2019年5回東京2日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒1だった。連続開催ですので、まずは遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、雨の影響を受けて変動の馬場差となった開催日が半数を超えている。ただ、前の開催9日目以降はマイナス2秒台に戻った。
 土日とも良馬場だったのは前の開催の開幕週以来で、Bコースに変わってまだ2週目ということもあって、秋の東京では最も時計の出やすいコンディションになった。あと、脚質だが、12鞍あって好位組が9連対した。最も幅を利かせていましたし、一方逃げ馬は4連対で、じゃあ全体的に前残りだったのかと言えば、案外そうでもなくて、先行馬は1連対と不振だった。ペースによっては差しも届いていた。なお、今週まではBコース、来週からの2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒3だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は水準に近いレベルだった。
 土日とも良馬場で行われたのは、秋の東京で先週が初めてだった事からもわかるように、最も乾いたコンディションで、馬場差も水準に近いレベルだった。そして脚質的には、ダートは12鞍あったが、逃げ馬が6連対で他も先行・好位が頑張っていた。脚質的にはある程度前に居ないと厳しい状況だった。


  タイム分析
 2019/11/03 (日)  芝=-2.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 ソーユーフォリア 牝2 未勝利・牝 1:22.6 -0.7 -0.9 -0.1 -1.5 C C 8.56
4R T1600 サトノフウジン 牡2 新馬 1:35.6 -0.7 -0.2 +0.8 -1.7 D C 8.42
5R T2000 スカイグルーヴ 牝2 新馬 2:01.4 -1.3 -0.9 -0.1 -2.1 C C 6.10
8R T2000 ホウオウピースフル 牝2 百日草特(1勝) 2:01.9 +0.4 -1.1 +1.4 -2.1 SL C 6.75
9R T1600 キングリッド 牡5 2勝クラス 1:32.9 -1.3 --- +0.4 -1.7 D C 7.67
11R T2500 ムイトオブリガード 牡5 アルゼンHG2 2:31.5 +0.3 -0.8 +2.1 -2.6 SL C 10.23
 2019/11/03 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 メタルスパーク 牡2 未勝利 1:27.4 +1.1 -0.9 +0.5 -0.3 D D 6.56
2R D1600 ゲンパチマイティー 牡2 未勝利 1:39.6 ±0 --- +0.3 -0.3 C D 9.08
6R D1300 メートルムナール 牡2 新馬 1:20.7 +0.9 --- +1.1 -0.2 E C 9.44
7R D1600 オーバーディリバー 牡3 1勝クラス 1:38.0 ±0 --- +0.3 -0.3 C C 6.64
10R D1600 ワイルドカード 牡5 錦秋S(3勝) 1:36.5 +0.1 -0.2 +0.2 -0.3 C C 8.91
12R D1400 カタナ 牡4 2勝クラス 1:24.3 +0.1 --- +0.4 -0.3 D D 9.00

東京5R 2歳新馬 注目
 道中のラップが遅くて、ペース補正が0秒9入ってタイムランクはCになったが、勝ち馬のスカイグルーヴの強さが際立っていたので、ここで取り上げておきたい。
1着 スカイグルーヴ 番組注目馬
 そのスカイグルーヴだが、何ら無理することなくハナに立って、その後もスムーズに折り合って運んで、最後の直線に向くとジョッキーが、これ見ても分かる通り全然追うことがなかった。このまま2着馬を5馬身突き放した。これただ見た目のインパクトだけではなく、レースのラスト600mは11秒8-11秒2-11秒1の加速ラップ。それを馬なりのままマークするので末恐ろしい。このゴール板過ぎた後の顔がちょっと馬が笑っているように見えた。それぐらい余裕があったんじゃないかと思わせる強い勝ちっぷりだった。この馬、叔父にドゥラメンテを持つ良血馬だが、フットワークが大きくて叔父とは少し違ったタイプに映る。いずれにしろ能力が高いのは確かで、仮に年末の阪神ジュベナイルフィリーズに出走して来たとしても、面白いと思う。
2着 ナンヨーユウヤク 
 2着以下は5馬身以上離された。2着ナンヨーユウヤクは内々でレースを進めて、他馬と併走状態になっても引っかかる事なく、上手く折り合っていた。今回は相手が強すぎただけで、次走チャンスはある。
3着 トーセンアーリー 
 そして3着トーセンアーリー・4着ダイワストレートは同じようなポジションから2頭ともしぶとく伸びた。デビュー戦としては内容は悪くなかった。
4着 ダイワストレート 
 そして3着トーセンアーリー・4着ダイワストレートは同じようなポジションから2頭ともしぶとく伸びた。デビュー戦としては内容は悪くなかった。
5着 ヤシャマル 
 一方、2番人気で5着だったヤシャマルは頭の高い走りで、なかなか加速が付かなかった。今回のレースを見た印象では、もう少し時間が掛かるかなという気がした。
東京6R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京8R 百日草特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京10R 錦秋S 
1着 ワイルドカード 通信簿
 1番人気1着だった。こちらはもう期待通りの楽勝だった。今後の課題は右回りかなという気がする。
6着 マッスルビーチ 通信簿
 2番人気6着だった。輸送で馬体が減ったが、細くは映りませんでしたし、落ち着きもあった。位置取りの差とは言え、2走前に勝った内容からすると2着争いに加わるくらい伸びて来ても良いモノ。使い減りするタイプだとしたら、間隔を開けた方がベターだろう。
東京11R アルゼンチン共和国杯 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。タイムランクはSL・メンバーランクはCだった。オジュウチョウサンが先手を取って行ったが、直線に入ってパリンジェネシスが並んで行く。オジュウチョウサン的にはもうちょっと飛ばして逃げたかったと思うが、先頭に立った事でちょっとフワフワしていて、スローペースになった。ムイトオブリガードが内々を上手く捌いて、この辺りでもう抜け出す形になった。タイセイトレイルがその内で、アフリカンゴールドが間から伸びて、さらに外からルックトゥワイスも伸びて来たが、最後までムイトオブリガードが後続に抜かせる事なく、粘り切って勝った。
1着 ムイトオブリガード 
 昨年の2着馬ムイトオブリガードが勝って重賞初制覇。結構ゲートが開くとジョッキーが仕掛けて前に行った。最後の直線も内を突いて、抜け出した。本来、差しタイプのこの馬を先行策で勝たせたのは、やはりもう流石横山典弘騎手という感じがした。フットワークが大きくて、広いコースの長い距離のレースが合っているタイプですし、これジャパンカップに出走するというプランも出ているようなので、好相性の東京ならジャパンカップに使ったとしても、見せ場は作れるかなという気はする。
2着 タイセイトレイル 
 そして内を突いたタイセイトレイルがアフリカンゴールドを交わして2着だった。これも面白いモノで、この馬はムイトオブリガードとは逆に、本来先行するタイプの馬。それが今回差す形で戸崎騎手が持ち味を発揮てして、内々をロス無く捌いてしぶとく伸びて来た。出来も良かったが、ジョッキーの好騎乗も光った。
3着 アフリカンゴールド 
 あと3着アフリカンゴールド、これはちょっと道中力んでいた。その分最後の最後で伸び負けした印象で、とは言え、これ昇級戦でこの内容ですから、十分目処の立つ内容ですし、気性面も成長してるなと感じた。
4着 ルックトゥワイス 
 4着ルックトゥワイス、これはちょっと勿体なかった。他が内を通ったのに対して、この馬大外を回って追い上げて、内々を上手く立ち回った上位馬とはその差が出た感じなので、単純にコース取りの差で力負けではないと思う。
11着 アイスバブル 
 あと11着アイスバブル、こちらはゲートでアオってしまって、本来の位置が取れなかったというのが、一番大きかったと思う。いつもと違うパターンの競馬に恐らく戸惑ったのだろう。全く力を発揮できなかったので、参考外の一戦だと思う。
東京12R 3歳以上2勝クラス 
3着 ケイアイビリジアン 通信簿
 4番人気3着だった。戸崎騎手を排して来たので、馬券的妙味がなくなったのはとても残念だったが、狙い馬のコンセプトは間違っていなかったので、3着でも満足している。

  馬券Summary
馬場傾向を読む
 これは我々の仕事でもあるんですよね。実はそうではなくて、先週の東京は24鞍あって、逃げ馬が7勝2着3回と幅を利かせていた。特にダートは前残りの傾向が堅調だった。その傾向をいち早く把握して、レースに活かしたのが目下リーディングジョッキー部門でトップに立つ、あのC.ルメール騎手。先週は土日とも東京で騎乗して、9勝を挙げたが、土曜の5勝は前めにつけて抜け出すレースが多かったのに対して、日曜は4勝中3勝が逃げの作戦。強い馬に乗って躊躇なくハナを奪ってそのまま押し切るパターンが目立った。馬場傾向をいち早く理解して、それをレースで即座に表現できるのは一流騎手には必要な要素だと思う。
ですから、人気馬を何のためらいもなくハナに行かせられるのは、やはり常に人気馬に乗ってるからだと思う。それから来る余裕がレースにも現れていましたし、そして他にも横山典弘騎手が9鞍の騎乗だったが、何と3勝をマークしているという所で、逃げて勝ったミッキーバードだけではなくて、先ほど紹介したアルゼンチン共和国杯、ムイトオブリガードを前めにつけて、勝たせたという状況なので、それはもう流石と言える内容だった。今週もこういった頭脳派のジョッキーの騎乗ぶりを注目したいと思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-