2019年2回阪神1日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒7だった。阪神も連続開催でしたので、遡って8日間の馬場差を確認しておくと、土日ともに稍重だった前の開催4週目だけはプラスの数値だった。先週はAコース使用5週目だったが、土日ともに良馬場で、再びマイナスゾーンに入った。
 木曜日・金曜日未明に若干の雨が降った。それでも先々週がプラスの馬場で行われた割に、芝の傷みは少なくて、土曜・日曜共に前開催3週目までのマイナスの数値に戻り、Aコース5週目としては上々のコンディション。内も比較的荒れていない。脚質的には外からの差し・追い込みが届いていた印象もあるが、あくまで純粋な脚力の違いが出た結果。今週からの3週はBコースが使用される。芝も生育するようになるので、良馬場ならマイナス1秒台の馬場差となる可能性が高い。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、マイナス1秒台の日はない。
 雨の影響から土曜は稍重スタートだが、朝の段階でも含水率は4コーナー・ゴール前ともに約7%。乾き気味だった。5Rから良馬場発表になった。馬場差は土曜がマイナス0秒3、乾いた日曜がマイナス0秒1。水準に近かった。短距離は前に行った組が優勢だが、中・長距離は差し・追い込みが決まっていた。


  タイム分析
 2019/03/23 (土)  芝=-0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 アルティマリガーレ    牝3 未勝利 1:22.4 -0.5 --- ±0 -0.5 C D 9.25
6R T1400 アイラブテーラー    牝3 500万下 1:21.6 -0.6 --- -0.1 -0.5 C C 5.82
9R T1800 フェアリーポルカ    牝3 君子蘭賞500 1:46.8 -0.6 --- ±0 -0.6 C C 5.91
10R T1600 エアアルマス    牡4 天神橋H1000 1:33.3 -0.7 -0.4 -0.5 -0.6 B C 4.91
11R T1800 ランスオブプラーナ    牡3 毎日杯G3 1:47.2 +0.6 -0.6 +0.6 -0.6 D D 7.27
 2019/03/23 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 プレミアムギフト    牝3 未勝利・牝 1:55.6 +1.0 --- +1.3 -0.3 E D 11.00
2R D1400 マイネルプリサイス    牡3 未勝利 1:26.3 +0.2 --- +0.4 -0.2 D D 8.23
3R D1200 メイショウヤシャ    牡3 未勝利 1:13.1 -0.2 --- ±0 -0.2 C D 6.93
5R D1800 アイキャンテーラー    牡3 未勝利 1:54.4 -0.2 --- +0.1 -0.3 C D 5.64
7R D1400 ミヤジヴィジェ    牝5 500万下・牝 1:25.3 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 6.33
8R D1800 ウインフォルティス    牡4 500万下 1:54.4 +1.3 --- +1.6 -0.3 E D 7.64
12R D1200 ミッキーマインド    牡4 500万下 1:12.1 -0.2 --- ±0 -0.2 C D 6.58

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
阪神10R 天神橋特別 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 エアアルマス 勝ち馬注目
 エアアルマスは2走目以降全て芝1600mに出走し、3勝全てがこの距離。1着のエアアルマス、外を突き抜けて上がり600m推定タイムは、この馬だけ33秒台。2歳12月にも同じ阪神外回り1600mの未勝利戦をBランクで勝っていた。得意な条件だが、馬場状態や展開に左右される面があった。キレイな馬場で、ある程度でペースが流れる事、注文はつくが、今回の勝ち方は吹っ切れた面も伺えた。1600万下でもやれそうな感じがする。京都に行っても3戦3連対と実績がある。
2着 サウンドキアラ 
 2着以下は勝ち馬から2馬身半以上の差があった。2着のサウンドキアラは0秒4差、Cランク相当。好位の内でロスなく乗られて、直線は逃げたオーマイガイの最内を突いた。休養から復帰後は、2着・3着・2着・2着。勝つイメージが乏しいが、競馬が上手くて連軸候補には最適な存在。
3着 エルプシャフト 
 3着のエルプシャフト、馬群の中で脚を溜めて抜けるタイミングはズバリだったと思う。これで離された3着に落ちてしまうのが、ジリ脚の悲しさ。同じ急坂なコースでも、中山の方が若干良い、そんな気もしているが、まぁ頭からは狙えない。そんなタイプ。
阪神11R 毎日杯 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。ウーリリ・ルモンドらがやや遅めのスタート。一方最内枠からランスオブプラーナが先手を取って、直線に入った。先頭はランスオブプラーナ。その横にいたダノンテイオーとコパノマーティンが少し脚色が一杯になって、内で脚を溜めたウーリリが一完歩ごとに前のランスオブプラーナに迫って行く。一方、外から追い込んで来るのは、5.ケイデンスコールとその外1番人気13.ヴァンドギャルド。この2頭が結構良い脚で追い込んで来たが、内の2頭が先着。ウーリリが2着、内のランスオブプラーナ、ギリギリ残った。
1着 ランスオブプラーナ 
 ランスオブプラーナ逃げ切り、重賞初制覇。毎日杯が阪神芝外回り1800mで行われるようになった2007年以降、逃げ切り勝ちは初めて。前半1000mが1分0秒7。好枠から逃げてスローのマイペースに持ち込めた。同じ阪神外回り1800mのアルメリア賞を逃げ切って、今回は時計を0秒3短縮して、重賞勝ち。きさらぎ賞3着といい、少し手薄な番組を狙って結果を出している。それに過ぎないのかもしれないが、自分で競馬を作れるスピードと相手なりに走るしぶとさは評価しなければいけないと思う。こうしたタイプは何回でも恵まれる、そんな馬。
2着 ウーリリ 
 そして2着がウーリリ、3着がヴァンドギャルドで、上位人気の3頭が3着までを占めた。2着のウーリリは好位のインで仕掛けを温存。直線内から叩き出して、クビ差まで迫った。新馬勝ち後の2戦目、この時期に成長するのがディープインパクト産駒で、大幅な体重増も太くはなかった。マカヒキの全弟。お兄さんの同時期と比較すると、大物感で劣る気もするが、まぁそれでも1戦ごとに良くなるのも確実に思う。次走以降も注目。
3着 ヴァンドギャルド 
 そして2着がウーリリ、3着がヴァンドギャルドで、上位人気の3頭が3着までを占めた。3着ヴァンドギャルド、上がり600m推定33秒9は4着のケイデンスコールと並んで最速タイだが、前に位置して内を進んだ2着ウーリリと0秒1しか違わないのですから、届かなくて当たり前。2戦目の東スポ杯3着から、人気が先行して、まぁ私もずっと本命をつけ続けて来たが、ちょっと買いかぶりすぎを反省している。脚はあるが、常にテンションが高くて気性が子供のよう。

  馬券Summary
中山内回り、1800mの馬、2000mの馬
 連続開催の中山、先週から後半に入った。前半の開催を見ていて、1つ気がついたことがある。月並みではあるが、同じ中山内回りでも芝でも1800mと2000mでは微妙に質が異なる点。3/9に行われた中山牝馬ステークスで、1番人気のノームコアは7着に敗れた。道中は後方を進んで、直線内を突いたが、馬群が密集して脚を余した。なぜこうなったかと言うと、1800mは1コーナーまでの距離が短くて、前目の位置につけられなかったから。同じ内回りでも2000mの昨秋の紫苑ステークスでは、1コーナーまでの距離が長いために、好位につけることができて楽勝している。中山巧者でも、ベストは2000mであって、1800mでは危険な人気馬だった。まぁ考えてみれば、出遅れた愛知杯で2着したのも、2000mだから届いた。その公算が高かったと思う。
 その翌週のフラワーカップでは、1番人気のエールヴォアが0秒4差の2着。逃げたコントラチェックの影を踏めずにゴール前で3着馬をハナ差交わして2着に上がるのがやっとだった。楽勝した前走のエリカ賞の阪神2000mとでは、4コーナーでの反応が違いすぎた。これもベストは2000mだった可能性が高い。昨年10月に1800mの2歳未勝利戦を圧勝してるが、あれは阪神外回り。中山の内回り1800mは忙しかったんだと思う。
 差し馬だけではない。逃げタイプのオスカールビーは、1800mの富里特別で失速して5着。しかし、次走2000mの平場戦でアタマ差2着に粘っている。ペースや相手関係もあるとは言っても、1800mはコーナーまでの距離が短く、ハナに行ききるまでに脚を使ってしまう。また、他馬の出方も速くなる。それが2000mではコーナーまでの距離があるので、前半のスピードの乗りが良くて、余裕を持って逃げのパターンに持ち込める。そんな気がする。
 あとウインプライトは1800mでも2000mでも勝っているが、どちらかと言うと、1800mがベストだと思う。中でも、中山のこの距離では3つの重賞を制している。ただ、今年の中山記念はG1馬が5頭。格下感が否めないで、5番人気で止まっていた。キーポイントは昨年56キロで2着だった2000mの中山金杯を、今年は58キロのトップハンデで勝ちきったこと。それだけ昨年より力をつけていて、十八番の距離なら・条件なら相手強化でも頭から狙って行けた。
 中山の場合、器用な馬は1800mがベストの馬でも、2000mをこなしてしまうケースが多い。ただ、不器用なタイプの馬には2000mから1800mへの200mの短縮が影響しやすくなっている。パフォーマンス上の派手さに騙されないで、よくその馬の特性を見極める。それが重要だと思っている。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-