2019年2回中山8日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒9だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、3日目まではマイナス1秒台だったが、その後は雨の影響を受けて、特に4日目はプラスの数値となった。先週は土日ともに良馬場で、マイナス1秒近くまで数値は戻った。
 先週は火曜日以降雨が降らず、馬場は乾燥していた。土曜の夜に少し雨は降ったが、馬場差に影響するほどではなく、馬場差は土日同じだった。Aコース4週目になって、3コーナーから4コーナーにかけて内側に傷みがあるが、避けて通るほどではなく、まだ速い時計が出るコンディション。今週までAコースが使用されるが、雨の影響を直接受けない限り、それほど時計の掛かる馬場にはならないだろう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mは時計の掛かるコンディションだった開幕週と比べ、その後雨の影響を受けた2週目・3週目は時計が出やすくなった。先週は土日ともに良馬場だったが、1週目と比較すれば時計の出やすいレベルだった。1200mは全てマイナスの数値で、4日目・5日目は速い時計の出るコンディションとなり、先週は水準に近いレベルだった。
 先週は火曜日以降は雨が降らず、馬場は乾燥していた。日曜は土曜より乾燥が進んで、土曜より時計が掛かるようになったが、雨の影響が残っていた6日目とほぼ同じで、極端に時計が掛かるようになった訳ではない。


  タイム分析
 2019/03/17 (日)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 シングフォーユー    牝3 未勝利・牝 1:49.1 -0.6 -0.6 -0.4 -0.8 B D 9.47
6R T1600 セリユーズ    牝3 500万下 1:34.9 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 7.36
8R T2000 ダイワメモリー    牝4 500万下 2:00.0 -1.6 --- -0.7 -0.9 B D 6.46
9R T1600 ショウナンライズ    牡6 幕張S1600 1:33.6 -0.1 -0.2 +0.4 -0.7 D C 6.90
11R T1800 エメラルファイト    牡3 スプリンG2 1:47.8 -0.3 --- +0.5 -0.8 D C 7.73
 2019/03/17 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 タイムリメンバード    牝3 未勝利・牝 1:57.3 +1.6 --- +1.3 +0.3 E D 9.29
2R D1800 マテリアルワールド    牡3 未勝利 1:55.8 +0.1 --- -0.2 +0.3 C D 6.10
3R D1200 グラスボイジャー    牡3 未勝利 1:12.7 -0.2 --- -0.1 -0.1 C D 10.08
4R D1800 ホウオウトゥルース    牡3 未勝利 1:56.2 +0.5 -0.7 -0.5 +0.3 B D 6.00
7R D1200 スーパーアキラ    牡4 500万下 1:12.2 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 5.86
10R D1200 シュウジ    牡6 千葉SH 1:10.3 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 9.36
12R D1800 グッドラックサマー    牡5 1000万下 1:53.4 +0.2 --- -0.1 +0.3 C C 7.23

中山1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ホウオウトゥルース 
 ホウオウトゥルースは前走7着から変わり身を示した。600mごとに区切ると、38秒2-40秒3-37秒7と中盤がかなり緩んでいて、かなり先行有利の流れだった。ホウオウトゥルースの最大の勝因は、スタートが良かった上に他に逃げるつもりの馬・騎手が不在で、楽に逃げられたこと。前に行ける馬っていうのは、常に恵まれる確率が高いので、昇級すると苦しいとは言えないが、常に好スタートを切って先行して来たと。そういう馬ではないので、普通に考えれば昇級してすぐに通用するとは、思えない。
 かなり先行有利の展開だったので、差し脚不発になった馬をチェックしたくなるが、目立つ伸びを見せた差し馬はいなかった。
2着 サクラルーフェン 
 2着のサクラルーフェンも楽に前に行けて、流れ込んだだけという内容だが、まぁ東京より中山向きなのは確か。
2着 サクラルーフェン 解説危険
 かなり先行有利な展開で、前に行って流れ込んだだけ。ペース補正を抜いても、この馬はCランク相当のタイムで走っているが、次走で普通の展開になったら、かなり苦しく感じると思う。で、これで中山では3着・2着だが、まず新馬戦の3着は勝ち馬から1秒5も離されていて、今回は繰り返すがかなり展開に恵まれている。恐らく次走も中山ダート1800mで、中山では安定している事もあって、人気になりそうだが、期待値は高くないと見る。
3着 フクサンダーク 
 そして3着のフクサンダーク、こちら前に行けないとダメというタイプではないが、この馬が前に楽に行けるぐらい緩い流れだったということは幸いしている。
中山5R 3歳未勝利・牝 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより0秒6速く、1800m対象の馬場差がマイナス0秒8だった事を踏まえると、 -0.6-(-0.8)=+0.2 となる。しかし、ペース補正が0秒6入っており、 +0.2-0.6=-0.4 で基準より0秒4速い勝ちタイムとなった。シングフォーユーは距離延長、初めての1800mで勝ち上がった。
1着 シングフォーユー 
 シングフォーユーはスタートが早すぎて、つまづきそうになったが、立て直して馬任せのまま先手を取ってマイペースで運んで逃げ切った。ペース補正マイナス0秒6で、完全タイム差マイナス0秒4。ギリギリのBランクですから、展開などに恵まれたことは確かだが、スタートが早くて労せず先手を取れるのが強み。昇級してもマイペースで運べれば、上位可能だろう。
2着 エスデス 
 2着エスデスは直線でよく伸びているが、勝ち馬との差は離れて行った。ヴィクトワールピサ産駒らしく、ワンペースで切れる脚はなさそうだが、好位につけられれば、崩れにくいタイプだと思う。
3着 タマノジュメイラ 
 3着のタマノジュメイラは4コーナー2番手から伸びを欠いた。バテている訳ではないが、ジリっぽい。芝の中距離だとなかなか勝ちきれないタイプに見える。
6着 ベレーザ 
 その他では6着のベレーザ。ここがデビュー戦で出遅れて、そして直線では内にもたれながらもしっかり伸びていた。素質は高そう。
中山6R 3歳500万下 
3着 ブーザー 通信簿
 2番人気3着だった。タイムランクAで未勝利を勝ったセリユーズが出走していたので、これには敵わないと思っていた。ズブい面を見せながら、脚は見せてくれたので、叩いた次走は大丈夫だろう。
中山8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 ダイワメモリー 
 ダートのレースが続いていたダイワメモリーが芝に戻って一変。1000mずつに分けると、前半59秒9、後半が60秒1。中山芝2000mで最も速いタイムが出やすいラップなので、完全タイム差マイナス0秒7というのは少し割り引いて考えた方が良いですし、差し馬が上位に来やすいラップでもあるが、それでもダイワメモリーの評価を著しく下げる必要はない。昨年6月からダートでずっと人気より下の着順を続けて来たが、元々芝で好走していたように、芝向き。
2着 ミッキーバード 
 2着のミッキーバードは2コーナー辺りで、行きたがっていたが、上手くなだめて最後までしっかり伸びた。体重は増えていたが、ほとんどが成長分。まだ次走は好勝負と言い切れない精神面の危うさはあるようだが、このクラスを勝ち上がるだけの能力はある。
3着 ジョブックコメン 
 3着以下はやや離されている。3着のジョブックコメンは、一瞬の脚が持ち味。なので、掲示板に載ることが多くても勝ちきれないが、後ろからだと長く脚を使わないと間に合わない展開にあって、今回は厳しかった。
9着 アルカサル 
 それから、前に行った馬には厳しい展開だったので、1番人気で9着のアルカサルなど、前に行っていた馬は見直しが可能。
中山11R スプリングステークス 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。クリノガウディーが逃げて4コーナーに入って行く。1コーナーでは先頭に5頭並んでいたが、クリノガウディーが内枠を活かして主導権を握った。どこかでガクンとペースダウンすることはなく、12秒前後のラップで進み、先行勢は息が入らなかった模様。残り200m付近までは、この逃げたクリノガウディーと先行したヒシイグアスが粘っていたが、もう手応えは残っていなかった。まずは、ディキシーナイトとエメラルファイトが前に出る。さらに外からファンタジストが伸びて来たが、エメラルファイトがこらえて1着となった。
1着 エメラルファイト 
 エメラルファイトが追い比べを制して、重賞初制覇。最初にタイム面の話をするが、中山芝の中距離で12秒前後のラップが続くと優秀なタイムが出やすく、このラップでDランクに止まると、レベルは低いと言わざるを得えない。ちなみに土曜のフラワーカップよりも1000m通過が0秒5速くて、勝ちタイムは0秒4遅い。この組は総じて皐月賞では厳しいと思う。従って、エメラルファイトの最大の勝因は、レースのレベルが高くなかったということになるが、クロフネ産駒らしく平均的に速い流れには強いということもある。
2着 ファンタジスト 
 その後2着が1番人気のファンタジスト、3着は内のディキシーナイトで、ここまで3頭に皐月賞への優先出走権が与えられた。2着のファンタジストは、2歳時に勝った、小倉2歳ステークスも京王杯2歳ステークスも、まぁレベルが高くなくて、しかも今回が初の1800mでしたから相当苦しいと思ったが、上手く脚を溜めて、さらにレースレベルが高くなかったことで2着に入った。これさらに2000mまで伸びて、さらに相手が強くなるとかなり苦しいと思う。
3着 ディキシーナイト 
 その後2着が1番人気のファンタジスト、3着は内のディキシーナイトで、ここまで3頭に皐月賞への優先出走権が与えられた。3着のディキシーナイトは2000mで勝っていますし、1800mの重賞でも好走した訳だが、ベストは1600mだと思う。
14着 コスモカレンドゥラ 通信簿
 12番人気14着だった。超スローペースでなければ、こうなるというのは想像通りだったが、年が明けてからホープフルS組が、次から次へと人気を裏切ってきたために12番人気に止まってしまった。12番人気では「危険です」と言われたところで、何の役にも立たないので、意味はなくなってしまったが、そうは言ってもホープフルSは超スローペースで、先行して好走した馬は信用ならないという見立ては、アドマイヤジャスタを含めて間違ってはいなかったっぽいので、満足感はあるが評価は3。
中山12R 4歳上1000万下 注目
 2着のパレスハングリーについて。
2着 パレスハングリー 番組注目馬
 この馬のこれまでの好走パターンというのは、4コーナーで前にいる事で、そのためには最初から先行するか、コーナーで外を回ってスムーズに追い上げる事が必要だった。ところが今回は、好スタートを切ったものの、外から4頭に行かれて、内の好位というこの馬にとっては最悪の位置取り。砂を被っているので、向正面では手応えが悪くなっていて、そこから馬群の切れ目まで下げてから、外へ出したので3コーナーでは位置も下がっていた。そこからは外を回って、砂を被らず勢い良くマクって行けたが、3コーナーまでのレース運びは、以前なら惨敗していたパターン。今回のようなレース運びで2着に来れたのは収穫が大きく、次走も中山1800mなら好勝負必至。

  馬券Summary
デビューが遅くなった馬の2戦目
 3月になると、3歳未勝利戦で初出走馬が上位に来るケースが増えて来る。そういう馬は2戦目で人気になりやすいが、どの程度の信頼性があるのかというテーマ。それを検証するために、2014年以降の3月に未勝利戦でデビューして、初出走ながら5着以内に入った馬、これが次走の未勝利戦でどのような成績を残しているのかを調べた。なぜ2014年以降の3月を集計するかというと、2014年以降は3月に未勝利戦でデビューする馬が一気に増えるざるを得ない、そういう番組なっているため。具体的には芝の新馬戦が2回中山と1回阪神の1週目に行われる2000mが最後で、ダート短距離の新馬戦もこの開催の2週目が最後という現行の番組は2014年以降は続いているということ。
その後は新馬戦がダート1800mだけになるので、未勝利戦でデビューする馬が一気に増えますし、そこでいきなり上位に来る馬も増えるということ。また、5着以内で区切る理由は、5着以内に入れば中3週以内なら優先出走権があって、出走間隔を選べるから。
デビューが遅くなった馬の2戦目
さて、ようやく本題に入るが、2戦目の信頼度はデビュー戦からの間隔が鍵となっている。まず、中1週で臨んだ馬は勝っていない。中2週・中3週、そしてその後の中4週から8週と間隔が開く程、勝率も連対率も高くなっていく。中9週以上になると、休み明けのようなモノなので少し下がるが、それでも中1週で臨むよりはマシという成績になっている。デビュー戦が3歳の3月になるということは、成長が遅いとか体質が弱いとか、デビュー前に故障したなど、何らかのネガティブ要素があることが大半。そういう馬がデビュー戦で好走すると、反動が出やすい。それが中1週での成績の悪さにつながっていると思われる。
デビューが遅くなった馬の2戦目
 3月になると番組の都合によって未勝利戦でデビューする馬が増えるので、3月を集計したが、1月や2月でも事情はあまり変わらない。今年1月・2月の新馬戦の除外ラッシュが例年以上に激しかったので、もうその時点で未勝利戦でデビューしてしまう馬が結構多かったが、そこで5着以内に入って中1週で2戦目に臨んだ馬が今年3頭いて、全て4着以下だった。3頭中2頭は2戦目に1番人気になっていて、これは人気馬を消す手段としてはかなり有効だと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26