2019年3回京都8日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒8だった。遡って8日間の馬場差を確認すると、マイナス1秒8からマイナス1秒5の間で推移しており、大きな動きはない。
 先週から開催後半に入って、時計が掛かり始めてもおかしくなかったが、Dコース使用に変わって、むしろ開幕週のレベルに戻った。いずれにしても、早い時計の出るコンディションは変わっていない。あとDコースに変わった影響か、土曜は前めにつけた馬が粘るケースがあったが、日曜は徐々に差し有利にシフトして行った。ただ、日曜9Rのように、内を突いて差して来る馬もいたので、内々もそんなに荒れていない感じもある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、週によっていくらか時計の出方が異なるが、水準かそれに近いレベルで推移しており、大きな動きはない。
 東京ダートと少し似た表現になるが、土日ともに良馬場でマイナスの数値になったのは先週が初めて。ただ、そもそも時計の出方に大きな違いはない。あと上位馬の脚質を見ると。11鞍の内逃げ馬が8連対だった。前残り傾向が強まった。この点は詳しく後ほどのコーナーで触れたいと思う。


  タイム分析
 2019/05/12 (日)  芝=-1.8  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 モアナアネラ    牝3 未勝利・牝 2:00.8 -1.0 -0.7 +0.1 -1.8 C D 9.40
4R T1800 ジュンサロベツ    牝3 未勝利 1:48.1 -0.3 -0.9 +0.4 -1.6 D D 8.09
6R T1600 クロウエア    牝3 500万下・牝 1:33.7 -0.8 -0.5 +0.1 -1.4 C C 8.00
9R T2400 マスターコード    牡5 白川特別1000 2:24.1 -2.0 -0.6 -0.4 -2.2 C C 8.00
10R T1600 オールフォーラヴ    牝4 錦SH1600 1:31.6 -1.7 --- -0.3 -1.4 C C 7.88
12R T1200 タイセイブレーク    セ5 1000万下 1:07.7 -1.0 --- +0.1 -1.1 C D 7.60
 2019/05/12 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 メイショウハート    牡3 未勝利 1:25.5 -0.1 --- ±0 -0.1 C C 8.20
2R D1800 スズカブランコ    牡3 未勝利 1:54.6 +0.7 --- +0.8 -0.1 D D 9.20
5R D1800 ダンツキャッスル    牡3 500万下 1:52.0 -1.0 --- -0.9 -0.1 A C 7.22
7R D1400 メイショウヴォルガ    牡5 500万下 1:24.6 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 6.33
8R D1800 ブリッツシュラーク    牡5 500万下 1:52.8 +0.2 --- +0.3 -0.1 C C 5.08
11R D1400 ノボバカラ    牡7 栗東SH(L) 1:22.9 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 8.30

京都3R 3歳未勝利・牝 注目
 1000m通過が62秒5と前半が遅かった分、勝ち時計は平凡だが、上がりは速くてペース補正を加えると、タイムランクはCになった。中でも勝ち馬の強さは際立っていた。
1着 モアナアネラ 勝ち馬注目
 その勝ち馬のモアナアネラだが、スタートはちょっと出遅れた。ただ、道中少しずつポジションを上げて行って、3コーナーではもうすでに好位まで押し上げていた。そして追うとスッと伸びる感じはなかったが、エンジンが掛かると一気に加速して2着馬に3馬身もの差をつけた。馬体は420キロしかなくてキャシャに映るが、切れ味は相当ですね。この馬実は、母がジェンティルドンナという良血馬で、ようやく一皮むけた感がある勝ちっぷりだった。次走が楽しみ。
2着 ランランウイング 
 そして2着ランランウイングはスローで逃げて勝ちパターンに持ち込んだが、今回は勝った馬が強かった。初勝利は近いと思う。
3着 ミカエリビジン 
 そして3着ミカエリビジンは初戦が出遅れて、直線だけの競馬になったが、今回は正攻法の競馬で健闘した。内容は確実に良くなっていますし、次走も圏内。
4着 フェータルイヴ 
 4着フェータルイヴはスローペースの中、3・4コーナーで一気に脚を使う競馬になった。その分、ラストの伸びを欠いた印象。次走もメンバーと展開次第。
京都4R 3歳未勝利 
3着 プレイリードリーム 解説推奨
 これまず映像を見てください。ご覧のように、ゲートの出が悪かった。この後も道中馬群から離される展開になった。大分離されている。それでも勝負所からスッと前に取り付くと、ラストまで良い伸びを見せた。結局、この後離されたが、ラストはジュンサロベツ(勝ち馬)と同じぐらいの脚は使っている。この馬、実はここまでデビュー戦・2戦目とダートに使われて、それぞれ勝ち馬から2秒6と5秒6も負けていた馬。それが3走目の今回は芝に使われた事で、ようやく自身が戦える場を見つけた印象。まだゲートに不安があって、前にも着いて行けないと思うが、きっかけを掴んだのは確かですし、今回単勝オッズが266.8倍もついていた馬。次走も極端に人気する事はないと思うので、狙ってみたいと思う。
京都5R 3歳500万下 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。さぁまずはスタートだが、1番人気のシホノフォルテがやや遅れる。一方、好スタート1枠からダンツキャッスルが先手を取って直線に入って行く。道中2番手にいたノヴェッラは4コーナーで後退。2番手争いではロフティネス・ハギノアトラスが直線でも粘っていたが、外からシホノフォルテが上がって来る。しかし、ダンツキャッスルがリードを広げての逃げ切り勝ち。5馬身差の2着シホノフォルテ。3着にロフティネスの入線だった。
1着 ダンツキャッスル 
 ダンツキャッスルがダート1800mに戻って2勝目。ダンツキャッスルは内から主張して先手を奪って、道中プレッシャーをかけられる場面がありながらも後続を寄せ付けなかった。前走は芝で2着だったが、2走前はBランクの時計で勝利している。やはりダート適性は高い。現状、逃げた時とそうでない時の差が大きいので、次走上位候補とはしないが、再度逃げる形に持ち込めるようなら、オープンクラスでも勝負になって良い。
2着 シホノフォルテ 
 2着以下は勝ち馬から5馬身以上離された。2着シホノフォルテは向正面でマクって行って 、一気に脚を使う形で、それでもラストまでしぶとく粘った。この馬も、未勝利戦をBランクの時計で勝っている馬。多少ズブさはあるが、時計勝負に対応できる下地は十分ですし、次走も引き続き有力。
3着 ロフティネス 
 3着ロフティネスは陣営のコメント通り、減量騎手起用で積極的な競馬をした。ここ3戦は控える形で結果を残せなかったが、今回で浮上のきっかけをつかめた。未勝利戦をEランクの時計で勝っている馬だけに、今回で時計を詰めた点も評価できる。
京都6R 3歳500万下・牝 注目
1着 クロウエア 勝ち馬注目
 これ1着のクロウエアはスタートがちょっと遅かった。ただ、その後は馬の後ろにつけて折り合いに専念して、4コーナーで外に持ち出すともう一気に後続を差し切った。レースのラスト400mは11秒1-11秒2と速くて、見た目だけではなく、数字的な裏付けもある。初戦の勝ちっぷりが良く、注目していたが、今回の方がさらに強かった。この内容なら昇級しても勝ち負けになる。あとはもう距離がどこまで保つかだろう。2000mもこなせるようなら、秋が楽しみになって来る。
2着 アルティマリガーレ 
 そして2着アルティマリガーレは勝負所で馬群に包まれて、動くに動けない場面があった。その間に、結果勝ち馬には抜け出されてしまった。敗れはしたが、強い内容の2着。こちらも次走勝ち負けになる。
3着 マイエンフェルト 
 そして3着マイエンフェルトは上位2頭に切れ負けしたが、見せ場は作った。今回の内容を見ていると、マイルももちろんこなすが、1400mの方がより良いかなと思った。
4着 ミッキーバディーラ 
 そして4着ミッキーバディーラは切れ味で見劣った。1・2着馬とは現状、力量差がある印象だった。
京都11R 栗東S 注目
 短距離戦にしては先行馬が少なくて、展開が読みづらかったレース。結果、各馬の力量差が結果に反映されたというよりかは、単なる行った行ったの競馬になってしまった感じ。次走巻き返して来る可能性のある馬もいたので、ここで取り上げておく。
1着 ノボバカラ 
 勝ったノボバカラは1番枠から手綱をしごいて先行して、2番手につけてしぶとく粘った。ただ、今回は枠順、先行馬が少ない組み合わせ上手く活かした感じ。加えて、この馬実は中央の重賞を2勝していて、地方交流1勝という実績を考えれば、今回55キロの斤量は恵まれていた感じはする。次走信頼まではどうかと思う。
2着 リアンヴェリテ 
 そして2着リアンヴェリテは近走、中距離に使われていたが、今回目先を変えて短距離戦に出走して来た。結果、先行馬が少ない組合せに助けられた印象。逃げられないとモロいタイプなので、次走は危ういかなと思う。
3着 キングズガード 
 それなら3着キングズガードの方が評価できる。内を上手くスクッたとは言え、恵まれない展開の中、よく差を詰めたと思う。
4着 スマートダンディー 
 一方、1番人気のスマートダンディーは4着、2番人気ヌーディーカラー8着だった。スマートダンディーは前2頭を交わせず、後ろから来たキングズガードにも差された。ちょっと物足りない内容でしたし、次走もそれなりに人気にはなると思うが、この内容だと怖さはある。
8着 ヌーディーカラー 
 一方、1番人気のスマートダンディーは4着、2番人気ヌーディーカラー8着だった。あと8着ヌーディーカラーは出遅れた上に、前残りの競馬になって、全く力を発揮できなかった。今回は度外視できる1戦。

  馬券Summary
確かなこと
 小田和正さんの曲のようなタイトルをつけたが、これは実は曲ではなくて、脚質傾向の話。今開催の京都は比較的天候に恵まれて、馬場差の変化が小さい。ただし、芝はやっぱりCからDコースに替わったりとか、さらに馬場の傷みという要素も加わってくるので、脚質傾向が読みづらい部分はあるが、一方ダートは傾向が結構安定している。結論から言えば、時計の出方に関係なく、パサパサなら前に行った馬が残って、少し湿ると差しが届きやすくなっている。タイム分析でもお話した通り、先週のダートはパサパサの良馬場だった。
確かなこと
結果11鞍あって、逃げ馬が8連対した。今開催の中では最も先行馬の活躍が目立った。という訳で、今開催の京都は6週間の開催で、実はあと2週開催が続く。中間の雨の降り方を見つつ、馬券作戦に活かして行きたいと思う。口うるさいですが、もう一度言っておくと、馬場差に関係なく、乾けば先行有利で、少し渋れば差しも届くという状況。そもそも競馬というのは、不確定要素が多いが、この傾向はある程度信用して良いんじゃないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26