2019年5回中山5日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒0だった。まずは遡って6日間の馬場差を確認しておくと、2週目は雨の影響を受けたが、1週目・3週目はマイナス1秒台だった。ただ、1週目と3週目を比較すれば3週目の方が水準レベルに近づいている。
 火曜・水曜に少し雨が降ったが、その影響は無く土日とも良馬場だったが、2週目に稍重の馬場で競馬が行われた影響で、芝の傷みが進んでいた。良に戻って2週目と比べてマイナス方向に動きはしたが、大きくはマイナス方向には動かなかった。先週は土曜に比べて日曜は差し馬の好走が多く、徐々に外からの差しも届く馬場になりつつあるのかもしれないが、日曜日でもまともに外を回して差し切ったのは1頭だけだった。残りの3日間もAコースのままで、今週予報によるとあまり天気が良くないという事なので、馬場差がマイナス方向に動くことはないと思われるが、じゃあ今週は差せる馬場になっているのかとなると、それはちょっとわからない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。遡って6日間の馬場差を確認しておく。まず1800mは先週この開催で初めてプラスの数値になった。1200mは全てマイナスだが、先週日曜はこの開催では最も時計の掛かるレベルだった。
 火曜日・水曜日に雨が降ったが、朝の含水率は今開催で最も低く、日曜は1800m以上も1200mもこの開催で最も時計が掛かっていた。とは言っても1800mは水準程度、1200mはマイナスの馬場差だが、1800mに関して言うともうパワー優先という様相になっていて、500キロを超える大型馬の好走が多かった。


  タイム分析
 2019/12/14 (土)  芝=-1.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 エーポス 牝2 新馬 1:36.0 -0.3 --- +0.6 -0.9 D C 9.75
7R T2000 ゼノヴァース 牡2 未勝利 2:00.8 -2.2 -0.3 -1.4 -1.1 A B 7.09
9R T1600 スマイルカナ 牝2 ひいらぎ(1勝) 1:34.8 -0.5 -0.4 ±0 -0.9 C C 4.67
11R T1600 コントラチェック 牝3 ターコイHG3 1:32.2 -0.9 --- ±0 -0.9 C C 5.50
12R T1800 トーセンスーリヤ 牡4 2勝クラス 1:47.4 -0.5 --- +0.5 -1.0 D C 6.13
 2019/12/14 (土)  ダ=+0.1 / 1200m=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ピシュマニエ 牝2 未勝利 1:12.8 -0.1 --- +0.6 -0.7 D D 8.83
2R D1800 セクシーフェイス 牝2 未勝利・牝 1:56.2 +0.2 --- +0.1 +0.1 C C 7.73
3R D1200 インウィクトス 牡2 未勝利 1:12.3 -0.6 --- +0.1 -0.7 C D 8.58
4R D1800 アドマイヤルプス 牡2 未勝利 1:56.3 +0.3 --- +0.2 +0.1 C D 9.00
6R D1800 カフェファラオ 牡2 新馬 1:54.7 -1.6 -0.3 -2.0 +0.1 A C 7.43
8R D1200 ルーチェソラーレ 牝4 1勝クラス 1:11.1 -0.8 --- -0.1 -0.7 C D 6.75
10R D2400 エンダウメント 牡3 香取特別(2勝) 2:34.9 -0.1 --- -0.2 +0.1 C D 8.56

中山2R 2歳未勝利・牝 注目
 4着だったディーズギャラントについて。
4着 ディーズギャラント 
 およそ4ヶ月レース間隔が開いていた影響なのか、出遅れた上に後方でフワフワとした走りだった。3コーナーでジョッキーが仕掛けても全然反応しなくて、4コーナーではもうステッキがバシバシ入っていたが、直線半ばあたりでようやくエンジンが掛かると、その後は一気に伸びて来た。ラスト200mのレースラップ13秒9。そういうレースなので、そこでの伸びが目立ったというのは確かだが、休み明けでなおかつ初めてのダートで前半もたもたしながら伸びて来た訳ですから、ダート適性は間違いなくあるだろう。叩いた次走はもっと走れるはずで、ならば馬券圏内も十分にあり得ると思う。
中山6R 2歳新馬 タイムA
 基準より2秒0速い勝ちタイムだった。
1着 カフェファラオ 番組注目馬
 アメリカの3冠馬American Pharoah産駒のカフェファラオが圧勝した。カフェファラオはスタート直後に押してハナを切るとペースを落とし、3コーナー過ぎからゴールまで加速し続けて圧勝した。スローペースでの逃げ切りではあるが、ペース補正を抜いてもまだ余裕でAランクというタイムなので、割り引く必要はない。筋肉質の逞しい馬体で、ダート向きだろうと思うが、アメリカでの調教セールの時の映像をインターネットで見た時の印象で言うと、前脚がグイグイグイグイ伸びていて、芝もこなせそうだった。とりあえずダートの1勝クラスはアッサリ通過できるはずなので、その後芝の重賞に出てきたりしたら自分の目を試して、単勝を買おうかなと思う。
2着 バーナードループ 
 そして2着バーナードループは勝ち馬から大きく離された。2着のバーナードループは10馬身差だが、実はこれでようやく水準のタイム。Cランクだった同じ日の2歳未勝利戦が1分56秒2と1分56秒3なので、普通の組み合わせの2歳未勝利戦なら大体好勝負になる。ロードカナロア産駒はダート1800mの新馬戦では人気以下の着順になる事が多くて、千切れた2着とは言え、このタイムで走れた訳ですから、最低でも1勝はできると思う。
3着 リッターシュラーク 
 3着のリッターシュラークは2着から9馬身差離れていて、Eランク相当のタイムになるが、3コーナーで落馬してしまった馬の影響を受けて下がっていた。能力を出し切っている内容ではなく、大幅なタイム短縮も可能だと思う。
中山7R 2歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催2歳未勝利クラスの基準タイムより2秒2速く、2000m対象の馬場差がマイナス1秒1だった事を踏まえても、 -2.2-(-1.1)=-1.1 さらにペース補正が0秒3入っており、 -1.1-0.3=-1.4 で基準より1秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ゼノヴァース 勝ち馬注目
 ゼノヴァースが初めての中山で後続に2馬身半以上の差をつけた。ゼノヴァースは好位の内で折り合って4コーナーでは絶好の手応え。直線入り口でもスムーズで、危なげなく抜け出した。そしてこのレースはペース補正が入ってはいるが、前半と後半を比較すると、ラップがほとんど同じ。中山芝2000mと言うか、コーナー4つの芝2000m全般の事だが、それで最も好タイムが出やすいラップだった。今回の上位3頭はこれまで東京芝のスローペースでは切れ負けしていたが、中山の平均ペースで前進した。こういうタイプは次が東京だと危なっかしいが、恐らく次走は年明けの中山なので、このタイムを信用して良いと思う。
2着 ヤシャマル 
 そして2着のヤシャマルはゼノヴァースとほとんど同じ位置にいたが、突き放されて瞬発力の差があったという感じ。そしてこのレースはペース補正が入ってはいるが、前半と後半を比較すると、ラップがほとんど同じ。中山芝2000mと言うか、コーナー4つの芝2000m全般の事だが、それで最も好タイムが出やすいラップだった。今回の上位3頭はこれまで東京芝のスローペースでは切れ負けしていたが、中山の平均ペースで前進した。こういうタイプは次が東京だと危なっかしいが、恐らく次走は年明けの中山なので、このタイムを信用して良いと思う。
3着 インテリジェンス 
 3着のインテリジェンスは後方で折り合って、4コーナーでポジションを上げる時に少しごちゃごちゃしていたが、直線で進路がクリアになってからはよく伸びた。そしてこのレースはペース補正が入ってはいるが、前半と後半を比較すると、ラップがほとんど同じ。中山芝2000mと言うか、コーナー4つの芝2000m全般の事だが、それで最も好タイムが出やすいラップだった。今回の上位3頭はこれまで東京芝のスローペースでは切れ負けしていたが、中山の平均ペースで前進した。こういうタイプは次が東京だと危なっかしいが、恐らく次走は年明けの中山なので、このタイムを信用して良いと思う。
7着 ヴィクターバローズ 
 一方、新潟1800mと東京1800mで連続2着した後で今回1番人気になったヴィクターバローズは初の2000m、それも平均ペースで4コーナーではもう手応えが無く7着だった。スローペースなら2000mで好走する可能性はあるが、本質的に2000mは長いのだと思う。
中山11R ターコイズS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。コントラチェックが外枠から先手を取って行った。外枠からコントラチェックが特に無理する事なくジワッと先手を取った。600m通過33秒9ですから遅くはないが、その後の600mが35秒2。ここで息が入った。最もペースが落ちている4コーナーで、外からエスポワール・シゲルピンクダイヤ・ディメンシオンが差を詰めて行ったが、直線でスパートしたコントラチェックが突き放して逃げ切った。2着争いは悠々とエスポワールが制して、3着争いがかなり混戦になったが、これはシゲルピンクダイヤだった。
1着 コントラチェック 
 コントラチェックが逃げ切って重賞2勝目。コントラチェックはこれで逃げた時は4戦4勝となった。で、札幌と中山でしか勝っていないが、途中でペースを落とせるので、1800m以下で先手を取れる組み合わせなら、コースは特に問わないと思う。
2着 エスポワール 
 そして2着がエスポワール、3着にシゲルピンクダイヤ、3着までが上位人気馬で占めた。2着のエスポワールは一旦控えて折り合ってから4コーナーで進出した。コントラチェックには突き放されたが、楽々と2着を確保した。で、今回が初めての1600m。そこで重賞好走となったが、マイラーという感じは無く、恐らくベストは1800mだと思う。芝1800mの牝馬限定重賞というのは沢山あるので、これからも重賞での好走を期待できそう。
3着 シゲルピンクダイヤ 
 そして2着がエスポワール、3着にシゲルピンクダイヤ、3着までが上位人気馬で占めた。3着のシゲルピンクダイヤは速い流れの1600mは今回が初めてだった。そのためか前半の行きっぷりが良くありませんでしたし、4コーナーで脚を使ってそして直線ではいつもの伸びがなかった。広いコースでゆったりと流れるレースの方が合っていそう。
4着 フィリアプーラ 
 結果的に直線入り口で前に居た馬が1着から3着までを占めてはいるが、後ろから進めた馬に流れは向いていて、4着のフィリアプーラ・6着のデンコウアンジュは流れが向いて、3着争いに加われたという印象。
5着 メイショウグロッケ 
 そして5着のメイショウグロッケは1番枠で内を通ってロス無く走れたとは言え、初めての重賞で速い流れを追いかけて止まってはいないので、好内容だと言える。来月もう6歳になる馬だが、メイショウサムソン産駒なので6歳になっても侮れないと思う。今回のメンバーで言うと、フロンテアクイーンとデンコウアンジュが6歳の今年、重賞を勝っている。
6着 デンコウアンジュ 
 結果的に直線入り口で前に居た馬が1着から3着までを占めてはいるが、後ろから進めた馬に流れは向いていて、4着のフィリアプーラ・6着のデンコウアンジュは流れが向いて、3着争いに加われたという印象。

  馬券Summary
冬の連闘は買いなのか?
 買いなのか?と言われても困りますよね。12月だが、かつては餅つき競馬と言われた時代もあって、厩舎表彰の絡みで出走回数を稼ぐための連闘というのも多かった時期がある。また、冬の連闘は太めが絞れて効果がありそうな感じもする。しかし近年は、12月の連闘がそもそも数が少なくて、月別の連闘の出走回数は下から2番目。
冬の連闘は買いなのか?
その成績も連闘馬の平均的な成績を下回っている。連闘馬の出走回数が減ってる理由は未勝利クラスと1勝クラスだと、前走6着以下2勝クラスだと前走4着以下の馬は連闘では真っ先に除外対象になってしまうから。まぁそれは12月に限った事ではないが、12月は大体出走希望馬が多いので、除外されやすいということ。
12月と対照的に成績が良いのは夏で、暑い時期の連闘は実は成績が良い。とは言え、実はここにはトリックがあって、函館や札幌に滞在してる馬が連闘で好走して全体の成績を上げている。そして、9月の1週目というのが大体夏競馬の最終週になるが、昨年までは通常の3歳未勝利戦が最後だったため、普通なら連闘しないような好成績馬が大量に連闘して、しかも好走確率が高かった。具体的には2014年から2018年の夏競馬最終週は連闘馬の勝率が7.2%、連対率が16.6%だった。スーパー未勝利というやつがなくなって、夏競馬の最終週が完全に最後の3歳未勝利戦になった今年は、その夏競馬最終週の連闘馬が勝率10.7%・連対率18.5%とさらに上がった。
以上をまとめると、連闘馬は冬だから・夏だからという理由で取捨を決めるべきではなくて、その時の番組の都合とか、連闘する理由が重要だという事。先に述べたように12月の連闘、全てがソウとは言わないが、出走回数稼ぎが目的になりやすいので、決して成績が良くなくて、9月の1週目はラストチャンスに賭ける勝負がけの連闘が多いので、成績が良い。ただし、9月の1週目つまり夏競馬の最終週は特に札幌だが、滞在している以上は勿体ないから連闘でも使うというケースが3歳未勝利戦以外では多い。その点には注意してください。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-