2019年1回阪神5日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒1への変動だった。遡って6日間の馬場差を確認しておく。週単位で見れば、水準に近づいており、先週日曜は雨の影響で1日の中でも時計が掛かっていた。
 土曜は良馬場だったが、部分的に水分が多い馬場で、開催進行に伴う芝の傷みと合わせて、2週目より時計が掛かるようになった。日曜は午前中に小雨が降り、さらに午後にはもっと強い雨が降って、馬場差は変動。後半ほど時計が掛かるようになったが、中山4日目のような雨と馬場ではなく、それほどダメージは受けていないように見えた。今週は良馬場ならマイナス0秒5から0秒6ぐらいの馬場差だろうと推測できる。次の2回開催の1週目までAコースが使用されるが、内側がそれほど傷んではいないので、極端な外差し馬場には変化しないような印象。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス0秒4への変動、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒9への変動だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、4日目以降は変動となっている。この中で変動幅が最も大きかったのが、先週の日曜だった。
 木曜までに降った雨の影響で、土曜は1日を通して稍重。ただし、前半は重馬場に近くて、そこから徐々に乾いているので、馬場差は変動になった。後半ほど時計が掛かるようになったという事。日曜も1日を通して稍重だが、午前中に小雨、さらに午後には雨が降ったので、こちらも変動。土曜とは逆で、後半ほど速い時計が出るようになった。極端に前残り傾向でもなく、差し馬の好走が多いでもなく、それが1日の間に変化するということもなかった。


  タイム分析
 2019/03/09 (土)  芝=-0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2200 ヒーリングマインド    牡3 未勝利 2:14.0 -1.4 --- -0.6 -0.8 B C 6.15
6R T1600 ドラグーンシチー    牡4 500万下 1:35.1 +0.5 --- +1.1 -0.6 E D 6.70
9R T2400 タイセイモナーク    牡3 ゆきやな500 2:28.9 +1.2 -0.8 +1.2 -0.8 SL D 7.60
10R T1600 メイショウオワラ    牝5 うずしお1600 1:34.2 +0.8 --- +1.4 -0.6 E C 7.22
 2019/03/09 (土)  ダ=-0.7 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 スマートアテナ    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.5 --- ±0 -0.5 C D 7.67
2R D1400 ブッチーニ    牝3 未勝利 1:25.7 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C 7.73
3R D1800 シホノフォルテ    牡3 未勝利 1:53.4 -1.2 --- -0.5 -0.7 B D 6.44
5R D1800 シュッドヴァデル    牡3 新馬 1:55.7 +0.8 -0.3 +1.1 -0.6 E D 7.20
7R D1200 ソリストサンダー    牡4 500万下 1:12.1 -0.2 --- +0.2 -0.4 C D 5.86
11R D1400 ヴェンジェンス    牡6 ポラリス 1:23.3 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 7.69
12R D1800 バニーテール    牝5 1000万下・牝 1:52.8 +0.5 --- +0.9 -0.4 E C 8.50

阪神1R 3歳未勝利・牝 注目
 9着だったイサチルケイについて。
9着 イサチルケイ 
 ここがデビュー戦で出遅れてしまって、後方からになる。デビュー戦ということもあって、砂を被って嫌気が差したりしないようにということなのか、3コーナーから4コーナーにかけてずっと外を回って追い上げて来た。ダートの短距離出遅れてコーナーでずっと外を回って追い上げて来ると、直線で脚が残っていないモノだが、最後までびっしり追われて、なおかつ、しっかり伸びていた。調教では追い不足でも坂路で50秒台を出していたように、水準の能力はあるはずですし、1度使っての上積みも大きいはず。次走で恐らくあまり人気にはならないので、狙っていけると思う。
阪神3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 シホノフォルテ 
 シホノフォルテ圧勝だった。シホノフォルテは3コーナーから4コーナーにかけて追い通しになっていたが、残り200mから一気に突き放した。あれだけ追い通しになっていながら、最後にあまり失速していない。徐々に体が絞れて良くなっていて、馬場差を考慮しても前走から一気にタイムを詰めているが、早めに追い通しになってしまうという事は、まだ完成には程遠いのだろう。すぐに上で通用するとは言い難いが、良化とか成長の余地は大きいと思う。
2着 ダンツキャッスル 
 2着のダンツキャッスル、3着のタニノシェクハンドはよく伸びて来たが、勝ち馬との差で言うと、ほとんど詰まっていない。タイムはDランク相当なので、着順だけで人気になると危なっかしいというパターン。
3着 タニノシェクハンド 
 2着のダンツキャッスル、3着のタニノシェクハンドはよく伸びて来たが、勝ち馬との差で言うと、ほとんど詰まっていない。タイムはDランク相当なので、着順だけで人気になると危なっかしいというパターン。
4着 クラウドスケープ 
 1番人気のクラウドスケープは離された4着だが、2着だった前走より馬場差込みでタイムは大幅に詰めている。前走とは相手は違ったということだが、ブリンカーの効果はあったと思われる前半の行きっぷりだった。着順を落としたとは言え、ブリンカーが裏目に出たという事ではない。
阪神4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ヒーリングマインドは距離延長、初めての2200mで勝ち上がった。
1着 ヒーリングマインド 
 ヒーリングマインドはハイペースの2000mで2着した後に、1600mで5着だったが、2200mで本領発揮した。直線ではどこまでも伸びて行きそうだったが、恐らく速い上がりのレースは得意ではない。長めの距離であっても、上がりだけの競馬になると切れ負けしそうだが、平均以上のペースの2000m以上なら500万でも通用すると思う。
2着 カズマークセン 
 後続は2馬身半以上離された。2着のカズマークセンは4コーナーで内側にて、勝ち馬よりも仕掛けが遅くなった。しかも大跳びでエンジンが掛かるまでに時間がかかり、ようやく2着に上がったところがゴールだったが、まだまだ脚が残っていた。次走は有力。
3着 グレートベースン 
 3着のグレートベースンは、良い感じで直線に入ったが、伸び負けした。あまりバネを感じない力任せの走りなので、良馬場だとこういう感じになるんだと思う。力のいる馬場で、強そうなタイプ。
4着 ダンスディライト 
 4着のダンスディライトはフットワークが硬くて、追って伸びる感じがしない。こういう馬なのか、まだ成長途上なのかは判断しかねるが、今のままだと勝ち切るのは楽ではないと思う。
阪神5R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
1着 ドラグーンシチー 通信簿
 1番人気1着だった。このメンバーなら、これ順当な勝利だった。今の状態なら、上でも通用しそうだが、このレースのタイム自体は優秀ではなかった。
阪神9R ゆきやなぎ賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。3歳500万の芝2400mで、レース上がり600m34秒9。これは速い。そうは言ってもタイムの評価は不能ですし、正直なところ、レースのレベルよくわからないが、5頭立てでメンバーランクはDだった。というレース前の印象通りレベルは高くなかったという判断で良いと思う。
阪神10R うずしおS タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
冬の京都芝のその後
 今年1月・2月の京都芝は京都の芝としては異例なほど重くて、時計が掛かっていたという事は、その開催中に何度も触れた。では、その重い京都の芝で走った馬のその後はどうなっているかだが、
冬の京都芝のその後
まず今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走も京都芝の同じクラスに出走した場合。まぁコレ当たり前の話だが、2着馬の成績が抜けて良くて、次は3着馬。4着馬・5着馬はあまり良くない。続いて今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走で他の競馬場の芝の同クラスに出走した場合。これ特に3着以内率を比べると、前走2着・3着でも、前走4着・5着でも大して変わらない。これ人気を考慮すれば前走2・3着よりも、前走4・5着を買うべきというレベルで、実際に前走4着馬・5着馬の複勝回収率はどちらも100%を超えている。先週のレースから象徴的な例を挙げると、土曜阪神4R。前走2月の京都芝で5着だったヒーリングマインドが勝って、前走2月の京都芝で2着だったサンライズアキレスは5着。また、このレースの2着カズマークセンは、2月の京都の芝でサンライズアキレスに0秒3離されていた、ディープインパクト産駒だった。今年冬の京都芝で、ディープインパクト産駒が苦戦。特に体重の軽い牝馬が苦戦していると話を1月にしたが、最終的にはもう2回歳で12勝した。しかし、馬場が合わないのに、能力だけで上位に来ていたというケースも多くて、今年1月・2月の京都芝で3着以内だったディープインパクト産駒が、次走で他のコースの芝の同クラスに出走した場合は、2勝2着3回3着5回。12回走って4着以下が2回しかなく、極めて好走確率が高い。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-