2019年5回東京5日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜はプラス1秒6からプラス0秒8への変動だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、6日目まではマイナス2秒0か、それに近いレベルで推移していたが、先週は雨の影響で一転して時計が掛かった。
 土曜は朝の時点で不良馬場だった。さらに雨が降り続いて、時計の掛かるコンディションになって行った。走破タイムでレースの価値を判断できるレベルではなくて、土曜は設定不能とした。日曜は雨の影響が強く残っていたが、天候は回復して馬場も乾いて行った。ただ、2000m換算の馬場差でプラス1秒6でスタートして、11Rのジャパンカップでプラス0秒8ですから、時計の掛かるコンディションであることには違いなかった。あとかなり雨が降っていたので、もう少し内が傷むかと思ったが、ジャパンカップに代表されるように、内めを通った馬がよく頑張った。外を通った差し馬は一瞬伸びて来そうになるが、ラストは内の先行馬と同じ脚色になるというレースが多かった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス2秒2からマイナスの2秒0への変動、日曜がマイナス2秒8からマイナス2秒2への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、6日目まではマイナス0秒6からマイナス0秒3の間で推移していたが、先週は土日ともにマイナス2秒台になった。
 こちらも土曜の朝の時点で不良馬場だった。雨が降り続いて後半の方が水の浮くコンディションになって行った。従って、土曜は1R時の方が脚抜きが良くて、6R以降は1R時と比べて、やや水準方向に数値は動いている。っと言ってもマイナス2秒台ですからかなり速い時計の出るコンディションである事には変わりなかった。そしてダートは日曜も終日不良馬場だったが、土曜後半のように水が浮くコンディションではなくて、さらに脚抜きの良い馬場になった。日曜朝はマイナス2秒8でスタートして、後半は水準方向に数値は動いた。っと言っても日曜も終日マイナス2秒台ですから、かなり速い時計の出る馬場だった。あと脚質的には、土曜前半は前に行った馬が残っていたが、その後は好位中団からの差し馬が活躍した。道悪の分、各騎手が早めの競馬を意識した結果、前崩れになるレースが多くなったように思う。


  タイム分析
 2019/11/23 (土)  芝=設定不可  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 メリディアンローグ 牡2 未勝利 1:38.7 +2.7 --- --- --- - C 7.87
3R T1800 ヴィアメント 牡2 未勝利 1:50.6 +1.5 -0.3 --- --- - C 7.43
5R T1600 ターキッシュパレス 牡2 新馬 1:38.9 +2.6 --- --- --- - C 11.44
7R T2400 シュブリーム 牡3 1勝クラス 2:31.5 +4.6 -0.3 --- --- - C 6.78
11R T1600 ドーヴァー 牡6 キャピタ(L) 1:35.8 +2.6 --- --- --- - D 8.07
12R T1400 ロケット 牝4 2勝クラス・牝 1:24.2 +2.5 --- --- --- - C 8.13
 2019/11/23 (土)  ダ=-2.2 → -2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ブレイキングバッド 牡2 未勝利 1:24.7 -1.6 --- +0.3 -1.9 D C 9.15
6R D1600 アスターコルネット 牡2 新馬 1:39.4 -0.5 --- +1.5 -2.0 E D 8.93
8R D1600 フィールザファラオ 牡4 2勝クラス 1:35.3 -1.9 --- +0.1 -2.0 C C 9.20
9R D1600 デュードヴァン 牡2 カトレア(1勝) 1:36.2 -2.5 --- -0.5 -2.0 B C 7.06
10R D1400 ブルベアイリーデ 牡3 銀嶺SH(3勝) 1:22.8 -0.7 --- +1.1 -1.8 E C 5.43

東京6R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
東京9R カトレア賞 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。デュードヴァンはデビュー戦、そして今回と東京ダート1600mで連勝を飾り、2戦2勝とした。
1着 デュードヴァン 
 このレースは前走2着の馬が2頭、そして新馬・未勝利を勝ち上がって来た馬が12頭も居て質は高かった。その中でもデュードヴァンは1番人気に支持されたが、スタートで出遅れたものの、その後ジョッキーが仕掛けて挽回して、4コーナーを回るとジワジワ前との差を詰めて、残り100mで抜け出した。新馬戦はタイムランクAの時計で勝って、今回もソツの無いレース運びできっちり勝ち切った点は評価できる。ただ言えるのは、デビューからの2戦はともに道悪。次走以降は時計の掛かる馬場への対応が鍵になると思う。
2着 ショウナンマリオ 
 2着ショウナンマリオは後ほどのコーナーで詳しく触れたいと思う。
2着 ショウナンマリオ 解説危険
 前半部分が芝とは言え、レースの前半600mは33秒9の速いラップだった。序盤から流れが速くなって、展開は差し馬に味方したレースだった。そんな中、この馬は前半で流れに乗れず、後方を追走して4コーナーを回ると、外めに持ち出して長く脚を使って2着だった。内容的には悪くなかった。ただ、繰り返しになるが、ラップ的には差し馬に味方したことに加えて、この馬自身最後の直線は内に刺さりながら走っていた。今回は昇級戦でいきなり2着ですし、力をつけているのは確かですし、これ番組注目馬になってもおかしくないぐらいの時計では走っているが、まだ信頼までは出来ないと見て、今回は危険馬として選んだ。
3着 ダイメイコリーダ 
 そして3着ダイメイコリーダ・4着オーロラテソーロは速いラップの中、先行してよく粘っている。この2頭の比較では、出遅れて前半脚を使ったにも関わらず、最後までしぶとかった4着オーロラテソーロの方が、上の評価。
4着 オーロラテソーロ 
 そして3着ダイメイコリーダ・4着オーロラテソーロは速いラップの中、先行してよく粘っている。この2頭の比較では、出遅れて前半脚を使ったにも関わらず、最後までしぶとかった4着オーロラテソーロの方が、上の評価。
5着 ダノンファラオ 
 5着ダノンファラオは新馬戦と同様、デュードヴァンには突き放された。現状、力差はある。
12着 セラン 
 あと2番人気のセランは12着に敗れた。今回は揉まれる形で、全く力を発揮できなかった。
東京10R 銀嶺S タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京11R キャピタルS 
4着 ソーグリッタリング 通信簿
 1番人気4着だった。デットリー騎手に乗り変わったので、半ば諦めていたが、馬の本質は変わらなかった。たまたま上手く行ったという感じ。
東京12R 3歳以上2勝クラス・牝 
6着 イルヴェントデーア 通信簿
 5番人気6着だった。1400mのペースでも序盤から行きたがっていた。今後は1200mへ距離を詰めて来ると思うので、1200mで改めて狙う。

  馬券Summary
夏から秋の2歳戦を振り返る
 ジャパンカップが終わって、今週からは年末開催。5回中山・5回阪神では2歳G1が行われますし、ここまでの2歳戦で目立ったレース・馬、また今後注目したい馬を挙げておきたい。牝馬牡馬からそれぞれ強調したいレース・馬を挙げていく事にする。

牝馬
 まず強調したいレースを2鞍取り上げておく。8/25 2回新潟10日目のG3新潟2歳S。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはDでメンバーランクはCだったが、タイムについてはペース補正が0秒8入ってるようにSLランクでは無かったとは言え、ペースが緩かった事も影響した。勝ったのはウーマンズハート、レースは中盤のラップが遅くて、時計は平凡だが、もうここら辺りの上がりはかなり速いラップで進んでいる。これ見てわかる通りに、内に内にちょっと刺さって行く。それでも構わずグイグイグイグイ伸びてくるような形で、ハーツクライ産駒だが、ハーツクライ産駒はどちらかというと奥手のイメージがあったが、この馬早期から活躍していますし、切れ味も相当ですから、かなり出世見込める馬だと思う。

 2レース目は10/26、4回東京8日目の牝馬限定のG3、アルテミスS。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 ペース補正が0秒6入って、タイムランクはCだった。結構やっぱりペース補正が入ってるぐらいですから、ペース自体はかなり遅かった。ですから、まぁこういう競馬になるとどちらかと言うと、内を立ち回った馬が有利なのだろうが、この馬はもう外々を問題なく走って、ここからの加速もやっぱり速い。抜け出してから最後ジョッキーが手綱を抑える余裕もあった。道中、折り合いを欠いてとかして、まだまだ口向きの悪いところはあるが、力づくでねじ伏せる内容。ウーマンズハートもリアアメリアも、現段階ではただ2頭とも走るのが速いというだけの感じはするが、これで競馬をいろいろ覚えて来れば、もっともっと出世してくる馬になると思う。

 ここまではレースのレベルが高いと判断した2鞍を紹介したが、ここからは秋開催の新馬戦を勝って、今後の活躍が期待できる牝馬を2頭紹介したい。

 まず10/27の4回東京9日目4R芝1400mで行われた、牝馬限定の2歳新馬戦を勝ったアカノニジュウイチという馬。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはCだった。ラストの400mは実は11秒0-11秒1で駆けている。ですから、確かにペースは遅かったが、まとめて差し切った内容はほんと凄い。この辺りも追い出しギリギリまで我慢している。ジョッキーもハミを掛け替えるような形で、ちょっと動かすような形で一気に伸びて来た。見てわかる通り、フットワークが非常にダイナミック。力強さもあって、伸びもあってという内容なので、距離が伸びても対応できると思う。次走はもう少し先になりそうな感じだが、成長力も含めて楽しみな1頭。

 もう1頭の牝馬は11/3 5回東京2日目の5R、芝2000mの2歳新馬戦を勝ったスカイグルーヴ。ペース補正が0秒9入ってタイムランクはCだった。これはまぁ、以前私が紹介したが、ほんと無理せずハナに立って、このまま5馬身差つける。全く最後まで追う所も無かった。レースのラスト600mは11秒8-11秒2-11秒1。これもフットワークは只者ではない。一歩一歩のこの前に進むスピードが他の馬とは違う感じなので、こちらもしばらくレース間隔を空けて、恐らく年明け以降に出てくると思う。もうキャリアが浅くてもすごい競馬ぶりはスムーズですし、楽しみな1頭。

牡馬
 まず10/5 4回東京初日G3サウジアラビアロイヤルカップ。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはAでメンバーランクはCだった。前半の800mが47秒2で後半が45秒5で、分かりやすくスローペースだった。でもAランクになったというのは、上がりの速さでタイム全体を押し上げてるという事になる。ここからもう1回交わされそうになるが、差し返して、勝ち切る。この内容はすごく強かったと思う。マイルがベストだとは思うが、距離的にも融通利きますし、調教の感じから右回りも大丈夫そう。朝日杯にムーア騎手でチャレンジするという事なので、2着クラヴァシュドールも阪神ジュベナイルフィリーズに登録していて、ジュベナイルフィリーズの走りで今度サリオスの評価もまた変わってくるという感じがする。

 やはり先週11/16 5回東京5日目11RG3の東京スポーツ杯2歳ステークス、これは取り上げておかないといけない。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはA・メンバーランクはCだった。これはもう文句の言いようがない。見たとおり強い。ほんともう折り合いがついて、追ってからの反応も早いですし、その反応早くて行き脚ついた脚を最後まで持続できるという事で、とにかく現時点では文句のつけようがない。多分、ホープフルステークス次走出てくるとは思うんが、有力馬の1頭ですし、番組注目馬にしたぐらいですから、勝つ確率は極めて高いと思う。

 牝馬と同じく、レース全体のレベルと言うよりも、個々の馬として注目した2頭を挙げておきたいと思う。

 まず11/9 5回京都3日目11RG2のデイリー杯2歳Sで4着だったトリプルエース。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 このレースは勝ったレッドベルジュールのタイムランクがDで、そこから0秒4差の4着だった。こちらは将来性と言うよりか、単純に朝日杯の穴馬として挙げておきたい。ここらでちょっと加速つきそうな所で若干前をカットされる。そこからもう一度行き脚つくのに時間が掛かって、なかなかエンジン掛からず、このまま伸びないのかなと思ったところから、ちょろちょろっと伸びて来て、最後の伸び脚は前の馬の中でもむしろ良い方の部類。何となく阪神の外回りの1600mのタフな馬場コンディションが合いそうな印象があるので、あくまでも朝日杯の穴馬、3着以内に来てくれたら嬉しいなという事で取り上げた。

 デイリー杯2歳ステークスと同じく11/9京都から、4Rの2歳未勝利戦を勝ったシルヴェリオ。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはAでメンバーランクはCだった。速いラップで運んで、そのままラストまで脚色乱れないという、近代競馬の結晶のようなレースぶりをした。それぐらい元々期待していた馬が、ようやく体に身が入って来て勝てるようになって来た。正攻法の競馬で勝ち切った点は評価できる。この馬もハーツクライ産駒なんですよね、1度こう上昇ムードに乗ると、そこから勢いついて頂点まで上り詰める可能性があるのがハーツクライ産駒なので、この馬はやはりそこに当てはまっている感じがするので、奥手は奥手だと思うが、これからの成長次第では十分クラシックでも通用すると思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-