2019年1回新潟5日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1。直線1000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認すると、1週目は雨の影響を受けてプラスの馬場差、2週目はマイナスゾーンに入ったが、先週は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1という数値だった。直線1000mは2日目以降がマイナス0秒2かマイナス0秒1で、ほぼ同じ。
 先週は土日とも良馬場だったが、同じコース使用での3週目で、時計が掛かるコンディションになって来ている。直線1000mについては、周回コースほどの影響は出ていない感じがする。あと連対馬については、外から伸びて来る差し馬が目に付いた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。遡って6日間の馬場差を確認しておく。1800mは開幕週、特に初日は速い時計の出るコンディションだったが、3日目以降はプラスゾーン。1200mは全てマイナスの数値だが、3日目は水準に近いレベル。
 ダートは3日目以降全て良馬場で行われて、2週目と3週目で時計の出方はほぼ同じだった。1800mはプラス。1200mはマイナスだが、水準に近いレベルだった。あと連対馬については、後方の馬がゼロであることは特に強調する程ではない。1200mは前めにつけた馬がほとんどだった。一方、1800mは中団からの差し馬も届いていた。


  タイム分析
 2019/05/11 (土)  芝=±0 / 直線=-0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 アグリューム    牝3 未勝利 1:37.2 +2.5 -1.0 +1.5 ±0 SL D 10.14
4R T1800 クラヴィーア    牝3 未勝利・牝 1:48.3 +0.8 --- +0.8 ±0 D D 7.46
5R T2000 レッドエンヴィー    牡3 未勝利 2:02.9 +1.2 -0.4 +0.8 ±0 D D 6.60
6R T2400 エフェクトオン    牡3 未勝利 2:32.0 +4.2 -1.3 +2.9 ±0 SL C 5.10
9R T1200 メジェールスー    牝4 500万下 1:09.0 ±0 --- ±0 ±0 C D 7.71
10R T1000 ナーゲルリング    牝3 はやぶさ500 0:55.2 -0.2 --- -0.1 -0.1 C D 7.25
12R T2000 ルナーランダー    牡6 高田城特500 2:00.6 +0.6 -0.9 -0.3 ±0 C C 6.71
 2019/05/11 (土)  ダ=+0.2 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1200 リトルウィッチ    牝3 未勝利・牝 1:12.7 ±0 --- +0.2 -0.2 C C 7.56
3R D1800 カセノウィナー    牡3 未勝利 1:53.7 -0.3 --- -0.5 +0.2 B D 6.13
7R D1200 エターナルフレイム    セ5 500万下・若 1:12.0 +0.1 --- +0.3 -0.2 D D 6.75
8R D1800 ヤマイチジャスティ    牝6 500万下・牝 1:54.0 +1.2 --- +1.0 +0.2 E D 10.92
11R D1800 マイネルツァイト    牡5 中ノ岳H1000 1:53.5 +1.5 -0.5 +0.8 +0.2 D C 8.00

新潟1R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。SLと言ってもEランクに近いレースもあるが、先週の新潟芝でSLとなった3鞍は、正にスローペースのSLだった。今回のタイムでは評価できない。
1着 アグリューム 
 1着アグリュームだが、今回デビュー戦だった。経験馬相手ではよくあることだが、スタートは遅かった。ただ、直線は外めから追い上げて、コースの中ほど抜け出して来た。内のミヤビパーフェクトに競り勝って1着。末脚は鋭いですし、素質も見て取れた。今後も注意が必要な1頭。
2着 ミヤビパーフェクト 
 あと2着ミヤビパーフェクトは上位入線を続けながら、なかなか勝ち上がる事ができないが、前走はBランクの勝ちタイムで0秒4差の3着で、今回は1頭強い馬がいただけで、未勝利クラスではもう上位。
3着 ジューンシルフィア 
 3着ジューンシルフィアは直線で外めにいたが、アグリュームに先を越されるようになって、その外へ出されて追い上げて来た。不利という程ではないが、スパートのタイミングの差もあった。ここまでの3走が1200mで、距離延長には対応した。
新潟3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。4番人気のスペースコロニーが先手を取って直線に入ったが、2番手を進んでいたカセノウィナーが交わして、先頭に立ち、リードを広げて1着。シゲルヒスイ、そして外から追い上げて来たサクラザチェンジが併せて伸び、サクラザチェンジが勝ち馬に離されながらも、単独2番手に上がって入線した。
1着 カセノウィナー 勝ち馬注目
 番組注目馬カセノウィナーが先行して抜け出した。前走は勝ち馬に5馬身離されたが、勝ちタイムはAランクだった。そして自身3着馬には2秒3もの差をつけていた。その前走の内容通り、今回は楽勝だった。逃げ馬を交わしてからの脚色が力強くて、ラストは流す余裕もあった。時計も上々ですし、この内容なら500万下でも狙えそう。
2着 サクラザチェンジ 
 あと2着サクラザチェンジは出遅れたという程ではないが、出脚がやや鈍かった。それでも道中押し上げて行って、直線でもしぶとく伸びていた。今回は勝ち馬が強くて離されたが、自身、堅実タイプで次走もメンバー次第で圏内。
新潟6R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。SLと言ってもEランクに近いレースもあるが、先週の新潟芝でSLとなった3鞍は、正にスローペースのSLだった。今回のタイムでは評価できない。
新潟8R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
新潟10R はやぶさ賞 注目
 2着だったアイルチャームを取り上げる。
2着 アイルチャーム 
 この馬、5番枠からグッとダッシュを効かせて徐々に外に寄せつつ、先手を取って行った。後半ナーゲルリングが上がって来て、最終的にはここから粘りを欠いて交わされたが、ファストアズエバーの追撃を凌いで2着に入った。この馬、直線1000mは初めてだったが、このレースに照準を合わせていた感もあって、適性を示した。勝ち馬16頭立ての大外枠だったし、枠順の差もあった。夏の新潟で直線1000mに参戦してくれば注意したい。
新潟11R 中ノ岳特別 
7着 パレスハングリー 通信簿
 2番人気7着だった。これは元々中山狙いの馬なのに、中山最終週の枠順確定前の取り消しで、そして先々週、土曜の東京で仕切り直しのはずだった、今度は悪天候で中止になってしまった。ここまで予定が狂うと、流石に力を発揮できないと思いますし、次また中山でお会いしたいと思う。

  馬券Summary
確かなこと
 小田和正さんの曲のようなタイトルをつけたが、これは実は曲ではなくて、脚質傾向の話。今開催の京都は比較的天候に恵まれて、馬場差の変化が小さい。ただし、芝はやっぱりCからDコースに替わったりとか、さらに馬場の傷みという要素も加わってくるので、脚質傾向が読みづらい部分はあるが、一方ダートは傾向が結構安定している。結論から言えば、時計の出方に関係なく、パサパサなら前に行った馬が残って、少し湿ると差しが届きやすくなっている。タイム分析でもお話した通り、先週のダートはパサパサの良馬場だった。
確かなこと
結果11鞍あって、逃げ馬が8連対した。今開催の中では最も先行馬の活躍が目立った。という訳で、今開催の京都は6週間の開催で、実はあと2週開催が続く。中間の雨の降り方を見つつ、馬券作戦に活かして行きたいと思う。口うるさいですが、もう一度言っておくと、馬場差に関係なく、乾けば先行有利で、少し渋れば差しも届くという状況。そもそも競馬というのは、不確定要素が多いが、この傾向はある程度信用して良いんじゃないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26