2019年2回札幌1日目

開催一覧
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒4だった。連続開催ですので、遡って8日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、前の開催最終週、特に5日目は他の開催日と比べて時計が掛かっていた。
 台風から変わった低気圧による雨は予想された程は降らず、土曜の2Rまでは稍重だったが、その後は良馬場。馬場差は変動ではなく、変動だった6日目の最後の馬場差と同じだった。雨の影響は勿論あったが、Cコースに移った影響と相殺されたということ。土曜より乾いた日曜は馬場差はマイナス方向に動いている。実際のタイムだけ見ると、日曜の方が時計が掛かっているように見えるが、メンバーやレース展開の影響が大きかったと思う。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒7からマイナス1秒4への変動、日曜がマイナス1秒0だった。ここまで8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で特に前の開催5日目から今開催初日、つまり先週土曜までは雨の影響を受けて変動となり、高速馬場だった。
 金曜から土曜にかけて雨が降り、土曜は重馬場でスタートしたが、8R以降は稍重。馬場差は変動で、後半ほど時計が掛かる状態だが、1日を通して高速馬場。ただ、1週前のような超高速馬場にはならなかった。日曜は6Rまで稍重だったが、その時点で土曜よりは乾いていて、なおかつ良馬場になった8R以降も時計の出方は変わらなかった。それでも馬場差はマイナス1秒0だが、今年の札幌ダートは良馬場でもマイナス1秒程度の馬場差が多く、先週の日曜は今年の札幌ダートの標準的な時計の出方だった。


  タイム分析
 2019/08/17 (土)  芝=-1.3  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 ヒシエレガンス    牡2 未勝利 1:51.5 +0.7 -0.6 +1.3 -1.2 SL C 6.71
2R T1200 カワキタアジン    牝2 未勝利 1:10.5 -0.3 -0.2 +0.3 -0.8 D C 6.00
5R T1500 ポレンティア    牝2 新馬・牝 1:30.9 -0.2 -0.7 +0.1 -1.0 C C 7.20
7R T1200 アセンダント    牝3 未勝利 1:10.0 -0.4 --- +0.4 -0.8 D D 6.50
10R T2000 ハーメティキスト    牡3 富良野特(1勝) 2:00.4 -1.7 --- -0.4 -1.3 B C 7.50
11R T2600 ヒーリングマインド    牡3 札幌日H(2勝) 2:42.3 +0.5 --- +2.2 -1.7 E C --
12R T1500 ロザムール    牝3 石狩特別(1勝) 1:28.4 -1.0 --- ±0 -1.0 C D 6.56
 2019/08/17 (土)  ダ=-1.7 → -1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1700 ゴーインピース    牝3 未勝利・牝 1:45.9 -0.9 --- +0.8 -1.7 D C 7.75
4R D1000 ハルワタート    牝3 未勝利 0:58.6 -1.0 --- ±0 -1.0 C C 7.50
6R D1700 ノーリミッツ    牡3 未勝利 1:45.1 -1.7 --- -0.1 -1.6 C C 3.75
8R D1000 ダイメイサツキ    牡3 1勝クラス 0:58.2 -0.8 --- ±0 -0.8 C C 8.29
9R D1700 ライジングドラゴン    牡4 1勝クラス 1:44.0 -1.7 --- -0.3 -1.4 C D 5.63

札幌1R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
札幌3R 3歳未勝利・牝 注目
 勝ったゴーインピースについて。
1着 ゴーインピース 
 前走はスローペースの逃げで2着だったが、今回は脚をガチャガチャと動かしている時にゲートが開いたため、出遅れてはいないが体勢を崩したスタートになって先行出来なかった。なおかつ、向正面では内で前が詰り気味になって窮屈。4コーナーでは先にマクった馬をやり過ごしてから外に出したので、前との距離が離れ、そこから1番外を回りながら差し切った。スローペースの逃げで2着だった馬が、またスローペースの先行で勝つのならともかく、全く違うレース展開になって勝つのだから、タイムランクはDでも注目に値する。スムーズなレースができれば、タイムはかなり詰められると思う。今回は連闘でテンションが高くて、それがゲートでのうるささにつながった様なので、間隔を空けずに使って来たら危険だが、いずれは1勝クラスで上位可能と見る。
札幌10R 富良野特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ハーメティキスト 
 ハーメティキストは距離延長、そして初めての2000mで勝ち上がった。ハーメティキストは先行していた2頭から離れていたが、その前の2頭がバテて下がって来るところであまり外に出さずに抜け出した。タイミング良くゲートを出て良い位置を取れた事で、後半のコース取りが有利になったが、今回も実はゲートの中でモソモソとしていて、常に出遅れる危険がつきまとう馬。圧勝したとは言え、ギリギリのBランクでもあり、次走で本命にするのは少し怖い感じがする。
2着 トーセンカンビーナ 
 2着以下は4馬身以上離された。2着のトーセンカンビーナもゲートに課題があって、今回もよっこらしょっという感じのスタートは早くなかったが、この馬としては出た方だった。それでもいつも通り後ろからになってしまったが、コーナーで内から追い上げることができて、直線でも伸びた。まぁこのクラスでは力上位という結果だが、直線が長いコースの方が乗りやすいとは思う。
3着 レーガノミクス 
 3着のレーガノミクスは内にもたれたりせずしっかり走っていたが、ジリジリとした伸び。2000mでも安定してはいるが、少し距離が長いのだと思う。これまでの11戦中10戦が2000mで、唯一勝ったのが1回だけ走った1800mという馬。
4着 エデリー 
 1番人気で4着のエデリーは4コーナーで外を回った。外を回ると不利という馬場ではなかったが、他の上位馬との比較で相対的に不利だった。まぁそもそも4コーナーでもう手応えは良くなかったが、コーナーで上がって行く必要があるコースでは得意ではないのだと思う。
札幌11R 札幌日刊スポーツ杯 タイムE
 基準より2秒2遅い勝ちタイムだった。4着だったバリングラについて。
4着 バリングラ 
 4コーナーから直線にかけて前が壁になっていて、出そうとした外のスペースに後ろから勝ったヒーリングマインドが伸びて先に入って来て、塞がってしまい、前との差が離れてからようやく追い出して差を詰めて来たが、時既に遅しだった。このレースの勝ちタイムはEランクだったが、バリングラの注目ポイントはまぁ直線でもちろん詰まった事だが、過去のレースぶりを知っていると、右回りの4コーナーを内の方で持ったまま回って来るという姿が信じられないというレベルで、それだけコーナリングが上手くなっている。このクラスも近いうちに勝てると思う。

  馬券Summary
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 今年から降級制度がなくなって3歳馬が有利になる事が予想されたが、実際にどうなっているのか、そして具体的にどういう3歳馬を狙えば良いのかというのが、今回のテーマ。で、順序をどうするか少し考えたが、話の進め方として2勝クラスを先にやった方が良さそうなので、今回は2勝クラス。次回は1勝クラスをやる。なお、今回も次回も集計期間は夏競馬がスタートした6/1から8/11の1回札幌終了時までとする。
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 さて2勝クラスにおける3歳馬の成績、これはもう昨年の同時期と比べて飛躍的に良くなっていて、勝率がほぼ2倍になっている。2勝クラスはとりあえず3歳馬を本命にしておけば、大体合っているが、では、どのような3歳馬が好走しているのか、具体的に言うと、結論から言うと、前走で500万、そして1勝クラスを勝った昇級初戦の3歳。これ全体のトータルの連対率が4割を超えていて、表はないが、前走でオープンクラスを走っていた3歳馬よりも良い。で、どのような昇級初戦の3歳馬が特に狙えるのかを、自分のところの新聞とか、他のところでは勝った前走の着差を基準にしたデータを書いたりしているが、もちろんこの番組ですから、タイムランクを使う。
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 まず、タイムランクAで1勝クラスを勝った馬、3頭全てが昇級初戦の2勝クラスを勝っている。タイムランクBで勝った馬はイマイチに見えるが、実は4着以下の5頭中4頭は前走が1200m。以前タイムランクAやBの上位馬について、次走の信頼度が低いのは1200mだという事を紹介したが、その通りになってしまった。しかし、1400mならタイムランクBで1勝クラスを勝った7頭中6頭が昇級初戦で3着以内に入ったということ。そして注目はタイムランクCで勝った馬。全体で言うと、普通に買える成績になっている。という事で、1勝クラスを好タイムで勝った3歳馬はもちろん、水準のタイムで勝った3歳馬でも2勝クラスですぐに狙えるという傾向になっている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26