2019年1回札幌5日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒9からマイナス1秒3への変動だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認しておくと、前半2週はマイナス1秒台で大きな動きはないが、先週は土曜朝マイナス0秒5でスタートし、日曜終盤へ向かうにつれて時計が出やすくなった。
 木曜日から土曜の朝にかけてまとまった量の雨が降ったが、土曜の朝の時点で稍重。と言っても洋芝は雨の影響が大きいので、土曜の最初の芝のレースである2Rは2000m換算の馬場差でマイナス0秒5。2週目より1秒以上時計が掛かる馬場になっていた。ただ、土日ともに徐々に乾いて馬場差はマイナス方向に動いて、日曜の後半は2週目とあまり変わらない馬場差まで戻った。今週からの2回札幌はCコースに移るので、雨の影響がなければまたマイナス1秒台後半の馬場差になりそう。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒7からマイナス2秒3への変動、日曜がマイナス2秒0からマイナス1秒5への変動だった。ここまで6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週土曜はマイナス2秒台で脚抜きの良いコンディションだった。
 木曜から土曜の朝にかけてまとまった量の雨が降って、土曜は6Rまで不良。8R以降は重馬場だった。日曜は重馬場でスタートして、7R以降は稍重。という事で、馬場差は土日とも変動だが、日曜の後半でもまだ高速馬場の範疇だった。しかし、先週は札幌のダートにしてはかなり差し馬が好走していた。この番組で多分50回ぐらい言っていると思うが、高速馬場のダートが良馬場のダートよりも前残り傾向が強くなるとは限らない。前が有利という意識によって、ペースが速くなりやすいですし、瞬発力タイプの差し馬は高速馬場の方が差しやすかったりする。


  タイム分析
 2019/08/10 (土)  芝=-0.5 → -0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1800 コスミックエナジー    牝2 未勝利 1:51.0 +0.2 --- +0.7 -0.5 D B --
4R T1200 シシリエンヌ    牝3 未勝利・牝 1:10.1 -0.3 --- +0.1 -0.4 C B (1.50)
5R T1500 ショウリュウハル    牝2 新馬 1:30.8 -0.3 -0.2 ±0 -0.5 C C (4.00)
7R T2000 ヤップヤップヤップ    牡3 未勝利 2:01.8 -1.2 --- -0.5 -0.7 B C (5.00)
10R T1800 ルーチェデラヴィタ    牝2 コスモス 1:50.5 +0.9 -0.4 +1.1 -0.6 E D --
11R T1500 ワールドヘリテージ    牡4 STV賞(2勝) 1:28.7 -0.1 --- +0.4 -0.5 D C --
12R T2000 ムーンライトナイト    牝4 知床特別(1勝) 2:02.2 +0.1 -0.3 +0.5 -0.7 D D --
 2019/08/10 (土)  ダ=-2.7 → -2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 ヤウガウ    牡2 未勝利 1:45.2 -2.7 --- ±0 -2.7 C C --
3R D1700 テーオーポシブル    牡3 未勝利 1:44.2 -2.6 -0.7 -0.7 -2.6 B C (1.00)
6R D1700 キタサンチャンドラ    牡3 未勝利 1:45.4 -1.4 --- +1.0 -2.4 E D (10.00)
8R D1000 レノカズマ    牡4 1勝クラス 0:58.0 -1.0 --- +0.4 -1.4 D D (6.50)
9R D1700 テイエムソレイユ    牝4 1勝クラス・牝 1:43.3 -2.4 -0.3 -0.4 -2.3 B D --

札幌3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 テーオーポシブル 
 5ヶ月半ぶりだったテーオーポシブルは初勝利を挙げた。このレース、ペース補正がマイナス0秒7というスローペースで、かなり先行有利。勝ったテーオーポシブルも展開は向いていたが、休み明けで万全ではない状態。レースでも内にもたれていて、今後の上積みが期待できそうな内容だった。
2着 ゴーインピース 
 逃げて2着のゴーインピースはかなり恵まれた内容で次走は半信半疑。
3着 シゲルクロダイヤ 
 3着シゲルクロダイヤはしっかり伸びているが、前がこれだけ楽をしていては…という内容だった。次走も上位候補だと思う。
4着 サンライズギガ 
 そして4着のサンライズギガだが、互角のスタートを切りながら前に行く気配が全くなくて、後方待機。直線で猛然と伸びて来たが、スローの前残りでは4着までだった。で、なおかつ脚を余している。1000mからの一気の距離延長だったので、慎重な乗り方になったのかもしれないが、実に勿体なかったと思う。距離に不安がないことはわかったはずなので、次走も1700mに出走して、そしてある程度は前に行くはずだと思う。それなら好勝負になる。
4着 サンライズギガ 解説推奨
 前残りのスローペースを後ろから行って、直線で猛然と伸びて4着。しかも脚を余したというのが主な根拠だが、これがいつも出遅れる馬とか、促しても先行出来ない馬なら狙わない。しかしこの馬は、短距離では行けなかったから距離を伸ばしたはずなのに、互角のスタートを切りながら全く行く気を見せず、後ろまで下がっただけ。普通にスタートして、変に下げたりせず普通に先行すれば問題ないと考えて、狙い馬とする。
札幌7R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。前半は控えていたヤップヤップヤップが向正面で早めに動いて、勝負所では先団に取り付く。そして4コーナーでは早くも先頭に立って、直線ではグングンとリードを広げて行く。結果5馬身差の圧勝。これに対して2着争いは横に並んでの追い比べとなり、外のトゥールナージュが2着。内のレンジャーガール3着、ゼットレオ4着だった。
1着 ヤップヤップヤップ 
 1番人気のヤップヤップヤップが2着以下に5馬身差の圧勝劇だった。前後半1000mずつに分けると、前半59秒8で後半が1分2秒0だが、1000mから1200mにかけて13秒3とここでガクンとペースダウンしていた。その地点で一気にポジションを上げて、前との差を詰めたのが勝ったヤップヤップヤップ。自身は同じペースで走っていても、前がペースダウンしたため、追いついた訳だが、結果的に自分だけ速めの平均ペースをキープすることになって、好タイムで圧勝した。コースが違うとは言え、これまでとは違うレースぶりでようやく能力を出し切れたという印象。これまでのレースからすると、スローペースの瞬発力勝負は得意ではないし、どんな展開でも好走できるというタイプでありませんが、まぁ今回のような力を出せる展開なら1勝クラスでも通用する。
2着 トゥールナージュ 
 2着以下は好タイムではなくて、2着争いを制したトゥールナージュにしてもジリジリとしか伸びていない。この2着から5着までの4頭を次走で買えるかどうかは相手次第。
札幌9R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 テイエムソレイユ 
 1番人気テイエムソレイユが2着以下に5馬身以上の差をつけて勝った。ペース補正マイナス0秒3が入って、ようやくギリギリのBランクだが、勝ったテイエムソレイユはスタート直後に躓きそうになって、後ろからになって、ペースが上がりかけたところで前に進出している。で、スローペースの恩恵はほとんど受けていないので割引必要はない。元々スタートが早い馬ではないので、クラスが上がっても同じように後ろからになってしまうと厳しそうだが、能力そのものは通用すると思う。
2着 タイトロープウィン 
 2着のタイトロープウィンはEランクで未勝利戦を勝ったばかり。5馬身差とは言え、自身は大分時計を詰めていて、成長している模様。次走も組み合わせ次第では上位候補となる。
3着 ショウナンマシェリ 
 3着のショウナンマシェリは脚を溜めていた割にはジリジリとした伸びで、流れ込んだだけという印象。
4着 カグラヒメ 
 4着カグラヒメはコーナーで外に出せず、もう一か八かという感じで直線で内に行ったら、そこにスペースがあってその先は伸びた。ダート適性は高いと思う。
札幌10R コスモス賞 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
前走2着のオルフェーヴル産駒
 前走2着のオルフェーヴル産駒かどうなのかという話だが、タイムランクAやBのレースの上位にオルフェーヴル産駒がいると、私は「オルフェーヴル産駒なので、次走も同じように走れるかどうか疑問」とよく言ってると思うが、実際のところどうなのかというのが、今回のテーマ。
前走2着のオルフェーヴル産駒
 まず何の条件もつけない前走2着だったオルフェーヴル産駒の全成績だが、これ比較対象がないので難しいと思うが、大体年間のトータルと比べても悪くはない。しかし問題なのが、前走Aランク・Bランクのレースで2着で好走したその次のレースで、こういうレースで勝率17%というのは、相当良くない。17頭・18頭が1番人気で、5頭が2番人気になりながら、この成績ですから期待値は相当低い。このタイムランクA・Bの2着馬というのは、番組注目馬の定番だが、定番であってもオルフェーヴル産駒は恐ろしくて番組注目馬にはできないという私の感覚は正しかったと思う。で、しっかり能力を発揮したり良いレースをした時こそ、次はちょっと嫌気が差してしまう模様。
そしてこの表の3段目の新馬戦2着馬の成績、次走の成績、もちろん新馬の次走なので未勝利戦という事だが、この新馬2着馬が2戦目に1頭しか勝っていないというのは、まぁ恐ろしい話で、この19頭中11頭が1番人気ですから、新馬戦2着のオルフェーヴル産駒は自動的に次走危険馬にしておいても、それほど間違いではないというレベルになっている。で、オルフェーヴル産駒はレース経験を積むと悪さをするようになるようなことを私、ちらっと言った事があると思うが、そういう性質がモロに出ているのが新馬戦2着馬の次走成績だと思う。
 先週番組注目馬が7頭出ていたが、その内2頭が前走から中3週で、2頭とも勝って2勝。中2週だった馬が2頭いて、こちらは1勝・そして着外が1頭。中1週だった馬が3頭いて、1勝・2着が1頭・着外が1頭だった。結構重要で、特に番組注目馬になるぐらい力走した馬、好結果を出した馬ほど、真夏に中1週で出てくるとちょっと危なっかしい所があるので、番組注目馬の次走に関しては、中1週の場合はちょっとどうなのかなと。思った方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26