2019年5回阪神8日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒1への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催後半の方が時計は掛かっているものの、全てマイナス1秒を超える数値。
 火曜日から水曜日にかけて雨が降り、土曜はその水分が少し残っていたが、Bコースに移った効果で3週目と比べ、馬場差はマイナス方向に動いた。日曜は土曜日よりも少し乾いたが、1日使用して傷んだ分と相殺された感じで、雨が降る前の9Rまでは土曜と同じ馬場差。その後は雨の影響があり、10R・11Rと少しだが、徐々に時計が掛かるようになった。で、相変わらず前残りの傾向が続いているが、スローペースが多かった影響も大きい。普通のペースになれば差せない馬場ではないと思う。28日の開催もこのままBコースの使用される。良馬場ならまだマイナス1秒を超える馬場差のままだと思われるが、必要以上に前残り傾向だということ意識するのは得策ではないような気がする。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒2への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、水準かそれに近いレベルで推移している。
 火曜から水曜にかけて降った雨の影響が残っていて、先週は土曜が稍重。良馬場発表のレースでも稍重に近い含水率で、脚抜きが良いレベルではないが、時計の掛かる馬場にはならなかった。日曜12Rは雨が降って、見た目も黒くなっていて走りやすそうだったが、それまでも含水率が高かったので一気に高速化したという程の変動ではなかった。先週は差し馬の好走が多かったが、これはもう理由としてはハイペースのレースが多かった。特に日曜は若いジョッキーが多かったためなのか、ハイペースで早めに動きのあるレースが多く、かなり後ろからの差しが届いていたが、先週の馬場が特に差し馬向きだったという事では無いような気がする。


  タイム分析
 2019/12/22 (日)  芝=-1.4 → -1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 キーダイヤ 牝2 未勝利 1:09.0 -1.1 -0.1 -0.4 -0.8 B C 7.54
4R T2000 エンデュミオン 牡2 未勝利 2:01.3 -1.1 --- +0.3 -1.4 C C 6.08
6R T1400 カバジェーロ 牡2 新馬 1:22.9 -0.3 -0.1 +0.6 -1.0 D C 8.88
9R T1600 シャンドフルール 牝2 千両賞(1勝) 1:34.7 -0.3 -0.3 +0.5 -1.1 D C 7.45
10R T1600 サヴォワールエメ 牝3 クリスH(2勝) 1:34.5 +0.5 -0.3 +1.2 -1.0 SL C 7.67
11R T2000 インビジブルレイズ 牡5 サンタク(3勝) 2:01.5 +2.0 -0.6 +2.5 -1.1 SL C 7.18
 2019/12/22 (日)  ダ=±0 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 テイエムクイーン 牝2 未勝利 1:27.2 +1.0 --- +1.0 ±0 E D 9.23
2R D1800 キッズアガチャー 牡2 未勝利 1:55.4 +0.5 --- +0.5 ±0 D D 5.64
7R D2000 クリノカポネ セ4 1勝クラス 2:07.2 +0.7 --- +0.7 ±0 D D 5.25
8R D1800 タマモアポローン 牡3 2勝クラス 1:53.8 +1.5 --- +1.5 ±0 E D 5.67
12R D1400 スマートダンディー 牡5 ギャラク 1:24.2 +1.2 --- +1.4 -0.2 E D 6.50

阪神1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。キーダイヤが先手を取って、これにゴープラチナムが続いた。直線に入っても、先行2頭が前にいる。先頭を走るキーダイヤの勢いは最後まで衰えず、後続に並ばせる事なく楽々と逃げ切った。その後内からエレヴァートが追い上げて来たが、ゴープラチナムが粘って2着を死守した。
1着 キーダイヤ 
 キーダイヤが2着ゴープラチナムに2馬身差をつけて逃げ切った。前半600mが34秒8で、後半600mが34秒2。ペース補正は0秒1しか入っていないが、阪神芝1200mでこのラップは超スローの部類になる。ただし、ペース補正を抜いてもまだマイナス0秒3。キーダイヤが超スローの逃げでも、そこまで挽回している点は評価すべきで、揉まれるとダメというタイプでない限り、差しに回っても問題ないと思われる。と言うより、太め残りだった新馬戦で差して2着に来ているように、差しに回った方が良い可能性さえある。という事で、超スローペースの逃げ切りだからという理由で評価を下げるべきではなく、昇級してペースが速くなればパフォーマンスアップする可能性もあると思う。
2着 ゴープラチナム 
 そして2着は2番手のゴープラチナムが粘り込んだ。2着のゴープラチナムは良い手応えで2番手を追走し、前を差せると判断したのか早めに外に出して追撃したが、前から離されてしまった上に後ろからも差を詰められた。初めての1200mで着順は良くなったが、内容が良くなったかとなると、ちょっと微妙なところで、この2着で人気になるようならちょっと危険かなと思う。
3着 エレヴァート 
 3着のエレヴァートは出遅れて後ろから。3コーナー過ぎでは前がごちゃごちゃしていたが、直線では内に突っ込んでよく伸びて来た。コースロスがなかったにしても、スローペースを差して来ている訳で、12番人気での好走だが、次走も侮れないと思う。
阪神6R 2歳新馬戦 
2着 ダブルアンコール 解説危険
 これがどこまで映っているかわからないが、スタート直後からもの凄い形相でハミを噛んでいて、その後後続を離して逃げているが、実はペースは速くなかったと言うか、むしろ遅かった。何故ペースが遅いのに、後続が離れていたかと言うと、この馬デビュー前の調教・追い切りでいろいろあって、デビュー前からじゃじゃ馬として有名だったから。そういう馬のデビュー戦はまぁ言い方は難しいが、何が起こるかわからないので、ちょっと近寄りにくい。そういう理由だと思う。今年1月のタイミングナウの新馬戦と似たようなモノだが、タイミングナウが好タイムで逃げ切ったのに対し、こちらはスローの大逃げで差された。しかもこの馬、ジェンティルドンナの全妹という超良血馬なので、間違いなく次走も人気になると思うが、この気性の激しさと今回の物足りないレース内容からして、かなり危なっかしいと思う。
阪神8R 3歳以上2勝クラス タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 千両賞 
6着 アサケエース 通信簿
 7番人気6着だった。このレース、シャンドフルールがスローペースの逃げに持ち込んで、そのまま逃げ切ったが、そのスローペースの2番手につけて直線で失速した。この結果は予想通りではあったが、何とも読みが甘かったのは7番人気に止まった事。前走2着というだけでなくて、一応オープンの中京2歳S3着というのもあるので、もうちょっと人気になると思ったが、世間をなめていた。申し訳ありません。
阪神10R クリスマスキャロル賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R サンタクロースS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。3着だったアールスターについて触れておく。
3着 アールスター 
 ずっと内にいて手応え良く回って来たが、3コーナーから4コーナーにかけては外から動いて行く馬もいて通過順が下がり、しかし動くに動けない状況。そして直線でも全くスペースがなかった。スペースが無いだけではなくて、外にいたユニコーンライオンがバテて内にもたれて来たので、手綱を控えることになり、そのユニコーンライオンの後ろに下がって進路ができたのは、もう残り100mぐらいのところだった。まぁこれではどうにもならなかったということです。内回りのスローで上がりが速く、そういうレースで進路が無いというのは致命的で、かなり脚を余している。このクラスを勝てるだけの能力は示しており、次走は期待できそう。
3着 アールスター 解説推奨
 直線で全くスペースが無くて脚を余したという事は、先ほどタイム分析で述べた。さて、阪神芝のタイム分析で、タイムランク上位レースおよび重賞以外で取り上げた2頭の内、ウィスパリンホープが番組注目馬で、アールスターが個人の狙い馬なのは何故でしょうか。答えはアールスターの単勝を買っていて、とても悲しい思いをしたから。こういう個人的な悲しい思い出および経済的損失は、個人の狙い馬にして取り返したいと思う。この馬は、小倉と京都で連勝しているので、年明けの京都であっても小倉であってもコースに不安が無いというのは大きいと思う。
阪神12R ギャラクシーS タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒は「初」に強い
 コレ、2回目か3回目だと思うが。今年を振り返る。今年3歳限定のG1の7鞍中、ディープインパクト産駒が4勝した。その4勝の内、3勝はG1初出走馬によるモノだった。その一方、既にG1を勝っている馬の成績は非常に良くなかった。
ディープインパクト産駒は「初」に強い
 まず桜花賞、これはまずG1未勝利・G1出走2回目のグランアレグリアが勝ったが、3歳になってからステップレースを使わず、3歳になって最初のレースだった。そしてG1勝利後の3歳2戦目、次のNHKマイルCは1番人気になったが5着と沈んでしまった。その桜花賞で1番人気だったのは、阪神JFとチューリップ賞を勝っていたダノンファンタジーだが、初のG1でも3歳初戦ででもなかったから、かどうかはわからないが4着に終わった。で、オークスを勝ったのはG1初出走どころか、重賞初出走のラヴズオンリーユー。そしてこの馬は、次走はぶっつけとなった秋のエリザベス女王杯だったが、それでも1番人気に推された。しかし、結果は3着。オークスは2着もG1初出走だったカレンブーケドールで、カレンブーケドールはそれまで重賞では最高で4着だった。オークスの次走は秋の紫苑Sだったが、そこで1番人気になって3着だった。
 そしてダービーでは重賞1勝、皐月賞3着のダノンキングリーが2着と好走したが、これを押さえて勝ったのは重賞未勝利で、G1初出走のロジャーバローズ。これもディープインパクト産駒。で、ロジャーバローズは結経コレが最後のレースになってしまった。そして、秋に移って菊花賞を勝ったワールドプレミアも重賞未勝利でG1初出走のディープインパクト産駒。次の有馬記念で先週3着と好走した。そして菊花賞2着のサトノルークスはG1出走3回目ではあったが、こちらも重賞未勝利馬だった。
 で、ディープインパクト産駒は初めて重賞に出走する時とか、初めてG1に出走する時の期待値が実は最も高くて、G1で好走した後のG1では結構あまり期待できない所がある。従って、G1に関して言うと穴血統というところがあって、人気で消えるおよび人気薄で走る、ダブルで穴を開ける事が多い。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-