 アングライフェン 通信簿
 1番人気3着だった。まさか勝って斤量を据え置きとは思わなかったが、それでもこのメンバーのハンデ戦では厳しいと思った。3着に来られたので私の負けです。すみません。
阪神12R 4歳上1000万下 注目
 3着だったフォックスクリークについて。
3着 フォックスクリーク 
 このレース超スローペースだが、その2番手から直線で先頭に立ちかけて、なのにそこから差し返される感じで3着ですから、非常に印象が悪いが、まず前半、ハミを噛んでかなり行きたがっていた。前走も好スタートから2番手に下げたら、行きたがっていて、現状の課題は折り合いだが、次走は逃げるか思い切って下げるかどちらか極端な乗り方をする予感がする。レース後のジョッキーのコメントにもそういう気配がある。今回のような印象の良くない負け方をしても、人気が落ちそうもないのがネックだが、今回の負け方を見て、単純に評価を下げない方が良いと思う。

  馬券Summary
中山記念今昔物語
 今年中山記念、ウインブライトが勝って連覇になったが、中山記念は昔有名なリピーターレースで、2005年から2009年にかけては5年連続で、過去に中山記念で3着以内があった馬が勝った。なぜ中山記念がかつてリピーターレースだったかと言うと、直接つながるG1が無かったためだろう。春の天皇賞へのステップレースは阪神大賞典・日経賞、それと大阪杯が普通で、天皇賞を目指して中山記念に出走するという馬は極めて少なかった。ということで、当時の中山記念は、そこにある高額賞金の重賞であって、従ってG1ではちょっと足りないような馬が何度も好走していた。その傾向が変わったきっかけが、2011年にヴィクトワールピサが中山記念を勝って続くドバイワールドカップを勝った時から。2014年以降は毎年次走が海外のG1という馬が出走している。つまり、G1を目指して中山記念をステップレースに選ぶケースが増えた。
この中山記念そのものの時期とか条件は変わっていないが、ドバイや香港に向けてのステップレースに適したレースであるという発見をされてしまったので、以前とは位置づけや性格が変わった。今どき中山記念はリピーターレースと言っている人はほとんど見ないが、あるレースの時期や条件が変わっていなくても、その周辺のレースが変わったりすると、傾向が変わることがあるので重賞の過去の傾向を重視するような人は注意した方が良いと思う。
 海外G1を目指す馬が出走するようになったからと言って、彼ら・彼女らがいつも好走する訳ではない。今年の中山記念にはドバイを目指すディアドラとスワーヴリチャードが出走したが、1番人気と4番人気で6着と4着。ただ、これは珍しいことではない。ヴィブロスだが、一昨年は中山記念5着でドバイターフ1着。昨年は中山記念8着でドバイターフ2着だった。海外遠征を控えた馬は、走行ムードもあって人気になりがちだが、そこは冷静に見極めたいところ。ちなみにディアドラは、昨年京都記念6着からドバイターフに向かって3着だった。今年も中山記念はあくまでステップレースだったと思われるので、ドバイなら狙えると思う。スワーヴリチャードはもう中山が苦手なことは有名なので、まぁ仕方ない結果で、左回りで直線が長いドバイでは期待できるのではないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26