2019年3回東京7日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒7からプラス0秒3への変動、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒4への変動だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催1週目は前の開催の傾向を引き継いで、かなり速い時計の出るコンディションだった。2週目以降は雨の影響で、馬場差が1日の中でも変わり、特に5日目は設定不能だった。
 土曜は昼前から雨が降り続いて。後になるほど時計の掛かるコンディションになって行った。一方、日曜はマイナスゾーンに戻ったが、一気に乾いた訳ではなく、また10週の連続開催の最終日でしたから、流石に水準に近いレベルに止まった。傾向は、土日ともにつかみ所がなかった。基本的に馬場が回復に向かえば、先行馬とインコースを回った馬に有利になりがちだが、外が伸びなかった訳でもなく、そうかと言って、イン強襲もあったので、明白な傾向を提示できない。ただ、どちらかと言えば、外差しは効かなかったように思う。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒1からマイナス1秒5への変動、日曜がマイナス1秒4だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催1週目は水準レベルだったが、ダートも3日目以降は雨の影響で変動の日が多く、またほとんどがマイナスゾーンだった。
 土曜はダートも雨の影響で、後のレースになるほど水分を含んで脚抜きの良いコンディションになって行った。日曜は終日重馬場だった事が示すように、1日を通して同じ数字で、同じ馬場差で速い時計の出るコンディションだった。上位馬についてだが、脚質の偏りは少なかった。東京らしい地力勝負になったと言うより、ダートでも瞬発力のある馬の好走が目立った。東京ダートは内から乾いて行くので、日曜は内を回った逃げ・先行馬よりも、走りやすい外を回った差し・追い込み馬が活躍した。


  タイム分析
 2019/06/22 (土)  芝=-1.7 → +0.3  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 ビッククインバイオ    牝2 未勝利 1:35.7 -0.7 -0.8 -0.1 -1.4 C D 7.75
3R T1400 ホーリーライン    牝3 未勝利 1:21.3 -1.6 --- -0.5 -1.1 B D 7.69
5R T1800 ブルトガング    牡2 新馬 1:50.1 +0.3 -0.8 +0.6 -1.1 D C 9.50
10R T1800 ロードマイウェイ    牡3 八ヶ岳特(2勝) 1:48.0 +1.0 -0.3 +0.8 -0.1 D C 7.50
12R T1600 リリーバレロ    牝4 1勝クラス 1:35.8 +1.0 --- +0.8 +0.2 D D 7.18
 2019/06/22 (土)  ダ=+0.1 → -1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1600 アドアステラ    牝3 未勝利・牝 1:39.4 +0.3 --- +0.2 +0.1 C D 4.91
4R D1600 マキ    牡3 未勝利 1:39.4 +0.3 --- +0.3 ±0 C D 6.89
6R D1400 ジョガールボニート    牡3 未勝利 1:25.6 -0.3 --- -0.1 -0.2 C C 3.00
7R D2100 レオステップアップ    牡4 1勝クラス 2:13.8 +1.6 --- +2.4 -0.8 E C 7.07
9R D1600 タマモカトレア    牝4 日野特別(2勝) 1:35.3 -1.9 --- -0.6 -1.3 B D 6.80
11R D1600 ワンダーリーデル    牡6 アハルテ 1:34.8 -1.0 --- +0.5 -1.5 D D 8.80

東京3R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒6速く、このレース時の1400m対象の馬場差がマイナス1秒1だったことを踏まえても、 -1.6-(-1.1)=-0.5 で基準より0秒5速い勝ちタイムだった。東京芝1400mで3走続けて2着だったホーリーラインが今回は勝利を収めた。
 4着サクラクリスタルから8着ヴォアラの5頭が、同タイムでしたから、この5頭は一括りにして良いかもしれない。
1着 ホーリーライン 
 前走タイムランクBのレースから、中1週で使って来た馬は4頭いたが、勝ったホーリーライン以外は、ウエスタンランポが6着・マーヴェラスクインが7着・ヴォアラが8着と、着外に敗退している。ホーリーラインの父はエイシンフラッシュ。中1週でも体を維持できていましたし、いつもより脚を溜めるレースで、見事に弾けた。
2着 ランドルーラー 
 2着のランドルーラーは放牧を挟んで馬体良化。1800mの前走で引っかかっていましたから、今回は距離を短縮。折り合って終いに脚を使うことができた。元より半兄は現オープンのドーヴァーですから、これぐらいの距離が向く。
3着 テミス 
 3着のテミスは、こちらも距離短縮が良かったように思う。好位からしっかりと脚を使った内容は悪くない。
4着 サクラクリスタル 
 4着のサクラクリスタル、新馬戦以来の芝器用だったが、ダートより芝が良いかどうかはまだ何とも言えない部分がある。
5着 フライクーゲル 
 5着のフライクーゲルは4走ぶりの芝で、4コーナー大外のコース取りでちょっと割を食った感じ。ダートより芝の方が良さそうに思うが、1400mは距離不足だった気がする。
東京5R 2歳新馬 注目
1着 ブルトガング 勝ち馬注目
 勝ったブルトガング。父はディープインパクトで、今年の桜花賞馬グランアレグリアの全弟になる。まぁ評判に違わぬ勝ち方だったが、姉とはちょっとタイプが違う。序盤はフワフワしていましたし、長く良い脚を使った。ノーステッキで4馬身差ですから、クラシック候補と言って良いだろう。
2着 シェクロエ 
 2着のシェクロエ、中だるみで逃げ残りの叶うペースだったが、前向きすぎる気性で、現場は小細工をしないレースが合っている模様。次走以降の課題は、テンションが上がりそうな点。あと、控えた時に折り合いを欠きそうな点。
東京6R 3歳未勝利 注目
1着 ジョガールボニート 
 ベルシャザール産駒のジョガールボニートが逃げ切った。ラスト600mは37秒6。後方から追い込んで4着のシュンランの上がり600m推定タイムが37秒4ですから、逃げ馬が37秒6。これでは後続は手も足も出ない。ブリンカーを初めて着用した効果はてきめんで、最後まで集中力が途切れなかった。
2着 サンロアノーク 
 サンロアノークは勝ち馬から4馬身差の2着。逃げ馬が強すぎて、これを追い掛けた組が苦しくなったケースで、この馬と4着のシュンランは漁夫の利があったと見たい。
3着 プラチナポセイドン 
 3着のプラチナポセイドンは馬体重が18キロ減って、今回は意識的に体を絞って来た。初めてのダート器用で、好位の内で理想的なレース運びはできている。次走2回福島開催で出走するとなると、ダート1150mと1700mで迷うところだが、ルメール騎手はダートの短距離で勝てるとコメントしている。
東京7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より2秒4遅い勝ちタイムだった。
東京9R 日野特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 タマモカトレア 
 タマモカトレアが初めての東京コースで勝ち上がった。タマモカトレアは外枠からダッシュがつかなかったが、リカバリーがスムーズだった。辛勝だが、ラストは気を抜いていますから、着差以上の評価が必要。ただ、昇級すると1400mの方が良さそう。
2着 サラーブ 
 2着のサラーブは3ヶ月半ぶりだったせいか、それとも馬場のせいか、ちょっと行きっぷりが悪かった。今回は能力の高さだけで伸びてきた感じで、まぁいずれにしても牝馬同士の2勝クラスでは、力上位を示した。
3着 スズカアーチスト 
 3着のスズカアーチストは体調が良いのか、芝の前走に続きダートに変わった今回も上位争いに加わった。1600mの厳しい流れで3着した自信は大きく、夏競馬でチャンスがありそう。
4着 レディバード 
 4着のレディバードは今回は久々のダート器用で、1200mからの距離延長だったが、好位の内で流れに乗って、レースの形は非常に良かった。これで選択肢は増えた。
5着 ディーズフェイク 番組注目馬
 5着のディーズフェイクは、あの位置で折り合えた事は収穫だが、1600mだと短距離ほどの脚は使えない。やはりダート1200mがベストだと思う。
東京10R 八ヶ岳特別 注目
1着 ロードマイウェイ 
 勝ったロードマイウェイはは序盤で掛かり気味だった前走と違って、今回はハナへ行く事で折り合いをつけて、おいでおいでの楽勝だった。馬場は雨の影響を受けて、重馬場まで悪化していたが、馬場を問わず力強い走りができるあたり、いかにもジャスタウェイ産駒らしい。昇級しても相手なりに走れると思う。
2着 ジョブックコメン 
 2着のジョブックコメンはドリームジャーニー産駒。この産駒はピッチ走法の馬が多く、ジョブックコメンもそのタイプですから、つまり道悪が上手い。昇級戦だったが、相手なりに走れる気質というのも、出ていたように思う。
3着 スーパーフェザー 
 その後3着が1番人気のスーパーフェザーだった。スーパーフェザーは伸びずバテずという感じだった。ですから、道悪はこなすけども得意ではないということで、やはり良馬場でこそのタイプだと思う。
6着 ヒシヴィクトリー 
 そして6着のヒシヴィクトリーだが、レースの形は良かったが、直線は全く伸びなかった。過去に重馬場で2着があるが、それは新潟の芝。今回は馬場が合わなかったと見て良いのではないだろうか。

  馬券Summary
エピファネイアと4×3
 昔から血統の世界では、奇跡の血量という言葉がある。父系統と母系の3代前と4代前、またはその逆の、4代前と3代前に同じ馬がいると、その馬の血量を18.75%持つことになって、この近親交配は血が濃すぎず薄すぎず、理想的な血量と言われて来た。一般的に4×3・3×4のクロスと言って、名馬が出現する事が多くて、その根拠はともかく、私自身オーソドックスな配合のセオリーと考えている。例えば、古い話だが天馬と言われたトウショウボーイ、これはハイペリオンの3×4だった。では表をご覧下さい。
エピファネイアと4×3
これは2000年以降のダービー馬で4×3または3×4のクロスを持つ馬。この中で、ヘイローのクロスは直後のサンデーサイレンスへ、これから世代的前進を見て行く事になる。さて、今年の2歳世代からデビューしたエピファネイア産駒には、このサンデーサイレンスの4×3のクロスが多く見受けられる。エピファネイアはシンボリクリスエス産駒だが、母シーザリオの父がスペシャルウィークで、その父サンデーサイレンスに遡り、血統表では父系の4代前、ここにサンデーサイレンスが姿を表す。そのサンデーサイレンスは1時代を席巻した種牡馬ですから、サンデーサイレンス系の母は非常に多い訳で、母系の3代前に今度サンデーサイレンスが出てくるパターンもまた多くて、エピファネイア産駒の場合、必然的にサンデーサイレンス4×3のクロスができやすくなる。4×3というのは、配合のセオリーで名馬が出やすいのであれば、語弊はあるが、下手な鉄砲数撃てば当たるで、エピファネイア産駒から大物が出る可能性も高くなると考えられる。今年の新種牡馬の中で、エピファネイアは最も注目する必要があると思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-