2019年2回函館3日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。遡って8日間の芝の馬場差を確認しておくと、前の開催2週目・3週目は雨の影響で時計の出方が安定しなかった。しかし、この開催に入って水準かやや速いレベルになっている。
 金曜・土曜に雨が降って、良馬場とは言え、乾ききったコンディションだった訳ではないが、福島・中京のように雨の影響を強く受ける事はなかった。さらに先週からBコースに替わって、この開催1週目よりも時計が出やすくなった。連対馬は見ると、差し馬が優勢だが、逃げ・先行馬が粘っていない訳ではない。前へ行った馬も踏ん張っており、日曜の勝ち馬の内、4頭は逃げ・先行だった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒2への変動、日曜がマイナス1秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響で稍重や重馬場発表のレースはもちろん、良馬場でも時計の出やすいレベルになっている。
 雨の影響が残って土曜は重馬場でスタート。途中稍重に変更された。馬場差も午前はマイナス1秒4、午後はマイナス1秒2でいくらか水準方向に動いたが、それでも速い時計の出るコンディションだった。日曜は終日稍重で、土曜よりもさらに水準方向に動いたが、大きな違いはなく、脚抜きの良いコンディションだった。連対馬については、1週目と比べれば逃げ・先行が多くなっている。ただ、有利な脚質の傾向が明確に出現したということではないだろう。


  タイム分析
 2019/07/13 (土)  芝=-0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ニルカンタテソーロ    牡2 未勝利 1:10.1 -0.4 --- -0.2 -0.2 C C --
4R T1200 デルマカトリーナ    牝3 未勝利 1:09.9 ±0 --- +0.2 -0.2 C D --
5R T1200 マンバー    牝2 新馬 1:10.5 -0.2 --- ±0 -0.2 C D --
7R T2600 アルテヴェルト    牡3 未勝利 2:43.2 +0.7 -0.3 +0.8 -0.4 D D --
9R T1200 カレンモエ    牝3 1勝クラス 1:09.4 ±0 --- +0.2 -0.2 C D --
10R T2000 ドゥオーモ    牡6 臥牛山特(1勝) 2:03.5 +2.3 -0.9 +1.7 -0.3 SL D --
11R T1200 クインズチャパラ    牝4 STV杯(2勝) 1:09.3 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D --
 2019/07/13 (土)  ダ=-1.4 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 サンハンツビル    牝3 未勝利 0:59.7 -0.2 --- +0.6 -0.8 D D --
3R D1700 ミルメルシー    牝3 未勝利・牝 1:47.2 -0.4 --- +1.0 -1.4 E D --
6R D1700 バンクショット    牡3 未勝利 1:46.5 -1.1 --- +0.1 -1.2 C D --
8R D1000 トウショウデュエル    牡7 1勝クラス 0:59.1 -0.1 --- +0.6 -0.7 D C --
12R D1700 サンライズナイト    牡4 湯浜特別(1勝) 1:45.7 -0.7 --- +0.5 -1.2 D C --

函館1R 2歳未勝利 注目
 タイムランクCの中で不利を受けた馬のいる2鞍を取り上げる。
1着 ニルカンタテソーロ 
 勝ったニルカンタテソーロは、最内を上手く突いての快勝。器用な脚には見所があるが、ちょっと次走すぐには狙えない。
3着 ファートゥア 番組注目馬
 1番人気ファートゥアは直線で前が詰まってしまい、3着に敗れた。もうこの後だが、前が完全に壁になって、ちょっとどうしようもないアクシデントだった。手応えにはかなり余裕があっただけに、これは残念だった。ファートゥアは新馬戦でも外枠を引いて、前に壁を作れず力んで3着に敗れている。2走続けて、実力とは思えない敗戦だけに、次走はまず勝てるだろう。忘れずに狙いたい。
函館3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
函館6R 3歳未勝利 注目
 タイムランクCの3歳未勝利戦から2鞍を取り上げる。断然の1番人気バンクショットが逃げ切り。圧勝だった。道中、徐々にリードを広げて行って、向正面では7・8馬身差の大逃げ。そのまま4コーナーを回ってもリードが詰まらず、6馬身差で逃げ切った。
1着 バンクショット 勝ち馬注目
 ダートの大逃げというのは、決まりにくいのが定説。どうしてもオーバーペースになりやすいが、ここでは実力差がありすぎるために、追う後続勢も一杯になってしまって、決まったと見た。上のクラスでは流石にこの戦法は通用しないのではないかと見るが、引き付けながらの逃げなら、1勝クラスでも十分勝ち負けできるはず。
2着 コンシード 
 2番手には3番人気コンシードが上がって、そのまま2着に流れ込んだ。これまでの脚質では考えにくい作成だったが、2番手に何が行くのか分かりにくいメンバー構成で、積極的なレースが功を奏した。
7着 スマートユニバンス 
 一方2番人気スマートユニバンス7着。この日のダートでは追い込みは決まらなかった。
函館10R 臥牛山特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。SLではあるが、残り800mから速くなって、スタミナのいる展開でだった。
1着 ドゥオーモ 
 勝ったドゥオーモはペースが遅いのを見越しての向正面マクりが決まった。

  馬券Summary
7月14日は特殊な芝。中京は内、福島は外
 同じ芝の道悪でもこれだけ違うという典型的な1日だった。福島と中京が同じように開催3週目で、AコースからBコースに替わったのも同じ。しかし福島の先週の日曜は、まず福島はインが悪くなって、もう本当の外伸び。差し馬がジャンジャンやって来た。これはスパークオブライフの勝ったレースだが、3コーナーマクりを打って、内で1番人気のグロリアーナ、あれが普通は勝つような競馬だと思うが、これが4着に負けてしまった。対して、中京の方だが、こちらはもうインが良く、前残りから内からの差しとなった。基本的には内枠の先行馬が良かった。これはエスポワールが先行して、強い競馬を見せたが、もう外の馬、届きそうで全く届かない。結局、内にいた馬が2着・3着と。これも、逃げ(赤)・先行(オレンジ)みたいなのが、うわーっとありまして、基本的には中京は内、福島は外だったというのを、是非覚えていただきたいと思う。こういう特殊な日は標語か何かにして覚えておくと良いと思うが、例えば、この日に福島芝で逃げて失速した馬、中京芝で差して届かなかった馬は次走買う。それだけで穴馬券が取れるのではないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26