2019年4回中京4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒2だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台で大きな動きはない。しかし、開幕週と比べると先週はいくらか水準方向に動いている。
 月曜日に雨が降った後適度に乾いて、含水率は1週目とほぼ同じだったが、1週経過した事で芝が傷み、少しだけ時計が掛かるようになった。先週は差し・追い込み馬が多く好走していたという印象があるが、内を通らないとダメとか言う極端な馬場にならない限り、中京の芝は差し馬に不利がなく、先週が特別に差しやすい馬場だったという事ではない。
 先週の馬場差1800mで対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒8かマイナス0秒9でほとんど動きはない。
 月曜日の雨の影響が少し残って、土日とも表面は乾いていても、中の水分量は多めで走りやすい馬場だった。そのため土曜の馬場差は1週目よりマイナス方向に動いたということ。この実際のタイムを見ると、もっと時計が掛かる馬場のようだが、ただでさえこの3週開催の2週目というのは、どうしてもメンバーの質が下がる傾向がある上に、今開催1週目にG1が行われているので、ちょっと遅いタイムの決着が多くなった。


  タイム分析
 2019/12/08 (日)  芝=-1.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 テンピン 牡2 新馬 2:03.0 +0.2 -0.6 +0.8 -1.2 D C 9.10
7R T1600 ウインドラブリーナ 牝2 未勝利 1:35.4 -0.5 --- +0.5 -1.0 D C 9.73
9R T1400 ブルスクーロ 牡3 1勝クラス 1:20.9 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C 8.94
11R T1400 ワンアフター 牡6 飛騨S(3勝) 1:20.1 -0.4 --- +0.4 -0.8 D C 6.07
12R T2000 サンレイポケット 牡4 栄特別(1勝) 2:01.2 +0.2 -0.6 +0.8 -1.2 D B 6.93
 2019/12/08 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ハイアーグレード 牝2 未勝利・牝 1:55.7 +0.3 --- +1.1 -0.8 E C 7.33
2R D1400 ウォークザライン 牡3 1勝クラス 1:25.3 +0.2 --- +0.8 -0.6 E D 6.09
3R D1200 スズカカナロア 牡3 1勝クラス・若 1:12.4 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 8.73
6R D1800 グラスミルキー 牝3 1勝クラス・牝 1:54.0 +0.4 --- +1.2 -0.8 E D 10.13
8R D1800 エイシンヨッシー 牡3 1勝クラス 1:53.4 -0.2 --- +0.6 -0.8 D C 8.70
10R D1800 バーンスター 牡3 浜名湖特(2勝) 1:53.3 +0.5 --- +1.3 -0.8 E C 7.70

中京1R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京2R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中京3R 3歳以上1勝クラス 注目
 2着だったサトノユニゾンについて。
2着 サトノユニゾン 
 スタートで躓いたが、すぐに立て直して2番手につけ、直線では当初は逃げ馬の内を狙っていたが、そこが開かず外へ切り替えて伸びかけたところで、勝ったスズカカナロアが内に切れ込んで来て、手綱を引く羽目になってしまった。そこから追い直して、また2着は確保している。前をカットされた時点で、勝ち馬とは大分勢いが違ったので、スムーズであっても、勝ってはいないと思うが、勝ち馬との差はもっと詰まっていましたし、3着馬とはもっと離れていたと思う。ブリンカーを付けてからは楽に先行できて安定しているので、次走はチャンスだろう。
2着 サトノユニゾン 通信簿
 1番人気2着だった。続戦が苦手なタイプ、続けて戦うのが苦手なタイプで、間隔を詰めて出走した場合の危険馬だったので、中6週を開けてきた今回は危険馬としての前提が崩れていた。とは言え、その臨戦を読み切れなかった点で反省はある。
14着 ナムラマッチェリ 
 それから14着に沈んでしまったナムラマッチェリだが、スタートで躓いたそのサトノユニゾンに寄られて、両サイドから挟まれて下がってしまった。前に行ってナンボという先行馬なので、こういう馬がそういう位置取りでは惨敗も仕方なく、連続で2桁着順になった事で人気が下がるようなら、ちょっと期待値は上がっていると思う。
中京6R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中京8R 3歳以上1勝クラス 注目
 2着だったレオンコロナについて。
2着 レオンコロナ 
 2番手につけて良い感じだったが、直線入り口で逃げていたヴィジャランスが外へ膨れて接触して弾かれる感じで、こちらも外に振られた。その事自体は大きな不利ではなかったが、ちょっと繊細な気性なので、これで気が抜けてしまった模様。その後ステッキをバシバシ入れていたが、反応せずフワフワとした走りのまま。このままバテてしまうのかと思わせたが、外から勝ったエイシンヨッシーが来るとまた伸びて食い下がった。能力はあるけれども、気性に課題があるという馬なので次は狙えるとは言わないが、今回のように外枠から馬任せで先行するのが好走パターン。内枠でも行き切れれば問題はないが、上手く運べないと惨敗もある馬なので、連続2着になった事で次も人気になるようなら、とりあえず枠順は気にしたいところ。で、次走内枠の場合は無理しなくても前に行ける組み合わせかどうかが鍵となる。
中京10R 浜名湖特別 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中京12R 栄特別 注目
 メンバーランクBだったレースを勝ったサンレイポケットについて。
1着 サンレイポケット 勝ち馬注目
 いくら前半が上り坂の中京2000mとは言え、前半1000mが後半戦1000mよりも3秒6も遅い訳ですから、前が有利。そしてかなり速い流れになったが、坂を登ってからの伸びが素晴らしく、楽々と差し切った。これはもう力が違ったという勝ち方。力が違った割に1勝クラスを抜けるのに時間が掛かったが、1勝目が京都内回り2000mだった事もあって、1800m以上の直線の長いコースに初めて出走したのが今年10月の新潟で、そこで当時は2着。続く京都外回り1800mでも小差の3着と、要するに直線の長いコースでは好走を続けていた。新潟と京都では勝てず、中京で勝てたのは直線に坂があって、そこで先行勢が失速するからだと思う。まぁ年明けの1月に今回中京開催がないのは、このタイプにはちょっと痛いと思う。2月の東京や3月の中京なら2勝クラスでも上位可能と見る。

  馬券Summary
3歳馬にとっての3勝クラス
 5年前、2014年の8月にアズマシャトルが札幌芝2000mの1600万下を勝った時に、8月までに芝1600m以上の1600万下を勝てる3歳馬は重賞級だし、もう大半ほとんどG1級、そういう馬が多いという話をしたが、覚えていらっしゃいますか?このアズマシャトルだが、翌年になったが小倉記念を勝った。その後、こういう8月まで1600万を勝った3歳馬は2015年のリアファルは神戸新聞杯を勝って菊花賞3着。そして2018年のグローリーヴェイズも、その後重賞を勝って、さらに先日香港ヴァーズでG1タイトルも手にした。今年の8月に3歳馬のロードマイウェイが芝1600mの3勝クラスを勝ったが、この事に触れなかった。そこ理由は降級制度が廃止されたため、3勝クラスが旧1600万下よりもレベルダウンし、以前より3歳馬が勝ちやすくなっていて、という事は早期に3勝クラスを勝てても重賞級とは言えないのではないかと、そう思ったから。
3歳馬にとっての3勝クラス
 まぁサンプルも増えて来ましたので、実際に今年の3勝クラスにおける3歳馬の成績がどうなっているのかを調べたところ、何と昨年より悪化していた。早いうちに2勝クラスを勝つ3歳馬が激増したので、出走数は多く、その母数・分母が増えたことで勝率や連対率が下がるのは仕方ないとしても、1着も2着も数が減っている。つまり、今のところ降級制度が廃止されても、3勝クラスは3歳馬にとって1つの壁のままだということの模様。そしてこの3勝クラスを勝った3歳馬の次走、すなわち昇級戦のオープンでの成績だが、こちらは昨年の3歳つまり現4歳世代よりもかなり良くなっている。こちらに関しては、まだサンプルが少ないので微妙なところはあるが、今のところ3歳馬は3勝クラスで壁に当たりやすいが、そこを突破してしまえば、すぐにオープンで通用するという傾向になっている。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-